山口県

July 12, 2017

大塚均氏原画のゆうペーン

2017071204

 切手原画も多数手がけられた技芸官・大塚均氏画のゆうペーンがありました。東京の青梅勝沼郵便局新築落成記念です。図案は「青梅鉄道公園にSLを描く」と説明文もあります。郵便創業当時の書状箱も描かれています。大塚氏は山口県のご出身でもあることから取り上げました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2017

父の死亡叙勲

2017062401_2 生前、父の希望を聞かされていたので、亡くなってすぐ叙勲の申請手続きのお願いをしました。地域の退職校長会の世話人様に連絡すればあとは全部やってくれるからと。元気な頃は父自身が地域の元校長先生の叙勲手続きをしていたそうで、まあ、これは持ち回りみたいなものでしょうね。

 そうして今日、叙位・叙勲専門会社からカタログが送られてきたところをみると、官報に載ったということでしょう。個人では官報は購読してませんから今まで知りませんでした。しかも専門の民間企業がこれで食っていけるというのも驚きです。ともかく到着日を裏書きしてこのままコレクションに加えます。一生のうちに何度も経験できることではありませんから。

 お国からいただくものなので、できれば日本郵便で送って欲しかったですがね。郵趣家だから日本郵便さん贔屓であるのはもちろんですが、このような事例だと郵便の方が格式が高いように感じます。クロネコだとそのへんの通販カタログと変わらない印象がありますもんね。

 しかし、肝心の国だか県だかわかりませんけれど、役所からは何の連絡も来ていません。なにか下賜いただけるならこちらから出向いて仏前にお供えします。あ、できれば郵便で通知書?を送っていただけないでしょうか。それもちゃんと切手貼った郵便で(笑)

2017062402_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2017

珍しい簡易郵便局のポスト型はがき

2017060801

 地元の山口陶(やまぐちすえ)簡易郵便局長さんとお話をしていましたら、たまたま簡易局でもポスト型はがきを作ることができるという話題になりました。細かい経緯は省略しますが、昨日それが入荷したというのでさっそく10枚買ってきました。
 facebookに「簡易郵便局LOVE」という名の簡易局応援グループを作っています。そこで教えていただいたところによると発注単位は20枚。山口陶局さんはそれを3セットの計60枚を発注されたのでした。今日私が10枚購入しましたので残りは50枚です。
 表題の通り、簡易局でポスト型はがきを常備している例は非常に少ないです。郵便局巡りや旅行貯金の方々など、訪問記念にぜひ入手されて下さい。局長さんによると、月に3人くらいはそうやって遠方から訪ねて来られる郵便局ファンの方がいらっしゃるそうです。来局大歓迎だそうです。
 直接来られない方は私が代理購入してスマートレターでお送りすることも可能です。あるいは局に直接電話してご相談されることもOKとのご返事をいただいています。

[宛先面のバラエティ]
 入手したポスト型はがきを観察しますと、通信面の印刷に変化・変遷が見て取れます。最初はPost cardの表示しかなかったものが、じきに郵便番号枠と切手貼付位置表示が入りました。最新の山口陶簡易局版を見ると、このまま送るなら定形外郵便になるためか、逆にPost cardの表示はなくなり、今後の郵便料金改正(値上げ?)を意識してか具体的な”120円切手”云々の表記も変更になっています。なので、古いタイプの在庫に巡り合った時は、なるべく当該箇所を隠さないように切手を貼り、消印を押すようにしています。
 しかも最新の山口陶簡易局版は、裸眼でも判別できるくらい紙の漂白度が上がってより白いです。この他にもバラエティがあるかもしれません。

2017060802

[追記]
 郵趣ウィークリー紙の2017年No.26(6月30日号)にポスト型はがき宛名面のバラエティが取り上げられました。ぜひこちらもご参照ください。
2017063001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2017

昭和10年、防長勤王資料展覧会の絵はがき

2017051401

2017051402 1935年(昭10)に萩市土原グラウンド(現在の萩東中学校地)において、萩実業会主催の「萩史蹟産業大博覧会」が開催されました。この博覧会は萩の史跡を紹介し、それらを保全活用しつつ萩市経済を活性化させることを目的としたもので大成功をおさめました。左はその小型印です。
 会場には日産コンツェルンの日産館をはじめ、産業本館・史蹟観光館・朝鮮館などのパビリオンが設置され入場者の関心をひきました。また、博覧会に併せて新築された明倫小学校で防長勤王資料展覧会が開催されるなど種々の行事で市内は賑わいました。
 萩市役所で作成した防長勤王資料展覧会の絵はがきの寄贈をいただきましたので、その一部をご紹介します。特に書に興味のある方は必見です。
 高解像度の図版をfacebookのアルバムに納めました。下記リンク先にアクセスし順にご覧ください。

山口県の絵はがき

2017051403

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2017

宇部市ときわ公園、白鳥復活の日

2017050101

 私事で恐縮ですが父母が入院しており、その関係で宇部市に行ったついでにときわ公園まで足を伸ばしました。
 平成23年2月、ときわ公園のコクチョウが高病原性鳥インフルエンザで死んでいるのが確認され、やむなく全鳥殺処分(焼却処分)となってしまいました。しかしながら白鳥はときわ公園のみならず宇部市のシンボルでもあり復活を望む声が多く寄せられました。
 その結果、2017年5月1日に新たに2羽のつがいのコブハクチョウが放鳥されました。昭和55年にときわ公園から下関響灘ライオンズクラブに譲渡したハクチョウの子孫で、今回は逆に同クラブから寄附されたものだとのことでした。

2017050102 石炭記念館ふもとの湖面が金網で仕切られた中に2羽がいました。ずいぶん狭いなあと思いましたが、ひとまずこの2羽で様子を見るのだそうです。通常時は放し飼いとし、インフルエンザ感染リスクが高い11〜4月は建設予定の飼育施設内で飼育予定だそうです。
 最初は金網の外に出たそうにしていましたが、じきに岸の方にやってきてくれました。せっかくなので金網付近の遠景シーンと近くに寄ってきてくれた近景シーンの両方で自作マキシマムカード(MC)を作りました。そして、今でも白鳥を描く風景印を継続使用中の宇部新川駅前郵便局で記念押印しました。
 また、同局ではたまたまときわ動物園のフレーム切手を販売中でしたのでそれを用いました。その中には白鳥を描いたものはなかったのですが、楽しいイラストだしまあいいじゃないすか(笑)

 なお、セブンイレブンさんのはがきプリントサービスにもだいぶ慣れてきたので、今回も横長と縦長の2つのタイプのMCを作りました。展示やなんかの時にレイアウトの都合上どちらか使い勝手の良い方を選べるようにとの配慮からです。

 帰宅すると夕方のローカルニュースでも報じていました。そのキャプチャー画像も添えておきます。

2017050103

2017050104

2017050105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2017

ジプシー・ローズ死去50年

2017042702

[終焉の地・防府]
 伝説のストリッパーと言われたジプシー・ローズ。トップダンサーでしたが、過度な飲酒で健康を損ね引退。
 晩年はマネージャーであり内縁の夫でもあった正邦乙彦氏とともに防府市でスナックを開業。場所は毛利藩の迎賓館である現在の英雲荘のすぐ隣、元キャバレー「ジプシー」(後に喫茶店になるも店主高齢のため現在は閉店)の路地裏。カシェの写真がその場所、防府市三田尻本町です。
 50年目の命日に発行された切手趣味週間切手を貼り、最寄り局である防府三田尻郵便局の風景印で記念押印しました。
 飲酒が原因で店の2階で突然死。ジプシー・ローズこと本名・志水敏子、享年32。ふたりがなぜ防府を選んだのかはわかっていません。

▼お店があった路地裏を死去50年目にあたる2017年4月20日のまさにその日に撮影してはがきプリントした自作のマキシマムカードです。現状はほとんどが閉店し空き家状態です。
2017042703

▼JPS防府支部長・齊藤智さんが作成された追悼記念カバーです。同封されていたライナーノーツがたいへん詳しいのでぜひご一読ください。
2017042704

2017042705

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2017

板持簡易郵便局が一時閉鎖

2017042505

 先月28日に伺った時、長門大泊と渋木の2簡易局が一時閉鎖になる話をしたばかり。こちらの局では閉鎖の話は露ほども出ませんでしたのに、局長さん、急病でしょうか?。たいへん心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2017

簡易郵便局LOVE(2)

 簡易郵便局の応援団としての立場表明はこちらで宣言しています。郵趣家として具体的にどのような利用をして売り上げ増(手数料収入含)を図るべきか、郵趣的な資料性をも考慮して以下のように実践しています。そのご紹介と同時に、皆さまにもご賛同をいただきたいと願っています。

[基本は3アイテム]
(1)和文日付印
 収集の基本。時に金属印を使っている希少例があります。
(2)和文ローラー印
 シャチハタ式の和文印が配備されると基本的に返納される印です。ですが、引受郵便物量が多い局の場合などは継続使用していることがあります。
(3)領収書
 口頭で受託者を確認してはいますが、領収書も頂いておくのがベストです。

2017042501
 なお、大学内や病院内簡易局では欧文印も配備されていることがあるので要注意です。

[実逓便を作ろう]
 特殊取扱郵便物を差し出すと手数料収入が発生します。ですから記念押印だけでなく簡易書留なり書留を差し出すのが理想的です。私は自分宛に送るようにしていまして、受領証も一緒にコレクションしています。

2017042502

[局舎写真を撮ろう]
 セブンイレブンさんのはがきプリントを活用し、訪問時の局舎写真(営業時間中が望ましい)を撮影し、それで自作マキシマムカードを作っています。僻地の場合はセブンイレブンさんがない場合も少なくないので、事前に撮影して準備しておくなども必要かもしれません。

2017042503

[国庫金を支払おう]
 農漁協さんなどが受託している場合や端末が来ている局を除き、このような預り証を交付されます。私は毎月一回の国民年金をこうして納めています。領収書の受け取りを郵送で希望しておくと預り証はこのまま手元に残ります。交通違反金も同じように支払うことができます。
 月に1件しか作れないものではあるのですが郵趣的には資料性が高いものです。局名一行印が押され、局長さんの直筆サイン(判子の場合もあり)も担当者印も押されます。しかもアルバムリーフにぴったり納まるちょうどいいサイズなのが嬉しいです。

2017042504

 ところが、この4月に規則改正され、なんと、この国庫金預りの手数料収入がゼロにされてしまいました。地方や僻地の重要な金融機関としての役割が求められているというのにタダ働きとは、日本郵政さんは一体何を考えているのでしょうか。
 本日4月25日の発表によると、2015年に買収したオーストラリアの物流子会社トール・ホールディングスの業績不振に伴う4003億円もの巨額損失を計上し、昨年度の業績を3200億円の黒字見通しから400億円の赤字に修正するとされました。その尻拭いを簡易郵便局さんにも押し付けるのであれば由々しいことです。旧ペリカン便との統合に失敗したJPエクスプレスの大失敗を忘れたのでしょうか。
 手数料収入がゼロになったからといって取扱を断る局はないと信じます。ですが、それではあまりにも申し訳ないので、今後はこの預り証の余白に切手を貼って記念押印し、利用者としてせめてもの気持ちとしたいと思います。今月はまだあと3日あります。手数料ゼロになった最初の月の預り証をぜひ作っておきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2017

山口郵便局のインクジェット機械印、その後

2017042001 夜勤明けの眠い頭が一瞬覚醒しました。

 今年1月30日の開局初日を除き、初めて自宅宛に届いた山口郵便局(地域区分郵便局)のインクジェット式機械印です。日付・時間帯は4月19日12-18、配達されたのは翌日の4月20日でした。

 差出は山口市介護保険課で、中身は父の介護認定通知書および保険証でした。おそらく、大量に差し出されたがゆえのIJ機械印使用でありましょう。

2017042002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2017

高杉晋作死去150年

 2017年(平29)4月14日は仕事があって郵趣活動ができないことがわかっていましたので、あらかじめ仕込んで郵頼しました。

2017041501

 東行庵の高杉晋作記念館では戦前の絵はがき5種を復刻販売していましたのでそれを利用しました。態度が悪いことで有名な(!)受付のおばちゃんにはとにかく下手に出て刺激しないように努め、絵はがき購入後はさらに腰を低くして記念スタンプを貸していただき、東行墓の記念スタンプをペタペタ。唯一の救いは新人さんらしき若い女性事務員さんの応対がたいへん良かったことでしょうか。世代交代〜世代交代〜(笑)
 これに弔事用52円切手を貼り、東行庵最寄りの下関吉田郵便局の風景印を引受消印していただいて完成です。

2017041502

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県