Mail & Postal Arts/メールアート

June 06, 2024

ヤマ場を越えました

 郵趣誌7月号の原稿も昨日入稿、地元郵趣会のイベント資料作成・手続きも本日完了し、ヤマ場を越えましたのでようやく自分のための郵趣タイムです。収友から寄贈されたゆうパックを開封し、郵趣会の月例会や来月末の防府切手のつどい2024夏に持参できるよう整理を始めました。その中で私のコレクション行きとした品3点をご覧に入れます。

▼出雲玉造温泉「保性館」
 思わず水はがししたくなる掛かりの良い図入り年賀印が目を引きます。ですが、私が注目したのは裏面です。「温泉・銭湯・サウナ」テーマも収集対象です。消印も島根・玉造局で立派なご当地消印です。しかもありがたいことにこの保性館さん、今も存続しており立派に営業中です。

2024060502

▼昭和29年台風12号お見舞
 災害郵趣テーマの中でも台風関係はもっとも代表的です。気象庁のページに進路図や被害状況の記録もしっかり掲げてあります。死者107名、行方不明者37名、負傷者311名・・・と甚大な被害であったことがわかります。
 さらにこのはがき、会社があつらえたお見舞いはがきを分けてもらったか、勝手に流用したか、従業員とおぼしき入江まし子さんが流用しています。勤務先の封筒、便箋、はがきを私的に使うのは今でこそ業務上横領だという認識が浸透していますけれど、消印の昭和29年から30年代にかけてはその意識は極めて低かったようです。むしろ美徳かのように誉め讃えられていたフシさえあります。節約して偉い!みたいな(笑)

2024060503

▼絵入り官葉
 絵入り官葉そしてこの郵趣用語自体も見かけなくなりました。官製はがきの表面下部1/2あるいは裏面に各郵便局がおのおの絵柄を追加印刷したものです。多くの場合は額面のままで販売されました。一種の販促品であることから郵趣的にはさほど意味と価値があるものではありません。がしかし、そうそう無碍にするべきものでもないと考えます。
 本状は小泉八雲の旧宅「ヘルン旧宅」を描いたもので、描いた平塚運一画伯も著名な版画家です。これを半分民生品だから、みたいな官尊民卑な判断基準で切り捨てるのはいかがなものか?。
 昭和29年用の年賀状ですから製作されたのはその前年、昭和28年頃でしょう。絵入り官葉はいつ頃から作られたのか、また「絵入り官葉」なる用語もいつ頃から使われ始めたのか、おおいに興味があります。

2024060504

 

 

 

| | Comments (0)

December 24, 2023

wish a wish at ROPPONGI HILLS 2022→2023

 六本木ヒルズさん毎年恒例の、一年後にクリスマスメールを届ける素敵なイベント郵便が今年も届きました。送ってくださったのは池澤克就さん、中嶋弘美さん、山本美佳さんのお3人です。なお、配達は3通同時で12月4日に届きました。いつもありがとうございます。

 簡単に概要をご説明します。専用封筒・クリスマスカードそして郵送費用もすべて六本木ヒルズさんが負担される太っ腹企画です。2012年用 (2011年暮差出) が最初です (六本木経済新聞さんの20171207の記事による)。
 郵趣界にその存在が知られたのは、2017年暮にたまたま所用で行かれた澤田一毅さんが遭遇。機転を利かせて送ってくださったのを私がHYPER Philatelistブログ等で発表したのがたぶん最初だと思います。それ以前の実逓便 (と関連記事) を探しているのですが、いまだにご縁がありません。
 その2018年用をきっかけに以後毎年途切れることなくトータル6年続けて必ずご恵送いただいています。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍の最中でも継続された有意義で稀有なタイムカプセル郵便の代表例です。
 2023→2024年用も明日25日(月)まで受付されています。首都圏の方はぜひ利用されてください。

<過去記事参照>
wish a wish at ROPPONGI HILLS(2021年用)
wish a wish at ROPPONGI HILLS 2021→2022

 以下、2023年用の実逓便をご紹介させていただきます。

2023122501

池澤克就さんから。

2023122502

山本美佳さんから。

2023122503

中嶋弘美さんから。

2023122504

 クリスマスカードの青枠2種、ベージュ枠2種の4種が入手できました。それぞれのバージョンごとに5種ずつあるとすると合計10種になるのでしょうか。

2023232505

 皆さんだいぶ慣れてこられたようで、おのおのが創意工夫をされています。封〆部分に本物の切手 (使用済) を貼られているのは池澤さん。差出日シールを貼ったうえにぽすくま1円切手を貼って消しゴムはんこまであつらえて郵便テイストを演出されているのは中嶋さん。素晴らしいですね!。

 

 

 

| | Comments (0)

September 07, 2023

日本風景社版初日カバーの終焉期

2023090701

 ふるさと切手「萩開府400年」の日本風景社版初日カバーを偶然目にしておや?っと思ったのが発端でした。過去会報類のデータベースを即チェックしました。案の定、この記録がヒットしました。

 日本風景社社主の吉川洋一氏、病気のため平成4年用年賀小型シート (1992年1月16日) をもってカバー製作終了。(「カバー日和」誌136号/199204)

 つまり、ずいぶん前に初日カバーの製作は終了していたわけです。カシェはどのふるさと切手にも使い回せる汎用デザインであることから、どなたかが空カバーを大量に買い置きでもされていて、それを使ったのだろう・・・ぐらいに軽く考えていました。とは言え、12年もの時間差があります。シミやヤケひとつないカバーのフレッシュな状態に違和感を感じました。

2023090702

 そこにまた運良く吉川氏が1995年1月に発行された「日本初日カバーしのび草」(定価25,000円/日本風景社) を手に入れました。その後書きに「・・・風景社版FDCも、1992 (平成4年) 1月16日がFinal F.D.C.となり、空カバーのみの発行を続けている次第です。」との一文を確認できました。なるほど、そういうことだったのかと疑問が氷解しました。
 さらに空カバーの製作販売はいつまで続けられたのか、新たな疑問も出てきました。お詳しい方がいらっしゃいましたらぜひお知らせください。
 かつての初日カバー製作・交換・収集人気もすっかり退潮し、こうした記憶も確実に忘れ去られていきます。デジタル化・データベース化の重要性を改めて認識した次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・

 せっかくなので同書から気になったアイテムを5点ピックアップしました。これまで白黒コピーでしか見たことがなかったものが、さすがにお高いだけあってオールカラーだったのは良かったです。

▼関門トンネル開通記念、清水凹版版第1号
 地元、山口県関係ということで目に入りました。清水凹版 (19580309-19650925) 最初の製作品ということはこれまでまったく認識していませんでした。

2023090703

▼棟方志功直筆

2023090704

▼滝平二郎きり絵

2023090705

▼昭43年用年賀のぼりざるS/S
 宮崎県はかつて労働組合が強過ぎた地域で、郵趣のための押印を本来業務外だと敵視していました。そのもっとも端的な事件がこれです。
 年賀切手「のぼりざる」については初日指定局になったことを渋々容認しました。ところが翌年1月の年賀小型シートに関しては郵頼を全面拒否。結局、延岡局に実際に行った人しか初日カバーが作れませんでした。
 話題になることがないので全くと言ってよいほど知られていないものの、これぞ隠れた珍品です。なおかつ、左翼労働運動が郵趣にとってもいかに害悪であったかを如実に示しています。

2023090706

▼吉祥天立像1,000円切手フルシート+S/S全貼り
 かつての最高額面券種です。高額すぎるためペア貼りですら希少なのに、まさか全貼り初日カバーが作られていたとは!。額面合計21,000円は今の貨幣価値 (1.78倍) だと37,380円にもなります。さすがその道の専門家はクレイジーです (誉めています)。

2023090707

 

 

 

 

| | Comments (0)

August 13, 2023

Stamp-Show in 広島2023 出品作品紹介

2023081301

 来たる9月9日(土)、10日(日)の2日間にわたって行われる西日本最大の切手展「スタンプショウ広島」が今年も開催されます。私も実行委員のひとりです。皆さま、ご参観を何卒よろしくお願いいたします。

 私は今回2作品を出品します。「コンビネーション・カバー」2フレームと「メール・アート」1フレームです。代表的なリーフを3点ずつアップします。なお、後者は以下URLで100作品をご覧いただくことができます。この中から16点を選抜して会場展示します。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.181897812981844&type=3

 

2023081302 2023081303 2023081304 2023081305 2023081306 2023081307

 また、寄付金も随時お願いしています。将来にわたって安定的に開催するため、1口1,000円(から何口でも)ご協力をお願いいたします。

<振込先>
ゆうちょ口座 15120-40360321
スタンプショウヒロシマジッコウイインカイ
https://www.facebook.com/photo?fbid=6392775860801351&set=pcb.6392792137466390

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

April 17, 2023

親子3人 切手はり絵原画展

 4月15日(土)、翌日のJPS防府支部例会資料を作っている真っ最中に表題の開催情報がfacebookにアップロードされました。切手の博物館が毎年開催している切手はり絵コンテストで殿堂入りを果たしたアーティスト母娘さんが我が山口県にいらっしゃったとはまったく存じ上げずたいへん驚きました。急きょ増ページして例会資料に取り込み、翌16日(日)の午後、支部例会終了後にすっ飛んで行きました。

光ふるさと郷土館facebookページ

 本展の主役である中野惠子さんとご長女の松本宏美さんと名刺交換・ご挨拶をし、詳しいお話を伺ってきました。取材並びに写真撮影、メディアへの紹介は最初に許可をいただきました。
 惠子さんはすでに80歳を超えておられますが、切手はり絵を生き甲斐とされているおかげでお元気であるとのこと。それを全面的にバックアップされているのが長女の宏美さんと次女の由佳子さん姉妹。特に宏美さんは、この展覧会のために東京・目白の切手の博物館まで行かれ、収蔵されている過去作品の貸出許可を直接交渉されたそうで、そのバイタリティにも感動しました。
 私自身もシール切手を使った後の余白を使ったコラージュ作品を作っていることを、現物をご覧いただきながら楽しくお話させていただきました。惠子さん母娘の存在そのものが、アートには年齢性別国籍などの浮世の属性が全く関係ないことを示しています。今月末までの会期です。興味のある方はぜひご参観ください。

 最後に材料切手提供ご協力のお願いがございます。見終わった後のミクスチャーの扱いに困っておられる郵趣家の皆さん、ぜひご協力ください。

1.切手の博物館から里帰り展示された受賞作品。優秀作4作品を含みます。

2023041701

2.光ふるさと郷土館正面入口と展覧会立看板の接写です。

2023041702

3.初公開の「飛躍」。会場入って最初に展示されていました。サイズは縦1.6m 横1.7m。母娘3人の共同製作で3ヶ月を要したそうです。

2023041703

4.瀬戸内タイムス紙の紹介記事、ならびに「飛躍」製作工程写真から2枚をご紹介します。

2023041704

5.会場風景です。上は会場入口からのショット、下はその反対側から撮影しました。

2023041705

6.「楽しいローカル列車の旅」中野惠子

2023041706

7.「鳴門海峡の渦潮」中野惠子

2023041707

8.「夕日輝くしまなみ海道」中野惠子

2023041708

9.画題と同じ切手が添付されています。私たち郵趣家ならこれに風景印を押すところです。かなり昔から郵趣にはアートの要素が内包されているとうすうす気がついていました。そのことを示す一端です。

2023041709

10.過去の作品も網羅されていました。右端のビードロは、切手の博物館が推進している切手はり絵でも比較的プリミティブな課題です。それからの発展をじっくり見ることができました。
 宏美さんの作品では、切片をただ貼るだけでなく、よじって丸めた状態で貼り付けてテクスチャーに変化を持たせたり、ホログラム切手を使って質感の変化を出したり、およそ独学とは思えない展開を興味深く拝見しました。

2023041710

11.記帳しましたら惠子さんから手作りの感謝状をお手渡しいただきました。時計文字盤を取り囲む飾り紙はすべて手作業で貼り込まれている労作です。
 反対面に施設の記念スタンプを押し、惠子さんの直筆サインをいただきました。もちろんこれも大事なコレクションにさせていただきました。

2023041711

12.はり絵の材料切手の調達にご苦労されていました。私たち郵趣家はその全く逆で、見終わった後のミクスチャーの扱いに困っているのが実情です。燃えるゴミとして捨てるか、猫のトイレにするくらいしか思いつきません。裏糊式切手、セルフ糊式切手の区別なく、不要な使用済切手があればぜひお送りください。取りまとめて材料提供協力をしたいと思います。
 宏美さんによると特にピンクと黄色の切手が入手難だそうです。その色合いの切手なら・・・とすぐに思い当たりますね。何卒よろしくご協力ください。

2023041712

(20220422追記)
 兵庫県のYさまより、ピンク色の切手として10円桜普通切手の別納使用済を段ボール箱満杯詰めにしてご恵送いただきました。このまま週明けにも松本宏美さんに転送いたします。ご協力に感謝いたします。
2023042201

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

April 15, 2023

JPS防府支部例会資料(20230416)

 一足先にネット配信いたします。例会参加者さんにはペーパーでもお配りします。

 毎月第3日曜日の9:30〜12:00、防府郵便局隣の防府市佐波公民館で月例会を開催しています。ぜひご参加ください。

 例会当日には恒例の紙付き切手分譲、写真付き切手・フレーム切手の額面分譲 (一部のプレミア物は除く)、寄贈された実逓FDC何でも1通50円分譲、同はがき1枚30円分譲を予定しています。

202304150120230415022023041503

 

 

 

| | Comments (0)

April 09, 2023

アスピラート防府切手展2023

 防府市文化協会の団体会員でもあるJPS防府支部 (公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部) は、同協会の文化催事の一環として表題の切手展を開催します。
 防府駅前の防府市地域交流センターことアスピラート1階市民ギャラリーです。入場無料です。9日間にも及ぶ長期展覧会です。どうぞ今から参観のご予定をお願いいたします。

2023050203

 

 

 

| | Comments (0)

March 12, 2023

使用済切手集めの目的と意義

 郵趣家(切手収集家)がなぜ使用済を集めているのかを簡単に4枚の紙にまとめました。コピー、拡散、配布ウェルカムです。

 寄贈していただいた使用済切手は袋詰めにされ、それを郵趣家が買い取ります。郵趣家にとってはコレクションになり、その売上金は各地の社会福祉協議会やボランティア団体に寄附されます。いわゆるWIN WINの関係です。
 私個人だけでも100キロ以上買っていますので、ネパールやパキスタンなどに数万人分のBCGやポリオワクチンを提供していることになります。こうした活動は、もとはアメリカの教会でボランティア活動として始められたと言われています。

 切手を貼った郵便物は全郵便物数の1%以下まで激減しています。時代とともに回収量が減っています。どうかご協力ください。

1 適切なカット方法の説明

2023031901

2 郵趣家の収集目的の説明

2023031202

3 丸ごと残す意義の説明

2023031203
4 Mail & Postal Artistとしても切手を活用していることを説明

2023031204

 

 

 

 

| | Comments (0)

November 29, 2022

ブラック・フライデー

2022112901

 ブラック・フライデーのセールは今日までですよ!と海外のディーラーさんたちから山のようにオファーのメールが届きました。ヨーロッパからは写真のような”作り物郵趣品”がしこたま売りに出されていました。若い時分はなんとも思わなかったものの、さすがにこの年になると多少は分別が身についたようで、とても浮かれる気分にはなれません。

 パソコンの普及と進歩で、どなたでもこの程度には洗練されたデザインで郵趣品を作れる時代になりました。そのかわり、よりハイレベルな技術がないとありきたりの、無味乾燥な、人間の匂いがしない、均質的な工業製品のような郵趣家便ばかりになります。これは、私が理想とする郵趣のあり方ではありません。世の中の事象の、その上澄みだけを掬ったような記念カバー、それでいいのか?。現在進行中で多くの兵士や市民が死んでいる現実があることをやすやすと看過するべきでは、ありません。

 以前にも書いたように、青臭いことを言うようですが、私は切手 (郵趣) は平和と友好の象徴であるべきと考えます。今のロシア・ウクライナ戦争に限らず、あらゆる事件・事故・紛争・戦争の陰に犠牲者とその遺族がいることに想いを寄せるのが人の道というものです。皆さんがどのような宗教観をお持ちかに関わりなく、その”思い遣り”は共通であることを希望します。

 もちろん、収集品を自ら作ることができる点は郵趣の特徴であり、なおかつMail & Postal Artの側面も備えていますので、これら”作りモノ”を一律に全否定するつもりはありません。しかし、これらを許容するには10年、20年といった長い年月が必要だと感じます。

| | Comments (0)

October 26, 2022

ポスコン?! 2023と委託便

2022102611

 ポストカードを使ってみんなでつくる展覧会”ポスコン?! 2023”の募集要項が送られてきました。毎年恒例の秋吉台国際芸術村の企画展です。2019年の初参加&審査員特別賞受賞以来、毎年欠かさず参加しています。作品募集お知らせが届くといよいよ年末年始だなあと実感します。

 毎年全国から2,000点以上が集まるすばらしい展覧会です。ぜひ気軽に参加してください。

秋吉台国際芸術村/ポスコン?! 2023

 信書ではないので募集要項はヤマト運輸さんのクロネコDM便で配達されました (図は実逓便の部分カット)。なぜそれをわざわざ取り上げたかと言うと、実際に配達したのは日本郵便さんだったからです。今、こうした日本郵便への委託配達便が全国規模で拡大しています。
 ヤマト運輸さんのTracking & Trace情報を確認すると発送は10月24日、翌25日に日本郵便に委託して公開情報はここで終わりです。日本郵便さんでは委託されてから配達までの記録はありません。部内的には何かの電磁情報が残されているのかもしれませんが、万一紛失事故などがあった際、ユーザーの立場では委託された後はまったく手がかりがないのが現状です。これ、いずれ問題にならなければ良いのですが。

2022102612

 山口県におけるヤマト運輸さんからの受託は2021年 (令3) 3月1日から実施されています。そのプレスリリースは前年の2020年10月6日には出されていますので、入念な準備期間を置いて実施されたものでしょう。そのスクショを下に貼っておきます。
 Tracking & Trace情報を確認しない限り、郵便受箱に入れられただけではわかりません。実際は以前にも同様例があったものと思います。今日はたまたま在宅していて配達員さんからじかに受け取ったのであえて取り上げてみました。

2022102613

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レア苗字 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣ダイアリー 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県