« 間宮林蔵記念館 | トップページ | 門司港レトロスタンプラリー »

2012年12月30日 (日)

金子みすゞ記念館

Kaneko_misuzu01

施設名:金子みすゞ記念館
場 所:〒759-4106 山口県長門市仙崎1308
電 話:0837-26-5155
設置場所:ミュージアムショップ
押印日:20120903
種類数:1
サイズ:φ49
印 色:赤
押印費用:入館料350円(大人)
特記事項:去る2012年7月28日、山口県防府市で開催した第5回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会。その翌日に遠来の収友たちを萩・長門方面へ観光に案内しました。そこで訪れた金子みすゞ記念館で押印した上図の記念スタンプこそが記念・観光スタンプと郵便局消印とのコラボ・カードというアイデアを最初に思いついたきっかけでした。
ミュージアムショップのカウンター奥に記念スタンプがあることに気がつきました。公共広告で一躍全国的に有名になった「こだまでしょうか」の絵はがき(みすゞさんの直筆原稿をそのまま絵はがきにしたもの)購入後に係員さんにお願いしましたところ、快くスタンプを貸してくださいました。普通はこれで終わるところなのですが、みすゞの詩にも登場する仙崎郵便局は記念館のお隣なのです。これはもう「郵便印(風景印)も押せ」との天啓を感じない方がおかしい(笑)。
その後しばらくしてみすゞのフレーム切手発売のニュースを知ったことから、その発売開始を待って再訪し、以下のコラボ・カードを一挙に製作しました。青海島の景観を描く風景印とは別に和文印を押したものも作りました。どちらが良いか甲乙つけがたく、両方ともコレクションに加えています。

【こころ】
長門市在住のイラストレーター尾崎眞吾先生による、こどもの頃のみすゞの肖像を描いたフレーム切手のタイトルがそのものずばり「こころ」。これにみすゞさんの「こころ」直筆原稿絵はがきとのコラボです。

Kaneko_misuzu02

【蜂と神さま】
これもフレーム切手のタイトルと直筆原稿絵はがきの内容を揃えました。

Kaneko_misuzu03

【日の光】
フレーム切手はありましたが直筆原稿絵はがきはありませんでしたので、尾崎眞吾先生オリジナル描きおろしの絵はがきと組み合わせました。これら一連の絵はがきはすべてミュージアムショップで購入できます。

Kaneko_misuzu04

予 備:各種作成しましたので詳細はお問い合わせください(@500円)。

|

« 間宮林蔵記念館 | トップページ | 門司港レトロスタンプラリー »

コメント

「直筆原稿絵はがき」雰囲気がいいですね。それに記念スタンプとフレーム切手の組合せ最高です。金子みすゞ記念館や仙崎郵便局もこのセットで宣伝すればもっと売れると思うのは郵趣家だけ?

投稿: 有山 | 2012年12月30日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/56421573

この記事へのトラックバック一覧です: 金子みすゞ記念館:

« 間宮林蔵記念館 | トップページ | 門司港レトロスタンプラリー »