« 下関市立長府博物館(2)(休館) | トップページ | くじら資料館 »

2015年7月19日 (日)

山口市菜香亭

Saikoutei01

施設名:山口市菜香亭
場 所:〒753-0091 山口県山口市天花1-2-7
電 話:083-934-3312
設置場所:入口横のパンフレット置き場
押印日:20150615
種類数:手作りスタンプ5+スタンプラリー印1    
サイズ:23H×20W
    (+スタンプラリー印φ24は全個所共通)
印 色:黒
押印費用:100円(高校生以上)
     大広間・展示室の所蔵品等の観覧のみ有料

特記事項:山口市菜香亭(やまぐちしさいこうてい)は歴史豊かな山口の観光拠点として、また市民交流の場として平成16年10月2日に開館した施設です。
 建物は、明治10年頃の創業から平成8年までの間、広く親しまれてきた料亭〈祇園菜香亭〉を移築復元したもので、井上馨や佐藤栄作など著名人の扁額28枚とゆかりの所蔵品が展示されています。
 近代日本の歴史を物語る貴重な建物であり、その歴史を次代に継承していく場として、また大内氏の歴史が薫る大殿地区における大内文化まちづくりの拠点施設として歴史や文化を活かした事業の実施、市民の文化活動やまちづくり活動の場の提供等を行っていきます。
(山口市のホームページより)

Saikoutei02 記念スタンプと呼べるような正規のハンコ類はありません。備え付けの5種はいずれも職員さんが片手間で彫ったような粗末な消しゴムハンコです。施設の格とはおよそ不釣り合いです。かろうじてそれらしい角印1種と、残存継続使用中のSL「やまぐち」号スタンプラリー印のふたつを押してきました。せっかくの施設なので正規印の配備を強くお願いしてきました。
 また、こちらでは好きなポストカードをバラ売りしてくださいます。菜香亭のほか近隣の十朋亭、今八幡宮、野田神社なども購入してきました。菜香亭図案は3種ほどあり、もっとも菜香亭らしさが出ている上図の全景スケッチにしました。偶然ながら私が購入した分でSOLD OUT。当面再販の予定もありませんと事務員さんは仰っていました。
 そこまで言われたらおよそ粗略には扱えません。最寄りの山口後河原郵便局で郵便印を押して大切にコレクションすることになりました。

付属画像:観覧券
Saikoutei03

郵便印:山口後河原郵便局
最寄り局ということで選びました。ただし、菜香亭自体が移築されてやっと10年。菜香亭とは全く無関係な図案なので風景印はパスしました。和文印とともに、当地のような田舎ではまだまだ配備が少なく珍しい浸透式の欧文印を押印しました。

補 足:大広間の扁額
料亭開業時から実際に利用された著名人によって揮毫された扁額が掲げられています。木戸孝允、井上馨(菜香亭という名前をつけたご当人)、伊藤博文、山県有朋、三条実美、後藤象二郎、寺内正毅、山田顕義、松岡洋右、岸信介、佐藤栄作などそうそうたる顔ぶれです。初めて行った時、これがいかにも当たり前かのように並んでいる様を見て圧倒されました。しかも写真撮影は自由。Facebookページの中に撮影した画像を30枚ほど収めましたのでぜひご覧ください(ここをクリック)。また、その図録も1,080円で販売していますのでどうぞお買い求めください。

Saikoutei04
(↑西郷従徳による「敬天愛人」の扁額)

|

« 下関市立長府博物館(2)(休館) | トップページ | くじら資料館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/61915193

この記事へのトラックバック一覧です: 山口市菜香亭:

« 下関市立長府博物館(2)(休館) | トップページ | くじら資料館 »