IT技術の活用

January 27, 2021

メールアートを知っていますか?

2021012701

 第5回なでしこ切手倶楽部展2021に、表題の1フレーム作品をMail & Postal Artistの槇陶岳 (まき・とうがく) 名義で出品します。新型コロナ対策もしっかり講じられた上での開催ですので、お近くの方は安心してぜひご参観ください。また、会場内には豊島郵便局の小型印投函ポストも設置されますのでどうぞご利用ください。
※臨時出張所はありませんのでご注意ください。

 Facebook内に高解像度のjpg画像を収めた写真アルバムを作成しました。どなたでも自由に閲覧できますので下記URLにアクセスしてください。また、リーフ中のQRコードをスマホやタブレットのQRコードリーダーで読み取ると、より詳しい解説ページにアクセスすることができます。
 なお、ネット上での一般公開は、切手展終了後適当な時期にCLOSEしますのでご注意ください。

https://www.facebook.com/media/set?vanity=100034848790031&set=a.459048801933409

 作者からのお願いです。メールアートの認知度を向上させること、展示の機会を少しでも増やしたいこと、作中で触れています中野秀昭氏の情報を広く求めていることから、作品の転載等についてはむしろ積極的に認める方針です。ただし、あくまでも著作権者としてその権利の行使を留保するものであって放棄した訳ではありませんのでご注意ください。よって、動機を問わず作品の改変までは認めません。詳細はお問い合わせください。
 なお、これはあくまでも作者としての考え方であって、なでしこ切手倶楽部の方針とは一線を画します。

2021012702

 

 

 

| | Comments (0)

January 18, 2021

【画期的な決定】会報の無料公開化が決まりました

2021011701

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)では20214月から会報の電子化を計画しています。計画実施を前に、2021331日まではどなたでも自由に会報を閲覧していただける公開版を作っています。
 実施を前に1月17日(日)の例会で協議した結果、2021年度以降も無償で自由に閲覧できることに決まりました。本格実施の20214月までにシステム等を整えますが、これまで通り自由にご覧いただけます。
 Facebookのアカウントをお持ちの方はメンバーリクエストをお送りいただければメンバー登録します。そうでない方も下記URLをお使いのブラウザの”お気に入り”に登録してください。

https://www.facebook.com/groups/3127411117327052

 これまでは「年会費=会報製作・送料」の意味合いで年会費の金額が設定されていました。よって、年会費を払わない人が無料で会報を読めるのは不公平だという考え方が常識となっていました。当然で合理的な考え方です。
 しかし、切手収集家がわんさといた時代はとうに過ぎてしまいました。会費を払った人だけが会報を読めるメリットよりも、地元に郵趣会があること、毎月例会をしていること、年3回のバザーを開催していることなど、大事なインフォメーション情報が得られないデメリットの方が大きくなってきました。ググっても地元の郵趣会情報がまったく得られない例がいかに多いことでしょうか。

 私自身、ググってもまったくヒットしないため、某S郵趣会はとっくに解散したものと思い込んでいました。ところが偶然、メンバーの方と接する機会があり、今も月例会を開催しているというではありませんか。メンバーが高齢化した結果、どなたもパソコンが使えず情報発信できないというのが真相でした。これでは新しい仲間が増えるわけがありません。

 1月例会で、タダで会報が読めることに対して不公平感を感じますか?、と実際にお聞きしましたところ、仲間と語らうことやイベントに参加するのが楽しみ。会報を読むことだけが目的で会員になっているわけではない。特段の不公平感はない・・・との意見でした。それを踏まえ、現在の「公開版」を2021年度以降も引き続き運用することに決まりました。

 よって、新年度からは「年会費=活動賛助費」という考え方に移行します。

 JPS防府支部の活動に共感していただけましたらこれまで通り年会費2,500円をお納めください。会報は各自ネットからダウンロードしてください。紙媒体の会報の郵送はしませんが、例会に参加された方には当日に紙媒体の会報をお配りします。
 ネット環境になく、今後も引き続き紙媒体での会報郵送を希望される方は年会費3,000円をお納めください。
 さらに、会報の無料公開化が正式に決まりましたので、2021年3月を以て紙媒体会報の交換誌は完全廃止します。

※注:新年度年会費の振込先等詳細は3月1日に発表します。

 より具体的な制度変更・整備につきましては4月の本格実施までに齊藤支部長より関係各位あてにお知らせする予定です。何か疑問点がありましたら私 (椙山) あてにご連絡ください。責任を持って齊藤支部長に繋ぎます。

 

 

 

| | Comments (0)

December 22, 2020

JPS防府支部からの重要なお知らせ

2020122201

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部 (JPS防府支部) ではこの一年間の試行期間を終え、2021年 (令3) 4月の新会計年度から会報「ほうふ」の電子化を計画しています。facebook内の会報専用ページにjpgデータ形式でアップロードされた電子データを支部会員各自でダウンロード購読するスタイルに移行します。

 つきましては来年の4月例会までにfacebookに登録していただく必要があります。これを”新しいアカウントの作成”と言います (無料です)。アカウント作成がよくわからない方は1~3月例会にお使いのパソコン、タブレット、スマホをお持ちください。例会席上で設定をお手伝いします。

<要点>

(1) 来年4月以降、電子版と従来通り紙版での購読の違いによって年会費も若干の差額が設定される見込みです。詳細は検討中です。

(2) 来年4月以降は紙媒体による交換誌も廃止予定です。その後の対応は検討中です。

(3) 現在一般公開中でどなたでも閲覧できる「JPS防府支部会報 (公開版)」も来年4月例会日前後に閉鎖されます。

(4) 本稿執筆時点でfacebookにpdfデータをアップ (ダウン) ロードする機能がないため、当面はjpgデータのみを扱います。ただし、要望が多ければpdfデータでの配布も技術的に可能です。

※来年1月例会以降に具体的な検討に入りますので、現支部員および新規入会をご検討中の皆さんからの忌憚のないご意見をお願いいたします。

 

 

 

| | Comments (0)

August 07, 2020

1年延期になったドバイ万国博覧会2020

2020080701

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍のため、2020年10月21日から2021年4月10日の日程で開催予定だったドバイ万国博が一年延期になりました。図版はその事前PRとしてアラブ首長国連邦が2014年9月30日に発行した小型シートです。もちろん、発行当初は延期になるなどとは誰も予想していませんでした。このような後になって関連性が生じた新型コロナ関連アイテムも念入りに収集しています。
 本券はパキスタン在住の出品者であることを確認した上でebayで購入しました。パキスタン郵政は3月11付のプレスリリースで、日本あての手紙と小包を受け付けてはいるけれど、航空便の接続が厳しく制限されているため遅延が発生する可能性があるとしていました。4月24日には国際郵便の一時停止まで行っています。ただし、その中に日本は含まれていませんでした。

2020080702

 ebayで購入したのは4月30日。しかし、出品者さんが実際に発送できたのは6月24日だとeメールで連絡がありました。封筒表面に押されているカラチGPOの証示印も同日付です。しかし、検索結果(追跡記録)によると、カラチGPOから日本あてに発出したのは7月14日。20日も留まっていたのは、よほど郵便物が滞留していたせいでしょう。さらにそれだけでは済みませんで、日本側の国際交換局である川崎東郵便局に届いたのはさらに14日後の8月2日でした。トータルするとほぼ丸々3ヶ月を要していたことになります。
 不在連絡票にも新型コロナ云々の小紙がホッチキス止めしてありました。これも大事な資料としてコレクション入りです。

2020080703

 なお以下は参考までに。2020年2月26日、カラチの学生さんがイランから戻ったことで同国に初めてウイルスが持ち込まれたことが判明しました。7月23日時点での同国内の感染者数は累計で27万人、関連死者数は5,700人以上です。

 

 

 

| | Comments (0)

August 02, 2020

展覧会におけるパブリックドメインの拡張を

 美術館、博物館はもちろんのこと、市町村営の民俗資料館なども大好きで山口県内はしらみつぶしに訪問しています。一度行ったところでも年に一回は再訪して変化を確認するなどしています。しかし、私のような物好きは非常に稀らしく、どこでも閑古鳥が鳴いています。いろいろ工夫しているけれど入館者が増えないとお嘆きの施設がほとんどだと思います。しかし、それを予算の少なさに求めてはいけません。全くの筋違いです。表題のように、せっかくのコンテンツを生かし切れていないのが根本原因だと思います。

<写真撮影OKの拡大を>

 参観者は最初から目的を持って来館します。たまたま通りかかって入ってみた、なんていう人は全体の1%もいないでしょう。せっかく見に来たのに用意されているのは出典資料の一覧表だけ。写真撮影も禁止。ほとんどの場合それが標準であり、施設側はそのことにまったく疑問を持っていないこと自体が問題です。目的を持って来た人に写真は撮るな、資料はない、となったら一体誰が2度と来ると思います?。施設側が想像している以上に不満が大きいことに気づいていただきたいです。

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍の怪我の功名か、入場前に住所氏名等を筆記させることが一気に一般化しました。その書面にフラッシュは使わないこと、商用利用はしないこと等を加え、身分証明書番号も明記させたうえで「写真撮影可」を標準とすべきです。

 展示物の著作権者に対して撮影許諾を取るのは施設側の責任であり当然の業務範囲です。IT技術で多数箇所との同時交渉も容易なはずです。どうしてもOKが頂けない展示物に関してのみ「撮影はご遠慮ください」表示をすれば良いのです。

<ダウンロード方式による資料配布の導入を>

 実例として私のMail & Postal Art作品整理リーフをご覧いただきます。いつか展示することもあろうかと思い、整理リーフと全く同じ画像と解説文をfacebook内にアップロードしています。ポイントは右上のQRコードです。これをQRコード読み取りアプリでスキャンすると、その資料ページにアクセスすることができます。つまり、展示の際に作品の脇にQRコードを添えておけば説明パネルが一切不要になる仕組みです。これなら特段の予算措置は不要です。(注意:現時点では非公開ページに指定してあるので閲覧はできません)

 このようにして展示会場の説明パネル、記念講演会のレジュメなどの一切をネットからダウンロードできるように整備していただきたいです。著作権の関係で不可の箇所のみモザイクをかける等の対応も容易なはずです。

2020080201

<むしろ不正撮影防止対策にもなります>

 この方式をぜひ取り入れていただきたいのが下関市烏山民俗資料館です。こちらの企画展は非常にクオリティーが高く、毎回川棚まで行っています。そして必ず手ぶらで帰らされる不満も毎回味あわされています。廃絶してしまった長門地区の地回り歌舞伎、川棚温泉地域の観光産業の発展など、手元に置いて活用したいコンテンツなのに一律撮影禁止です。遠路はるばる訪ねて行っても記憶以外何も残りません。

 いちばん簡単な方法として説明パネルのデータを上記QRコード方式でダウンロードできるようにしていただきたいです。展覧会用に作ったデータをそのまま使うだけで済みます。PDFデータであれば複製、上書き、印刷不可などの制限もかけられますし、そうすることで不正な写真撮影もむしろ根絶されるでしょう。

下関市烏山民俗資料館

 IT機器が発達した今、いくら撮影禁止と言っても本気でやろうと思えば簡単に突破されます。一律禁止を改め条件付きで許可する、資料も容易に入手できる体制にすることで参観意欲を喚起し結果的に参加者数が増えるように導く。これこそ公立施設たるべきふさわしい公金の使い方だと考えます。しかもそのための追加予算はゼロで済みます。積極的で合理的な「できない&やらない理由」は見当たらないと思うのですが。

 

 

 

| | Comments (0)

July 09, 2020

郵便窓口のキャッシュレス決済

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍のため、202058日に発表された郵便窓口でのキャッシュレス決済の全国展開延期が、この77日から逐次開始されました。片寄明正さんにお願いし、出雲郵便局(島根県)での使用例を送っていただきました。いつもありがとうございます。

 お客様控え(緑色のレシートの方)を見ると伝票番号がなんと00001番ではありませんか。畏れ多いことであります。コレクションとして大事にいたします。

 懇意局さんで聞きましたら、キャッシュレス決済の導入は全国一律一斉ではないそうです。機器搬入と同時に取扱講習も必要なため、実行可能な複雑なタイムスケジュールが組まれているようです。詳細は皆さん最寄りの郵便局でお確かめください。

2020070901

 

 

 

| | Comments (0)

February 03, 2020

郵便局のキャッシュレス決済スタート

 待ちに待った郵便局のキャッシュレス決済がやっとスタートしました。さっそく山口県では唯一の開始局である山口中央郵便局さんに行き、レターパックライトとプラスを1通ずつ購入してきました。あまりお客さんが混んでいなかったためか、窓口の3人さんに加え指導員らしき1人の計4人さんが応対してくださいました。ちょうどいい練習台になった俺です(笑)。せっかくなのでゆうちょPayで決済しました。写真はその際の領収書とゆうちょPayの売上票です。この2枚が手渡されましたので、これをそのまま資料保存したいと思います。

2020020301

 

 

| | Comments (0)

April 19, 2019

祝・さくら日本切手カタログ2020 CD版発行

2019041901

 初めてCD版が発売になります。長年待ち望んでいたのでたいへんありがたいです。販売元の社長さんにも直接お礼を申し述べたほどです。

 郵趣家はデジタルを過小評価し過ぎている。

 そもそも私がデジタル化に大きく舵を切ったのは本業での経験が元になっています。今の会社に入った後だけでも物件数は軽く1,000件を越えます。その図面類を紙で保存し、あとで記憶に頼って探し出すなんて絶対無理だと痛感したからです。
 そこでデザイン図から仕様書、見積書、請求書、指示メモに到るまですべてデジタルデータ化し、管理ソフトと紐付けして蓄積すること10年。そのおかげで今では工事件名、クライアント名、日付など、なんらかのとっかかりがありさえすればほぼ瞬時に当該資料を取り出せます。そのシステムをほぼそのまま郵趣に適用しました。
 文章を書くときに必要な品物をピックアップするのもほぼ瞬時。どこに仕舞い込んだかわからなくなる不具合は一掃されました。
 しかもデジタルデータをiPad miniに入れて持ち運べるのが最大のメリットと言えます。これは経験した者でなければその意味は理解できないでしょう。

 本の方が便利だ、使いやすいと言うのは間違いです。単なる慣れの問題です。慣れである以上、早くやれば早いほど有利です。そのとっかかりとしてまずはさくらカタログをパソコン、タブレットに入れましょう。それを外に持ち出しましょう。

https://www.yushu.co.jp/shop/g/g7020/

 

| | Comments (0)

March 12, 2019

中国地方初の「はこぽす」を山口県庁に設置

2019031103

 通信文化新報の2019年3月11日配信号を見てビックリ!。去る2月19日に日本郵便と山口県が地域連携協定を締結し、これに合わせて中国地方初の「はこぽす」を山口県庁に設置とのこと。さすが業界紙トップの通信文化新報さんです。収集家目線の郵趣メディアではとてもここまでの情報収集は無理。年間購読させていただいている甲斐がありました!。

 急きょ予定を変更して11日の午後に行ってきました。山口県庁内郵便局の方に直接伺いましたら、設置は19日、実際の運用開始は翌20日からとのことでした。「中国地方で初の配備」というのが本件の最重要ポイントです。リアルタイムに取材・記録しておかないと容易に忘れられ、わからなくなりがちな対象だけに安堵しました。

 県庁厚生棟西口自動ドア前にあり、iPadで引きと接写の2タイプを撮影後すぐにセブンイレブンさんに飛び込んではがきプリント。その記念カードに県庁内郵便局で記念押印していただきました。

2019031104

 私あてにも不在郵便が来ましたら、はこぽすへの配達を依頼してみます。場所は県庁正面玄関から入って厚生棟の2階に上がります。その突き当たりを左に直進した先が西口です。風除室の外にあるので24時間いつでも利用できます。

2019031105


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2018

ポケットコンピュータ

2018121204

 防府切手のつどい2018冬の際、久留米の林田貴晃さんとダンボール箱単位で交換した実逓カバーの中からこんなのが出てきました。左に貼られた銀紙に注目してください。1980年(昭55)から販売されたポケットコンピュータ(以下ポケコン)のプリント紙が貼り付けられています。

 差出人は元JPS武蔵野支部(現存せず)の支部長さんでメータースタンプ(以下MS)収集家として有名な杤本二郎さん(とちもと・じろう)さん。この頃、私もJPS調布支部長でしたから、お隣同士ということで存じ上げています。

 同一宛先で7通出てきました。内容はエコーはがきの取次でした。いやはや懐かしい限りです。MSへの興味の延長でポケコンを購入され、それを日常の郵趣活動にも使われていたのでしょう。一番古いのが1982年(昭57)の実逓封筒に貼られていますので、ポケコンの一般社会での普及とほぼ同じと思います。

 こちらでは1988年(昭63)の使用例をご覧いただきます。昭和63.4.13から2001.1.1までの日数を計算・出力させたものです。25年も前にミレニアム・カウントダウン関係の郵趣品(?)を作っておられたとは感激です。また、パソコン郵趣の分野でもその先駆けの部類になるのではないでしょうか。

 また、この印刷用紙も思い出しました。感熱紙とは異なり、印刷ヘッドがこの銀紙表面を焼いていました。印字の際に火花が見えました。詳しくはこちらのページに載っていますのでご覧ください。。

 詳細はfacebook内に設置しましたファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)の会報ページ「FSC会報(専用会議室)」に掲載しました。参加・閲覧方法は後日インフォメーションいたします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県