« 吉田松陰歴史館 | トップページ | 下関市立長府博物館(1)(休館) »

2014年11月10日 (月)

路面電車資料館

2014111001

施設名:路面電車資料館
場 所:〒852-8108 長崎県長崎市川口町13-1 長崎西洋館3F
電 話:095-843-9191
設置場所:展示ガラスケース内
押印日:20130706
種類数:10点以上
サイズ:長崎の電車60年展(1975):φ78
    電車開通90周年(2005):φ59
印 色:青(持ち込みマイスタンプ台)
押印費用:入場無料

2014111002

特記事項:長崎駅前の市電のりばから赤迫方面に7駅目、10分少々で到着する浜口町停車場の目の前に長崎西洋館があります。その4階に鉄道ファンのパラダイス「路面電車資料館」があります。
 私個人は鉄道趣味はありません。鉄道マニアの友人のために立ち寄っただけでしたが、期待していなかったぶん逆にたいへん驚きました。ショウケースの中に市電(長崎電気軌道株式会社)の記念スタンプがみっしり。現存するすべてのものが保管されているとのことでした。押したい方は内線で事務員を呼んでくださいとのことなのでさっそく実行。うすうす予感していた通り、これ全部好きに押していいそうです。鉄道系博物館のスタンプ類の充実ぶりはよく知られているところですが、ここまでの太っ腹は意義深いです。それも路面電車という点が異彩を放っています。
 赤い印顆のシャチハタ式はインクが補充されていなくて印影がほとんどうつりません。それを除外していちばん古い1975年の2種といちばん新しい2005年の1点ををはがきの両面に押すことにしました。この間、実に30年の開きがあるスタンプの同居です。
(スタンプ台は乾燥気味なのでマイスタンプ台を持参されることをお勧めします)

2014111003

郵便印:長崎北郵便局
徒歩3分の距離に長崎北郵便局があるので切手加貼して日付印を押してもらいました。ただし、風景印の図柄が鉄道と無関係なこと、押印スペースもないこと、記念スタンプを引き立てる必要も感じたことから和文印にしました。すっきりした仕上がりになったので気に入っています。

付 記:浜口町停車場はまた原爆資料館への最短最寄り駅でもあります。少し坂を上ると長崎原爆資料館、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館、原爆落下中心地、長崎市歴史民俗資料館がまとまって建つ丘が現れます。

予 備:若干数あります。図版と同じ和文印押し(¥300)。

|

« 吉田松陰歴史館 | トップページ | 下関市立長府博物館(1)(休館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/60627219

この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車資料館:

» 長崎路面電車資料館のジオラマは社員の手作り [ぱふぅ家のホームページ]
長崎路面電車資料館は、1915年の開通した路面電車の歴史を知ることができる資料館だ。長崎西洋館の3階にこぢんまりとオープンした。入場無料。Nゲージのジオラマは社員によって製作されたとのこと。西洋館や平和祈念像なども再現されている。... [続きを読む]

受信: 2016年4月30日 (土) 18時54分

« 吉田松陰歴史館 | トップページ | 下関市立長府博物館(1)(休館) »