レフティ(左利き、サウスポー)

January 30, 2016

下関市関連の小型印2題

2016013001

<趣味の切手展/下関東29.4.23>
 地元山口県の小型印なので入手しました。時期といい絵柄といい下関市では恒例の先帝祭の女官を題材にしたものかな?と想像しました。ですが、見慣れた花魁の姿ではなく、扇を手にした十二単の女性の姿です。はて、これは一体どうしたことか???。
 源平の壇ノ浦の合戦に敗れた平家が関門海峡の藻屑と消えました。その際、幼い安徳天皇もまた祖母の二位の尼殿に抱きかかえられ「波の底にも都がございます」と告げられてともに入水し亡くなりました。後に遊女に身を落とした平家の女官たちが、毎年3月24日に装束を整えて安徳天皇の御陵の前で「御陵前祭」を行ったことが先帝祭の起源です。
 よくよく調べてみますと、江戸時代になって脚色が加えられて花魁道中の姿に変容したのだとか。なるほどねえ、昭和29年のことですから「小型印もれっきとした公印の一種である。遊女・花魁姿を題材にするなどもってのほか。そもそもの起源である十二単の女官であるべき!」てなことになったのかなと想像をたくましくしています。

<関門トンネル開通30周年/北九州63.3.13>
 福岡県の印影ですが、図案中に「下関」とはっきり書かれているのでスルーするわけにはいきません。本州側から伸びた手が、九州側の手に鳴門巻きを手渡しているように見えるのはご愛嬌。さらに握手しようとしている双方の手が左手というのもレフティー図案コレクターとしては嬉しい。もっとも、そこまで深く考えたわけじゃないでしょうけど・・・
 「北九州」なる郵便局はありませんので、ここでは広域の「北九州市」の意味で使われています。門司や門司港など複数以上の郵便局で北九州表示の同一図案印が使われたものでしょう。肝心の下関側はどうだったのかな?

|

June 07, 2010

スタンプショウ=ヒロシマ'10のおみやげ

10060701

 さっそくですがスタンプショウ=ヒロシマ'10のおみやげをインフォメーションします。記念のフレーム切手と小型印ですが、これがタダモノではないことがわかりますか?。フレーム切手に描かれているのはピンセットを持った左手、さらに小型印の男の子も左手にピンセットを持っているという、すばらしいレフティー題材のコラボレーションです。実行委員さんにお聞きしましたが、そんなことはまったく気付かなかったそうです。であればこそ、この偶然の一致はより価値があるというものです。全世界の左利きコレクターさんたちよ、喜べ!。

 日本郵便の小型印紹介ページを見ても掲載がなかったので今回は小型印の使用はないのだろうと何の準備もせずに会場入りしました(今はちゃんと載っています)。ところが臨時出張所はある、小型印もある、フレーム切手ももちろんあるという完璧な状態。うわ!、何で告知がないんだよー!と内心ちょっとイラっとしましたが、すぐに上記に気付いて速攻で記念押印をしました。後で聞きましたら、今回に限って事務手続き上でやや手間取りがあり、図案関係がぎりぎりまで決まらず、事前公表が間に合わなかったとのことでした。
 下図のようにフレーム切手の枠色違いの記念カバー2通セットを3組用意しました。レフティーの方(またはそうでなくても)ご希望の方は左欄の「メール送信」からご連絡ください。先着順にプレゼントします。いつものように当選者の方にのみご連絡しますので返事がなかったらハズレです。ごめんなさい。

10060702

 なお、公式記念カバーのカシェがプリミティブ(←言葉を選んでいます。我ながら大人ですなあ)なのは、レフティー題材に合わせて左手で絵を描いたから・・・・・では決してないそうです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 24, 2010

G20ロンドン・サミット2009小型シート

100124_1

 パチもん・バッタもん切手の類はなるべく手を出さないようにしているのですが、これは妙に勘が働いて購入してしまいました。オバマ大統領の左後ろ、目立たないようスモーク処理されて背後霊みたく笑っておられるのが麻生太郎元首相です。2009年4月に開催されたG20ロンドン・サミット、その公式レセプション(エリザベス2世女王主催)の集合写真です。
 現物が届いてからじっくり観察&調査しました。写真は有名なレンタル写真会社ゲッティ・イメージズ社のものでした。そういう確かな素性だったせいもあるでしょう、パチもん切手によくある裏焼きエラーではなかったので、幸いにも(?)大チョンボ切手とはなりませんでした。
 さらに調べを進めていきましたら、どうやら麻生太郎氏が切手に登場したのはこの1枚だけである可能性に気付きました。もちろん、首相になる以前に一政治家・外交官・随員としてこっそり写り込んでいる事例があるかもしれませんのでジャポニカ切手収集家の方は調べてみてください。
 また、これだけ大人数であればひとりくらい左利きの人がいてもおかしくないとお思いの方も日本で3人くらいはいらっしゃることでしょう。そう、レフティー切手収集家の貴方!お待ちどうさまでした。エリザベス女王閣下からして左利きであらせられます。(注:左利きだからどうした、などと言ってはいけません。切手収集家に「切手なんか集めてどうする?」と言うのと同じくらい野暮であります。)
 勘が働いた割には結果的に大したことはなかったなあ〜、俺も鈍ったなあ〜と思ったのではありますが、検索してみるとほとんどの場合「G20 World Leaders Reseption」と複数形のスペリングがヒットしました。このような場合、複数形でなければイケナイのでしょうか?、単数形でもいいような気もしますが???。単数形ではよろしくない理由があるのなら、堂々たる図案ミス(スペリングミス)切手と言えるのですが。英語に堪能な方々のご教示をお願いします。

<↓興味のある方はスタマガネットでGETできます>
 http://www.yushu.co.jp/shop/g/g442308/

▼オマケ:いや、ほんとに麻生さんですって!の証拠写真
100124_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2007

左右の手で握手?

070812_1

 母方の祖父の隔世遺伝で少し左利きが混ざっています。自転車のギアチェンジ、トランプを配る、札束を数える時などがすべて左です。それでレフティ、左利き、サウスポーの切手も意識しています。常にそういう眼差しでいるものですから、こんな切手に気付くのも当然のなりゆきではあります。
 ふだんはデラックスシートやプルーフ(※)のたぐいは手を出さないのですが、左右の手で握手している何とも奇妙なデザインを発見し、ついついGETしてしまいました。コートジボアール、別名アイボリー・コースト(象牙海岸共和国)が1986年に発行した独立29周年のデラックスプルーフです。まずこういう握手の形はありえませんね。
 想像力をたくましくして類推すると、背景の国民の行進(?)が手がかりかと思います。洋服を着た右手は現代文明を、左手は過去から伝わる伝統文化を意味し、ともに手を取り合って未来に向かって前進する、その行進最前列の人の手元を大きく描いた、という解釈です。つまり、手をつないで並んで歩いている場面であって握手ではないというものです。それでも手をつなぐ時の手の表裏が逆のような気がして違和感が残りますが。さあ、どうでしょうか?

(↓部分拡大図)
070812_2

(※)プルーフとは実際に切手になった図案の試し刷り。不採用図案のものはエッセイと呼んで区別します。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 20, 2005

6本指のレフティ切手

051020

 母方の祖父が左利きだった関係で、特定の作業は左手でないとうまくこなせないなど、私にも若干のDNAが伝わっています。そんな軽い理由で、左手を描いた切手こと"レフティ切手"にも興味を持っています。実際のコレクションについてはHIDENさんが大家でいらっしゃるので「きってレフティ」を参照してください。
 そんなレフティな私たちも驚く切手が世に出ました。チュニジアが発行した「世界禁煙デー(World No Tobacco Day)」に描かれている、タバコを薦める誘惑の左手(紫色の手)がなんと6本指!。たぶん図案ミスだろうと思うのですが、こんな大胆なミスにも関わらず発行中止になったとか回収された等々の話は聞き及んでいません。ひょっとすると、かのチュニジアでは6本指に何か隠喩でもあるのでしょうか?。なお、発行日は5月31日。オフセット印刷による20万枚発行です。
 ちなみに6本指のレフティ切手はこれが初めてではありません。モナコが1947年5月9日に発行した「アメリカ切手100年切手展」の中の50c切手が世界初です(下図参照)。切手収集家としても知られるルーズベルト大統領がコレクションを鑑賞しているシーンを描いたもので、切手を持った左手の指が6本に見える超有名な図案ミス切手です(もっとも、ピンセットを使わず素手で切手に触っている絵自体が既におかしい)。原画はフランスのマリアンヌ切手を描いたことで有名なガンドン。彫刻師はまた別人で、原画の段階で間違っていたのか、彫刻師のミスかは現在に至ってもなお判明していません。

051020_1
(右は6本指部分の拡大図)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | まいうー | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣におけるコンピュータ活用 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県