« セブンイレブン防府佐野店 | トップページ | マクドナルドの閉店カード »

2015年11月16日 (月)

住民基本台帳カードを作るなら今のうち!

2015111602

 10月末に防府市のアパートを引き払って山口市の実家に戻りました。運転免許証の住所変更に必要な身分証明書のひとつでもあることから、住民票の異動手続きに合わせて住基カードこと住民基本台帳カードを作ってきました。
 住民基本台帳ネットワークは平成15年8月25日のネットワーク本格稼働と同時に発行開始されました。ご存知のようにあまり評判の良いものではないせいで26年末で約833万枚、全体の5パーセントほどしか世に出ていないとのこと。記念切手が1,200〜1,300万枚の発行数ですから確かに少ないですね。ということはコレクションする価値もアリと思います。
 顔写真なしのAタイプとありのBタイプの2種があり、Bタイプが身分証明書にもなるというので発行手数料500円を払ってこれにしました。その場で写真撮影されるというので、交通安全センターのような撮影機器があるのかなと思ったら大間違い。山口市役所の端っこの方に壁に青い紙を貼った一角があり、そこで職員さんがデジカメでパチリ。内心、おいおい〜って感じでした。30分ほど待ったら出来上がりです。有効期間は発行後10年です。
 28年1月からは個人番号カードことマイナンバーカード制度がスタートしますので、住基カードの新規発行も来月12月いっぱいで終了だそうです。個人番号カードが必要の際は、この住基カードと引き換えになるそうです。万一、紛失したら警察に届けてくださいとのこと。そんなにシビアなものだったのかとちょっとびっくり。
 いつまで持っていられるかわかりませんが、これもコレクションのひとつとして大事に保管しようと思います。ただし、「今日は時間がないので住基カードを書留で送ってください」と言うのを忘れてしまいました。もし、郵送可能なら貴重な郵便資料がGETできたのにと残念です(笑)。まだの方、ぜひお試しを。

|

« セブンイレブン防府佐野店 | トップページ | マクドナルドの閉店カード »