変形郵便

June 08, 2017

珍しい簡易郵便局のポスト型はがき

2017060801

 地元の山口陶(やまぐちすえ)簡易郵便局長さんとお話をしていましたら、たまたま簡易局でもポスト型はがきを作ることができるという話題になりました。細かい経緯は省略しますが、昨日それが入荷したというのでさっそく10枚買ってきました。
 facebookに「簡易郵便局LOVE」という名の簡易局応援グループを作っています。そこで教えていただいたところによると発注単位は20枚。山口陶局さんはそれを3セットの計60枚を発注されたのでした。今日私が10枚購入しましたので残りは50枚です。
 表題の通り、簡易局でポスト型はがきを常備している例は非常に少ないです。郵便局巡りや旅行貯金の方々など、訪問記念にぜひ入手されて下さい。局長さんによると、月に3人くらいはそうやって遠方から訪ねて来られる郵便局ファンの方がいらっしゃるそうです。来局大歓迎だそうです。
 直接来られない方は私が代理購入してスマートレターでお送りすることも可能です。あるいは局に直接電話してご相談されることもOKとのご返事をいただいています。

[宛先面のバラエティ]
 入手したポスト型はがきを観察しますと、通信面の印刷に変化・変遷が見て取れます。最初はPost cardの表示しかなかったものが、じきに郵便番号枠と切手貼付位置表示が入りました。最新の山口陶簡易局版を見ると、このまま送るなら定形外郵便になるためか、逆にPost cardの表示はなくなり、今後の郵便料金改正(値上げ?)を意識してか具体的な”120円切手”云々の表記も変更になっています。なので、古いタイプの在庫に巡り合った時は、なるべく当該箇所を隠さないように切手を貼り、消印を押すようにしています。
 しかも最新の山口陶簡易局版は、裸眼でも判別できるくらい紙の漂白度が上がってより白いです。この他にもバラエティがあるかもしれません。

2017060802

[追記]
 郵趣ウィークリー紙の2017年No.26(6月30日号)にポスト型はがき宛名面のバラエティが取り上げられました。ぜひこちらもご参照ください。
2017063001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2016

絵馬型合格祈念はがき

 九州ではおなじみの新年恒例企画です。120円切手を貼ればそのまま郵便で送ることができます。受験生の応援にどうぞ。

20161223001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2016

伝統的工芸品シリーズ第5集より「大内塗・山口県」

2016110402


2016110401 今日は表題の特殊切手の発行日でした。他県では全く知られていない山口県あるあるのひとつ”山口県民ならみんな大好き大内人形”が取り上げられました。こんなおめでたいことはありません。せっかくなので大内人形を描いた風景印とのコラボをコンプリートしようと考えました。それが大内局と山口後河原局の2郵便局です。

 これを図の円形ポストカードに切手貼付&記念押印しました。このカード、道場門前商店街の中にある特産品ショップやまぐちさんで事前に購入して準備していました。そうです、郵便局のフォルムカードではありません。これまた”山口県民ならみんな大好きちょるる”を主題とした変形ポストカードシリーズのひとつです。
 郵便局のフォルムカードでも大内人形バージョンがありますが、こちらの方が絵柄面に押印用のスペースがあります。インクの定着もこちらの紙質の方が良いです。

 この押印に合わせ、前から作成しそびれていた明治維新150年栞の毛利敬親公も郵趣品化しました。平成の薩長土肥連合スタンプラリーのひとつとして山口市菜香亭に敬親公のラリー印が配備されています。敬親公を描くスタンプはこれしかありませんのでどうしても押印したいものでした。
 菜香亭最寄りの局が山口後河原局です。余白があったので、さらにもうひとつの最寄り局である山口県庁内局の和文印も押印してもらいました。

2016110403

 実は午前中に身内の突発事が発生したせいで山口県庁内局での押印が午後印になってしまいました。特に敬親公とのゆかりのある日ではなかったので時間帯はどうでも良いのですが、しかし、そこは午前印の方が見映えがしますわな。
 ところが、ちょうど午後に衆院環太平洋経済連携協定(TPP)特別委員会が、TPP承認案・関連法案を与党などの賛成多数で可決されたのでした。このカバーを見るたびに思い出すことになるでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2016

大きいことはいいことだ!

2016100504

 島根県の片寄明正さんからご恵送いただいた出雲駅伝のPRフライヤーです。出雲市役所・文化スポーツ課さんが作られたもので、本来ははがき部分を切り取って知人・友人に送ろうというものです。しかし、はがき以外の部分の情報のなんと有意義なことか!。切り取った残りをむざむざ破棄するのは忍びない・・・ということで丸ごと送っていただきました。郵便料金が120円定形外料金になりますけれど、インパクトははるかに大きいです。素晴らしいです!。
 日常生活の範囲内にそのまま送ることができるものがけっこうあります。何も封筒に入れて隠さなくても条件さえ合っていればむき出しでも送れます。かさばる立体モノでも荷札をくくりつければいけるものも少なくありません。郵便局員さんの仕事の邪魔にならない程度で遊んでみてはいかがでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2015

はがきの最小・最大サイズ

2015091701

 若林正浩さんからこんな楽しいかもめ〜るをご恵送いただきました。左が最小140H×90W、右が最大154H×107Wです。小さい方が小田原、大きい方は大田原と郵便局も大小に合わせてくださいました。楽しいですね。
 せっかくなのでカード形状の場合の決まりを図にしてみました。話がややこしくなるので、以下の4点が前提条件です。

(1)材質は紙または紙と同等品であること
(2)重さは2〜6g
(3)色は白または淡い色
(4)形状は長方形

 この条件下であれば下図の通りの郵便料金になります。最大サイズオーバーでも長方形であれば定形外料金120円ではなく定形郵便料金82円であることがお得ポイントです。しかし、これがフォルムカードのようにイレギュラーな形だといきなり120円料金になてしまいます。
 また、最小サイズ以下は52円料金ではなく、あるいは定形外でもなく、そもそも郵便物としては取り扱われないという点も覚えておいてください。小さすぎると機械処理中に引っかかってトラブルの原因になりかねないからです。それでも、窓口に差し出した場合、「例外的に便宜上取り扱います」と受けていただける場合もないわけではありません。

2015091702

|

August 24, 2015

新着の変形はがきから

2015082303

 今夏の繁忙期がやっと峠を越えたようで数ヶ月ぶりに一日中パソコンに向かって切手整理をしていました。ご紹介が遅くなりましたけれど、新着の変形はがきを2点ご紹介させていただきます。

2015082304 上は白藤智明さんからご恵送いただいた「花咲くいろは」のフォルムカードです。いまどきのアニメにはまったく疎いもので、いかなる内容かはさっぱり存じませず申し訳ないことです。このアニメを活用して街おこし(温泉おこし)をしているらしいことはネットで知りました。
 左図にも見えますように、宛先用の郵便番号枠が印刷されていることから、最初から郵送されることを意図していますね。これも日本郵便さんのフォルムカードのおかげで、変形はがきに対する好意的な見方が広まったおかげだと思います。
 また、下は柴田公子さんからご恵送いただいたリサ・ラーソン展の変形はがきです。これもパッケージに「郵送の際は120円切手をお貼り下さい。」とのキャプションが印刷されています。たいへん結構なことだと思います。
 今は「変形郵便物」と記した3つのケースファイルに一括して収納しています。しかし、日本郵便さんがポスタコレクトのご当地フォルムカードを販売開始した2009年(平21)9月以後は、明らかに環境が変わりました。それ以後の分についてはローカル・フォルムカードという新しい概念で差出・収集・分類をする必要があるようにも感じ始めています。

2015082305

|

July 22, 2015

全日本切手展2015

 連休が明けましたらカバー、カードがどさっと届きました。お礼の意味でブログ掲載させていただきます。皆さま、いつもありがとうございます。

【山内和彦さん】
 記念カバー、カード作りの名手・山内さん、今回も驚かされました。小型印のデザインに合わせてまさかのビードロ切手の本物が貼ってありました。それも表裏で2枚も。ポストカードもビードロ娘でこれ以上はない究極です。
2015072201

【大沢秀雄さん】
 同展は競争切手展でもあるわけで、その受賞記念カードも1通いただきました。「視覚障害」で金賞を受賞された大沢秀雄さんです。おめでとうございました。
2015072202

【嶋根 浩さん】
 日韓国交正常化50周年記念切手展に引き続き、今回も不適切図案の「ムクゲと桜」82円切手の切腹カードを送ってくださいました。こんな切手をぬけぬけと発行するくらいですから韓国切手展は当然気に入らないわけですが、そうは言ってもお友達がたくさん関わっていたので邪魔しないように黙ってました(笑)。この一枚でだいぶ気が晴れましたよ!。
(→関連記事
2015072203

【若林正浩さん】
 前島密翁180年記念ロゴの使用許可を正式に取られての力作?怪作?です。かもめーる4面はがきに小型印と風景印を4つ記念押印された時点で料額印面は失効です。これに切手を120円分加貼して差し立てられたものです。よくもまあ、こんなくだ・・・強烈なアレンジを思いつかれたものです。
 うちの配達担当のN野さん、無表情にこれを郵便受けに挿し込んで行かれました。もうね、若林さんのおかげでへんてこ郵便物にはすっかり慣れちゃったようで・・・。
 この他にも小型印原画を担当された嘉藤雅子さん、熊谷青山さん、古川貴子さんからも頂戴しています。重ねて御礼申し上げます。
2015072204

(↓裏面)
2015072205

|

May 21, 2015

ホテル日航アリビラさんのオリジナルフォルムカード

2015052101

 沖縄にダイビングに行かれた古川貴子さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。ホテル日航アリビラさんのオリジナルフォルムカードです。このウミガメちゃんがホテルのマスコット「アリビー」だそうです。POSTCARDと印刷されているので、最初から郵送を意図したものというのがうれしいですね。実際は定形外だけど(笑)

| | TrackBack (0)

March 08, 2015

変形郵便と発行銘

2015030801

 捨てないで残しておくと、後で別の意味に気がつくことが多いです。上もその典型で、札幌大通局の平7(1995).2.8付の第46回さっぽろ雪まつりの変形記念カードです。

 まず、この当時から郵便局でフォルムカード的な変形カードを製作・販売していた事実に着目です。往時はただのお土産品的な見方しかされませんでしたが、フォルムカードが定着した今、それまでとは違った意味が伺えます。
 規格外のサイズのため定形外郵便物扱いとなり、50g以下130円料金となっています。それゆえ、どこにも「郵便はがき」の表示もありません。これは今のフォルムカードと全く同じ制度運用ですね。
 さらに細かく見ますと宛名面右下に小さく「札幌郵趣会」の銘があります。文字通り郵趣会が発行したものなどではなく、郵趣会の名義を借りて郵便局(おそらく札幌中央もしくは札幌大通郵便局)が発行したものです。郵趣会名義での各種郵便商品の製作・販売という手法は決して珍しいものではなく、私見では郵便局名義の方が少ないようにすら感じます。
 ところが、このスタイルは不明朗な会計処理につながると会計検査院から厳しく指導され、平11(1999).4.30付で禁止されました。それ以後、全国各地のオリジナル郵便商品が激減したことに気づいておられる方はどれほどいらっしゃるでしょうか。
 ですから郵趣会名義の禁止以前と以後、フォルムカード登場以前と以後の変形郵便物(カード)は、その違いを細かく見る必要があります。それが郵便局製であればなおのことです。

 なお、ついでに記しますと、今でこそゆるキャラやマスコットがひんぱんに小型印図案に採用されていますが、ほとんどの場合、著作権関係をクリアした証として印面にコピーライト表示「©マーク」が刻まれています。ところがさっぽろ雪まつりだけは昔から、そして直近の第66回(平27)でも©マークがありません。事前に調整のうえ円満に解決されてのこととお察しします。その詳細については地元北海道の郵趣家の皆さんの手で歴史をまとめて発表をお願いしたく存じます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2014

羊肉の日

2014050201

2014050202 札幌市の湯浅英樹さんからご恵送いただきました。フォルムカード第6弾・北海道の「ジンギスカン料理」です。去る4月29日に湯浅さんがコメントされた一文ですべてが理解できることでしょう。羊の切手(年賀切手)に羊を描く豊平局の風景印の意味が、です。いつもありがとうございます。

【コメント文再掲】
 フォルムカード第6弾、北海道は「ジンギスカン」なのですが、この図案は北海道のジンギスカンではありません!。ジンギスカン鍋の中央にジンギスカン肉がありますが、肉の下は鉄板…北海道では野菜を乗せて、その上に肉を乗せる「蒸し焼き」が主流です。ただし、蒸し焼き、直焼きのどちらかおいしいかは、それぞれの好みなので、どれが正しいとは断言いたしません。
 なお、明日・4月29日は語呂合わせで「羊肉(ようにく)の日」です。ジンギスカンのフォルムカードに記念押印するなら4/29ですよ!

| | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県