図案ミス

January 25, 2019

YVONNE CARRE(イボンヌ・キャル)

2019012503

 直筆サイン入り郵趣品も収集対象にしている関係で、将来の記念押印用にサイン入りプロマイドなどもチェックしています。その一環で入手したのがこれ、YVONNE CARRE(イボンヌ・キャル)さんです。

 表には"for FREDERICK - me in TOKYO"と群青色のマジックインキペンで書かれています。ファンレターをくれたフレデリックさんへのご返事品のようです。裏には日本滞在中に日本語のレコードを吹き込み、28のTV番組に出演したとあります。調べた結果、イボンヌさんは主にヨーロッパで活躍された国際派歌手さんで、坂本九さんの「上を向いて歩こう」をドイツ語などで歌っておられたようです。いわゆる”スキヤキ・ソング”ですね。3年後の2021年がレコード発売60周年にあたるので、その際のカシェにでも使えるかな?と考えての購入でした。はい、つまり「上を向いて歩こう」と私は同い年でアリマス。

 残念ながらWikiにも記載がないのでちょっぴり手こずりましたが彼女のホームページも発見できました。写真の印象は1960年代っぽいのですが、同じ写真が1970年代のBiographyに掲載されていました。その時代なら日本のテレビ局関係にも資料が残されているかもしれませんね。

http://www.yvonnecarre.com/seiten/intro.php

 ところがホームページとこのプロマイドの写真が左右逆でした。どちらかが裏焼きエラーということになります。プロマイドでは和服の襟が左前になっているのでこちらがミスと思います。着付けの先生にお願いしなければ外タレさんが自前で着られるわけがありませんし、先生が左前にするはずもありません。

 直筆サイン入りに加えて裏焼きエラー品。ちょっぴり得した気分です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2018

掲揚のプロトコール

2018070501

 公務員職でないと気付きにくい、逆に言うと公務員職なら敏感に反応する事柄がありました。今月2日から使用開始した宮崎県庁内郵便局の風景印です。図はプレスリリース時の原画と実際の宮崎県庁舎の正面写真です。違和感に気づかれましたでしょうか。
 実際の写真では3本の掲揚ポールの中央に日の丸、その右側に県旗が掲げられています。中央が上位、右が下位のプロトコールがきちんと守られています。原画のように中央に県旗だけというのはありえないことです。このことに最初に気づいたAさんはやはり公務員職でした。すぐに日本郵便お客様相談センターに問い合わせたところ、このような回答がありました。

 『お申し出いただいております風景印につきましては、写実的に仕上げるという決まりはなく、デザインとしてわかりやすく作成しておりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。』

2018070502 日の丸を引っ込めて県旗を前面に押し出すことの方が”わかりやすい”と言えるでしょうか?。郵便・郵趣のネットワークとは実に素晴らしいもので、2010年7月に発行されたフォルムカード「宮崎県庁舎」も同じアレンジだとの指摘がすぐに寄せられました。発行日が8年も離れているのにこの見事な一致は偶然ではないでしょう。日の丸を掲げることによるトラブルを未然に回避するための”逃げ策”ですね。よりによって建国神話のある宮崎県でこんな及び腰とは情けない。
 逓信省の時代から旧幕府寄り人脈が根を張っていると言われている日本郵便です。薩長と異なり因習に回帰しようとする属性は150年経っても直らないのでしょうか?。逃げと正統の混同は是正されたい。少なくとも『日の丸を掲げないことにより、結果的に誤ったメッセージを発してしまう』ことに関しては早急に認識を改めていただきたいです。

・・・てなことを書こうかと思っていたところに郵頼が戻ってきました。たいへん丁寧な押印で完璧でした。してその県旗部分を見ますと・・・図案が小さすぎて実印影では県旗かどうかの識別自体ができません。根本的な部分で”わかりやすく”なっていませんでした(笑)
 こんなことならいずれ印顆が摩滅することまで見越して、どの旗でもない塗りつぶしデザインでも良かったのではないでしょうか。私も見えない部分まで問題にしようとは思いませんよ。意外な結果でした。ちゃんちゃん♬

2018070503


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2018

War Crimes in Bangladesh by Pakistan Army and their Collaborators 1971

 バングラデシュが表題の由々しい切手を発行しました(2017年7月)。日本語直訳すると”パキスタン軍とその協力者によるバングラデシュでの戦争犯罪”。さらに切手1枚ずつに”Genocid - Torture in Bangladesh 1971”(バングラデシュでの虐殺・拷問1971)と表記されているという、なんとも恐ろしい仰々しさです。

2018061802

 バングラデシュ、パキスタン、インドは昔から三巴の仲の悪さだということは一般常識として知られているところです。しかし、外交上あからさまな敵対表現の郵便切手は発行するべきではないとUPUも定めています。本券はその良識に根本的に反しています。大判の連刷シートの第1コーナー部をご覧いただきますが、腐乱死体や虐殺遺体のオンパレードで正視に耐えません。なので、その一部(と言っても過半数にも及びますが)の図案にボカシを入れました。人の遺体を食べている野犬の写真まであります。こんなのはいくら事実であっても切手にしてはいけません。

2018061803

 厄介なのは単なるグロ切手ではない点です。シート左上角いわゆる1番切手位置に不具合があったらしく真っ黒に塗り潰されています。ひどい写真図案だらけなのに、これ以上のどんな不都合があるのかよ?です。
 さらに、横4種ごとに田型に納めた計18種の小型シートも同時発行されました。1番切手位置の塗り潰しは小型シートでも行われています。なお、小型シートは無目打です(目打は印刷)。

2018061804

 厄介なのはそれだけではありません。2番切手から順に全ての切手に1番から71番までの切手位置番号が割り振られているのです。1番切手の塗り潰しのため、実際の切手位置と割り振られた番号がひとつずつずれているという無駄なややこしさです。小型シートも同じ番号が入っています。
 それでなくても切手位置番号が入った切手は、エストニアが1927年に発行した「風景」5種に次いで本券がなんと史上2番目にあたるため、変り種切手コレクターとしては看過できないのが悩ましい限りです。

2018061805

 バングラデシュ切手のポンコツさ加減は想像を超えるものがあります。今回は発行前に発覚して黒塗りになったわけですが、2007年発行の「洪水救済」連刷シートは発行後に不具合が判明し、各郵便局で問題切手部分を鋏で切断してから販売させました。
 現地の収集家に聞きましたところ、被災者に救援物資を手渡している人物が前政権の担当チーフ(大臣か?)だったからだそうです。発行するまで誰も気づかず発行後にそうした対処をしたのだとか。いかに人件費が安い最貧国のひとつとはいえ、なんともおおらか過ぎるお話です。

 なお、この大虐殺71種連刷シートと小型シート18種は郵趣誌7月号に掲載はされますが図版は省略で販売の取り扱いもありません。当然だと思います。それでもなお欲しい方はリスク承知で各自個人輸入されてください。私もこの件については一切責任を負いかねます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2018

お恥ずかしいM美術大学

 リーフ説明をどうぞお読みください。料金別納表示位置は実務上の要請から決められていることなのに、こんなことにまでいちいち歯向かって一体何の意味があるのでしょうか。こういう”人として面倒臭い”ことをしでかすから美術系は社会常識のない変人という偏見を持たれるのです・・・実際、否定できませんが・・・。未熟な若者ならまだしも、れっきとした大学・大学院がこんなことしたらいけません。

20180508001

 後学の資料とするため未使用も複数枚確保してきました。実際に郵送しようとした人は郵便窓口で200パーセント迷惑がられたはずです。自分の責任でもないのに、さぞかし肩身の狭い思いをされたことと思います。心中お察しいたします。

20180508002


| | Comments (0) | TrackBack (0)

小さすぎる切手フェスタの小型印

2018050701 お江戸の収友たちが主催している切手フェスタも今回で3回目になりました。連休明けに小型印付きポストカードが届いたのですが、ぱっと見た瞬間にピンときました。催事に参加された方々も多かったと思いますが、皆さんお気付きですか?。
 小型印の直径は規定では32ミリです。ところがこれは31ミリしかありません。わずか1ミリですが印象がかなり違います。

 過去には旧東海郵趣政局(現東海支社)で、昭和44年度に同じ8月1日に使用された小型印2種がさらに小さな小型印を使用しています。左の清水局が28.2ミリ、右の沼津局が28ミリちょうど。今の所、この2点が私が確認した中で小さすぎる小型印の最小レコードです。

 現在はパソコンで版下作業も行われているでしょうから、寸法間違いというのは昭和の時代より発生しにくいものと思います。押印された方はどうぞ大事になさってください。

2018050702


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2018

ワールド・スタンプ・ナウ 第152回

2018011401

 郵趣2月号が校了しましたので恒例のチラ見せです。常識では滅多に起きないと思われる事態がまた発生しました。グリーンランドと仏領南方・南極地域どうしでここまで同じそっくり図案なのに、一方の仏領南方・南極地域は共同発行とは認めないと主張しているのです。なんらかの大人の事情があるのでしょうが、そんな話を郵趣に持ち込んで欲しくないですね。躍動的な素晴らしいデザインです。そんなことでケチがつくのはもったいないです。
 この切手、実は変なところがあります。郵趣誌上ではおちゃらけ話は自粛したのですが、よく見るとコウテイペンギンは海面上を歩いています。右端の切手はオジロワシが魚を捕まえて飛び立つ瞬間を描いています。海面から勢いよく水しぶきが上がっているところまで丹念に描き込まれています。コウテイペンギンの足下あたりだけ白っぽくなってはいますが、そこだけ結氷していると言うにはかなり無理があるのではないでしょうか。ひょっとして、そこが片想い共同発行になった理由だったりして(まさかね)

 欄外注記に深刻なことを書きました。郵趣イベントで長年利用していたKKR広島が3月に閉館します。実質的には今月いっぱいまでしか使えません。山口県下松市のザ・モール周南も営業譲渡されて8月からゆめタウンに変わります。棟続きのスターピア周南が郵趣イベント会場でしたが、ここも3月からリニューアル工事に入り、その後の使い勝手はよく見通せていません。
 郵便局舎のレンタルスペース事業化をぜひとも進めていただきたいと思います。切手の会は金銭のやり取りがあること、セキュリティーの問題があること、駐車場スペースに余裕がないこと、加えて野村不動産の買収問題が頓挫したこと等々課題があることは承知しています。しかし、イベント会場不足に悩んでいるのは何も切手の会だけではないでしょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2017

富士山麓ひのき製森のはがき

2017081001 今年の富士山頂郵便局のオリジナル郵便商品の中に2種のひのき製はがきがあるのを発見。変形郵便物あるいは変り種切手のファミリーとして変わった材料・原料品も収集しているものですから、富士登山を計画されていた市村良二さんに実逓発送をお願いしました。

 実物が届いてびっくり。薄い紙仕様のはがきかと思っていたらがっつり5ミリほどの厚みがあります。紙ではなく完全に板です。重さも25-30gあり、なるほど、これは定形外郵便物120円料金です。
 さらに驚いたのが穴あき加工です。日本の伝統建築の欄間に見られるような透し彫りになっています。たまたま元木工家具デザイナーだった弟が来ていたので見てもらったら、その断面が茶色なので”レーザー加工だ”と即答。NCマシニング加工だったら旭日の光源部などの細い部分には切刃が入って行かないそうです。なるほど、なるほど。しかも小口からして茶色いので、はがきの外形切り出しからレーザー加工だそうです。四角を直角にしないで丸くR加工しているのも、単に安全性のためばかりでなく、わかる人にはわかるだろうとの密かな技術力の誇示でもあるようです。
 決定打は”富士山登頂記念”の文字と郵便番号枠です。これは表面から数ミリのところで切削が止まっていて裏まで抜けていません。画数が多く微小加工でもあるので、レーザー加工でしかできない細工です。

 ここまでハイテクなアイテムだとは思いもしませんでした。市村さんのご好意がなければ入手できなかったものです。本当にありがとうございました。
 ストラップとのセットで1枚1,200円は納得価格です。変り種郵趣に興味をお持ちの方は、この夏ぜひ富士登山を。

2017081002

[追伸]
 報道発表の図と実物のレーザー彫刻の模様が左右逆の鏡像になっています。これって図案ミスでしょうか???


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2016

島原深江道路と平成新山

2016102502

 これも初日カバーの投げ売りボックスから拾い上げたものです。ふるさと切手長崎版の平成新山ですが、押されている小型印に記念銘がありません。同様例では平成12年発行のチューリップと立山連峰がありますが、これはそれよりも2年早い平成10年のものです。発行当時には気にも止めていませんでした。

2016102503 帰宅してからあれこれ調べました。とあるサイトではこれはふるさと切手のためではなく島原深江道路を祝った小型印だとありました。しかし、同道路の開通は1999年(平11)2月20日であって、この時はまだ完成していません。それに祝うなら祝ったように「島原深江道路開通記念」なり「島原深江道路計画認可記念」と堂々と表記すべきものです。
 ものごとの事情がよく把握できません。長崎県の郵趣家の方、詳細をご存知でしたらぜひご教授ください。よろしくお願いいたします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 07, 2016

平均79%

2016090701 日本郵便さんのご商売の邪魔をする気はありませんのでこれまで黙っていました。当選番号も発表されたので、そろそろ公開したいと思います。それは今年のかもめ〜るです。ただし、かもめ〜るそのものではなく、その申込用紙がウオッチ対象でした。
 A4判両面印刷の申込用紙は全国津々浦々の郵便局に配布されました。1局あたり500枚としても軽く一千万枚を超える数です。ですから慎重にも慎重な校正がなされたはずですが・・・痛恨の印刷ミスがありました。商品番号の③がダブっていたのです。

2016090702 当初は各局が手書き等で訂正し、じきに訂正用上貼りシールが配給されました。いずれの方法に関わらず、きちんと訂正がなされているかどうかを近隣局でリサーチしました。その総数は80局。結果、全体の訂正率は80局中63局の79%でありました。
 旧普通局は完璧で17/17局で100%でした。お見事です。ところがそれ以外の旧特定局となると49/60局で73%と大きく低下。サンプル数が少なすぎるので参考になりにくいものの、簡易局に至っては0/3局で訂正率0%でした。
 簡易局は業務委託をしているだけですから除外するとして、旧特定局の73%をどう評価されるでしょうか。例えばK局では申込用紙を仕舞い込んだまま見つけ出すことができませんでした。F局ではなんと「申込用紙のようなものはありません」とさえ断言されてしまいました。

2016090703

 逆に素晴らしいと思ったのは申込用紙そのものをスキャンしてパソコンに取り込み、画像上で訂正を加えていた局がありました。それをデータ保存し必要のつどプリントアウトしてお客さんに手渡していました。これは局名を出しても良いでしょう、南陽福川局です。
 コピー用紙であることに加え、四周に白いマージン部分があるのでオリジナルとの区別が容易です(上図)。

2016090704 中にはノベルティーを付けている局もありました。京橋局は麦茶のティーバックまでありました。これは各局が自由に使える予算の有無も関係していることでしょう。がしかし、さすが京橋局です。他ではせいぜい飴ちゃんを貰えただけでした。

 リサーチ終了後の現在、訂正が全く入っていない未使用完全品(笑)の申込用紙が手元に10枚ほどあります。用済みの現在、紙くずコレクターとして大事に保存したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2016

一番近くの銀行って?

2016070801 ゆうちょ銀行の新イメージキャラクター「ゆうちゃん」に本木雅弘さんが起用され、TVCMも6月13日(月)から放送開始されました。郵便とは直接関係ないのですけれど、なんとなく勘が働いてゆうちゃんのパンフレットなどもしっかりいただいてきていました。CM動画もダウンロードしてハードディスクに保管しています。
 それがわずか2週間半後に不具合があったとの情報を得ました。それは年金受け取りパンフレットに印刷された「受取りは、あなたにいちばん近くの銀行で。」のコピー部分がケシカランらしいとのこと。この表現では必ずしもゆうちょ銀行を指してはいないからダメなのだそうです。まあ、そう言われればそうでしょうね。特に田舎は農協のJAバンクさんが強いですしね。ただちに使用中止、回収かと想像して6月末には近所の郵便局を回って当該パンフをもらってきました。
 ところが実際は違ってまして、行く先々の郵便局ではどこも回収していませんでした。これまで通りなんの問題もなかったかのようです。博多郵便局でもそうで、7月2日でもまだ「ご自由にお持ち帰りください」モードでした。なんかちょっと拍子抜けです(笑)。
 ということで一般に公表しても問題ないのだろうなと考えまして、以上要点のみお知らせする次第です。いずれ新キャッチコピーのものに差し替えられることでしょう。タダでもらえるうちにもらっておきましょう。

20160813【追記】
 昨日8月13日、下関郵便局で新しいキャッチコピー「受取りは、ゆうちょで。」の改版を入手しました。他ではもっと早い時期に出現していたかもしれませんが詳細不明です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日カバー・記念カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県