お笑い郵趣

July 21, 2016

スケベニンゲン

2016072103オランダが今年5月23日に発行した「美しきオランダ」シリーズ切手からScheveningen。そうです、面白地名で有名なスケベニンゲンです。(小ネタでした)

2016072104

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2016

アンラッキーな特異日記念

2016051501

 一昨日の13日の金曜日、ブログ予告記事のように、皆さんこぞってベッキーさんの芸能界復帰記念カード・カバーを作ってお祝いされたことと思います。

 残念ながら山口県に住んでいるものですから都会と同じような郵趣活動はできません。いろいろ調べましたところ、404年前(という数字もまた意味深ですが)のこの日、下関の巌流島で宮本武蔵と佐々木小次郎の戦いが行われていた事実を発見。13日の金曜日にして仏滅さらに佐々木小次郎の命日、というトリプルなアンラッキー特異日を記念し、弔事用52円を貼ったポストカードに巌流島と佐々木小次郎の燕返しを描く下関福浦郵便局の風景印を押してきました。

 吉川英治の宮本武蔵の影響で、山口県民は佐々木小次郎は岩国出身と信じ、また故意に遅刻してきた宮本武蔵を内心快く思っていません。鞘を捨てたからといって「小次郎敗れたり!」とか言っちゃって動揺させるなんてなんて嫌らしいやつだ。そんなのが剣豪?。そりゃね、やっちゃいけないとは誰も決めてませんけどね、ちょっとね・・・・横綱が立ち合いの時に横に変化したり張り手を喰らわすようなもんでしょ。そんなんで勝って嬉しいのかよ。ちっ・・・なわけです。

 事実は全然違うそうですがこの際、吉川武蔵の筋書きに則りました。また、カードとは別に弔事用52円官製はがきバージョンも作りました。さすがに「アンラッキーな特異日」をいきなり収友に送りつけるのは憚られました。記念押印で各10枚ずつ作ったのみです。

2016051502

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2016

明日は13日の金曜日にして仏滅

2016051201

 明日の金スマでベッキーさんが芸能界復帰だそうです。まさかとは思いますが、復帰記念カバー・カードを作ろうなんて考えてませんか?。TBSテレビの管轄局は赤坂局ですけどね(こらこら)
 ほんと、まったくの偶然ですけど明日は13日の金曜日にして仏滅という、これまたレアな"特異日"ではありませんか!。だめですよ、変なもん作っちゃ!(誰か作って)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2016

世界に誇るエイプリルフール切手

2016040101

 今から14年前の2002年4月1日、支那が自然環境保護キャンペーン切手(第2次・4種)を発行しました。5分・計画出産の推進、30分・鉱物資源の保護、80分・生命の水の保護、1.50元・海洋資源の保護。
 1979年から30年以上にわたって続けられてきた一人っ子政策も昨2015年10月29日に廃止されたことで、テーマの全てが破綻したことが確定しました。自然環境も悪化しこそすれ改善などまったくできていませんね。
 下は2ヶ月早く2月1日発行された第1次・2種のうち10分・森林保護切手を混貼した香港あて実逓書留航空便です。支那の国旗と国章小型シートが堂々としていますね。もちろん、森林保護もだめで着実に砂漠化が進んでいます。実に象徴的なカバーです。

 さすが支那、まさか本当のエイプリルフール切手になるとは思いませんでした。
・・・・否、本当はだめだろうと察していました(笑)

2016040102

|

December 23, 2015

嘘だらけの抗日戦争勝利70年記念切手(支那中共)

2015122301

 9月3日に支那中共政権が発行した「抗日戦争勝利70年」記念切手が最低最悪です。13種もの巨大なセット発行ですが、いかにも歴史の嘘、捏造を大言壮語して覆い隠そうという焦りが透けて見えます。

 基本的なこととしてみなさんよくご存知の通り、日本が敗戦した1945年(昭20)の時点で、中華人民共和国はまだ成立していません。八路軍は蒋介石率いる国民党軍に圧迫されて敗走に敗走を重ねていたのみで、散発的な局地戦というより小競り合いはあったものの、歴史に名を残すような組織だった戦闘は全くありません。南京大虐殺に至っては、日本軍が30万人も虐殺したという嘘も甚だしいだけでなく、日本軍が南京を占領していた3ヶ月のもの長い間、あんたらは何もしないでただ見ていたのかね?。じゃあ一体何をどうやったら「勝利」と言えるのでしょうね?。

 切手の図案を見たら、そんな嘘がはっきりわかります。取り上げられているのは一八歴史博物館、東北烈士記念館、中国人民抗日戦争記念館、上海淞滬抗戦紀念館、南京大虐殺記念館(侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館)、台児荘大戦記念館、延安革命記念館、八路軍総部旧址記念館、百団大戦記念館、平型関大捷記念館、再荘地道戦記念館、新四軍記念館、滇滇西抗戦記念館といずれも後の時代に建設された記念館ばかり。その背景には文革時代からさんざ目にした革命絵画(プロパガンダのための絵)、つまり空想の絵をアレンジしただけです。総括すれば歴史事実の描写はどこにもありません。当時の写真を切手にした台湾とは大違いですね。
 正しい歴史と言い張るのであれば、真正な当時の写真を使った切手を発行してもらいたいものです。次の80年の時は大いに期待したいと思います(笑)。

 今回のような嘘だらけのちゃちな紙芝居図案ではみっともなくてどこにも紹介できませんね。もちろん、私はこれらを現代史などには分類せず、お笑い郵趣あるいは図案ミス、インチキ切手、パチもん切手のコーナーに仕分けせざるをえなかったことも特に付け加えておきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2015

しょぼ風グランプリ

2015080801

 facebook仲間での話題で、ひょんなことから飛び出したお遊びです。風景印は各地域の名所・名刹・偉人・景観を描いているものですが、ごく少数、そうでもないっぽい微妙なスナップが効いた変化球があります。そんな風景印を探してみようってんでしょぼい風景印、略して"しょぼ風グランプリ"を絶賛開催中です。地元山口県として私は光島田局をプッシュしました。先日、出勤前にちょっと足を伸ばして押印してきました。そこで由来・経緯を直接伺ってきました。

---↓---
 平成6年頃、光市の全郵便局で風景印を使用開始しようということになった。しかし、ここ島田(しまた)地区は田畑が広がっているだけで、さしたる名所もなかった。そういった事情から、田園風景を背景に、光市農村婦人の家が主題に選ばれた。実際はごく普通の公民館、集会場であって、それ以上でも以下でもない。お話を伺おうと訪問してみたが、通常は無人らしく入口は施錠されたままであった。
 ロケーションは山陽本線・島田駅の駐輪場に隣接しすぐ横が線路である。風景印に描かれているような木立は一切ない。
---↑---

 以上の簡単なレポートを官白に加刷してメモリアルとしたのが上図です。せっかくですから局名入りポスト型はがきにも記念押印をしてきました。若干数の予備がありますので、ご希望の方に差し上げますのでご連絡ください。
 描かれた主題自体が廃止された、消滅した、開発で景観がまったく変わってしまったなど、さまざまな要素があると思います。ちょっと遊んでみませんか?

2015080802

[付記]
 新・風景スタンプ集の中国・四国・九州・沖縄編のP.71、この光島田局と島田市局の読みが間違いです。「ひかりしまだ」「しまだいち」ではなく、正しくは「ひかりしまた」「しまたいち」です。「た」は濁音ではありません。お手元で訂正されてください。

|

May 03, 2015

見えません・・・

2015050301

 1991に開催された第7回世界教会協議会メルボルン大会記念の切手付き封筒です。カシェも印面もエンボスなのでスキャナー性能によってはぱっと見はただの白い封筒(笑)。かろうじて国名、料額43c、記念銘は淡ブルーで印刷されています。
 闇夜のカラスの反対ですね。なんといえば良いでしょうか。牛乳の中に豆乳、雪原にユキウサギ、ご飯にしらす・・・・???

| | TrackBack (0)

February 28, 2015

なぜここにジーン・シモンズさん?

2015022801

2015022802 あのKISSが来日しTVに出たりももクロとコラボしたりと話題のようです。ジーン・シモンズさんも還暦過ぎてるはずだし、すげえなと思う一方、胸が痛む思いです。
 そんな彼も、なぜかこんな場面でも登場していました。世界で最も大陸から離れた絶海の孤島と言われるトリスタン・ダ・クーニャが2009年に発行した「トリスタン・ダ・クーニャの伝統」と題する4種の記念切手です。そのうちの1種に島に伝わる亡霊切手が含まれているのですが、なぜかその左端にどう見てもジーン・シモンズさんとしか思えないお方が・・・切手デザイナーさんのいたずらでしょうか?。

|

October 03, 2014

新幹線鉄道開業50年記念・変な新幹線切手ネット博覧会

 東海道新幹線が開業したのは1964年(昭和39年)。以後、SHINKANSENの名は世界中に知れ渡り、多くの外国切手にも描かれることとなりました。しかし、今のようにインターネットを使って簡単に資料を手に入れられる時代ではありません。どこでどう間違えたのか、なんとも不思議な新幹線切手もたくさん世に出ています。私の「変な新幹線切手コレクション」のごくごく一部をご披露いたします。

※より大きな図版を使ったfacebookのアルバムページも作りました。こちらを参照ください。

【モンゴル・1979】
 変な新幹線切手と言えばこの1枚、と言うくらいに有名な切手です。どなたでも一目で異変にお気付きかと思います。本来なら青色であるはずの窓枠帯とスカート部がなぜか赤色です。さらに印面中の年号「1963」もミスで正しくは「1964」。想像を超えたミスです。
 原画作者はRadnabazar、ハンガリーによる平版印刷、50面シート構成で発行枚数は70万9,300枚。
2014100301

【モンゴル・1993】
 1979年発行の「赤い新幹線」切手に改値加刷15Tを加えて1993年に発行されました。せっかくなので実逓カバーを探してコレクションに加えました。
2014100302

【チャド・1972】
 東海道新幹線(0系)と思われますが連結器カバー部がまるまる描かれていないなど、考証がデタラメ過ぎです。印面中の「OSAKA EXPRESS」なる呼称も間違いですし(そんな名前はありません)。でも、オトボケで憎めないかわいい顔をしていますね。
2014100303

【ブータン・1996】
 200系東海道新幹線電車。先頭車両の連結器カバー部をライトと思い違いしたらしき「赤鼻新幹線」はけっこう多いです。切手部にこれだけ大きく堂々と描いたのはお見事すぎます!。
2014100304

【シャルジャー・1971】
 シート地に赤鼻新幹線を描く小型シートです。切手部分はSL弁慶号。通常の目打ありシートの他に無目打シートも存在します。いわゆるアラブ土侯国のあやしい切手ですけれど、今世紀に入ってからじょじょに値上り傾向にあり、昔のように二束三文で買える切手ではなくなりました。要注意です。
2014100305

【ギニア・2001】
 国際切手展ベルジカ2001記念の6種連刷シートです。アフリカ大陸を横断するという豪快なデザインに免じて赤鼻新幹線であることは見逃してやってください(笑)。なお、同一図案を流用したらしき単片切手4種セットが別途存在します。
2014100306

【カンボジア・1975】
 万国郵便連合100年記念で発行された金箔切手に赤鼻新幹線が登場しています。最初にご紹介したモンゴル切手が1979年の発行なので、それよりさらに5年も前から塗装色の混乱・誤解があったことの物証です。
 なお、この当時は悪名高きポル・ポトのクメール・ルージュの時代なので、カンボジアではない別の国の切手代理発行エージェントによる発行です。しかも、これけっこう高いです。5,000~8,000円くらいします。
2014100307

【ドミニカ・1992】
 オモチャの新幹線だと思われます。赤鼻にとどまらず好き勝手に青塗装されてます。まあオモチャですから仕方ありませんけれど、それを平然と切手図案にするあたりはちょっと・・・・。
2014100308

【ルワンダ・1984】
 とうとう全身真っ赤になっちゃいました(笑)。抽象デザインゆえの配色です。
2014100309

【リベリア・2003】
 東北・上越新幹線の200系列車の背景になぜか富士山。シート地の「TOKYO EXPRESS」という名称も聞いたことがない謎。そもそも立ち木が残る平地に単線の線路というのはありえないし。
2014100310

【ニジェール・1998】
 切手本体よりもシート地の景観写真に注目されたい。日本語が読めなかったために意味もわからないまま撮影した写真を使用したものと思われます。アコム、レイク、ディック、アイク、武富士などかつてのサラ金会社、カツラ会社のアートネイチャーなども見受けられます。思わずじっくり観察してしまいますね。
 なお、切手部は東武鉄道100系、新幹線300系、小田急ロマンスカー3100系、JR東日本DE10形式ディーゼル機関車です。
2014100311

【コンゴ・2005】
 2005年の愛知万博記念に発行された3種一組の小型シートセットから代表的な1種を抜粋しました。切手部分はE4系新幹線です。
 トピカルコレクター向けに鉄道、蘭、蝶などさまざまな要素を詰め込んだごった煮の見事なパチもん切手です。愛知万博なのにシート地は明らかに東京の山手線(笑)。特にローマ法王ヨハネ・パウロ2世は、本券の発行日とされる4月5日の直前、4月2日に亡くなっておられますので、本来は発行中止にすべきものではないかとも思われるのですが・・・。
 なお、気合いの入った鉄ちゃんならこの山手線撮影ポイントが瞬時にわかるらしいです。恐ろしい子!。
2014100312

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2014

ふるさと切手・チューリップと立山連峰

2014033101

 ふるさと切手を集めていらっしゃる方なら基礎知識の範疇で知っておくべきもののひとつです。図版を見ただけでもうおわかりですね。チューリップと立山連峰切手の発行(2000年/平12年4月28日)に合わせて使われた小型印に記念銘が入っていません。風景印ならこれが当たり前ですけど小型印の場合はこれはないわ。ということから砺波(となみ)郵便局さん、風景印と小型印の区別がつかないままに使用申請しちゃったんじゃないか説が伝えられています。
 一種のエラーではありますが、特に訂正されることもなく実際に使用されましたので、初日カバーに押された小型印は全部これです。特に珍しいものではありません。それだけに「持っていて当然」とも言えます。

|

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣におけるコンピュータ活用 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県