ジャポニカ

January 05, 2024

1月5日(1973)

2024010501

 リベリアが発行した「ミュンヘン・オリンピック優勝者」6種セットのうち、10c切手にレスリング・フリースタイル57キロ級の優勝者・柳田英明氏が採用されています。ただし、惜しくも名前を「HIDEKI YANAGIDA」とスペリングミスしています。名前ミスは少なくないので、外国切手に登場した日本人名は必ずチェックするようにしています。

 

 

 

| | Comments (0)

November 20, 2023

日本万国博切手資料集

 著者の石田徹さんからお送りいただきました。さして大したお手伝いもできませんでしたのに、まえがきで名前まで記して頂きまことにまことに恐縮です。

2023112001
▲表紙と代表的な1ページを著者の許可を得てお示しします。
三波春夫さんの直筆サイン入りホルダーには息を呑みました。
夢のような逸品です。これを拝むことができただけでも眼福です。

 本書の特徴はその構成にあります。基本分類は出展国、非参加、疑国、開催国の4つ。いわゆるアラブ土侯国を特別視することなくフラットな扱いをされていることに好印象を受けました。私自身、アラブ土侯国を何が何でも否定しようという、かつてのヒステリックとも思える排斥の空気を疎ましく感じていたからです。限定的なものではありますが、実逓郵便物も存在していますから「郵便に使えない=切手ではない」の論理が破綻していること、そもそも否定の先入観があまりにも強く、とても知性のある合理的な対応ではないと苦々しく感じていたものです。
 むしろ、ダバール、ナガランド、サンダなどのほぼアウトな国もどきを『疑国』(ぎこく)という新しい分類を立てて取り込んでおられる姿勢に考察の冴えを強く感じます。いずれの日にか改版を重ねてより充実されていくであろう可能性の手応えを感じました。

 以前から常々申し上げている通り、インターネットもまだない1970年代(切手製造時期はさらにその前の1960年代のはず)であるのに、おしなべて間違い図案がほとんどないことは”素晴らしい”を通り越して”誰がここまで正しい考証を行ったのか?”という驚きと疑問の方を強く感じています。これには著者も同じような印象を受けておられるらしく、次のような言葉を記されています。

『日本国内からのデザイン参加において、海外からの日本イメージに70 年代当時の先入観が最低限に抑えられた事やデザイン上のミスも抑えられた事がある。その為50 年以上を経過した当時の万博切手制作事情について、そろそろ詳細な記録が残されても良いのではないだろうか。』

 頒布申し込みについては、下記メールアドレスに、住所、氏名を明記のうえご連絡されると先に発送していただけます。代金は2,500円+送料370円(レターパックライト)の計2,870円後払いとなります。

石田 徹 t-ishida@serenade.plala.or.jp

 各自購入されるだけにとどまらず、お住まいの地域の公立図書館で新刊リクエストをされることも強くお勧めします。あの時代をともに生きた同世代の仲間たちもきっと手にとってくれるでしょうから。

(付記)
 ちなみに日本万博があった年、私は小学4年生でした。学習雑誌などで目にした『太陽の塔』に衝撃を受けた子供のひとりです。雷に撃たれたような・・・とはまさにこのこと。
 後にアート・デザイン業界に進むことなったのも岡本太郎先生のおかげです。私と同世代のアーティスト・デザイナーがことごとく岡本先生への尊敬心を抱き続けているのは、その衝撃の原体験『芸術は爆発だ!』が刻み込まれているからです。

 

 

 

| | Comments (0)

August 02, 2023

祝・おもしろジャポニカ切手図鑑

 2023年8月1日、表題本が全国一斉に発売開始されました。それを記念して秘蔵品をご紹介します。ブータンが1964年に発行した「東京オリンピック」記念切手(7種+S/S)からサッカー2NU切手のラフスケッチ、フルカラー手描き原画、モノクロ写真原画のセットです。それぞれを糊でリーフに直接貼ってあります。右下には実際の記念切手実物も貼ってあります。

2023080201

▶︎Rough sketch in colour
 色鉛筆で描いているようです。

2023080202

▶︎Final art work in colour
 切手実物と比較すると原画は約2.3倍の大きさで描かれています。使われている絵具は不透明水彩のようです。また、国名や東京五輪のロゴなども丁寧に原画に直接描き込まれており、想像以上に丁寧な仕事であることが見て取れます。

2023080203

▶︎one colour Photograph

 上記フルカラー原画を白黒フィルムで撮影したプリントだと思います。ただ撮影しただけでは階調が不自然だったらしく、ボールや襟部分に淡グレーで加筆して調整しています。白黒原画は販売カタログなどの宣伝用媒体に必要だったのでしょう。

2023080204

 旧蔵者さんはまめな性格だったようで、販売された時の広告の切り抜きまで一緒に保存されていました。広告の印象から、私も若い頃に利用していたオーストラリアの切手商「シンデレラ・スタンプ社」だと思います。こうした横流れ品をはじめとしていわく付きの品物を主体に扱っていたヤバイ系のディーラーでした。1990年代末頃で$375(US)というと、$1=¥130として¥48,750。往時は約5万円相当であったものと推定されます。ただし、同社は今世紀初め頃に廃業し現存しません。
 なお、広告文の一行目、1962とあるのは1964の間違いです。しょっぱなから間違えているのはいかにも筋モノ系業者さんらしいです。

2023080205

 

 

 

 

| | Comments (0)

July 15, 2023

おもしろジャポニカ切手図鑑

2023071501

 8月1日の発売開始を前にスタマガネットでの注文受付が始まりました。
 若き英才・和田進さんの文章は、これまでのいかにも切手収集家然としたものとは大きく異なり、非常に流麗で目を見張るものがあります。
 また私は裏方に徹し、自作の郵趣データベースの中からジャポニカに関する約3,300アイテムを抽出し、電子データを編集部に無償提供しました。データを十二分に活用していただきサポートスタッフとしてもたいへんうれしいです。
 そしてわずか数ヶ月で具体的に書物の形に仕上げてくださったM編集員さんの卓越した職能にも感謝しています。
 ジャポニカのネタはもっとたくさんあります。売り上げが好調ならば第2, 第3弾も夢ではありません。どうぞお買い求めください。
 また、大きな公共図書館には片っ端から購入依頼を出す予定です。皆さんも是非やってください。図書館に常備されていれば、いつなんどき新たな収集仲間が生まれるきっかけになるかわかりませんので。

▶︎スタマガネット:おもしろジャポニカ切手図鑑

2023071502 2023071503

 私ももう還暦を過ぎ、あと何年生きられるかわかりません。研究成果もあの世にまでは持っていけませんので、蓄積した郵趣データベースを惜しみなく提供していきます。その成果の第一弾が本書です。
 デジタル化とその活用について取り組んでおられる方ならいつでもデータ提供しますので直接ご連絡ください。

 

 

 

| | Comments (0)

February 07, 2023

第14回オンライン『郵趣』

2023020701

今月も10日(金)の21時から開催します。
月刊誌「郵趣」2月号に関連したテーマで以下を予定しています。

・「外国切手最新事情」(スピーカー:椙山哲太郎)
・「初日押印を楽しむ」(スピーカー:嘉藤雅子さん)
・「日本切手の壺+1解説」(スピーカー:山口充さん)
※テーマ及びスピーカーは変更になることがあります

 (公財)日本郵趣協会のイベントカレンダーのページにアクセス先が掲載されています。そちらに掲載されているURLをクリックするだけで参加できます。事前にZoomをインストールしておいてくださいね。

http://yushu.or.jp/event/schedule/index.html

 私は珍しくちょっとお堅い著作権絡みのお話をいたします。2月号の世界新切手ニューズ欄の図版が省略されていたフランスのナルト切手(P.67)、トーゴの安倍晋三追悼切手(P.72)、はたまたバチカンの刺繍切手(P.51, 64, 70)も取り上げる予定です。

2023020702

 

2023020703

 

 

 

| | Comments (0)

December 31, 2022

さようなら2022年、さようなら安倍晋三さん

2022123101

 2022年最大の出来事と言えば我らが山口県の代表 安倍晋三元総理大臣の暗殺事件でした。ちょうど30歳の年にベルリンの壁崩壊を目の当たりにした私は、世の中は想像もできないことが起きるものだと頭ではわかっていたつもりでしたが、緩慢な日常生活に慣れてしまい、いつしか忘れていました。そんな鈍った脳天を打ち砕かれたかのような衝撃を覚えました。

2022123102

 2022年はまた作り物郵趣品から一切手を引くと宣言した年でもありましたが、トーゴが9月1日付で発行した安倍晋三追悼連刷シート(1種)・小型シート(2種)セットだけは例外でした。和田進さんのお骨折りで、現地コレクターさんから実逓便を送っていただきました。ありがとうございました。
 本券は郵趣2023年2月号に掲載される予定ですが、エージェント切手にはつきものの権利関係の問題があり図版は省略されます。ご注意ください。

2022123103

 皆さま今年もたいへんお世話になりました。
 来る2023年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

| | Comments (0)

October 26, 2022

日本に原画がある「オルホン河」切手

 昨年の9月に原稿を預けて早丸一年が経過しました。一向に記事化される様子がないので、これはもうボツ扱いと判断し、自分のfacebookページ等に発表することにしました。
 生まれつき一度見た光景を映像として記憶する特技がありまして、本件もそれで”どこかで見た覚えがある”・・・からリサーチしましたらストライクだったという実話です。その過程で本国のモンゴルで切手になった時にはすでに原画は福岡アジア美術館の所蔵品となっていたことまで判明しました。
 私たち日本人もまたアジアの同胞です。近代化の影で置き忘れていったDNAに刻まれた原初的なアミニズムを呼び覚ましてくれる優れた作品です。
2022102601
 QRコードを読み込むと福岡アジア美術館さんの解説ページにダイレクトにアクセスすることができます。
2022102602
2022102603
2022102604

| | Comments (0)

October 12, 2022

第10回オンライン『郵趣』

2022101201

 今月もあさって14日(金)の21時から開催します。

【テーマ】月刊誌「郵趣」10月号に関連したテーマで以下を予定しています。

「外国切手最新事情」(スピーカー:椙山哲太郎)
「“鳥切手”トピカルの世界」(スピーカー:川原啓一郎さん)
「日本切手の壺+1解説」(スピーカー:山口充さん)
※テーマ及びスピーカーは変更になることがあります

 (公財)日本郵趣協会のイベントカレンダーのページにアクセス先が掲載されています。そちらに掲載されているURLをクリックするだけで参加できます。事前にZoomをインストールしておいてくださいね。

http://yushu.or.jp/event/schedule/index.html

 私は以下の5つの話題をご用意しています。時間があれば先取り情報としてマン島が発行した”David Bowie : Actor” (俳優 デビッド・ボウイ) の”戦場のメリークリスマス” (Merry Christmas, Mr. Lawrence/Furyo) をご紹介します。

・魚類学者ユージェニー・クラーク(アメリカ)
 お母さまが日本人のミックス。
・アラブ首長国連邦50年(アラブ首長国連邦)
 懐かしい名称:アブダビ、ドバイ、シャルジャー、ラス・アル・ハイマ、フジャイラ、アジマン、ウム・アル・キワイン
・Seagull Mischief/カモメのいたずら(ガーンジー)
 海岸やゴルフ場で手にした食べ物を鳥にかっさらわれたことはありませんか?。
・新型コロナウイルス(キルギス・エクスプレス・ポスト)
 キルギスには従来からあるKyrgyz Pochtasyの他にUPUの正式承認を受けたもうひとつの郵便会社Kyrgyz Express Postがあります。2014年から切手発行も始まりました。
・ニコラ・テスラ(セルビア)
 氏の名前を称した電気自動車で一躍有名に。しかし、その晩年は決して恵まれたものではありませんでした。

2022101202

 

 

 

| | Comments (0)

August 28, 2022

戦後の日本製外国切手の始まり

 山口県立山口図書館に唯一保管されている「山口郵便局ニュース」を、1952年 (昭27) 年3月1日発行の創刊第1号から綿密にチェックしています。その中から郵趣的に興味深い記事を折々にご紹介しています。

[ベトナムから切手製造を依頼 大統領肖像切手十二種 外国からの注文は初めて]
 戦後の台湾と琉球を除き純然たる外国からの発注はこれが初。受注に至るまでの経緯も記されている。ただし、戦前の日本では外国切手の製造例はないという記述は間違い。日韓併合前の大韓帝国時代、切手製造技術がなかった同国のために引き受けているほか、戦後直後の記念切手類も同じ理由で数種を製造している。
 また興味深いことに同じ号に著名な郵政省郵務局管理課々長補佐の中村宗文氏のインタビュー記事も掲載されている。日本切手の水準は外国と比べると全体的には中の上とのことだが・・・うーん、それはどうかな?。ちょっと身贔屓が過ぎるような・・・
第49号 (19560301/S31)

2022082801

 ちなみにこれが初代大統領ゴ・ディン・ジェム4.00ドン普通切手混貼はがきです。彫刻者は渡部文雄(ワタベフミオ)。貼り合わせのゴ・ディン・ジェム政府3周年記念3ドン切手も同じく日本の印刷局製。

2022082802

 ゴ・ディン・ジェム(ディエム)(呉廷■、1901年1月3日 - 1963年11月1日)は、ベトナムの政治家、ベトナム共和国(南ベトナム)初代大統領。1955年10月〜1963年11月まで南ベトナム政権を掌握。フエの貴族の出身。
 1963年、熱心なキリスト教信者であったことからカトリック優遇政策を行い仏教徒の反発を招いた。仏教徒らの反政府運動に対してゴ政権は戒厳令を布告し、各地の寺を襲撃して僧たちを逮捕した。この年の出来事をきっかけとして各地では抗議デモが頻発した。一方、これに対処する形でゴ・ディン・ジエムの弟で秘密警察と軍特殊部隊を掌握するゴ・ディン・ヌーは弾圧を行った。
 1963年11月、クーデターによりゴ政権は崩壊、ゴ・ディン・ジエムは、家族とともに殺害された。1967年のグェン・バンチュー政権が出来るまで南ベトナムの社会は不安定となった。(■は王へんに炎)

(注記)
 日本の大蔵省印刷局 (今の国立印刷局) が外国切手の製造を請け負うようになった経緯は諸説あります。そのうちの一説、それもいわゆる”大本営発表”だと思ってください。
 特に当時は外貨の取り扱いが制限されていた時代ですから、記事中にそれら代金の授受についての記述が全くないのは意図的なものを強く感じます。
 もっとも、切手製造はそんなに旨味があるものではないし、日本の印刷局も国家機関ですから、いわゆる”利権”的なものがあったとまでは思いませんが。

 

 

 

| | Comments (0)

March 13, 2022

延期または中止のスポーツ大会

2022031301

 パチもん切手濫発国のジブチが面白い連刷シートを発行していました。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍で延期または中止になったスポーツ大会を題材にしたものです。私も知らなかったものがありますので、これはちょっと欲しいかなと思いました。発行日は2021年5月20日付です。

・東京2020オリンピック(延期)
・チェスオリンピアード2020(延期)
・ウィンブルドンテニス2020(中止)
・北極冬季競技大会2020(中止)
・アフリカ・ネーションズカップ2020(延期)
・アーチェリー・ワールドカップ2020(中止)

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レア苗字 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣ダイアリー 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県