暮らしと郵便

April 10, 2018

お届け通知廃止の代替手段

2018041001

 郵便局のふるさと小包をはじめとするカタログ商品の配達状況を確認することができる検索サイトが昨日4月9日(月)より本格稼働開始したとお知らせいただきました。上はその検索画面のスクリーンショットです。カタログ申込書番号または頒布会会員番号を入力することで、現在の状況やゆうパックお問い合わせ番号などが確認できます。私もさっそく検索してみました。すぐに一覧表が表示されるものの、順番がランダムで正直なところたいへんわかりにくいです。これは近いうちに改善されることを期待したいと思います。

配送状況の検索(郵便局でお申込みのお客さま用)

■参照記事:郵便局のふるさと頒布会「お届け済み通知」サービス終了のお知らせ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2018

ふだん手紙を書かない人が年賀状を出すわけがありません

2018031301

 この当たり前のことを忘れがちです。むしろ意識的に目をそらしている風さえ感じられます。

 「日本郵便は物流会社として生まれ変わる。個人客は相手にできないし、しない。」という経営判断があるとしたらそれもまた良いでしょう。ただし、年賀状での収益はすっぱり諦めるべきです。そこを割り切れないことこそが問題なのです。矛盾したことで悩んでも解決策は出ませんし無意味です。
 ですから、今すぐ効果が出ないものではあっても、お手紙教室、絵手紙、文通そしてもちろん郵趣も含めて、子供だけではなく大人の個人が主体となる多角的な郵便振興施策を講じない限り年賀状の復権はありえません。

 手紙文化の継承と発展で見落としている大きな問題があります。手紙を書き送るという行為自体はたいへん非効率なものです。非効率な行動様式を生活の中に組み込むこととはつまり、今もっとも注目を集めているライフ・ワーク・バランスのことであり、働き方改革そのものであることを認識する必要があります。一体どういうことかわかりますか?
 私のように、かつて毎月の残業が100時間を超え、給料袋が立っていたバブル経済時代を経験した人ならピンと来るはずです。仕事に追われているような生活では当然効率優先になり、手紙ではなくSNS、電子メール、LINE、電話になるのは必然です。まずライフスタイルに対する意識から変えていく必要があることを見落としてはいませんか。

 一日の終わりに誰かに向けてはがき一枚でいいから手紙を書きましょう。毎日欠かさず、そして仕事のことはできるだけ触れない。それを半年、一年と続けているうちに少しずつ考えが変わってきます。送る相手がいなければ自分宛に書き送ればいいのです。働き方改革とは、単に制度や賃金のことではありません。生きていく自分なりの価値観の発見です。仕事人間で定年退職後は何もすることがない、そんな人生がお望みの方に郵便文化は不要です。

 手紙を書く習慣があると思考が深まり考え方も変わってきます。手紙を通して効率では得られない価値感、幸福感を知ることができます。非効率だけれども意味あるもの、その代表が年賀状だとようやく知るのです。ふだん手紙を書かない人が年賀状を出すわけがないのです。

手紙を書こう!プロジェクト


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2018

ボトルメール(瓶入り手紙)

2018030801

 オーストラリア西部の海岸で132年前に海に投げ込まれた”瓶入りの手紙”が見つかったと地元の博物館が発表し、世界最古の瓶入りの手紙としてマスコミ各社が報じています。手紙の記述から差し出しは1886年(明19)6月12日だとのこと。ドイツの帆船が海流調査のために海に投じられたものということまで判明したそうです。

 海流調査目的の瓶入り手紙は私も一通所持しています。天塩・鬼鹿郵便局、昭和12年(1937)10月16日の消印が押されたこのはがき、朝鮮総督府水産試験場が、やはり海流調査のために流したものです。現在の北海道留萌市の海岸に漂着したものです。これの兄弟使用例がまとまって郵趣市場に持ち込まれていましたので、同じものを所持しておられる方もいらっしゃることと思います。

 ボトルがガラス瓶であろうとプラスチックであろうと、海洋投函は環境汚染になると言われるでしょうから、公共団体・組織による実行は不可能だと思います。しかし、あくまでも個人がやる分には大きな社会問題にはならないでしょう。郵趣活動でこれからも全国各地に参りますし、訪問した先々で密かにボトルメールを仕込んで流してみようかなと・・・もちろん独り言です(笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2018

郵便局のふるさと頒布会「お届け済み通知」サービス終了のお知らせ

2018030201

 やっと来たかと思いながらまじまじと読みました。先月末でゆうパックの配達済通知はがきが33年もの長い歴史に幕を閉じることがプレスリリースされた直後から加入している中国ふるさと会はどうなるんだろうと思っていました。

 各支社さん単位で行われているふるさと産品の頒布会はコストパフォーマンスが良く、加入すると郵便局さんも喜んでくださるので、毎年欠かさず申し込んでいます。これの優れている点は、受取人を自分以外に指定することが可能なのでギフトにも使える点です。自分はおおむね隔月にギフト利用しています。

 ただし大きな問題があります。自らが差し出しているわけではないのでゆうパックのお問い合わせ番号がわかりません。自分宛なら頒布品が届いたかどうかで確認ができます。しかし、ギフト利用の場合はそれすらできません。その点をどのようにリカバリーされるのか、フリーダイヤルに電話して聞きましたが、担当者も「インターネットでお問い合わせ番号を検索できます」と平然と言うのです。だからね、その番号がわからないでしょ、どうすんの?って話ですよ。その時は担当者さんもよく理解していなかったようです。
 そして今日3月2日にこのはがきが届きました。ゆうパックを利用したあらゆる頒布会の類は、このたびのサービス変更の影響を受けています。

 このお知らせはがき、切手が貼ってないからと軽視せず、配達日を記して大切に保存してください。サービス変更を示すれっきとした郵便資料です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2018

余寒見舞はがき、リカバリーでアップグレードしましょう

2018030101

2018030102 昨日、余寒見舞はがきを投函しました。確認用に自分宛にも送っておいたところ、何通かは料額印面が消印もれでした。すぐに配達担当の小郡郵便局に出向き、消印もれ消印(抹消印)でリカバリーして完成させました。

 消印もれ消印の図を書いたメモを添え、オリンピックの記念にしたいのでと情にも訴えかけて(笑)無事に出来上がりました。

 地域区分郵便局の山口郵便局の手押印と各配達局の消印もれ消印という組み合わせは一興かと思います。運悪く消印もれで届いた方は逆にこの方法でアップグレードなさってください。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 20, 2018

郵便局で荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」の実証試行

 羽生結弦選手のフレーム切手に衆目が集まっているさなか、さりげなく昨日プレスリリースされました。明日21日から5局で、3月1日からは26局で実証試行されます。
 ecbo cloakさんで事前予約・決済したうえで郵便局まで荷物を持ち込む仕組み。預り証のようなものを交付されるのであればそれを写真に撮り、なければ事前予約・決済のモニター画面をスクリーンショットしてセブンイレブンさんではがきプリントしてオリジナル記念カードが作れますね。当該地区にお住まいで興味のある方はぜひお試しを。さしあたって9月末までの試行ですのでご注意ください。

2018022001

2018022002


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2018

「郵便局サンタ47」湯野郵便局さんの実践レポート

 昨今は郵便事業以外にもさまざまな施策を積極的に講じられている日本郵便さん。プレスリリースを読みましたら山口県内では周南市の湯野郵便局と、下関市の長府郵便局が参加と知りました。幸いにも湯野郵便局の山本局長さんとは面識がありますのですぐに取材の申し込みをしました。会場となった菊川保育園さまにもお許しをいただきました。
2018020202

 クリスマス会に先立つ2017年12月12日(火)、山本局長さんじきじきに同園でサンタさんへのお手紙教室を開催されました。掲示板にはそのサンタさんからのご返事がしっかり飾ってありました。
 そして本番の20日(水)午前11時、2階に上がりましたら既に大盛り上がりで圧倒されました。山本局長はその巨躯を生かして堂々たるサンタクロース姿。一組20人くらいでしょうか、組ごとに園児たちに取り囲まれて記念撮影に応じておられました。それがとっかえひっかえで3組くらいでしたから園児さんは総勢で60人はいたと思います。
 まずお手紙教室を開催し、そのご返事をプレゼントともに配達しにくるサンタさん。これで園児さんたちが喜ばないわけがありません。たいへん良い企画だったと思います。
2018020203

2018020204

 撮影を終えてすぐ近くのセブンイレブンではがきプリント。それにこれまたすぐ近所の徳山菊川郵便局で記念押印し、記念のマキシマムカードを作成しました。ちょうどそこに山本局長さんご一行様が入ってこられましたのでその場で直筆サインを入れていただきました。

 山本局長さん、おつかれさまでした!。

(追伸)
トナカイのお姉さんが可愛かったです(笑)

2018020205

[お断り]
 本件は公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部として直接訪問取材を行いました。支部会報の編集スケジュールの都合から、同支部長と調整のうえ、筆者個人の郵趣ブログ”HYPER Philatelist”に先行掲載になったものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2018

2017年暮、ゆうパック大遅配

2018011801

 2017年10月1日にヤマト運輸さんが、同11月21日には佐川急便さんが宅配便の料金値上げに踏み切りました。そのため、年末期に大量の荷物が郵便局のゆうパックに流れ込みました。東京など都会部で5割増、地方都市の博多でも3割増だったと聞いています。その痕跡を示す実逓郵便物のご寄贈をいただきました。

2018011802

 栃木県那須塩原市から京都市に送られたゆうパック送票を含むカットです。泉郵便局を12月28日差し出しで翌29日に無事に配達はされたものの、惜しくも午前中の配達には間に合いませんでした。検索結果では14:01の配達となっています。その際に京都中央郵便局輸送ゆうパック部さんのお詫び付箋が貼られていました。このお詫び付箋こそが重要です。
 配達後に99.999パーセントまでが包装紙とともに破り捨てられてしまうものです。しかし、今ならまだ入手可能かもしれません。健闘を祈ります。

2018011803

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2018

詐欺メール受信記録カード

2018011601

 午前中の勤務先の健康診断を終え、昼食のために外に出ていた12時51分に受信しました。このアマゾンうんぬんはネットでも取り上げられている有名な詐欺メールのようです。しかし、日本に税金を払ってないというのが気に入らなくて、そもそも私はアマゾンを一切利用していません。残念でした!。
 だいたい郵趣家相手に電子メールって何だよ。そこはそれ、郵便で送って来んかい。切手貼ってあって消印もバッチリなら「詐欺郵便コレクション」に加えてあげたのに。気の利かない悪党だ(笑)
 それでも、せっかくなので近くのセブンイレブンさんに飛び込んではがきプリントしました。さらに最寄りの郵便局に行って記念押印してオリジナルのマキシマムカードに仕立てました。イベント関連のいわゆる”記念”カードの類ですが、さすがに記念はないだろうと思い、表題のように「詐欺メール受信”記録”カード」と名付けました。
(山口・大内 30.1.16 12-18)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2018

自然災害と郵便

 来たる1月20日(土)に開催されるWe Love Kitte in KOBEに8リーフ作品を展示します。ご当地ゆえに阪神淡路大震災を軸に、郵便に見る災害の痕跡と記録を郵便資料等を使って表現したものです(図版はその一部です)。

 災害用郵便の中でも、規定はあるけれど実際の使用例が極めて少ない速達便が第1リーフ。生々しい被害状況を伝える手紙文をはじめ、復興の歩みと他地域の災害もご紹介します。具体的には新潟県中越地震(H16)、東日本大震災(H23)、口永良部島噴火(H27)、熊本地震(H28)、平成27年台風13号(被害を受けて曲がってしまった台湾の”萌えポスト”)などご覧いただきます。


 イベント当日のみの限定公開となります。どうぞご参加&ご覧ください。

第3回We Love Kitte in KOBE(公式facebookページ)
 実は第1回の時から裏方で協力していました。第3回にして初めて参加し、なおかつ作品展示をします。郵趣用名刺を箱ごと持参しますので名刺交換をどうぞよろしくお願いいたします。

2018011301

2018011302

2018011305


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県