鹿児島県

July 20, 2017

竹島簡易郵便局オープン

2017071901

 既報の通り、有人国境離島法に基づき、去る7月10日(月)に鹿児島中央郵便局竹島分室が廃止されて竹島簡易郵便局が設置されました(郵便局での適用第3号)。図は開局初日にお祝いに送ったWEBレタックスです。

 文面そのままの通りでして、藩政時代より薩摩鹿児島の宮仕えは、一生のうちに一度や二度の離島勤務は宿命です。しかし、このたび赴任されたI局長さんは地元の方ではありません。慣れない島暮らしに戸惑う場面も少なくないでしょう。さりながら島ならではの楽しみもありますので、勤務と同時に自然豊かな離島ライフも満喫していただきたいと切に願っています。

2017071902

 なぜお祝いWEBレタックスが私の手元にあるのかと言いますと、至極単純な話で同じものを2通送り、一方を送り返していただいたのです。以前にも記したことがありますが、私はfacebookに”簡易郵便局LOVE”という簡易郵便局応援団グループを作っています。そのご縁でたまたまIさんと知遇を得、このたびの赴任をお祝い申し上げたのでした。このような繋がりがあるものですから、まだの方はぜひfacebookを始めてくださいとお勧めしているのです。

 私個人が毎年特産品頒布会の”ふるさと会”に入っていること、公共料金の振込など可能な限り地元の簡易郵便局さんを利用しているのは、そうした相互理解の結果です。facebookを通じて日本郵便と郵趣家、切手を売る側と買う側等々の利害関係を超えて、お互いの価値観の理解と共有、人どうしとしての交流が構築されることは双方にとってより良いことと思います。

 念のため、日本郵便さんのプレスリリースも掲げておきます。

2017071903

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2017

悪石島簡易郵便局の開局(鹿児島県)

2017070401 谷之口勇さんから開局初日印をご恵送いただきました。いつもありがとうございます。

 これは6月5日に簡易郵便局に局種変更になった口永良部簡易郵便局に続く、有人国境離島法の郵便局関係への適用2件目です。受託者は十島村役場です。

 面白いのは土曜日も13:00〜15:00までの2時間だけ郵便・物販サービスのために開いている点です。それで開局日の7月1日(土)の12-18印が初日印ということになりました。午後印が初日印になる例は珍しいですね。

参照:有人国境離島法の郵便局関係への適用第1号

2017070402

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2017

有人国境離島法の郵便局関係への適用第1号

2017042401

 4月21日(金)に報道発表があった口永良部郵便局の局種変更です。6月5日に簡易郵便局になります。

 これは「有人国境離島地域の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する特別措置法(有人国境離島法)」によるものと聞いています。国境に近い離島の無人化を防ぐのが目的で、昨年4月20日に法案が成立、予算措置が講じられて今年4月から施行になりました(10年間の時限立法)。

 口永良部郵便局も経営が困難なので廃止になってもおかしくないところ、財源措置することで金融機関としての簡易郵便局として維持されます。対象の島がWikiに一覧してありますから、該当の島で簡易局への局種変更や新設があったら同法の適用によるものです。北海道、東京都、新潟県、石川県、島根県、山口県、長崎県、鹿児島県に該当の島がありますので今後にご注意ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2017

昭和10.10.10から12.12.12

2017031201

 昭和10年10月10日を皮切りに12年12月12日までの2年間にわたってゾロ目印を押印し続けたはがきを入手しました。筆跡や裏書きを観察するに、どうやら当時、七校(しちこう。今の鹿児島大学文理学部)に勤務していたらしい外国人教員が自作したもののように思われます。名前はAd Engler、読みは表書きにあるように「エングレル」さん。もちろん、現時点では人物の詳細も、実逓かどうかも判然としません。
 戦前の鹿児島県においてわずかながら数名の郵趣家がいた痕跡が残されています。日本人でありながらすでに外国の切手カタログを使っていたらしい人物すらいたようです。欧米からのお雇い外国人が少なくなかった当時、彼らが郵趣を日本に持ち込んだと伝えられており、これもその実例のひとつであろうと思われます。現地の郵趣家の方々にはぜひエングレルさんの身元調査をお願いしたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2017

帆船日本丸が重要文化財に

2017031101

 表題のニュースに接し、確か植田総一先生から引き継いだものの中に日本丸関係品があったことに思い至りました。鹿児島大学水産学部の名誉教授にして練習船かごしま丸の船長として学生さんたちを連れて全世界を航海された植田先生。ご存命中に当時の財団法人日本郵趣協会鹿児島支部の支部長をお願いしていました。
 先生がお亡くなりになり、遺品コレクションの中から私もこの一通を引き継ぎました。練習帆船日本丸・海王丸50年記念切手(1980)の初日カバーに両船の事務印(接受)を押した初日カバーです。特印以外は郵便印ではなかったためでしょう、どなたも手を出されないまま売れ残っていました。日付も切手発行日に合わせて後日調整されたものでしょうが、しかし、旧日本海軍出身の植田先生ならではの海運人脈がなければこのカバーは作れません。唯一無二のアイテムと思い、植田先生の思い出とともに大事にコレクションしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2016

絵馬型合格祈念はがき

 九州ではおなじみの新年恒例企画です。120円切手を貼ればそのまま郵便で送ることができます。受験生の応援にどうぞ。

20161223001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2016

ポスパケット専用ラベルのリユース

2016112201

 今年2016年(H28)10月末で制度廃止になったポスパケット、その専用ラベルの”第2の人生”を発見しましたのでご紹介いたします。
 パスパケットのかわりに個人利用にも門戸を開いたゆうパケット。旧ポスパケット専用ラベルは流用使用するようにとのことでしたが、新しいゆうパケット専用ラベルの配給は思いの外順調だったようです。その結果、旧ポスパケット専用ラベルが大量に余ってしまいました。多くの局は廃棄処分されたようですが、さすが地元の山口中央郵便局は手堅いです。ポスパケット表示部分を抹消し、定形外郵便物用の宛名ラベルとしてリユースしていました。
 そのタイプは2種。ひとつは※印を連続印刷してポスパケット表示部を抹消していました(左)。もうひとつは白地のタックシールを細長く切って上貼りして抹消していました(右)。後者の方が手間がかかるようで、用意されていたのは大半が前者でした。
 私が発見したのが11月7日、山口中央郵便局のゆうゆう窓口脇の小さな作業台の上にリユースラベルが”ご自由にお使いください”状態で置かれていました。興味のある方は是非有効活用なさってください。

 下は記録用に作成したタックシールタイプの使用例です。山口中央28.11.10 12-18→鹿児島東28.11.11 12-18。

2016112202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2016

明治維新150年/薩長同盟

2016103102 山口県と鹿児島県で共通のフレーム切手が発行されました。ふだんはフレーム切手に冷淡なのですが、発行枚数が両県各2,700シートしかないので、県民としてなかば義務感で買い出しに萩に行ってきました。2018年の明治維新150年を控え、ストレートに肖像を主題にしている切手は使い途があるだろうと踏んだからです。

 予定数を確保したところで、せっかくなんで松陰先生にご挨拶しておこうと思いまして松陰神社にお参りしました。境内には岸信介が揮毫した「薩長土連合密議之處」の石碑があります。この碑の存在を知らない山口県民も少なくありません。ましてや土州坂本龍馬、長州久坂玄瑞の両人に比して薩州田上藤七の名は鹿児島県ですら”誰それ?”状態です。
 田上氏については南日本新聞社の「さつま人国記」”萩を訪ねた薩摩藩士・田上藤七”に詳しいのでそちらを参照ください。

http://373news.com/_bunka/jikokushi/kiji.php?storyid=275

 いずれにせよ1868年の薩長同盟のフォアランナーとなる事跡ですから、これもせっかくなのでiPadで撮影し、近くのセブンイレブンさんではがきプリントし、最寄りの萩松陰神社前局の風景印を押して初日マキシマムカードに仕立てました。

2016103101

 1シート10枚を使った中で、自分用には”薩長同盟の内容を記した木戸孝允の手紙(坂本龍馬裏書)”を残しました。木戸孝允さんはけっこう難しい性格だったようで、薩長同盟が本当に履行されるか不安で、わざわざ坂本龍馬に手紙を送り朱で裏書きしてもらってその信用保証としました。それがこの図案です。キャプションにあるように宮内庁の所蔵品のため、実物はいまだ目にしたことがありません。

 記念押印後に局員さんがさっと出してくださったのが下の風景印の案内書です。風景印を集印して回っていると、このようにごくまれに案内書をくださる局があります。ここまでしっかり準備している局は率直に誉めたいと思います。

2016103103

 またまたせっかくなので局員さんにトピックをお話ししました。「使用開始日は昭和50年7月20日となっているのに図の日付は7月21日になってるでしょ。なぜだかわかりますか?」と。先代局長さんの時代のことだとかで、居合わせた局員さんはどなたもご存知ありませんでした。
 答えは7月20日は日曜日だったから。手違いで日曜日を使用開始日にしてしまったので、やむなく翌21日の日付で押印してお届けする旨のお詫び状が今に伝えられています。
 なお、図案者の入江生一さんとはどういった方なのかも局長さん不在でわかりませんでした。帰宅してネットでググってもヒットしません。ひょっとすると蛤御門の変で戦死した入江九一ゆかりの方でしょうか?

 松陰神社宝物殿の至誠館では今流行りのピコ太郎ならぬヒコ太郎の企画展をやっていました。今年は前原一誠が中心となった「萩の変(前原騒動)」から140年です。これを記念して松陰神社宝物殿至誠館では企画展「前原一誠と萩の変」が開催中でしたので、これもしっかり参観してきました。
 その入場券半券を洋1封筒に貼って郵趣記念品を作りました。風景印は萩松陰神社前局と萩局の2局を揃えてみました。
(彦太郎は一誠の通称名です)

2016103104

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2016

阿知須「いぐらの館」(旧中川家住宅)

2016063001 かつて鹿児島県に住んでいた頃、旧市来町(現いちき串木野市)の郷土資料を読んでいた時、周防国阿知須浦の某廻船商が、ご禁制の熊の胆(くまのい)を密かに持ち出そうとしたので所払いに処したとの記述を見つけて大変驚きました。藩政時代には既にはるか薩摩国まで海運業の商域が広がっていたのかと。
 今回取り上げます旧中川家もまた同じく廻船業で財を成した商家です。海鼠壁(なまこかべ)も鮮やかな建物は居蔵造りと呼ばれ、それが現名称へと引き継がれています。

 当HYPER Philatelistブログでもたびたびご登場願っている日本占領軍郵便研究の第一人者にして郷土史研究家の中川進さん、そのご本家にあたるのがまさにこの旧中川家住宅こと現いぐらの館です。世間は狭いものです。
 公共への寄贈といっても話はそう簡単ではありません。受け入れる側がウンと言わなければ話はまとまりません。平成の大合併の少し前、中川さんご自身が旧阿知須町時代に寄贈にあたっての実務を取り仕切られたと直接伺っていました。ですから、本来ならもっと早いうちに伺っておかねばならない場所なのです。
 現在は郷土資料展示や市民イベント会場としても活用されていて、訪問日当日も絵画作品の個展が開催されていました。
 記念スタンプの類はありませんが、ポストカードが4種無料配布されています。許可を得て全種いただき、絵柄に合わせて最寄り局である阿知須郵便局の風景印と和文印を押してきました。特に下の一枚は風景印とのアングルが一緒でベストマッチングだと思います。

2016063002

 残り3種のポストカードもお示ししておきます。

2016063003

[阿知須郵便局の風景印について]
 2013年(平25)4月1日に現行図案に改正されました。これは同年7-8月の第16回日本ジャンボリー大会、さらには2015年(平27)7-8月の第23回世界スカウトジャンボリー大会に合わせての図案改正です。それにより、両大会の会場になったきららドームが初めて風景印図案になりました。
 これにいぐらの館、地名の由来となったアジガモ(トモエガモ)、そして街おこしの一環で盛んに作られている「ひなもん」を描いています。
 実はひなもんは阿知須の伝統行事ではありません。もともとは山口市名田島向山地区にある岩屋山地蔵院、そこのご住職の故郷柳川(福岡県)の伝統飾りである「さげもん」が伝わったものです。それを見て感動した阿知須の方々がここ10年くらいの間に始められました。全国的に見ても風景印に取り入れられた中でもっとも歴史が短い地域行事と言えるのではないでしょうか。
 なぜそんなことを知っているかというと、その地蔵院さんこそが我が椙山家の菩提寺だからです。やっぱり世間は狭いものです。

2016063004

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2016

ジンクス

2016052803

 私が住んでいた場所は、私がそこを離れると発展するというあまり気分の良くないジンクスがあります。東京都調布市の仙川は駅前が再開発されてすっかりお洒落な街になりました。東京都町田市の鶴川もそうです。東京都狛江市の狛江駅周辺もそうであるばかりか、一時的に駐在していた千葉県富里村もいつの間にか市に昇格していました。これじゃまるで私が地域発展を阻害してる原因みたいではありませんか。

 鹿児島県に移住した時、さすがにそんなことはもう起きないだろうと思いました。
 ところが鹿児島を離れた途端に高速道路が開通し新幹線までできました。
 過去最大級の発展です。

 こきゅこきゅたむたむさん直筆の桜島はがきを見て、さらに発展していくであろうかごっまの未来を強く感じたことでした。ちぇすといけー!。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県