山口県

April 27, 2017

ジプシー・ローズ死去50年

2017042702

[終焉の地・防府]
 伝説のストリッパーと言われたジプシー・ローズ。トップダンサーでしたが、過度な飲酒で健康を損ね引退。
 晩年はマネージャーであり内縁の夫でもあった正邦乙彦氏とともに防府市でスナックを開業。場所は毛利藩の迎賓館である現在の英雲荘のすぐ隣、元キャバレー「ジプシー」(後に喫茶店になるも店主高齢のため現在は閉店)の路地裏。カシェの写真がその場所、防府市三田尻本町です。
 50年目の命日に発行された切手趣味週間切手を貼り、最寄り局である防府三田尻郵便局の風景印で記念押印しました。
 飲酒が原因で店の2階で突然死。ジプシー・ローズこと本名・志水敏子、享年32。ふたりがなぜ防府を選んだのかはわかっていません。

▼お店があった路地裏を死去50年目にあたる2017年4月20日のまさにその日に撮影してはがきプリントした自作のマキシマムカードです。現状はほとんどが閉店し空き家状態です。
2017042703

▼JPS防府支部長・齊藤智さんが作成された追悼記念カバーです。同封されていたライナーノーツがたいへん詳しいのでぜひご一読ください。
2017042704

2017042705

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2017

板持簡易郵便局が一時閉鎖

2017042505

 先月28日に伺った時、長門大泊と渋木の2簡易局が一時閉鎖になる話をしたばかり。こちらの局では閉鎖の話は露ほども出ませんでしたのに、局長さん、急病でしょうか?。たいへん心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2017

簡易郵便局LOVE(2)

 簡易郵便局の応援団としての立場表明はこちらで宣言しています。郵趣家として具体的にどのような利用をして売り上げ増(手数料収入含)を図るべきか、郵趣的な資料性をも考慮して以下のように実践しています。そのご紹介と同時に、皆さまにもご賛同をいただきたいと願っています。

[基本は3アイテム]
(1)和文日付印
 収集の基本。時に金属印を使っている希少例があります。
(2)和文ローラー印
 シャチハタ式の和文印が配備されると基本的に返納される印です。ですが、引受郵便物量が多い局の場合などは継続使用していることがあります。
(3)領収書
 口頭で受託者を確認してはいますが、領収書も頂いておくのがベストです。

2017042501
 なお、大学内や病院内簡易局では欧文印も配備されていることがあるので要注意です。

[実逓便を作ろう]
 特殊取扱郵便物を差し出すと手数料収入が発生します。ですから記念押印だけでなく簡易書留なり書留を差し出すのが理想的です。私は自分宛に送るようにしていまして、受領証も一緒にコレクションしています。

2017042502

[局舎写真を撮ろう]
 セブンイレブンさんのはがきプリントを活用し、訪問時の局舎写真(営業時間中が望ましい)を撮影し、それで自作マキシマムカードを作っています。僻地の場合はセブンイレブンさんがない場合も少なくないので、事前に撮影して準備しておくなども必要かもしれません。

2017042503

[国庫金を支払おう]
 農漁協さんなどが受託している場合や端末が来ている局を除き、このような預り証を交付されます。私は毎月一回の国民年金をこうして納めています。領収書の受け取りを郵送で希望しておくと預り証はこのまま手元に残ります。交通違反金も同じように支払うことができます。
 月に1件しか作れないものではあるのですが郵趣的には資料性が高いものです。局名一行印が押され、局長さんの直筆サイン(判子の場合もあり)も担当者印も押されます。しかもアルバムリーフにぴったり納まるちょうどいいサイズなのが嬉しいです。

2017042504

 ところが、この4月に規則改正され、なんと、この国庫金預りの手数料収入がゼロにされてしまいました。地方や僻地の重要な金融機関としての役割が求められているというのにタダ働きとは、日本郵政さんは一体何を考えているのでしょうか。
 本日4月25日の発表によると、2015年に買収したオーストラリアの物流子会社トール・ホールディングスの業績不振に伴う4003億円もの巨額損失を計上し、昨年度の業績を3200億円の黒字見通しから400億円の赤字に修正するとされました。その尻拭いを簡易郵便局さんにも押し付けるのであれば由々しいことです。旧ペリカン便との統合に失敗したJPエクスプレスの大失敗を忘れたのでしょうか。
 手数料収入がゼロになったからといって取扱を断る局はないと信じます。ですが、それではあまりにも申し訳ないので、今後はこの預り証の余白に切手を貼って記念押印し、利用者としてせめてもの気持ちとしたいと思います。今月はまだあと3日あります。手数料ゼロになった最初の月の預り証をぜひ作っておきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2017

山口郵便局のインクジェット機械印、その後

2017042001 夜勤明けの眠い頭が一瞬覚醒しました。

 今年1月30日の開局初日を除き、初めて自宅宛に届いた山口郵便局(地域区分郵便局)のインクジェット式機械印です。日付・時間帯は4月19日12-18、配達されたのは翌日の4月20日でした。

 差出は山口市介護保険課で、中身は父の介護認定通知書および保険証でした。おそらく、大量に差し出されたがゆえのIJ機械印使用でありましょう。

2017042002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2017

高杉晋作死去150年

 2017年(平29)4月14日は仕事があって郵趣活動ができないことがわかっていましたので、あらかじめ仕込んで郵頼しました。

2017041501

 東行庵の高杉晋作記念館では戦前の絵はがき5種を復刻販売していましたのでそれを利用しました。態度が悪いことで有名な(!)受付のおばちゃんにはとにかく下手に出て刺激しないように努め、絵はがき購入後はさらに腰を低くして記念スタンプを貸していただき、東行墓の記念スタンプをペタペタ。唯一の救いは新人さんらしき若い女性事務員さんの応対がたいへん良かったことでしょうか。世代交代〜世代交代〜(笑)
 これに弔事用52円切手を貼り、東行庵最寄りの下関吉田郵便局の風景印を引受消印していただいて完成です。

2017041502

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2017

山口中央郵便局の和文機械印

2017041101 地域区分郵便局の山口郵便局が開局して以降、各取集局では消印をしないはずでしたが、今朝、父あてに届いたはがきには山口中央郵便局の和文機械印がばっちり押されていました。初めて見ました。

 差出は山口高校ラグビー部。64年ぶりとなった第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会出場に際して、OBの父名義で寄付金を送りましたのでその返礼状です。なので同一はがきが数百枚まとめて差し出されたものと思われます。大量一括差出だったために例外的に押印したのでしょうか?。そういう時こそ山口局のインクジェット式機械印を押して欲しかったところです。

2017041102

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2017

一時閉鎖予定の2簡易郵便局訪問(長門大泊、渋木)

[長門大泊(ながとおおとまり)簡易郵便局]
2017032801

 4月3日(月)付の一時閉鎖で実際には3月31日(金)で営業終了です。最終日は父の通院送迎&仕事があるため訪局できませんので昨日伺ってきました。

2017032802 青海島に渡ってすぐの大泊湾に背を向けて建つ典型的な漁村の建物です。一歩奥に入った路地側に入口があるため真っ正面からの写真がほぼ撮影不能という点も漁村共通です。立派な局名板が目を引きます。
 漁協さんの受託で、切り盛りされていた女性局員さんは漁協のOGさんで、今は嘱託でお勤めとのことでした。一時閉鎖は漁協の決定で、もし後任者がいらっしゃれば再開されるかもしれませんとのこと。ただし、建物・場所は別の所になるでしょうとのお話でした。確かに現局舎は”古い”をはるかに通り越していますね・・・どなたか受託者に立候補されませんか?。

 普通切手類はほぼ在庫がなかったためシール式52円のおもてなしの花切手を購入して記念押印しました。最終印を郵頼される方はご注意ください。和文印は今となっては貴重になった金属印。それゆえ和文ローラー印もありました。

(↓向かって右側が湾、反対の左側に入口があります。漁村の建築を知らないと湾岸道側からはわかりにくいことでしょう)

2017032803
2017032807
[渋木(しぶき)簡易郵便局]

2017032804

 4月24日(月)付の一時閉鎖で実際には4月21日(金)で営業終了です。

2017032805 こちらも和文印は今となっては貴重になった金属印。和文ローラー印も記念押印してきました。
 JA長門大津・渋木出張所の一角にあり、見ての通り受託者はJAさんです。なので窓口業務もJA職員の女性の方が来客時だけ対応してくださるスタイルです。
 一時閉鎖の方針もJAさんの決定によるものだそうで、なんでも建物自体も縮小されるため同じ場所での再開はまずないでしょうとのことでした。こちらも新たな受託者さんが見つかることを祈りたいです。

(後世のために2局の地図と住所を掲げておきます)
2017032806

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2017

マジカル・ミステリー・ツアー/第2回 長門・青海島ツアー

2017032801

 仕事の予定やお天気の按配を考慮し、本日3月28日に「マジカル・ミステリー・ツアー/第2回 長門・青海島ツアー」を決行してきました。図版はその一例で、上は来月一時閉鎖になる予定の渋木簡易郵便局の局舎写真はがきに和文印。下は金子みすゞ直筆原稿はがきに金子みすゞ記念館の記念スタンプとフレーム切手貼り&仙崎局風景印です。
 帰宅後ただいま鋭意整理中ですが発送は4月に入ってからに致します。と申しますのも今週末は博多、北九州に行きますので、何かGETできればオマケに加えたいと思います。少々お待ちください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2017

マジカル・ミステリー・ツアー/第1回・岩国市奥地ツアーのご報告

 概略は以下の通りです。徳地インターから中国自動車道に上がり六日市インター(島根県)で下車。それから錦川沿いに南下しつつ郵便局を巡り南河内郵便局あたりで午後5時を迎えて終了しました。

2017032301

【お試しコース:スマートレター代込1,000円】
(1)広瀬局のポスト型はがきに同風景印+道の駅ピュアラインにしきスタンプ
(2)2郵便局の記念押印(レア消印を発見しました)
(3)島根県のフォルムカード「ローソク岩」未使用
(4)日英文併記の名物「花みくじ」
 ※山口県周南市鹿野町名産品のおみくじについてはこちらを参照
(5)鹿野SAのハイウェイスタンプ
 ※図案の詳細についてはこちらを参照
(6)錦川清流鉄道「錦町駅」スタンプ4種完セット(カード2枚)
<合計原価730円分。(5)(6)は無料>

2017032302
2017032303

【スタンダードコース:スマートレター代込2,000円】
 お試しコースの品に以下が加わります。
(7)徳地和紙はがきに堀局風景印
(8)I LOVEとくぢステッカー
(9)串局のポスト型はがきに同風景印+同局住所印
 ※昨年10月に印顆を新調したばかりの鮮明印
(10)六日市局のポスト型はがきに同風景印+道の駅むいかいち温泉ゆ・ら・らスタンプ
 ※道の駅スタンプは図案変更されています。旧印はこちらを参照
(11)4郵便局の記念押印(レア消印を発見しました)
 ※河山局がシャチハタ式欧文印を使用しているのを発見しました。局長さんに伺ったところ、旧印(金属印)の磨耗・損傷が激しかったため、数年前に要求しすんなり配備されたそうです。都会局なら珍しくもないでしょうが、中国山脈の只中にある小局での使用はたいへん珍しいです。年に何回も使用する機会もないはずです。
(12)広瀬局風景印押しカバーに錦川清流鉄道「錦町駅」スタンプ3種押し。カバーの中に(6)が入っています。
(13)簡易郵便局の和文ローラー印(一例)
<合計原価1,534円分。(5)(6)(8)は無料>

2017032304
2017032305

【スペシャルコース:スマートレター代込3,000円】
 お試しコース、スタンダードコースの品に以下が加わります。
(14)北河内、南河内局のポスト型はがきに同和文印
(15)ローソク岩ミニカード
(16)南桑局ノベルティはがき2種に同風景印
 ※郵趣家や旅行貯金で来局された方に限り2種の絵入りはがき(料額印面なしの私製はがき)をくださいます。特にお願いしてわずか数組のみお分けいただけましたのでスペシャルコースの方のみに含めました。柳井市の画家・故川口健治氏と地元イラストレーターさんによる作品だそうです。
<合計原価2,122円分。(5)(6)(8)(15)は無料>

2017032306
2017032307

 スペシャルコースのみ400円程度予算が余りましたので、来週の「長門・青海島ツアー」に繰り越しあるいは預り金とします。折を見て清算します。
 また、若干数の予備製作分がありますので、ご希望の方はお問い合わせください。
 なお、「長門・青海島ツアー」は3月27日頃まで追加メンバー募集中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2017

暮しと郵便〜山口県の離島

 以前から離島の郵便関係を集めていましたが、だいぶ量が溜まってきたので専用の収容ケースファイルを作ってアイテムを集約しました。なぜ離島なのか、何が面白いのかをご紹介したいと思います。(一部の図版はクリックで別ウィンドウで拡大画像が開きます)

【県の関心が高い】
 数年前に山口県庁の書店で「やまぐちの島々」という小冊子を購入しました。山口県離島振興協議会が発行したものです。角島が取り上げられているので角島大橋が開通した2000年(平12)11月3日以前の出版物であることがわかります。しかし、この手の文献は古い時代の生活がわかるので古ければ古い方が良いのです。

2017030506

【各自治体も振興に熱心】
 萩市で配布している見島のパンフレットです。その右隣は昭和3年11月の(昭和)大礼記念の特印です。今でこそ人口約800人の過疎と高齢化の島ですが、もともとは他の島々と同じく食料増産の国策のため数千人が漁労に就ていました。それだけの人口があったが故に特印も配備されたのでしょう。

2017030507

【今も昔も郵便が行き来】
 人の生活があれば必ず通信のやり取りがあります。意識しているとけっこう集まりますので楽しいですよ。
 図は左から角島局昭和12年(現萩市・角島)、見島局昭和41年(防府市・見島)、西平郡簡易局平成28年(柳井市・平郡島)です。さらに新料金領収印は当時西平郡局にお勤めだった片寄さんが記念に押印されたものです。現存数はわずか数枚とのことです。

2017030508

【郵便貯金台紙】
 戦前は郵便切手を使っての郵便貯金制度がありました。大正4年の大正大礼記念に全国で行われたものです。大正大礼記念切手4種のうち低額の1銭5厘と3銭の2種が使われています。山口県人でなければ小松局と言われてもこれが周防大島だとはちょっとわからないと思います。小松とは地名由来の局名で、今の大島局のことです。

2017030509

【架橋以前の時代】
 広島県呉市の某郵便局長にして郵趣家だった故木村佳久氏の旅行記念カバーです。バス旅行のチケットを貼り、出発地と到着地の消印が押されています。注目は木村氏の手によるカシェです。昭和46年10月当時、大島大橋はまだ架けられていなかったことを示しています。渡船を要するがゆえに団体旅行の企画になりうる旅情を伴っていたのでしょう。大島大橋が開通したのは1976年(昭和51)年のことです。

2017030510

【架橋記念の小型印】
 ということで架橋記念の小型印も必然的に収集対象になります。本土から近い離島が多いのが山口県のメリットと言えるかもしれません。架橋されたことで離島ではなくなったのは屋代島こと周防大島(周防大島町)、沖家室島(周防大島町)、長島(上関町)、笠戸島(下松市)、向島(防府市)、彦島(下関市)、角島(下関市)、青海島(長門市)などがあります。

2017030511

【記念押印は欠かせません】
 昭和30年以降、高度成長時代を経て離島の人口は激減します。産業構造の変化が主な理由で基幹産業の漁業従事者は今も減少が続いています。人口が少ないのですから郵便取扱量が少ないのも必然です。それゆえ郵頼や郵便局巡りによる記念押印は意味があります。記念押印した印影以外見つからない例というのもあるでしょう。
 左はそんな県内各地の離島局消印です。また右は周防大島町内の消印です。周防大島まるごとが元離島なので全局が収集対象です。

2017030512

【ハワイ移民の島】
 周防大島はまたハワイ移民の島としても知られています。戦前からたくさんの移民が太平洋を渡って行きましたので、生まれ故郷に書き送った郵便が実在します。図はまさにそんなハワイ移民から送られてきた1920-30年代のものです。
 さらに明治7-8年頃以降、好漁場であることから対馬(長崎県)の浅藻地区に久賀(くか)の漁師が多数移住して行ったことも知られています。私も注意しているのですが対馬・周防大島間を往来した郵便物にはいまだにお目にかかれていません。

2017030513

【岸信介の直筆はがき】
 周防大島はまた岸信介の地盤でもありました。1977年(昭和52)に超党派の議員団の団長としてメキシコ・コロンビア・ブラジルの3ヶ国を訪問した時の直筆はがきです。コロンビアで島の支援者に書き送ったものです。当時は外国来信郵便物にはもう到着印は押さない時代のはずですが本便はなぜか日良居局が押印してくれています。

2017030514


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣におけるコンピュータ活用 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県