他人の空似切手

November 12, 2011

モーツァルト死去220年

11111202 画像を見ていただいただけで「は?」でしょう。アヴァンギャルドな発行政策も最早珍しくなくなったかのオーストリアが、来る2011年12月5日にこの追悼周年切手を発行します。有名な肖像画をトリミングしたとわかりますので、視覚工学的には記号としての役割はじゅうぶんに発揮しています。でもね、なにもご尊顔をがっつりはずすとはちょっとすごいね。これでGOサインを出した郵政当局も大胆不敵。
 デザインしたのはSilvia Mouckaさん。オランダのエンスケデ社によるオフセット印刷で発行枚数は73,000枚。発行枚数も少ないし発行までのいきさつを是非聞いてみたいものです。

 肖像切手はそれだけで講演ができるほどのネタがあります。ジョージ・ワシントンは木製のごつい入れ歯をしていたために頬が腫れたような不機嫌な肖像画が多い、といった雑学系の話題を含め、今思いついただけでも下の3点があります。
 左は「探検家ジョージ・ヴァンクーヴァー誕生250年」記念切手(カナダ・2007)。船上で水平線を見つめるキャプテン・ジョージの後ろ姿を描いています。疑義のない肖像画も伝わっているのになぜか後ろ姿。肖像画を使うことに子孫がクレームをつけたという話も聞いていません。カナダ郵政の公式FDCには肖像画が印刷されているので機会がありましたらご確認を。
 中は「偉人」小型シートより単片1種(ブラジル・2009)。2009年は「ブラジルにおけるフランス年」とされ、4月21日から11月までの半年強もの期間に各種イベントが開催されました。ブラジルと関わりのあるフランス人をアーティスティックに描いたという説明でしたが、切手に描かれているのはデフォルメされたブラジルの原住民。肝心の顕彰すべき当の偉人、社会人類学者クロード・レヴィ・ストロースはシート地に小さく描かれているだけ。本当に誉め讃える気があるのでしょうか?。
 右は「画家ディエゴ・リベラ誕生100年」記念切手(メキシコ・1986)。有名な画家フローリダ・カーロのダンナです。ええ、もうあれでしょ、そ、そ、ハマコーさんそっくり(笑)。単なる偶然、他人の空似なので笑っちゃいけまへんが、このパターン、ごくたまにあるんですわ。左欄のカテゴリの「他人の空似切手」をクリックしてください。本券以外に若干数をご覧いただけます。

11111203


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2010

他人の空似切手

101008_02

 似てない肖像切手はままあるものの、まったくの他人の空似の切手はお笑い郵趣の中でも最難関とも言えるカテゴリです。それは発見数が極端に少ないからに他なりません。しかし、このたび久々にして実にタイムリーなアイテムを確保いたしましたっ!。上の小さい画像をクリックしてください。それともニンゲンやめますか?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2007

坂本龍一氏発見!

070520_02


 スタンプショウ=ヒロシマ'07の収穫品紹介その2です。

 伝説のテクノバンドYMOが散開したのが1983年。赤い人民服やロシア・アヴァンギャルド(ロシア構成主義)といった「赤い思想のファッション化」が特長でもあったのですが、散開から6年も経た後に、こんなところに坂本龍一氏を発見。ソ連切手のデザイナーの中にYMOファンが隠棲していた確たる証拠である!(←もちろんウソです)

【メーデー100年記念 ソ連・1989年発行】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2007

他人の空似切手「ザビエル」編

070127

 郵趣2月号がぼちぼち届く頃だと思います。例によって担当記事の追補をいたします。スペイン発行の「フランシスコ・ザビエル誕生500年」切手についてです。えー、上図だけですべてを語り尽くしちゃいるんですが(笑)。久しぶりに出ましたっ、他人の空似切手が!。俳優の筧利夫さんに激似!!!。
 なお、さらに「だからどうした」ネタでは、山口県では「ザビエル」ではなく「サビエル」と発音します。これは秋芳洞が誇る巨大石柱(鍾乳石)の黄金柱は「おうごんちゅう」ではなく「こがねばしら」が正しい読みであるのと同じくらい重要な県民常識であります。だからどうした・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

他人の空似切手

050915

 9月3日にご紹介しましたコンゴ民主共和国発行の愛知万博記念小型シート3種について予想以上の反応がありました。博多のJPS全国会員大会の時にも"シート地写真の撮影地点のリサーチをしています"と声をかけられましたし、あまりのデタラメさゆえに買ってしまったという人、もっと破天荒なやつはないか?と悪ノリする人など、ツボにはまってしまった方々がけっこういらっしゃることを知りました。じゃあこれも、ということで最新の発見・・・あえて"発見"と称したい・・・をアップロードいたしましょう。上図は日本の著名な政治家シリーズの一環として発行された浜田幸一元国会議員こと「ハマコー切手」ではなく(あたり前だ)、メキシコが発行した「ディエゴ・リベラ誕生100年記念切手」です。なんかねぇー、ここまで似てるとドン引き気味・・・?。

 肖像切手のくせにご当人とは全然似ていない図柄の切手を『似てない似顔絵切手』と勝手に名付けて収集しています。これはこれでナカナカの滋味がありまして、"全然似てないダイアナさん"切手なんかをずらり並べるとけっこう壮観だったりします。その逆で(逆でもないか?)、偶然、タマタマ、結果的に、全くの別人に似てしまった『他人の空似切手』というカテゴリも私が勝手に作りました。イタリアで公衆の面前でカツオ(鰹)と言ったらえらいことになるのと同じで、カツオ自体には何の落ち度もないのに別のお国では異なった解釈が成り立つという、文化人類学の領域にも踏み込む可能性の高い視点です(違うな、たぶん)。
 てな案配で、私が切手商ブースで人物切手のファイルを見ているのは、「似てない似顔絵切手」と「他人の空似切手」という、真っ当な人物切手コレクターからすれば遥か風下(かざしも)な狙い目を持っているからです。もちろん、空似切手の方は偶然性が非常に高いため、より多くの皆様からの"発見情報"が期待されるところでございます。こんなの見つけましたよ的なオファーは大歓迎です。

(メキシコ1986年発行、購入参考価格:50円)

【参考:ディエゴとフリーダ】
 メキシコの絵画芸術は"壁画運動"によって発展したという独特なアートの歴史を持っています。ディエゴ・リベラは、メキシコの壁画芸術の中心的人物で、かつまた同国の現代絵画の発展を担った巨人です。彼はまたフリーダ・カーロの夫でもあり、日本ではむしろ妻の方が有名だと言ってもいいかもしれません。2001年にはアメリカがフリーダの切手を発行しているので、ダンナは知らなくてもカミさんの方はよくご存じの方も多いのでは?。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日カバー・記念カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県