« 萩竹紙はがき | トップページ | 折鶴再生紙はがき »

2017年4月 5日 (水)

山口市のマンホールカード第2弾

2014040401

 2017年(平29)4月3日から配布が始まったSLやまぐち号などを描く山口市のマンホールカード第2弾をいただいてきました。はがき用紙に最寄りの小郡郵便局で風景印を押してもらい、マンホールカードをカシェがわりにヒンジ止めしました。山頭火の句もお揃いですしなかなかいい感じのコラボレーションです。マンホールカードの裏面も下に掲げておきます。

2017040402

 ところが、風景印のSLは実はやまぐち号ではないというお話をご存知ですか?。今の図案が使われたのは昭和58年です。SLやまぐち号が山口線に復活したのは昭和54年なので、ふつうに考えればやまぐち号のはずです。そこで風景印スタンプ集を開いてご覧ください。やまぐち号を描く風景印は他に山口金古曽、山口中市の2局があり、ともにやまぐち号であると明記されています。ところが小郡局だけはなぜか”蒸気機関車”としか書かれていません。いったいどんな”大人の事情”があったのでしょうか・・・・
 では小郡郵便局の”蒸気機関車”とはいったい何なのでしょうか。それは局に隣接する山口市小郡総合支所地内に屋外展示されているD51がモデルだと言われています。先年、化粧直しされてきれいに蘇った現場写真も掲げておきます。小郡郵便局からも見えるくらいの近距離です。ぜひそこまで足を伸ばしてみてください。

 この話、信じるか信じないかはあなた次第です。

2017040403

|

« 萩竹紙はがき | トップページ | 折鶴再生紙はがき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口市のマンホールカード第2弾:

« 萩竹紙はがき | トップページ | 折鶴再生紙はがき »