山口県

March 06, 2021

収集品は自らの意志で行きたいところに行く

・・・と常々非科学的なことを言っている自分ですが、今日まさに収集品の方が私を選んでやって来てくれたとしか思えない経験をしました。
 1969年(昭44)に東京で開催された万国郵便連合(UPU)大会議の際に配布されたらしきトンガ王国とビルマ(現ミャンマー)の贈呈帳です。この時は日本も4種セットの記念切手を発行しています。

2021030501_20210306233901

 「よくわからないのが出てきたんだけど」と私の目の前に出されました。もちろんその場で意味がわかりましたので二つ返事でいただいてきました。

 しかし、なんでまた贈呈帳が山口県の片田舎に眠っていたのでしょうか。会議に出席した郵政省の関係者に山口県出身者がいて、たまたま入手できたのでしょうか?。もちろん、収集家向けに一定数を販売した可能性もあるにせよ、新切手の発行日に郵便局に並んでいたような凡庸なレベルのコレクターでは手に入れられなかったでしょう。そもそも、日本切手ではないので日本の郵便局では売っていなかったはずです。

 常識的に考えておそらく製造数は1,000部もないと思います。また、参加国が贈呈帳を作っていたなら、ホスト国の日本の郵政省も作っていても不思議ではありません。どなたかお持ちではありませんか?

2021030502 ビルマの贈呈帳表紙です。上質な紙製でリボンを結んであります。

2021030503

 こんな感じで当時の美麗切手をチョイスして貼り込んであります。ヒンジではなく裏糊の一部分を湿らせて台紙ページに直接貼ってあります。

2021030504

 1968年の「独立記念日」記念切手も貼り込まれていました。左上の男性は誰だかおわかりですか?。今まさにクーデターの渦中にあるアウンサン・スー・チー女史のお父様、惜しくも暗殺されてしまったビルマ独立の志士アウンサン将軍です。

2021030505

 トンガ王国の贈呈帳です。ビルマと違ってお金かけてますねぇ。図版では省略しましたがしっかりした箱に納められています。

2021030506

 ビルマと同じく、切手は台紙ページに直接糊付けされています。

2021030507

 セルフ糊式切手(シール式切手)もトンガ王国名物ですね。この当時、セルフ糊式切手は程度の低いキワ物、パチもん扱いでした。ところが今では主要先進国ではセルフ糊式切手の方がメジャーです。かくも価値観が逆転する時代が来るとは、当時は誰も予想だにしていませんでした。

2021030508

 トンガ王国ならではの円盤切手は大きめのヒンジで留められていました。一部のヒンジはダメになっていましたので帰宅してから補修しました。

 

 

 

 

| | Comments (0)

February 06, 2021

吉本花城園 フラワーパーク長沢

 地元民の義務という意味で記録掲載します。1984 (昭59) 年6月1日発行のエコーはがき 府県版第28次の「山口市観光協会」で紹介されている吉本花城園 (よしもとかじょうえん) のフラワーパーク長沢は2019年に閉店しました。ああ、閉店するんだな・・・と漠然と眺めていただけで、エコーはがきに登場していることはすっかり失念していました。現在、インターネット通販拠点として存続しているとのことですが、外観上は旧店舗が野晒しの廃屋状態です。

2021020601

 エコーはがき総図鑑1989年版 (日本郵趣出版) によると152ページに掲載、はがき番号P1049、発行枚数10万枚。広告部のイラストに描かれているのはレストショップ長沢ガーデン、吉本花城園 フラワーパーク長沢店、長沢池対岸の大村神社、山口市鋳銭司郷土館です。吉本花城園以外は今もそのまま現存しています。長沢ガーデンなんか自分の子供時代の遊び場で、今も食事をしにちょくちょく寄らせてもらっているご贔屓店です。

 ググっていたら2019 (令元) 年5月31日発行の地域情報新聞ほっぷ (山口版第2部) に閉店セールの広告が掲載されているのが見つかりました。後述しますが、実際は6月まで閉店セールが継続されていたようです。

2021020602

 また、Googleマップに在りし日の写真が残っていましたのでスクショをご覧いただきます。国道2号線から上り防府方面と下り小郡方面の2ショットです。これらもいずれ更改で消えてしまうことでしょう。

2021020603

2021020604

 閉店セールを訪問された方が動画撮影されています。これにより実際の閉店時期は1ヶ月延長された6月だったことがわかります。貴重な資料ということでリンクを張っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=AetUV-5pzE8

 なお、いろいろ調べていくうちにちょっとどうかなと思わざるを得ないものも見つかりました。自社ホームページで防府市を防符市と誤記しています。なんで難しい方に間違えているのでしょうか?。しかも閉店後一年以上経過しているのにフラワーパーク長沢のページがそのまま残っている中での誤記です。これではいけません。

2021020605

 余談ですが、対岸との距離が最も短い長沢ガーデンから長沢稲荷神社方面に人専用架橋を作れば観光名所になるのになあと常々思っています。宇部市のときわ公園にあるときわ橋のイメージです。ところが、長沢池は農業用水灌漑用に江戸時代に作られた人工のため池。水利権が設定されているのでいろいろ面倒なのだそうです。今の日本の法律って「できない方向」へのベクトルばかりが強くてまったく面白くないですな。

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

January 30, 2021

せめて”切手貼りなのに消印がない書留便”くらいは日本で消印を

2021013001

 去年の12月17日にエルサレム差出の国際航空書留便がようやく本日1月30日に届きました。結論から言うと、武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍に巻き込まれて遅延したようです。”ようです”と表現したのは、差出時の引受消印がない、国際交換局(川崎東郵便局)の中継印もない、配達担当局(小郡郵便局)の到着印もないため、ネットで検索できるDelivery Tracking情報しかないからです。

 書留番号を晒しますので興味のある方は検索してみてください。日本郵便の履歴は、国際交換局(川崎東郵便局)に到着した1月25日からしか閲覧できません。これは変だと思い、イスラエル郵政サイトにアクセスしたところ、12月17日にエルサレムで差し出され、12月28日に日本に向けて送り出されたことになっています。ですが、実際は1ヶ月近くイスラエル国内に留め置かれていたようです。

 業務量を減らしたいのは世界どの国の郵政当局・事業体共通の課題でしょうが、消印が全くないのはちょっとやりすぎです。個人利用ですのでまだしも、これが商用便だったら、しかも破損や紛失の事故にでも巻き込まれていたら、未来永劫「書留でないので補償できません」で済まし続けるのはコンプライアンス上問題ありと言わざるを得ません。

 さしあたって日本郵便さんにお願いしたいのは以下の3点です。

(1)検索結果の開示情報範囲をもう少し拡大して欲しい。

(2)日本発だけでなく日本来(外国発)の国際郵便情報も欲しい。
 各国郵政の当該ページへのリンクだけでも良いです。

(3)せめて切手貼りなのに消印がない書留くらいは消印して欲しい。
 現状ではそのまま配達という規程だそうですがいくらなんでも省略しすぎです。国際交換局、配達局のどの段階でもかまわないので中継印・到着印の意味も含め、せめて切手貼りなのに消印がない書留便くらいは消印していただきたい。
 もちろん、これには郵便規則の変更を伴うことは承知しているので急ぐものではありません。

 

 

 

| | Comments (0)

January 18, 2021

【画期的な決定】会報の無料公開化が決まりました

2021011701

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)では20214月から会報の電子化を計画しています。計画実施を前に、2021331日まではどなたでも自由に会報を閲覧していただける公開版を作っています。
 実施を前に1月17日(日)の例会で協議した結果、2021年度以降も無償で自由に閲覧できることに決まりました。本格実施の20214月までにシステム等を整えますが、これまで通り自由にご覧いただけます。
 Facebookのアカウントをお持ちの方はメンバーリクエストをお送りいただければメンバー登録します。そうでない方も下記URLをお使いのブラウザの”お気に入り”に登録してください。

https://www.facebook.com/groups/3127411117327052

 これまでは「年会費=会報製作・送料」の意味合いで年会費の金額が設定されていました。よって、年会費を払わない人が無料で会報を読めるのは不公平だという考え方が常識となっていました。当然で合理的な考え方です。
 しかし、切手収集家がわんさといた時代はとうに過ぎてしまいました。会費を払った人だけが会報を読めるメリットよりも、地元に郵趣会があること、毎月例会をしていること、年3回のバザーを開催していることなど、大事なインフォメーション情報が得られないデメリットの方が大きくなってきました。ググっても地元の郵趣会情報がまったく得られない例がいかに多いことでしょうか。

 私自身、ググってもまったくヒットしないため、某S郵趣会はとっくに解散したものと思い込んでいました。ところが偶然、メンバーの方と接する機会があり、今も月例会を開催しているというではありませんか。メンバーが高齢化した結果、どなたもパソコンが使えず情報発信できないというのが真相でした。これでは新しい仲間が増えるわけがありません。

 1月例会で、タダで会報が読めることに対して不公平感を感じますか?、と実際にお聞きしましたところ、仲間と語らうことやイベントに参加するのが楽しみ。会報を読むことだけが目的で会員になっているわけではない。特段の不公平感はない・・・との意見でした。それを踏まえ、現在の「公開版」を2021年度以降も引き続き運用することに決まりました。

 よって、新年度からは「年会費=活動賛助費」という考え方に移行します。

 JPS防府支部の活動に共感していただけましたらこれまで通り年会費2,500円をお納めください。会報は各自ネットからダウンロードしてください。紙媒体の会報の郵送はしませんが、例会に参加された方には当日に紙媒体の会報をお配りします。
 ネット環境になく、今後も引き続き紙媒体での会報郵送を希望される方は年会費3,000円をお納めください。
 さらに、会報の無料公開化が正式に決まりましたので、2021年3月を以て紙媒体会報の交換誌は完全廃止します。

※注:新年度年会費の振込先等詳細は3月1日に発表します。

 より具体的な制度変更・整備につきましては4月の本格実施までに齊藤支部長より関係各位あてにお知らせする予定です。何か疑問点がありましたら私 (椙山) あてにご連絡ください。責任を持って齊藤支部長に繋ぎます。

 

 

 

| | Comments (0)

January 02, 2021

明けましておめでとうございます

 かねてより年賀状交換をさせていただいている約300名の方々には、私の誕生日である1961年3月23日の日付が表記された「第1回世界気象デー」記念切手(オートボルタ、現ブルキナファソ)を真ん中に掲げた年賀状を送らせていただきました。そうです、偶然にもその第1回世界気象デーに生まれた私はついに今年還暦を迎えてしまいます。
 丑年にちなみ、山口県を代表する難読局である特牛(こっとい)郵便局の、新年営業開始最初の日である1月4日の和文印での発送を郵頼しました。特牛には「牛」の字が2つも入っていますので。そのため到着はもう少々お待ちください。

2021010101

 

 

| | Comments (0)

December 22, 2020

JPS防府支部からの重要なお知らせ

2020122201

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部 (JPS防府支部) ではこの一年間の試行期間を終え、2021年 (令3) 4月の新会計年度から会報「ほうふ」の電子化を計画しています。facebook内の会報専用ページにjpgデータ形式でアップロードされた電子データを支部会員各自でダウンロード購読するスタイルに移行します。

 つきましては来年の4月例会までにfacebookに登録していただく必要があります。これを”新しいアカウントの作成”と言います (無料です)。アカウント作成がよくわからない方は1~3月例会にお使いのパソコン、タブレット、スマホをお持ちください。例会席上で設定をお手伝いします。

<要点>

(1) 来年4月以降、電子版と従来通り紙版での購読の違いによって年会費も若干の差額が設定される見込みです。詳細は検討中です。

(2) 来年4月以降は紙媒体による交換誌も廃止予定です。その後の対応は検討中です。

(3) 現在一般公開中でどなたでも閲覧できる「JPS防府支部会報 (公開版)」も来年4月例会日前後に閉鎖されます。

(4) 本稿執筆時点でfacebookにpdfデータをアップ (ダウン) ロードする機能がないため、当面はjpgデータのみを扱います。ただし、要望が多ければpdfデータでの配布も技術的に可能です。

※来年1月例会以降に具体的な検討に入りますので、現支部員および新規入会をご検討中の皆さんからの忌憚のないご意見をお願いいたします。

 

 

 

| | Comments (0)

December 21, 2020

古美術商Aさんご勇退

 長年に亘ってご交誼いただいていた古美術商Aさんの最後の出店にご挨拶に行ってきました。場所は下関市長府の忌宮神社境内の骨董市です。こちらのお店では蔵出関係の実逓カバー・はがき類を数多くお世話いただきました。戦前に活躍した逓信官僚 三原七助の郵便、またその三原七助と樋畑雪湖 (旧逓信総合博物館、現郵政博物館の開設の始祖) の交換書状、独立美術協会の重鎮 小林和作とその父和市の郵便、画家の高島北海や松林桂月、政治家の佐藤栄作の直筆書状など、郵趣の範囲にとどまらず山口県史に関わる貴重な資料を数多く提供していただきました。
 そのAさんもご高齢で運転免許証を返納されるとのこと。販売品を満載した車を自ら運転して各地の骨董市に出店することができなくなるので、自動的に古美術商引退である旨、今年はじめにお話しされていました。昨日、12月20日がその最後の日でありました。
 切手収集家として半世紀、古美術商になってから20年、合わせて70年にも及ぶ実績です。気持ちばかりの品をお届けし、これまでの労をねぎらってきました。長い間、ほんとうにお疲れさまでした。

 iPadで撮影しセブンイレブンさんではがきプリント。最寄りの長府郵便局で記念押印するといういつもの手法で引退記念マキシマムカードを作成しました。

2020122001_20201221043901

 また、今日の記念にと「萩町勢一班」と題する昭和3年9月付の今で言う市政概要書をいただいてきました。横長の両面印刷なので表裏それぞれ2分割の計4分割画像でご覧いただきます。
 郵便の項目もあり、郵便局4、郵便箱40、切手売捌所37、引受4,562,692、配達3,976,270、小包引受41,047、小包配達48,102の統計数字が掲載されています (昭和2年度分)。その他、鉄道や学校、議会関係や産業統計も載っています。画像を拡大してじっくりご覧ください。

2020122002_20201221044001

2020122003

2020122004

2020122005

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

November 27, 2020

防府切手のつどい2020冬 直前情報

 はるばる防府市までおいでになる方々のために、せめて交通費を払ってまでして来た甲斐があったと感じていただけるようセール品をご用意しました。どうぞふるってご参加ください。

▼恒例なんでも30円均一セール
 国内外のカバー、はがき、ステーショナリー類の完封封包、郵趣会報など何が入っているかわかりません。いずれも全国の有志の方々からご寄贈いただいたものです。今回も5箱以上持ち込みます。また、今日明日にかけて可能な限り整理を進めてさらに数箱をご用意する予定です。

2020112701

▼シート・ブロック等カット類なんでも50円
 単身赴任先とご実家の間を行き来するゆうパックに、特殊切手をシートや大判ブロックされていたものをごっそりご寄贈いただきました。最初にJPS防府支部例会で100円均一セールをしまして今回が2回目のセールになります。それゆえ単価を50円に下げました。それでもフルシートや大型ブロックがふんだんにありますので50円なら超お買い得です。

2020112702
▼公式マキシマムカードなんでも100円
 前回からボックスファイル1個を増やして計3個満杯詰をお持ちします。総数で数百枚あります。これも通常500~1,000円で市販されているものです。2020112703

▼初日カバーなんでも100円
 分厚いバインダーを前回の倍の2冊ご用意しました。カバーのみならず図版のようにリーフ単位で製作された郵便商品も多数ありますので、お値段についてわからないときはお訊ねください。九州国立博物館がオープンした時の各種カバー類も持参します。2020112704

 

[お願い]
 本催事も新型コロナ対策を行っています。マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。また、定期的に換気を行いますので、季節柄、各自防寒対策も抜かりなくご準備願います。

 

 

 

 

| | Comments (0)

November 24, 2020

「サンタさんからの手紙」中国地方展

 個人で購読している業界紙の通信文化新報に表題の展覧会の記事がありました。9月23日の鳥取中央郵便局を皮切りに、松江、岡山、広島の各中央郵便局を巡回した最後が山口中央郵便局。会期は11月19日から27日までです。写真撮影してきましたのでご覧いただきます。

▼全景(正面から)
2020112401

▼全景(右手から)
2020112402

▼挨拶パネル
2020112403

▼昨2019年の実例紹介
2020112404

▼返信はがきで寄せられた作品紹介
2020112405

▼フィンランド・サンタクロース中央郵便局①
2020112406

▼フィンランド・サンタクロース中央郵便局②
2020112407

 取材にあたっては一般財団法人 日本・フィンランドサンタクロース協会の広報担当者の方に直接許可をいただきました。撮影当日も山口中央郵便局さんに許可を得たものです。無許可撮影ではありませんので念のため申し添えます。

 また、同協会に電話した際に九州地方展のこともご教示いただきました。明日11月25日から福岡中央郵便局でも同様展が開催されます。福岡ではフィンランド郵政から提供された同国のクリスマス切手の展示も行われるそうです。お近くの方はぜひご参観ください。会期は12月1日まで。

◆参照:サンタさんからの手紙|日本・フィンランドサンタクロース協会

◆お願い:
 郵便・郵趣関係の催事情報も直接お送りいただけるとたいへんありがたいです。まず、こうして私個人の郵趣ブログ「HYPER Philatelist」やtwitter、mixiに掲載するほか、特に中国・四国地方の場合は私自身が広報担当なので、公益財団法人日本郵趣協会 中国四国地方本部のfacebookページにも掲載します。
 左欄の上から2行目の「メールを送信」をクリックするとメーラーが起動します。それを利用していただくか、aplcofe@gmail.comへメール送信ください。紙資料が多い場合は郵送でもかまいません。よろしくお願いいたします。

 

 

 

| | Comments (0)

November 22, 2020

ご勇退

 長年にわたってお付き合いしてきた某古物商さんが引退されるというのでお目にかかってきました。ご高齢なので今年いっぱいで車の運転免許証を返納されるそうです。在庫を車載して移動することができなくなるため、自動的に古物商引退だそうです。

◆台湾総督府始政十年紀念特印
 ネットをググりましたら”明治38年6月17日、台湾総督府官邸に台北局が臨時出張所を開設して使用した特印の一種”で”きわめて少ない”との記事がありました。
 古物商の親父さんも「これは少ないから」とたいそうな値段を付けていましたが、今日は気持ちはお餞別半分でしたので、言い値のまま黙ってトータルで5桁の金額をお渡ししてきました。
 私の主眼は、郷土の大先輩である児玉源太郎大将の肖像が入った台湾総督府発行の官製絵はがきであることが購入動機でした。消印が珍しいのであれば花を添えてくれていると考えることにしました。

2020112201

◆後藤男爵送別記念絵はがき
 児玉源太郎大将が出てくれば当然、文民官僚の代表である後藤新平もご紹介しなければなりません。この二人の二人三脚が台湾近代化の礎を築いたのですから。
 暗地部分に重なって画像ではわかりにくいものの、絵はがき面左下に”後藤男爵並令夫人送別記念 臺北 39.9.28”の特印が押されています。絵はがき自体は私製で日日新報社製の銘があります。後藤新平だけでなく奥さんも並べたデザインが気に入って入手しました。なお、絵はがき自体は明治41年用の年賀状として実逓使用されています。

2020112202

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県