誕生日

October 18, 2016

モーターボート登録税納付用印紙

2016101801

 スタンプマガジン2016年11月号に表題の収入印紙(英語でBoating Tax Stamps)2種の販売広告が載っていました。詳しく説明が記されてもいましたので後学のため以下に趣旨をまとめました。

 米国で1960年4月1日から実施された法律に基づき、10馬力以上のエンジンを備えたモーターボートは登録が義務づけられた。この登録料納付のため、専用の収入印紙が発行された。図案には小型の船外機(アウトボード)型と大形の船内機(インボード)型の2隻のモーターボートが描かれている。
 印紙には額面$1(赤)と$3(青)の2種があり、$3は3年間有効の料金、$1は登録証の破損や紛失による再発行時の手数料用だった。また、これらには黒で番号が加刷されていた。さらに印紙にはスタブ(stub)と呼ばれる切り離し可能なラベルが付いていて、本体と繋がった形で発行された。
 登録手続きは郵便局の窓口で行うことができた。その際に申請者は定められた登録用紙に記入後、スタブを貼付して提出した。申請書は沿岸警備局(U.S. Coast Guard)に送付され、折り返し正規の許可証(クレジットカードに似たプラスティックのカード)が送付される。$3印紙を貼った申請書の一部には郵便局の日付印が押され、正規の許可証が届くまでの暫定の許可証として申請者の手元に残された。
 郵便局ではこの印紙を登録手続き用としてのみ発売したが、収集家の要望に応えるため、首都ワシントンの郵趣普及部では未使用シート(横5×縦2=10面)を額面販売した。
 1964年1月31日限りで廃止されたため、実効期間はわずか4年間しかない。

 その$3の郵便局消印を所持しています。少々昔の話です。紙媒体のオークションでは探しにくいけれど、ebayのようなインターネットを使ったデジタル媒体なら簡単にテキスト検索できることに気がつきました。そこで試しに日付で検索したらヒットしたのがこれです。MAR 23 1961とは、そうです、私の誕生日の消印です。
 長いこと収集を続けていると、このような幸運が舞い込むことがあるのです。

2016101802

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2014

瓢箪からコマ、アルゼンチンからアイヒマン

2014110301_2

 毎度おなじみ、ebayで自分の誕生日消印の西ドイツの実逓カバーを入手しました。結果的に€4ちょっとの駄物でしたが、5ビットくらい入ってて不思議に感じました。安物とは言えこの札数は何?と思い、さっそくビジュアル世界切手国名事典著者の板橋祐己くんに教えを乞いました。
 さすがです、宛先はイスラエル、エルサレムの特別法廷モシェ・ランダウ裁判長宛ですよ、と即返事がありました。私の誕生日でもある消印は1961.3.23。アイヒマンの特別法廷開始がそのすぐ後の4.11。アイヒマンは前年の1960年にアルゼンチンで隠遁生活をしていたところをイスラエルの情報特務機関モサドに拉致されました。その裁判が行われることは既に全世界に向けて公表されていましたから間違いなくそれに関連するものでしょう。
 極刑を望むものか、あるいは助命を嘆願したものか、万一通信文が残っていればまたご報告もできると思います。単なる自分の誕生日消印狙いに過ぎなかったのにびっくりしました。落札品の到着が待たれます。

|

June 17, 2014

誕生日またぎカバー

2014061601

 差出し国はマラヤ連邦こと今のマレーシアの前身です。1961年3月22日にPENANG(ペナン)局で消印され、アンダマン海ーベンガル湾を越え、南インドのKANDRAMANIKAM局の24日の到着印が押されています。付き合いの長い人はもうおわかりでしょう、そうです、中日の23日が私の誕生日です。
 長い間誕生日消印やカバー類を探していると惜しいかなわずか一日違いを散見します。しかし、その中でも消印の妙味によっては上手くまたいだ例に遭遇することがあります。本来の郵趣用語の定義とは異なりますけれど、特定日にまつわる一種のサドルカバーだと、いいように曲解して面白がっています。私の場合はこれが2例目です。

2014061602

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2014

ガガーリンの有人宇宙飛行53年

2014041201

 世界初の有人宇宙衛星船、旧ソ連の有人宇宙船ボストーク1号打ち上げ。およそ1時間48分で地球を一周。ガガーリン少佐「地球は青かった」
・・・・(今日は何の日?カレンダーよりhttp://today.hakodate.or.jp/

 今年で53周年になります。自分の誕生日の20日後の出来事ですから年齢と同じ周年になるわけで、それだけ親しい感覚になります。ちなみに山口県岩国市の岩国城も同い年です(3月12日起工)→証拠写真
 郵趣を嗜んでいると、世界の出来事と自分の人生ダイアリーとを重ね合わせて考えてしまう傾向があります。それで上のガガーリン顕彰切手貼りカバーも手に入れたのでした。それもただのFDCじゃ面白くないのでちょっとひねったものを・・・で、旧ソ連ではよくある切手付き封筒への加貼例で、使用年も1961年のこれを選びました。宛先も南米のウルグアイです。毛色の変わったデスティネーション(宛先国)であることもお気に入りです。注意していないと特定の国宛に偏ってしまうので、それじゃあ面白くないからです、はい。

 その関係で気が付いたことがあります。ガガーリン以降、洋の東西を問わず、やたらにロケット郵便が登場しています。切手展をはじめとするさまざまなイベントで発射された記念カバーが多種大量に作られています。その実態は打ち上げ花火の延長のような小規模のもので、実際に郵便物を搭載したものではなく、その日の消印を押しただけの記念カバーが大半です(注:ガガーリン以前にはインドやキューバで実際に郵便物を搭載したロケット郵便が打ち上げられていました)。ですから、1961年(昭36)4〜10月頃に生まれた方は、ロケット郵便・ミサイル郵便に目星をつけて探されるとご自分の誕生日カバーが高い確率で見つかると思います。今でも1,000円以下で入手可能です。

 逆に私のような「ガガーリン以前」の生まれにはロケット郵便の誕生日カバーがほとんどありません。それだけ、人類史上特筆すべき出来事であったこともよくわかります。唯一入手できたのは下のミサイル発射記念カバーのみです。フロリダのケープ・カナベラル空軍基地で打ち上げられたミサイル発射記念カバーで、パトリック空軍基地軍事郵便局の3月23日付の機械印が押されています。同種のカバーをたくさん目にしますので、専門的に作っていたコレクターさんあるいは郵趣グループの手によるものでしょう。ガガーリン以前のことですから、当時はそんなに注目されていない活動だったのではないかと思います。先人の功績に感謝です。

2014041202

|

March 27, 2014

琴欧州引退

2014032701

 3月23日(日)が私の53回目の誕生日でした。さまざまなバースデーカードをご恵送頂いた中で、ニュース・トピックスとも関係した素晴らしい一枚を特にご紹介させていただきます。クリエイターは東京都大田区の古川貴子さんです。いつもありがとうございます。

(お便りから)
琴欧州が引退することになり淋しく思っています。2008年に初優勝を決めた時の取組は、国技館で観戦しました。
引退表明は3月20日でしたが、3月場所の千秋楽の日付で「琴欧州弁当」お送りしますね。

 相撲絵シリーズの大童山50円切手(1979)を貼り23日の本所局の風景印を押してくださいました。土俵をかたどった輪郭の中に東京スカイツリーと国技館を描くデザインなので最適なマッチングです。
 裏面は、かつて実際に召し上がったでありましょう「琴欧州弁当」、そのパッケージをスキャンしてポストカードに仕立ててくださったものです。引退に合わせてこのお弁当も無くなるのでしょうし、記念にその全文を掲載しておきましょう。元大関・琴欧州、長い間ご苦労さまでした。

琴欧州プロデュース 琴欧州弁当
琴欧州の大好物である豚の生姜焼き、鶏の照り焼き、ゆで玉子を盛り込んだボリュームたっぷりのお弁当です。鶏の照り焼きをのせた鶏親子めしは、ごはんにも鶏そぼろを混ぜたおすすめの一品。

佐渡が嶽部屋 琴欧州 勝紀(ことおうしゅう かつのり)
本名/カロヤン・ステファノフ・マハリャノフ
生年月日/昭和五十八年二月十九日
身長・体重/二百四cm 百四十三kg
得意技/右四つ、寄り
初土俵/平成十四年十一月
新入幕/平成十六年九月

|

January 06, 2013

2013年最初の収穫品

2013010601

 昨年末にebayで落札したアイテムが1月5日(土)に届きました。昨年12月29日の消印があるのでフランスから日本まで一週間かかったことになります。ふだんが4-5日ですから年末年始の繁忙期ならまずまずでしょう。
 中身は仏領ポリネシアの記念押印カバーです。過去何度も記していますように第1回世界気象デーの1961年3月23日に偶然生まれ合わせたものですから、この記念切手と記念消印も集めています。当時は気象の重要性が今ほど認識されていなかったのでしょうか、国連制定記念日なのに記念切手は韓国とオートボルタの2ヶ国しか発行されていません。ただし、今回のように特別な記念印を使っている例が散見されますので注意しています。この記念印、気象関係の専門コレクターさんでさえ完全には把握されていないようでリスト未掲載の消印をちょくちょく見かけます。本件もまさにそれで、おそらく新発見(確認)です。
 記念銘は"PREMIERE JOURNEE METEOROLOGIQUE MONDIALE 23 MARS 1961 PAPEETE"です。そうです、タヒチ島のパペーテ郵便局の記念印ですね。こういうのがひとつ見つかると、同じく現および元仏領各国でも同類印を使用している可能性が考えられるので楽しみが増えます。要は収集上の鉱脈のようなもので、探す筋目が想定(仮定)されると当たる確率が高くなるわけです。これでお値段が送料も全部込みで$10.00、日本円で890円でした。ビバ円高!。
 しかも、ebay出品者さんはペンギン図案のこんな楽しい切手付き封筒にイラストレーションカードを添えて送ってくれました。気が利いてます。

2013010602

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2012

山尾庸三生誕175年

2012082801 今年2012年10月8日は長州ファイブの一人、山尾庸三の生誕175年にあたります。ご存知山口市秋穂二島のご出身なので、さっそく昨日、二島郵便局に直接伺ってきました。残念ながら慶祝アイテムの製作、記念小型印使用の計画等は何もないそうです。予想通りではありました。
 地元より他の地方のかたがたの方が功績をよくご存知なのは忸怩たる想いがありますけれど、いずれにせよ、10月8日には記念押印に参りますからよろしく、とご挨拶して帰ってきました。

<Wikipediaより>
 山尾 庸三(やまお ようぞう、天保8年10月8日(1837年11月5日) - 大正6年(1917年)12月21日)は、幕末から大正時代の人物。子爵。長州藩士山尾忠治郎の次男。周防国吉敷郡二島村(現・山口県山口市秋穂二島)出身。
(略歴)
 江戸で航海術を学ぶ。
 文久2年(1862年)、塙忠宝を、伊藤博文とふたりで暗殺した。
 文久3年(1863年)、密航でロンドン・グラスゴーに、伊藤博文・井上馨・井上勝・遠藤謹助と共に留学し、長州五傑と呼ばれさまざまな工学を学ぶ。
 明治元年(1868年)に帰国。帰国後に工部権大丞・工部少輔、大輔、工部卿など工学関連の重職を任された。新たに創設された法制局の初代長官も務めている。
 のちの東京大学工学部の前身となる工学寮を創立。
 聾を患う身体障害者の人材教育に熱心に取り組み、明治13年(1880年)に楽善会訓盲院を設立した。

 図は維新百年記念公園(財団法人山口県施設管理財団)が発行した長州五傑と題する絵はがきをベースに写真合成したものです。こんな感じで10月8日の記念押印を行おうかと考えています。ただし、二島局の風景印は周防大橋と養殖クルマエビを主題にしているので記念印としてはふさわしくないかもしれません。ふつうに和文印にする可能性も考えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2012

白いポスト

2012032801

 古くからの収友、千葉県の若林正浩さんからバースデーカードをご恵送いただきました。3月23日が51回目の誕生日で、その日に第15回千葉切手展と千葉郵趣人の集いが開催されることに合わせて小型印が使用されたからです。貼付切手も詳しく見てみましょう。花シリーズのつばき10円切手は1961年(昭36)3月発行で私の誕生月、ふみの日41円2種は誕生日の23日を意味し、カモシカ8円と八郎潟干拓記念10円はともに干支の丑年にちなみ、なおかつ28回国体記念10円は小型印の図案に掛けていて、それで定形外料金120円ぴったりという離れ業です。これはちょっと想像を超えたすごさですね。
 カードは銚子電鉄を描く千葉版フォルムカードです。これには若干の説明が必要ですね。そこには犬吠埼灯台が描かれ、電車の行き先表示板には「銚子←→外川」の文言も見えます。実は銚子の町興しとして丸型郵便ポストの設置活動が行われています。2011年12月15日の銚子電鉄外川駅構内設置が第1弾で第2弾が観光地の犬吠埼灯台でした。銚子海上保安部に提案されたところ、保安部長さんから「白亜の犬吠埼灯台です。白いポストになりませんか?」と逆提案がなされ、白いポストが誕生することになりました。切手展と白いポストとは直接の関係はありませんが、切手展会場にパネル展示がなされ、紅白のポストも仲良く並んで展示されました。なかなか奥が深い!。
 フォルムカードはこんなメモリアルカードとしての活用法も、否それこそがふさわしいように思えます。みなさんもいかがですか?。

2012032802

(追記)
 第28回国体の切手には小さく犬吠埼灯台が描かれています。「第16回郵趣人の集い」小型印のデザインは、この国体切手と昭和26年頃銚子郵便局で使用された広告印「海は招く観光銚子」(犬吠埼灯台と波)です。また、「第15回千葉切手展」小型印のデザインは、銚子郵便局の最初の風景入り日付印(犬吠埼灯台と醤油ダルに松)とふるさと心の風景1集「小さな電車」(銚子電鉄)を描いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2010

遺品コレクション整理3日目

101027_01

 某大家の遺品コレクション整理3日目です。毎日30分〜1時間の範囲内で行うことを決めてスタートしたわけですが、既に何点か興味深いアイテムを掘り当てています。HYPER Philatelistの視点で臨んでいるので、ちょっとひねったものがターゲットになります。もちろん、当然ながら全体量からすればまだ1%も見終わっていない段階です。

 さて、アメリカがエルビス・プレスリーの切手を発行したのは1993年1月8日。その時のバックグラウンドからご紹介します。
 『エルビスが亡くなって以来、アメリカ郵政公社にはファンから何千通もの切手発行を要望する手紙が殺到した。92年、郵政公社は”エルビス切手”の図案を公募し、最終審査に残った「若きエルビス」、「熟年のエルビス」の2点から、国民投票によって前者の採用が決定された。そして、93年1月8日、ついに切手の発行が実現。若い頃のポートレート「若きエルビス」の図案は、旧式の大型マイクを片手に歌う姿が、いきいきと描かれており、今にも彼の歌声が聴こえてくるようだ。』
(出典:郵趣サービス社「ワールド・トピックス」頒布会の解説リーフより)
 その時の投票用紙(はがき)の実物が出てきたのです。人気投票が行われたことは上記解説文の通りではありますが、当時、日本国内では目にしたことはありませんでした。郵送先がメンフィス郵便局のエルビス私書箱宛なんて洒落てますねえ。実際の投票に供されることなく17年もの眠りから覚め、今こうして私の手許に飛び込んできたのも運命でしょう。

101027_02
(左:投票面 右:通信面)

 自分は1961年生まれなのでエルビス世代ではありません。ビートルズ世代ですらなく、さらにその後のジェネレーションに属します。ですが、わずかながらもつながりを感じているため、エルビス切手関係も収集しています。それは、エルビス主演映画「ブルー・ハワイ」の音楽のうち、Can't Help Falling in Love, Beach Boy Blues, Rock-a-hula Babyの3曲が、自分の誕生日の1961年3月23日に録音されているからです。
 下のエルビス切手(小型シート)のシート地に「BLUE HAWAII」の表記が見えます。これを10月24日の切手のフリーマーケットin広島で入手したばかりですので、やはり何かしらの縁を感じます。

101027_03_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2008

流行らせたい

080101_2

 本当は絶対みんな内緒でやってると思うんだ。

 自分ではけっこうこのブログでも書いてきたんですが、自分以外では「伝統郵趣・日本」のかばさんがご披露されているくらいしか記憶にありません。そう、自分の誕生日消印およびその実逓カバー類の収集のことです。今ではキーワードで簡単に検索できるので、インターネット・オークションで誕生日日付の様々なアイテムも入手しやすくなりました。フィラテリーの場合、消印というファクターがあるので、ぜひとも広く流行らせたいものです。全世界のフィラテリストのみなさん、恥ずかしがらずに公開しましょう!、PRしましょう!、流行らせましょう!。
 面白いのはネット検索をかけると郵趣品以外もひょこり網にかかってくることです。上図はアメリカCBSテレビの、番組の公開録画スタジオ参加券です。これが1961年3月23日で私の誕生日にどんぴしゃり。遥か極東のニッポン人が、こんなモノを15ドルで買った本当の理由を出品者は知らないだろうなあ。
 個人的には誕生日が全く同じ磯風さんと寝屋川の兄貴さんの争奪戦を高見の見物してみたい、なーんてね。うそです、協力しますってば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | まいうー | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣におけるコンピュータ活用 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県