武漢中共肺炎

May 29, 2024

高裁の合憲判断からコロナ禍そして特別あて所郵便へ (2)

※最高裁の合憲判断からコロナ禍そして特別あて所郵便へ (1) から続く

▼新型コロナウイルス禍の影響
 2020 (令2) 年1月15日、我が国における武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス感染者が確認され、NHKの活動にも大きな影響が及びました。大々的に拡張してきた個別訪問ができなくなったからです。営業マン自身が感染しキャリアとなって感染を広げてしまう危険性があります。従業員を危険に晒す外回りの仕事そのものがコンプライアンス的に問題視されたからです。その結果、こんな書類がポスティングされました。

 小さな郵便・新聞受けにも入るよう、A4判から角8封筒にサイズダウンしたお知らせです。提供者さん (東京都中央区) によると2020 (令2) 年7月30日頃にポスティングされていたものとのこと。これと全く同じものが同年9月に北海道旭川市でも配布されていたことを確認しています。

2024052901

 サイズダウンしただけで中身は従来と同じです。違うのはコロナ対策のためポスティングを主とし、極力対面を避けることが添状に明記してあることです。

2024052902

 当時のNHKのホームページのスクショです。これによると緊急事態宣言が解除された2020 (令2) 年5月25日までは営業活動自粛、6月1日以降順次再開、さらに8月1日からは対面をしない形での営業活動を行うとあります。よって新型コロナ第一波流行直後のポスティングであることがわかります。

2024052903

▼「特別あて所配達郵便」の登場
 新型コロナで十分な営業活動ができなかった時期、NHKと日本郵便の間で交渉を重ねていたのでしょう。名前はわからなくとも住所さえわかるなら郵便を配達してくれる「特別あて所配達郵便」が登場しました。その最初からNHKのための制度だということは明らか過ぎるほどに明らかでした。

・20210621:試行開始。特別あて所配達料金200円。料金後納限定。
・20220621:本格実施。特別あて所配達料金150円 (値下げ)。料金後納限定。

 図は2024 (令6) 年4月に周南市内で配達された実逓便です。前述のような歴史的経緯を経て実現した新しい郵便制度です。スタンプレス (切手なし) の収集価値のないものなどと安易に思わず、関心を持ってくださる方が増えてくださることを希望します。
 ほとんどの実逓便は捨てられているとは思いますが、差し出された通数は一部判明しています。2021年度1,998千通、2022年度12,775千通です。出典は「情報通信行政・郵政行政審議会 郵政行政分科会 (第88回) 配布資料・議事概要・議事録」(20231218_総務省) です。

2024052904

 契約手続き申し込みはがき組み込みの案内書です。サイズはA4判3ツ折の両面印刷で、ルレット部分で切り離し、同封されていた目隠しシールを貼って投函するようになっています。その他、衛星放送の案内書、受信料値下げ・学生免除の拡大の案内書、放送法の抜粋などが同封されています。返信用は料金受取人払郵便で成城郵便局の承認番号53、差出有効期間は2025年5月31日までとなっています。

2024052905

▼スマホにも課金
 報道各社が伝えたように、2025年後半にもスマホによるテレビ視聴者へも受信料徴収が実施されようとしています。特別あて所配達郵便に変化があるのか、それともスマホ向けに別のアプローチが講じられるのか、注意しておく必要があるでしょう。

2024052906

▼年表
 以上を簡単に年表にするとこのようになります。収集のポイントとしては (1)スマホ課金が開始される前の実逓使用例をとりあえず1通押さえること。(2)ほぼNHK専用の郵便制度であるうえに年間1,000通以上という条件があるため、万一、NHK以外の使用例があれば超レア物。(3)チラシ、パンフレットの類も全く見かけないのでこれらも目にしたら取り逃がさないこと。

2024052907

▼私宛に届かない理由
 親しい友人は皆知っていることです。私はテレビ見ない生活者です。父が病的と言えるほどテレビに固執していたため、存命中は手をつけませんでした。しかし、2017 (平29) 年に亡くなるとすぐに弟に引き取ってもらい受信契約を解除しました。電話では埒があかないのでNHK山口放送局に行き、営業の方と直接交渉して解約しました。そのカラーコピーに最寄りの山口中讃井郵便局で記念押印しました。折しも最高裁判決がおりるわずか3ヶ月前のことでした。
 しかし、これとてスマホ課金が始まる2025年後半以降は何らかのアプローチを受ける可能性だけはあります。スマホ、パソコンでの視聴手続きはしていませんが、NHKがどのような政治力を行使するかはわかりませんので。

2024052908

▼オマケ:NHK撃退シール
 2022 (令4) 年2月、収集協力者さまからご寄贈いただきました。もはや懐かしい印象がありますね。

2024052909

◆収集協力者様御礼◆
浅原多嘉示様、天方良彦様、高坂典子様、中嶋弘美様、山本知世様

 

 

 

| | Comments (0)

最高裁の合憲判断からコロナ禍そして特別あて所郵便へ (1)

 2017 (平29) 年12月6日、最高裁はNHKの受信契約の締結を義務づけた放送法の規定を合憲とする判決を妥当と判断しました。この判決を境にNHKが一気に強気の営業に転換する様を私たち一般国民はリアルタイムに見てきました。私自身も強烈な記憶があります。

 合憲判決の下ったまさにその当月、NHK山口放送局近くの蕎麦屋さんの暖簾をくぐったところ、店主がどえらい不機嫌で眼鏡をかけた若いお兄ちゃんにお金を払おうとしていました。店主は「なんで払わなきゃならないんだ」とぶつぶつ不満を言い続けています。そのお兄ちゃんは表情を一切崩さず「最高裁判決が出たので従ってください。お願いします」と努めて低姿勢でした。そこでお兄ちゃんがNHKの集金人であることが理解できました。
 奥から女性店員さんも出てきて「毎日来てくださるお得意さんなんだから仕方ないじゃない」と店主をなだめています。あ、そういう関係なんだね。そりゃ受信料くらい払わないと町内会的な関係にヒビが入りますわなあ。
 メシが不味くなるような場面でしたが、私もそしてくだんのお兄ちゃんもいつものように昼蕎麦をひっかけて出て行きました。店主は終始不機嫌だったのをよく覚えています。

▼最高裁の合憲判決を受けての個人向け営業
 2018 (平30) 年9月8日、山口市内の個人宅にポスティングされた書類一式です。最高裁判決から一年も経たないうちに地方都市にまでこうした営業活動が展開されていた物証です。受信契約をしていない家庭に網羅的にポスティングされたようですが、残念ながら拙宅には配られることはありませんでした(その理由は最後にご説明します)。

 ポスティングされた封筒の表裏です (郵便物ではありません)。サイズはA4判です。これを放置していたら同じものが翌月にもポスティングされていたそうで、その2通とも寄贈していただきました。

2024052801

 同封されていた添状 (左) とA3判2ツ折のパンフレット表紙 (右) です。パンフレットの裏表紙には「NHK営業局 2018.08」の銘があるほか、大河ドラマ「西郷どん」のPRが入っていることから印刷時期が特定されます。一方の添状には日付がなく、長期にわたって同一書面を使用する意図が伺えます。

2024052802

 契約手続き申し込みはがきです。サイズはA4判の両面印刷で、ルレット部分で切り離し、同封されていた目隠しシールを貼って投函するようになっています。料金受取人払郵便で成城郵便局の承認番号3024、差出有効期間は平成31年5月31日までとなっています。
 天下の悪法・個人情報保護法のせいで、本状の実逓使用例が郵趣市場に出てくることはないでしょうが、おそらく全国的に配られていますから、成城郵便局をはじめとする東京都世田谷区ゆかりの郵趣家の皆さんは、せめて未使用の1枚は確保しておきたいものです。

2024052803

▼企業向けの受信料契約・収納業務の勧誘
 2019 (令元) 年9月、収集協力者さんから提供していただいた料金後納郵便です。中には受信料契約・収納業務の勧誘書類が入っていまして、つまり、それぞれの地場企業に向け、御社の新規事業として新たに立ち上げませんか?という内容です。個人への集金営業強化とともに、新規契約と集金業務そのものを外注していたことを示す物証です。

2024052804

 A4判両面印刷のチラシです。この時点で270社と委託契約を結んでいると明記されています。

2024052805

 A4判で8ページの案内パンフレットです。表紙以降、その一部をご覧いただきます。裏表紙には「2019.08 NHK営業局」の銘が入っています。
 新規契約と集金は、営業の中でも最もベタで厳しいものです。最高裁判決で合憲の判断が示されたとはいえ、いまだに極めて激烈な反対意見が多く、訪問先で罵倒されることも少なくないでしょう。そうした一番の汚れ仕事を外注する経営姿勢は是認されるものか、あるいは新たな仕事の創出という点で評価されるものか、当然ながら賛否両論さまざまな意見があることと思います。

2024052806

2024052807

▼個人向けの受信料契約・収納業務員の勧誘
 2020 (令2) 年前半、周南市の各戸にポスティングされたA4判チラシの表裏です。新規契約と集金業務であることが一目でわかります。また、問い合わせ先が一般企業となっていることから、前述の業務委託請負会社であることもわかります。
 ただし、時期的にはちょうど新型コロナが最初に流行〜5月25日に緊急事態宣言が解除された頃合いです。そのタイミングで外回りの営業マンを募集するとは、緊急事態宣言解除後を見越しての社員募集であったのか、それとも単に危機感の希薄さゆえか???

2024052808

※最高裁の合憲判断からコロナ禍そして特別あて所郵便へ (2) へ続く

| | Comments (0)

October 14, 2023

JPS防府支部例会案内 (20231015)

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部の10月例会を以下の通り開催します。どうぞふるってご参加ください。

日 時:2023年10月15日 (日) 正午〜15時頃
場 所:防府市立佐波公民館 (和室)
参加費:無料

 会場都合で午後からの例会です。また、私のミスで案内はがきには会場を学習室と記してしまいましたが、正しくは和室ですのでこの点もお詫びいたします。併せて2点ご注意ください。

2023101401

 2021年1月、鹿児島の叔父が亡くなったのですが、コロナ禍のため葬儀に行けなかったことがずっと心残りでした。このたび、ようやく納骨堂にお参りすることができて安堵しました。数年ぶりにSTAMP-SHOW in かごしま2023 (スタンプショウかごしま) に行ってきたのも、半分はそれが旅行の目的でした。せっかくなので旅先から例会案内はがきを発送しました。いつもより2週間近く前倒しでしたので驚かれた方もいらっしゃったことと思います。

 かごしま国体が国民体育大会としては最後で、来年からは「国民スポーツ大会」に名称変更となります。最後の国体なのに、記念小型印の使用がゼロという前代未聞の郵趣サービス状況であることに今さらながら気が付き愕然としています。これも押印クレーマーたちの傍若無人な振る舞いのせいで、2022年度から臨時出張所の開設とそれに伴う小型印の使用申請を受け付けなくなった南関東支社の判断が全国的に敷衍してしまったものです。その結果、直接表現ではないものの、この小型印がはからずも唯一のかごしま国体関連印となりました。どうぞ大事になさってください。

2023101402

 なお、はがき表面下部に押されているのはスタンプショウかごしまのオリジナル記念スタンプです (郵便印ではありません)。会場内で自由に押すことができる消しゴムはんこで、印顆が耐えうる限り来年以降も引き続き使われる予定です。

 

 

 

| | Comments (0)

October 19, 2022

クレーマー対策による代替記念スタンプ

 一部の皆さんは既にご存知のとおり、日本郵便株式会社南関東支社は令和4年度より臨時出張所の開設とそれに伴う小型印の使用申請を受け付けない方針になりました。ひとつには武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスに感染するおそれのある業務を社員に行わせることがコンプライアンス違反になるのではないかという懸念があります。それもそうですが、本当のところは押印モンスター・クレーマーによるトラブルが絶えず、対費用効果の観点から拒絶となったものです。
 これまでも切手展主催者が独自の記念スタンプをあつらえたことはありました。しかし、クレーマー対策のため小型印が使用できなかったことによる代替とは由々しい限りです。このことは郵趣における押印モンスター・クレーマーの悪影響という”黒歴史”を示す貴重な事例です。
 印顆は直径46ミリと36ミリの2種。ご恵送いただいたのは池澤克就さんです。万一、これより早い使用例があればどうぞお知らせください (先行例を文末に追記しました)

2022101901

 押印モンスター・クレーマーに対する懸念はこれまでに何度も述べてきました。私のHYPER Philatelistブログでも以下取り上げています。改めて拾い出してみるとなんと6年も前から計8回も記事にしています。こんなに長期間&数多く書いているとは自分でも思っていませんでした。
 彼らの傍若無人な振る舞いがいつか押印拒否を招くと忠告していた通りになってしまいました。今のところ、南関東支社さん以外に広がる動きは見受けられませんが、彼らの態度が改まらない限り、日本郵便さん主催・協賛事例以外ほぼ廃止同然となるのも時間の問題でしょう。
 表向きは臨時出張所での売り上げが少なく出張社員の人件費が出ないからという理由で、臨時出張所と小型印の使用がなくなった郵趣イベントはいくつもあります。そんな時流も感じ取り、自分自身が押印技能1級を持っているにもかかわらず、作り物郵趣からすっぱり手を引いた自分の判断は正しかったと思います。

重要・注意喚起を! (20160423)
重要・注意喚起を!(その2) (20160612)
正しい押印を守りましょう (20170614)
[拡散希望]自ら律することのできる良き郵趣家たれ (20171013)
迷惑な二人 (20171101)
不良マニアK谷老人と絶縁しました (20180317)
モンスター・クレーマーたちのせいです (20200318)
未裁断の四面はがき最後の初日押印例 (20211005)


(追記)
 大澤瑩時さん、内田雄二さんから更新情報をお知らせいただきました。いつもありがとうございます。
 2022年9月8〜11日に開催された横浜旭スタンペックス'22 (第24回世界の切手展) で使われた記念スタンプの前例があるとのことです。デザインは金川博史さん。大澤瑩時さんからはその画像も送っていただきましたのでご覧いただきます。

2022102001

 

 

 

| | Comments (0)

June 06, 2022

第30回林忠彦賞受賞記念写真展

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍のため2020年の募集は中止されました。よって第30回は2020年と2021年の2年間に発表された作品が対象になりました。その受賞者初沢亜利さんの作品展「東京二○二○、二○二一」が今週末の9月10日(金)から周南市立美術博物館で開催されます。私も必ず参観いたします。

▼大判はがき型フライヤー2022060603

▼パンフレット(表裏表紙)

2022060604
(赤矢印部分に新型コロナに関する注記あり)

▼パンフレット(内面)

2022060605

 

 

 

| | Comments (0)

May 02, 2022

特別利子補給制度

2022050201

 自営業など中小企業の経営者向けの制度なので、実逓郵便物をご寄贈いただくまでその存在自体を知りませんでした。正式名称は「新型コロナウイルス感染症特別貸付に係る特別利子補給制度」です。本便は市井の書道教室さんが令和3年2月25日付で支給決定した際の通知書です。貴重な使用例をありがとうございました。

2022050202

2022050203

 

 

 

| | Comments (0)

April 28, 2022

新型コロナウイルス禍下の雇用保険 (失業保険) 手続き

 東京都にお住まいの古くからの収友Eさんが勤め上げられました。長年お疲れさまでした・・・で終わらないのが一流郵趣家です。退職そして雇用保険の手続きが終わるまでの文書および関連郵便物をしっかり残されていました。交付日付もしっかり裏書きしてくださったおかげで、一連として郵趣資料として有意義なものになりました。
 タイミング良くと言ったら失礼かもしれませんが、2021(令3)年後半の流行末期から沈静期、そして変異株のオミクロン株による再流行期のちょうど過渡期に重なっていたことも重要です(国内でのオミクロン株の初確認は2021年11月30日、東京都では同年12月17日)。
 私自身も最後にハローワークに通ったのは20年以上も昔になります。往時を思い出しつつEさんの監修を受けて手順をまとめました。以下をコロナの流行推移とともに表にしたのが図1です。

・受給資格決定日 2021年8月24日
・職業講習会・雇用保険説明会 コロナのため中止
・失業認定。基本は面談で計7回行われるがコロナのため特例措置が講じられた。
 第1回認定日 2021年9月21日
 第2回認定日 同11月16日
 第3回認定日 同12月14日
 第4回認定日 2022年1月11日
 第5回認定日 同2月8日
 第6回認定日 同3月8日(郵送を選択された)
 第7回認定日 同4月5日(同上、最後)

20220417001

[受給資格決定日の交付資料/図2]
 2021年8月24日:説明書にはすでに特例措置である郵送での手続きのことが明記されています。また、「受給資格者のしおり」の表紙には職業講習会と雇用保険受給説明会の中止が書き込まれています。

2022042702

[受給資格決定日の交付資料/図3]
 2021年8月24日:この段階ですでに職業講習会と雇用保険受給説明会ともに中止になったことがはっきり示されています。これを見ながら、会社都合と自己都合では待機期間の違いがあったよなあ~と思い出したりもしました。

2022042703

[第1回認定日の交付資料/図4]
 2021年9月21日:交付日に合わせて日付が更新されているのみでコンテンツは図2の説明書と同じです。

2022042704

[第6回認定手続き/図5]
 2022年3月8日:第1回から5回までは面談で受けておられましたが、この第6回と次の第7回(最後)の2回のみ郵送での手続きを選択されました。職安あての往信便は残りませんが、返信便は手元に戻ってきた特定記録郵便に裏書きして残されました。

2022042705

[第7回認定手続き/図6]
 2022年4月5日:第6回認定手続きと同じく郵送での手続きを選択されました。

2022042706

 八王子職安間の往信便・返信便とも特定記録であったため、ネット上で検索結果(追跡記録)が取れました。それらもプリントアウトして残すことで裏付けになりました。
 切手も消印もない料金別納郵便ながら、こうして証拠を揃えて残すことで新型コロナウイルス禍下の雇用保険 (失業保険) 手続き郵便であることが担保されます。
 また、コロナ失業が珍しくない今、よほど小さな自治体でもない限り、失業認定を受ける人は決して少なくありませんので、切手貼りの方が不自然とすら思います。郵便の現状に即した判断が求められます。

 

 

 

| | Comments (0)

April 06, 2022

偶然の発見、日本初?のスマホとウオッチ

 郵趣4月号の担当連載記事の前文でスマートフォン (スマホ) を描いたセルビアの新切手について触れました。その復唱になりますが、いずれ電気通信や文明論テーマに欠かせないテーマになると思います。
 その時代を象徴するアイコン的な題材として、スマホのほかパソコン、ワープロ、携帯電話、ドローン、ラジカセ、家庭用ビデオといった電子機器類から、世界に広がる日本のアニメや日本食 (寿司など)、逆に日本に入ってきた烏龍茶、台湾パイナップルなど、時に切手 (郵趣品) 以外にも目を向けています。その文脈があってこそマスクケースやコンビニで配布されていたカードタイプの抽選券なども収集しているのです。

2022040601

 スマホに話を戻しましょう。Smart phone、Smart watch等のキーワード検索で全世界の新切手をチェックしています。図版のこれらが切手上にスマホが登場した比較的初期の例です。総当たり式に見ていくしかないので見落としがある可能性がありますので、他の事例に気がついた方がいらっしゃいましたらぜひご教示ください。特にフルシートの耳紙やタブ部分に描かれているような場合はなおさら発見しにくいものです。

2022040602

 

 そんな折、柴田公子さんからパソコン郵趣切手展2022の記念カバーをご恵送いただきました。貼られているフレーム切手を見ると、2022年ではなくコロナで中止になった2020年の切手ではありませんか。お馴染みの澤口尚子さんの絵柄を見てびっくりです。白いマウスちゃんがiPhoneらしきスマホとApplewatchらしきスマートウオッチをしているではありませんか。何ということでしょう、丸々2年間もの間、完全に見落としていました。
 柴田さんにお聞きしましたら、切手展会場で2022年用のフレーム切手も製作販売されていたものの、2020年のそれも売られていたので稀少に違いないと意図的にそれを使われたのだそうです。

2022040603

 パソコン郵趣切手展2020のことを振り返ってみましょう。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスのため、フレーム切手や記念小型印も準備してあったけれども、残念ながら中止になったことをご記憶でしょうか。図版のフレーム切手はその時に用意されていたものです。また、フレーム切手と同じ図柄で小型印も計画されていました。前押しされていた郵頼分には斜線で抹消されて送り返されたことで話題になりましたね。私も1枚所持していますが、スマホとウオッチが描かれていることにまったく気付いていませんでした。
 柴田さんが2020年用フレーム切手を使ってくださったおかげで2年も経ってから気がついたのでした。フレーム切手と小型印なれど、日本の郵趣品でスマホとウオッチが描かれている、それも両方が描かれているのはこれが初かもしれません。これも先例を見つけられましたらぜひご教示ください。
 なお、抹消返却された2020年の小型印、当時の資料では返送された押印済郵頼分が約180通。1通あたり平均5点あったとして総数約900点が存在する計算になります。

2022040604

 

 

 

 

| | Comments (0)

March 13, 2022

延期または中止のスポーツ大会

2022031301

 パチもん切手濫発国のジブチが面白い連刷シートを発行していました。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍で延期または中止になったスポーツ大会を題材にしたものです。私も知らなかったものがありますので、これはちょっと欲しいかなと思いました。発行日は2021年5月20日付です。

・東京2020オリンピック(延期)
・チェスオリンピアード2020(延期)
・ウィンブルドンテニス2020(中止)
・北極冬季競技大会2020(中止)
・アフリカ・ネーションズカップ2020(延期)
・アーチェリー・ワールドカップ2020(中止)

 

 

 

| | Comments (0)

January 24, 2022

中国郵政の消毒シール

2022012304_20220124214801

 通信各社が伝えているように、中国郵政は2022年1月17日から外国から届いた郵便物に対して消毒を開始しました。郵便物にオミクロン株が付着している可能性があるからという噴飯ものの理由ではありますが、それでも上が命じれば下の者は従わざるを得ない共産圏。世界保健機関 (WHO) や米疾病対策センター (CDC) も冷ややかに傍観しているもよう。
 それがなんという偶然でしょうか、迷子になって中国に誤送された私宛の郵便物に消毒シールが貼られて届きました。サイズは縦68ミリ×横44ミリです。このためだけに有料の翻訳アプリまで買っちゃったよ(笑)。

2022012305_20220124214801

 昨年の11月24日に発送されているのにいったいどこを彷徨っていたのかと思っていましたら中国に行っていました。アメリカでは引受時のバーコード印字はあるものの完全な消印もれ。誤送を意味する”MISSENT TO CHINA”の表示もなし。おまけに床面で擦れたような黒汚れが表面のあちこちに付いています。まったくなんてこったい!。
 幸い、留置にしていたので1月21日の到着印が押されています。それから逆算すると極初期の17あるいは18日に消毒処理されたものと思います。なお、どのような消毒方法なのか現時点では不明です。
2022012406

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レア苗字 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣ダイアリー 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県