山口県

December 10, 2018

ゆう太くん ゆう子ちゃんに応援の年賀状を送ろう!(平成31年用)

 今日、たまたま山口中市郵便局に立ち寄った際にこのプリントをいただきました。ただいま全国各地の郵便局で行われている「ご当地キャラに応援の年賀状を送ろう!」企画の一環で、山口市の湯田温泉旅館協同組合さんも独自に計画されています。
 実は昨シーズンも同じ企画が実行されました。わが椙山家も代表してよしこちゃんが参加し”狐の足あと”に作品展示を見に行きました。
 あらかじめ「ゆう太くん ゆう子ちゃん」が印刷してある「ぬり絵絵葉書」を今年も配布されるというのでさっそく湯田温泉観光案内所にも行きました。ところが現物がまだ届いていないとのこと。私の他にももらいに来た先客があったそうで係員さんも恐縮しまくり。わざわざ旅館組合さんに電話して聞いてくださったところ、週明けの12月17日(月)頃に届くだろうとのことでした。今日は10日ですから白黒印刷で一週間もかかる???・・・なんとなく印刷を忘れてたっぽいんですが(笑)、そこは深く突っ込まず、日を改めて伺いますとのみ述べて退出しました。

2018121001_2

◆参考:平成30年(2018)用バージョンはこちら


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2018

防府切手のつどい2018冬

 いよいよ来週末の開催となりました。山口県での今年最後の郵趣イベントです。入場無料の楽しいイベントです。ぜひ沢山のご来場をお待ちしています。

日時:12月2日(日)9:30-15:00
場所:デザインプラザHOFU
主催:公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部

※前日の1日(土)の夜には忘年会も行われます。こちらもどなたでも参加できます。詳しくはここをクリックしてください。

 なお、昔集めた記念切手の処分を希望される方は受付でお声かけください。当日は専業切手商さんも出店をお願いして来てくださっているのでご紹介致します。どんなに大量でも問題ありません。

2018112202


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2018

カルロス・ゴーン容疑者の記念切手

2018112002 郵趣家なのでご紹介しておきます。カルロス・ゴーン容疑者は両親がレバノン人で生まれたのはブラジル。その関係でレバノンが2017年に記念切手を発行しています。

 日本と違って外国切手の場合は料額印面には記念銘を入れない場合が多く本券も同じ。にしてもレバノンを代表する著名人としての顕彰切手であることは間違いないでしょう。
 そこそこ値が張る切手ではありますが入手難ではありません。どなたか個人輸入して何らかの節目の日に日本切手と貼り合わせて記念カバー作りませんか?。本社のある神奈川県の方、いかがですか?。

 鮎川義介は今の山口市大内の出身なので、スギヤマお前が作れ!と言われそうですが。しかも日産車に乗ってるし(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2018

吉村芳生展/東京ステーションギャラリー

 JAPEX2018の翌週から東京ステーションギャラリーで吉村芳生展が開催されます。山口県・中国地方以外での展覧会は初めてのことゆえ、ご存じない方も多いことと思います。だからこそ首都圏の皆さまにはぜひご参観をお願いいたします。

2018111201

 吉村さんは山口県防府市のご出身。若い時代は必ずしも恵まれず、ふるさと山口県で独自のリアリズム・アートを描き続けてこられました。若い時代は・・・なんて生易しいものではなく、世間が注目し始めたのはなんと60歳になってから。
 山口県内ではその超絶技巧の鉛筆画家としてファンも多く、特に新聞紙に描かれた自画像は特に有名です。私も見誤ったのですが、新聞紙に自画像を描いているのでは、ありません。新聞紙そのものから描かれたものです。このたびのポスターにその作品の拡大図が使われています。展覧会で実作品をぜひご覧ください。

 そんな遅咲きの吉村さん、さあこれからという2013年に63歳でお亡くなりになりました。

2018111202

 私たち郵趣家も吉村さんの作品をよく知ってます。1992年(平4)に発行された山口県版ふるさと切手「山口七夕ちょうちんまつり」の原画を担当されたのが吉村さんです。
 しかし、私たち山口県民が慣れ親しんでいる細密画のあのタッチではありません。そもそも1992年では私たちも吉村さんをまったく知りませんでした。正直なところ「原画作者の吉村さんって誰?」という状態でした。
 中国郵政局(当時)は、無名に近かった吉村さんをいかにして抜擢したのでしょうか。唯一の吉村作品切手です。当時の事情に明るい方には是非お話を伺いたいです。

2018111203

参照: >吉村芳生 超絶技法を超えて


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2018

レターパックでお酒を送る

 宮崎県の久米田ひとみさんが焼酎「木挽」2本を送ってくださった時のレターパックプラスです。太鼓腹状態で送られてきたものですからどうしてもベコベコになります。しかし、このダメージ状態であればこその実逓便たるリアルです。そう、このガワ(レターパックプラスの特定封筒のこと)も収集対象です。

2018111101

 品名の2文字部分に丸チェックがあるので窓口差出時に内容物の確認がなされたという意味を表しています。宮崎県から山口県までは航空路線がないため当然ながら陸路輸送です。ということで、なんら問題はありません。検索結果(追跡記録)と酒類の解説ページをプリントアウトして封筒内に納めて保存します。データベースにも登録し、必要な時に瞬時にピックアップできる体制にしておきます。

 酒類も郵送するにあたってきちんとした決まりがあります。24度以下ならゆうパック、郵便物、ゆうメール、ゆうパケットいずれも制限なしです。ところが24度以上等の各種規程を超えると航空輸送できないなどの制限が加わります。そうした細かい区分も記録・収集しておくのも郵趣研究の範囲内だと考えます。航空輸送される区間であっても24度未満と以上の取り扱いの違いなど、コレクターとしては、外見上は同じに見えてもコンテンツの違いを収集・把握しておきたいものです。
 来週末のJAPEX2018に行けば、全国から収友が集まっていることだし、例えば東北・北海道の友人にお酒を送ってもらうようにお願いすることも可能です。お礼に獺祭をお送りすればそんな悪い交換条件でもないでしょう(笑)。
 これも冗談とばかりも言い切れません。日本郵便に限らず、どの輸送会社さんも航空輸送の詳細は非公開が原則だからです。理由は簡単でテロの標的にされてはいけないから。実逓便で運用の実際を確認することは決して無意味ではありません。ただの酒好きの言い訳じゃないですよ(笑)。

 旅行の際に各地のお酒を買って郵送するのは郵趣&遊酒的に意義あることです。なお、久米田さんに送っていただいた「木挽」のように、プラスチックボトルは割れにくいので最適の史料と言えます。

参考:ゆうパックでお酒は送れますか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2018

萩市オリジナル年賀はがき

 発売初日の昨日11月9日(金)に買ってきました。今はいろいろな年賀はがきがあるので一般の人にはたいへんわかりにくい混沌の状況です。”オリジナル年賀はがき”なんてネーミングなのでいかにもオフィシャルな印象がありますが、作ったのが萩市というだけで郵趣的な分類でいうと私製加刷にすぎません。なので今回も萩市役所とその総合事務所等および萩市観光協会のみで販売され、郵便局窓口での販売はありません。

2018111001

 今年の明治維新150年に合わせ、山口県や山口市もオリジナル年賀はがきを過去数年間にわたって販売していました。ですが、電話で問い合わせたところ、平成31年用ではこの萩市のみ発行ということでした。テーマも明治維新から萩ジオパーク(2018年9月20日認定)へとチェンジしていました。
 私製加刷の一種とはいえ、やはり地元テーマですからふつうの年賀はがきを漠然と送るよりは良いだろうと思っての購入です。

 萩市役所旭総合事務所ではこのような立派なチラシも用意されていました。たいへんけっこうなことです。

2018111002

 萩市観光課名義の領収書も用意されていました。さすがです。旭の次に川上総合事務所にも回り計300枚を購入しました。川上でも全く同じ領収書が手交されました。領収書コレクターでもある私にとっては”一度で二度美味しい”結果でした。

2018111003

 県内の他の自治体での販売情報があればぜひご教示ください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2018

大村益次郎没後150年(まとめ)

2018110801 私が生まれ育った山口市陶(すえ)は鋳銭司のお隣です。鋳銭司の長沢池周辺は子ども時代の遊び場であるばかりでなく、明治の終わり頃、アメリカ移住を決意した曽祖父が英語を習いに通った私塾もまた鋳銭司にありました。
 記念すべきこの年に、島本幸範防府三田尻郵便局長様、山本仁湯野郵便局長様のご推挙をいただき、大村益次郎没後150年の記念小型印をデザインする機会をいただいたことはたいへん名誉なことです。大村さんの同郷人としてのみならず郵趣家・デザイナー冥利に尽きます。みずから製作した郵趣品を中心にご紹介してまとめといたします。
(缶バッジは大村益次郎没後150年事業実行委員会製。郵趣家ならお馴染みのエドワルド・キヨッソーネによる肖像画、国立国会図書館蔵。松﨑孝之鋳銭司郵便局長様からいただきました)

◾️記念カード
 カシェは前述のキヨッソーネによる肖像画のみでシンプルにまとめました。明治維新150年ロゴを入れるなど検討はしましたが、華やかなデザインは来るべき生誕150年の時に譲ることにしました。

2018110802

 大村さんを描く切手はないことから、オリジナルフレーム切手の明治維新150年シリーズから「薩長同盟の内容を記した木戸孝允の手紙(坂本龍馬裏書)」を選びました。何事にも慎重な性格だった木戸さん、薩長同盟が成った後、その内容を文章にまとめて坂本龍馬に送り、内容保証の裏書(朱書)をしてもらったものです。宮内庁書陵部の所蔵品なので滅多に見られるものではありません。それが明治維新150年の特別な年だったからでしょう、山口県立美術館で行われた「毛利敬親展」で初めて現物を拝見することが叶いました。薩長同盟の後、軍事司令官としての大村さんの手腕が本格的に発揮されることになりました。

◾️記念押印台紙
 大村益次郎没後150年事業実行委員会銘の入った大型封筒をいただいたので、それを切り抜いて押印台紙に転用しました。期せずして大村さんの肖像が3つ揃いました。

2018110803

 貼付切手は明治150年記念切手です。いずれも文明開化後の華やかな錦絵が題材でチョイスに困りました。彰義隊を鎮圧した上野戦争、その主戦場となった上野公園の花見ならまあ当たらねど遠からず、ということで選びました。

◾️郵便局だより第3号
 山口県周西・西部版(山口市・防府市)が11月1日から郵便局での無料配布が始まりました。表紙はなんと靖国神社に立つ大村益次郎銅像ではありませんか。記念押印台紙に転用しなさいと言わんばかり(笑)。
 表紙をめくるといきなり松﨑鋳銭司郵便局長の記事が掲載されていました。ありがたいことに小型印もばっちり紹介掲載いただいていました。

2018110804

◾️記念カード(九段郵便局版)
 靖国神社最寄りの九段郵便局の風景印でオリジナル記念カードをご恵送いただきました。送ってくださったのは畏友・赤須秋王さん。靖国神社のもとになった東京招魂社は大村さんによって設立されたものですから願ってもない最適な郵趣品です。たいへんうれしいです!ありがとうございました!。

2018110805

【お知らせ/11月11日(日)に小型印押印】
 記念小型印は15日(木)まで使用されます。土日祝日はお休みというのが基本ですけれど、11日の日曜日での押印許可が得られたそうです。
 鋳銭司生きがいセンター前広場で開催される第46回ふるさとまつりに臨時出張所が設けられ、小型印の記念押印・引受消印が行われます。使用期間中唯一の日曜日であり、なおかつ11.11ゾロ目の日でもあります。どうぞふるってお出かけください。

2018110806

2018110807

 なお、当日は交通規制で一般車両の通行ができなくなりますので、JRなどの公共交通機関をご利用ください。山陽本線四辻(よつつじ)駅の目の前がまつり会場です。

2018110808

※関連記事:大村益次郎没後150年


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2018

防府切手のつどい2018冬および前夜祭・忘年会について

 12月2日(日)の「防府切手のつどい2018冬」は予定通り開催されます。

 ただし前日の1日(土)に予定されていました前夜祭兼忘年会は、諸般の事情により長沢ガーデンでの開催は中止になりました。前夜祭行事自体を中止するか、別会場で開催するかはただいま検討中です。詳細は決まり次第発表します。

公益財団法人日本郵趣協会防府支部


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2018

大村益次郎没後150年

 昨日10月18日(水)午後にプレスリリースがありましたのでご紹介いたします。没後150年を顕彰する記念小型印が使用されます。

2018101801

 以下、要領をご案内致します。

・数えで150年です。これは他の顕彰事業すべてにおいて共通です。

・小型印の図案は、よく知られた大村の肖像と大村家の家紋を描いています。

・10月25日(木)から11月15日(木)まで使用されますが、大村の命日は11月5日(月)です。各自それぞれお考えがあると思いますので余裕を持った日程で郵頼等お願いいたします。
 ちなみに私も初日ではなく命日に合わせて記念カード・カバー類を作成しようと考えています。

・大村神社の宮司様と大村家のご要望もあり小型印には”没後”の2文字は入りません。

2018101802・風景印はすでに使用中ですので、郵頼の際は小型印と風景印の種別がはっきりわかるように指示してください。
 なお、風景印の図案は江戸時代に作られた農業用溜池の長沢池、かつて山陽道の目印でもあった三本松、それに大村の肖像を描いています。

・生誕150年の記念事業も計画中ですので今後にもご期待ください。

[関連インフォメーション]
 山口県内における観光・記念スタンプ類についてもご案内致します。

<鋳銭司郷土館>
 長沢池のほとりにあります。こちらでは2種の記念スタンプが使われています。良い状態に保たれていますのでオススメです。ただし、有料エリアにありますので正規の入館料をお支払いください。
 大村に関する資料も各種ありますので閲覧・購入もご一考ください。また、郷土館から車で数分の場所に大村夫妻のお墓もありますので、ぜひ足を伸ばしてください。

2018101803

2018101804<山口市歴史民俗資料館>
 山口県庁のすぐそばにあります。有料エリアの手前に記念スタンプが置いてありますので無料で押印できます。何種類かありますけれど、いずれも大村が愛用した家紋入り提灯を描いた共通図案です。試し押しされて印顆の状態の良いものをお使いください。なお、スタンプ台を持参されることをオススメします。

 また、こちらの入館券には大村の肖像も使われています。さらに今年4月6日(金)から続日本百名山スタンプも配備されたので関連資料も置いてあります。ぜひ入館料をお支払い頂いての参観を特にオススメしておきます。

2018101805

2018101806<山口観光案内所>
 JR山口駅1階にあります。新山口駅ではありませんのでご注意ください。
 こちらはかなり年季が入った記念スタンプがあります。しばらく押印に行っていないので印顆の状態については保証しかねます。
 こちらも自前のスタンプ台持参をオススメします。

[押印規程遵守のお願い]
 誰が流行らせたのかギリギリ押印を好むという悪しき習慣が見受けられます。しかし、記念押印は3〜5ミリ、引受消印は10ミリ程度料額印面にかけて押す”割印”でなければならないと押印規定に明記されています。

2018101807

2018101808 料額印面とは切手・はがきの印刷されている部分のことを指します。印刷部分と目打穴部分までの余白(マージンと言います)に掛かっているだけではダメですのでご注意ください。

 規程無視の要求は厳に謹んでください。ひとりの不届行為が郵趣家全体の信用を失墜させます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2018

地域限定フォルムカード「萩・明倫学舎」発見!

 たまたま立ち寄った萩郵便局で発見しました。見た覚えもなければいつもは入っている県名表示もありません。iPadで即ネット接続してググりましたが全くヒットしません。他地域でも前例のある地域限定&プレスリリースなしの特殊なフォルムカードだとすぐにわかりました。
 今年の8月1日から発売になったものだと窓口局員さんに教えていただきました。しかし、発行枚数や販売エリア・期間など詳細はまったくわかりません。フォルムカードなら必ず付いているミニカードの有無すら現時点では不明です。

2018101501

 萩郵便局と萩・明倫学舎は歩いていける距離なのが幸いでした。学舎に行って記念スタンプを右下に押しました。これも昨年3月4日のオープン時にはまだありませんでした。今回押印したのが初めてです。
 それから萩郵便局にとって返して風景印を押印していただきました。同局には押印マイスターと呼ぶにふさわしい上手な方がいらっしゃるので完璧な作品になりました。急なお願いにも関わらず1枚のミスもありませんでした。ありがとうございました。

2018101502

 参考資料として購入時のレシートとフォルムカードのパッケージ袋に貼られていた製造銘シール画像も掲げておきます。

2018101503

(20181028追記)
 ポスタコレクトさんが10月25日付で販売詳細を公表されましたのでご覧ください(ここ)。
 また、販売定価(@250円)と送料実費(スマートレター等)のみ負担していただければ、未使用カードの代理購入・お取次もしますのでメールでご一報ください。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県