Pスタンプ・フレーム切手等

April 09, 2024

JPS防府支部新メンバー募集中です

 新年度にあたり、公益財団法人 日本郵趣協会登録 防府支部 (JPS防府支部) では新メンバーを募集しています。JPS普通会員以上の山口県在住者ならどなたでも、また県外在住者の方も手頃な年会費で加入できるようにしました。

・県内会員:3,000円/年
・県外会員:2,000円/年

 振込先:ゆうちょ口座15590-10330981 日本郵趣協会防府支部

 会報は発行しませんが、例会のある毎月第3週には2〜4ページ程度の「例会資料」を発行しています。facebookのJPS中国四国地方本部のページをはじめ、支部長の個人ブログHYPER Philatelist、X(旧ツイッター)、Threads、mixiに事前にアップロードするようにしています。ご自由にダウンロードなさってください。なお、例会参加者さんにはペーパーでもお渡ししています(郵送配布はしません)。
 毎月の例会案内はがきは県内会員・県外会員の違いに関わらず全員に郵送しています。そのはがき自体がコレクションとして残せるよう、何かしら工夫して発送するよう心がけています。ご期待ください。

JPS防府支部長:椙山哲太郎(20240409記)

※図は4月の例会案内はがきです。オリジナルフレーム切手「大村益次郎生誕200年記念」を貼り、同記念小型印を押印して初日の4月1日に発送しました。このような大ネタは、さすがに毎月は期待できませんけれど、できるだけ知恵を絞って取り組んでいます。

2024040904

 

 

 

| | Comments (0)

April 01, 2024

「早生まれ」の規程変更記念 オリジナルフレーム切手受付開始

 早生まれとは”1月1日から4月1日生まれ”なのをご存知でしょうか。実は年齢の数え方は「年齢計算ニ関スル法律」と「民法 (第143条)」によって「人は誕生日の前日が終了する時 (午後12時) に年を一つとる (満年齢に達する)」と定められています。そのため、法律上では以下のような解釈になります。

・4月1日生まれの子は3月31日の深夜12時に満6歳になる
・4月2日生まれの子は4月1日の深夜12時に満6歳になる

 しかし、日常感覚からあまりにもかけ離れているため「タチの悪いエイプリルフールのウソとしか思えない」との批判が高まっていました。これを受けて政府は「3月31日まで」に法改正を行いました。
 1月1日から3月31日生まれであることを証明する書類 (写し) とご自身の写真を添えて申し込むと、図のようなオリジナルフレーム切手を製作することができます。これまで何かと不利な待遇を受けていた早生まれさんたちの積年の鬱憤を晴らせる絶好の企画商品と言えましょう。

2024040101

 

 

 

| | Comments (0)

December 04, 2023

オーストラリアが「マイスタンプ」をクリスマス割引販売

2023120401

 今し方オーストラリア郵政からインフォメーションが届きました。同国のフレーム切手である商品名マイスタンプ(MyStamps)をクリスマス割引で$10オフ販売中とのこと。興味のある方は下記URLのオンラインショップにアクセスしてください。

https://auspost.com.au/shop/product/mystamps-mystamps-m?cid=edm:2483017:con:CONS_GC_PH_PRO_20231204_MyStamp_Discounts_Christmas:LK20231116001

(原文)
What a rush it's been getting ready for the season ahead, but there's still time!
Create some personalised Christmas greetings with this MyStamps discount offer on this year's seasonal stamps and save up to $10 off per sheet of 20 stamps.
That means one sheet of 20 x 65c stamps (domestic Christmas card rate), normally $26, is now just $16 until 17 December 2023. Place your order now in time for Christmas 2023!

(AI翻訳文)
シーズンに向けて大忙しですがまだ時間はあります!
今年の季節スタンプのMyStamps割引オファーを利用して、パーソナライズされたクリスマスの挨拶を作成すると切手20枚あたり最大10ドル割引になります。
つまり、通常26ドルの20x65c切手1シート (国内クリスマスカード料金) が、2023年12月17日まではわずか16 ドルになります。2023 年のクリスマスに間に合うように今すぐ注文してください。

 

 

 

| | Comments (0)

May 18, 2023

JPS防府支部例会資料(20230521)

 一足先にネット配信いたします。例会参加者さんにはペーパーでもお配りします。

 毎月第3日曜日の9:30〜12:00、防府郵便局隣の防府市佐波公民館で月例会を開催しています。ぜひご参加ください。

 例会当日には恒例の紙付き切手分譲、写真付き切手・フレーム切手の額面分譲 (一部のプレミア物は除く)、寄贈されたフォルムカード (未使用)、実逓FDC何でも1通50円分譲、同はがき1枚30円分譲等を予定しています。

2023051801 2023051802 2023051803 2023051804

 

 

 

| | Comments (0)

April 03, 2023

販売終了?、それとも延長?

2023040301

 先月3月末をもって一部のぽすくまグッズが販売終了するとの情報を得、キーホルダーやぬいぐるみなど小さいものを対象に買い回りました。不肖の私もぽすくま本の末尾に協力者名が掲載される程度のあれこれは収集しているからです。イチオシはぽすこぐまです😀

 実際に探してみると既に店頭からほとんど姿を消していました。最初から置いていませんとおっしゃる局も少なからず。これはもともと郵便局物販サービスさんの取扱商品 (委託販売品) だったことが関係しているのでしょう。
 ところが、それらぽすくまグッズは来年3月末まで販売期間が延長になったことを教えていただきました。それでもこういう機会がない限り購入する場面もないだろうと考え、購入し続けて年度末を迎えました。
 ところがところが、今日4月3日(月)になってみると、窓口端末からぽすくまグッズの登録が消え、やはり販売終了したようだと現役局員の友人から急報がありました。
 一体どういうことなのか部外者にはさっぱりわかりませんものですから、さしあたって事実だけを急ぎご報告します。

 新年度発売分からオリジナルフレーム切手の取り扱いも変わりました。これまでは郵便局物販サービスさんの取り扱いでしたが日本郵便株式会社の取り扱いに変わりました。これに合わせてフレーム切手を収めているビニール袋、そのタブ部裏面の表示が変わりましたので機会がありましたらご確認ください。

2023040302

 委託品だと郵便局の直接商品ではないので、これまではおおっぴらに宣伝しにくいという弊害がありました。報道発表がなされなかったために販売開始情報すら知らなかったことも多々ありました。しかし、ユーザー側からすれば委託品だろうが直販品だろうが関係ありませんからね。良い方向へ変更になったと解釈しています。

 ぽすくまグッズもこの件と関係しているのでしょうか?。

 

 

 

| | Comments (0)

April 06, 2022

偶然の発見、日本初?のスマホとウオッチ

 郵趣4月号の担当連載記事の前文でスマートフォン (スマホ) を描いたセルビアの新切手について触れました。その復唱になりますが、いずれ電気通信や文明論テーマに欠かせないテーマになると思います。
 その時代を象徴するアイコン的な題材として、スマホのほかパソコン、ワープロ、携帯電話、ドローン、ラジカセ、家庭用ビデオといった電子機器類から、世界に広がる日本のアニメや日本食 (寿司など)、逆に日本に入ってきた烏龍茶、台湾パイナップルなど、時に切手 (郵趣品) 以外にも目を向けています。その文脈があってこそマスクケースやコンビニで配布されていたカードタイプの抽選券なども収集しているのです。

2022040601

 スマホに話を戻しましょう。Smart phone、Smart watch等のキーワード検索で全世界の新切手をチェックしています。図版のこれらが切手上にスマホが登場した比較的初期の例です。総当たり式に見ていくしかないので見落としがある可能性がありますので、他の事例に気がついた方がいらっしゃいましたらぜひご教示ください。特にフルシートの耳紙やタブ部分に描かれているような場合はなおさら発見しにくいものです。

2022040602

 

 そんな折、柴田公子さんからパソコン郵趣切手展2022の記念カバーをご恵送いただきました。貼られているフレーム切手を見ると、2022年ではなくコロナで中止になった2020年の切手ではありませんか。お馴染みの澤口尚子さんの絵柄を見てびっくりです。白いマウスちゃんがiPhoneらしきスマホとApplewatchらしきスマートウオッチをしているではありませんか。何ということでしょう、丸々2年間もの間、完全に見落としていました。
 柴田さんにお聞きしましたら、切手展会場で2022年用のフレーム切手も製作販売されていたものの、2020年のそれも売られていたので稀少に違いないと意図的にそれを使われたのだそうです。

2022040603

 パソコン郵趣切手展2020のことを振り返ってみましょう。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスのため、フレーム切手や記念小型印も準備してあったけれども、残念ながら中止になったことをご記憶でしょうか。図版のフレーム切手はその時に用意されていたものです。また、フレーム切手と同じ図柄で小型印も計画されていました。前押しされていた郵頼分には斜線で抹消されて送り返されたことで話題になりましたね。私も1枚所持していますが、スマホとウオッチが描かれていることにまったく気付いていませんでした。
 柴田さんが2020年用フレーム切手を使ってくださったおかげで2年も経ってから気がついたのでした。フレーム切手と小型印なれど、日本の郵趣品でスマホとウオッチが描かれている、それも両方が描かれているのはこれが初かもしれません。これも先例を見つけられましたらぜひご教示ください。
 なお、抹消返却された2020年の小型印、当時の資料では返送された押印済郵頼分が約180通。1通あたり平均5点あったとして総数約900点が存在する計算になります。

2022040604

 

 

 

 

| | Comments (0)

April 01, 2022

国際返信切手券がシール切手タイプにリニューアル

 国際文通やBCLの経験がある人ならIRCという略称もお馴染みでしょう。先方に郵送料の負担をかけずに返信を受け取りたい時に利用する証紙型のクーポンです。一枚送付すれば、先方が原則として手紙 (航空便) の基本料金分の現地切手と交換できるというものです。
 国際交流には欠かせない便利なツールですが、近年その悪用が問題視されてきました。世界規模でマネーロンダリング対策が徹底された結果、IRCを大量購入して外国に郵送するという、本来の目的とは異なる脱法行為の送金手段が、発展途上国を中心に拡大していたからです。

2022040101

 これを問題視していた万国郵便連合 (UPU) は、今年1月、アジア人として初めて国際事務局長に就任した日本郵便の日時雅彦氏 (64) の英断でクーポン方式の廃止に踏み切りました。相手国の切手であれば種類は問わないという現在の杜撰な運用についにメスが入れられました。
 証紙方式のクーポンを介在させることをやめ、最初から専用切手を交付すれば悪用を防げるという至ってシンプルな対策です。シール式切手のスタイルをしたIRCは国際郵便使用限定で、それ以外の例えば国内郵便に使うこともできません。
 偽造防止対策として丸い地球型のホログラム箔が蒸着されているほか、QRコードの採用により発券から使用されるまで一貫してトラッキングを監視することも可能になりました。また、それぞれのお国柄を表す凹版彫刻図案は、紙幣と同じくその緻密さ自体が偽造防止に役立つのみならず、コレクターの関心を呼び起こすに十分なキャッチーなデザインと言えます。

▼日本発売用フルシート。蘭エンスケベ社の銘版入り2022040103

 製造はこれまで通りUPU本部事務局 (コートジボワールのキンシャサ) が一括して行い、全世界の加盟国に配給されます。その第一弾は事務局長の意向に沿う形で日本向けの300万枚が製造されました。プリンターはオランダのエンスケベ社による凹版とオフセットのかけ合わせ。本日4月1日、日本の各中央郵便局で一斉発売されます。日本での売価は150円。準備が整い次第、アルファベット順に全加盟国に配給が始まるということです。

詳しくはこちら

 

 

 

| | Comments (0)

March 13, 2022

オリジナル切手作成サービスで情報漏洩か

 収友あてに詐欺メールが届いていることは早々にキャッチしていました。残念ながら(?)私宛には届いてはいませんでしたけれど、オリジナル切手作成サービス事務局さんからお詫びとお知らせのメールが届きました。発信は2022年3月13日 13:00でした。

 注意喚起は致しますが、同サービスから情報漏洩した可能性が極めて高いと思われます。関係者による意図的な情報持ち出しであればれっきとした犯罪です。刑事事件になるかどうか要注意です。可能な限りあらゆるメディア報道をチェックし、デジタルデータの形で収集しておきましょう。大事件になる予感がします。

(図は私宛に届いたメールの冒頭部分のみ抜粋したものです)

2022031302

 

 

 

| | Comments (0)

March 01, 2022

郵趣2022年3月号

 皆さんのお手許にも届いていると思います。私一人で10ページも誌面を使わせていただきました。さらに巻頭カラー特集「メールアートを知っていますか?」について、山田廉一理事長が巻頭言で触れてもいただきました。日本郵趣協会に加入して47年、確実に生涯で最初で最後の出来事だと思います。

2022030101

 メールアートの記事に関しては、山田理事長じきじきに掲載の機会を与えていただいたものです。私自身が長年職業デザイナーでしたので、郵趣にはアートの要素があることは若い頃から気がついていました。それで今回はPhilatelist (郵趣家) の椙山哲太郎ではなく、Mail & Postal Artistの槇陶岳 (まき・とうがく) として巻頭カラー6ページを執筆させていただきました。

 メールアートは新しい芸術活動なので、本来なら現代アートのスタディがないと理解できない部分が多いです。しかし、せっかく郵便規則や消印そして使用例に関する豊富な知識を持つフィラテリストがまったく無関係のままでいるのはたいへんにもったいないことです。まずはその初歩的な入門編という意味で、なるべく平易な言葉を使い、具体的な例をご紹介することに努めました。

2022030102

 これに偶然が重なりました。担当連載記事のWORLD STAMP NOWがちょうど200回を迎えたのです。これがカラー見開き2ページ。

2022030103

 連載200回記念のインタビュー記事も昨年のうちに計画されていまして、これもモノクロ見開き2ページ、トータル10ページです。なんかすんません(笑)

2022030104

[本気で遊ぶおじさん]

 ところがお話はこれで終わりではないのです。古くからのお友だちの若林正浩さんが、連載100回の時と同じくお祝いと称してネタにして遊ぼうという企画を秘密裏に進めてらしたのです。フレーム切手を作るから顔写真を使って良いかとの問い合わせがあり、”面白ければなんでもアリ”と宣言している以上、断る理由がありません。好きにしてくださいとご返事した結果がこれです。本当に63円と84円の2種のフレーム切手が届きました。デザインは私の横顔と”めざせ300回”のコピー入りです。マジか?、マジです!。

2022030105
 お遊びはまだ続きます。連載200回にちなんで埴輪の兵士200円普通切手をもじったシールまで作られました。画像ではわかりにくいかと思いますが、埴輪の顔の一部が私の顔になっています。
 フレーム切手と同じデザインのシールも作られ、記念印を模したハンコまでプリントされています。その2種の銘版は”椙山極道印刷製造”。自ら”郵趣極道”と言いふらしているので否定できません。
2022030106
 さらにさらに、こんな50面シールまで届きました。3月号の表紙が2枚、横顔のカラートライアル(笑)が8種の横10連刷×5組です。しかもフィラテリストしかわからない単線目打仕様です。一体何考えてるんでしょうか?(笑)。
 なお、シールはいずれも目打は印刷で、簡単に切り離せるようにダイカットが入っています。まさか手切りですか???

2022030107
 さらにさらにさらに、これらシールを58人に送り、メールアートの記事を参考にして私宛に作品を送れと指示されたとか。私も今すぐにそれ専用のコレクションファイルを1冊あつらえることにしました。いずれ近いうちに届いた”作品”をアルバムリーフ作品に仕立ててご覧いただく機会を作ろうと思います。おじさんが本気で遊ぶとここまでやるという実例です。

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

October 08, 2021

新型コロナウイルス関連切手展

(20211020追記)
 個人的に記念カバーを複数手配しました。来る11月21日(日)9:00〜のJPS防府支部例会席上で取次頒布します。出品目録もつけて原価で販売します。どうぞふるって例会にご参加ください。

2021100802

 伊藤純英さんから、切手展のために製作されたフレーム切手貼りの初日カバーをお送りいただきました。ありがとうございます。なお、正式名称は「新型コロナウイルス感染症撲滅祈念切手展」です。新型コロナ関連では日本初の郵趣コレクションの展覧会です。会期は10月22日までの約2週間ありますので可能な方はぜひご参観ください。

20211008042021100803

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レア苗字 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣ダイアリー 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県