暮らしと郵便

November 09, 2017

余寒見舞いって何?

2017110801

 福岡の小島純二さんに教えていただきました。56年間生きてて一度も聞いたことも見たこともないモノです。さっそくググりましたらわんさか出てきました。松の内が明ける1月8日から立春(2月4日頃)までに届くように送るのが寒中見舞い。さらにその後、立春(2月4日頃)を過ぎてから2月末までに送るのが余寒見舞いだとか。何これ?????。
 2月になれば寒い日はもうそんなにはない当地山口県以南ではたしかに馴染みのない習慣です。雪の多い地方独特のものかと類推。facebook上でお尋ねしてみましたら新潟県では昔から当たり前のようにある、しかし、宮城県にはない・・・とかなり地域偏差があるように思われました。とはいえ、恵方巻やお盆玉など、一地域の習慣がビジネス要因もあって拡大誘導されることはもはや珍しいことではなくなりました。余寒見舞いもこの際しっかり”郵趣品化”しようと思います。
 5月に父が亡くなったので私個人は喪中です。年賀状は欠礼し(もともと賀詞交換を辞退させていただいていますが)、喪中はがきだけ11月中に差し立てます。これに余寒見舞いはがきを加えようと考えたわけです。
 年賀はがきの余寒見舞い流用は失礼にあたると書いてあるホームページもありました。お年玉抽選会が終わった後に、ハズレ番号で送るのはいかがなものかというのがその理由です。果たしてそうでしょうか?。昔と違って今はほとんど当たらなくなりましたし、そこまで気にする方がせこくないですか?。むしろ12/15~1/7の年賀取扱期間以外の10円加貼時期の使用例として最適だと考えます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2017

郵便局のネットショップ開店初日に注文してみた

2017102303

 これまでの「切手SHOP」が終了し、10月17日(火)から切手以外の各種グッズ類も取り扱う「郵便局のネットショップ」にリニューアルされました。日本国内ではいろいろ意見があるようですが、世界各国の郵政オンラインショップでは切手以外の各種グッズが買えるのが当たり前。私は大歓迎です。それでリニューアルオープン初日にご祝儀でスマートレター20冊パックを注文しました。

 気がついたところでは送票に黒で塗りつぶした箇所がありました(赤矢印部分)。陽にかざすと「注文番号YPYK600066」と読めます。注文控書を見返しましても注文番号というのはどこにもありません。類似のものとしてはオーダーIDや商品番号があるだけです。つまり、通販事務処理用の内部管理番号のようです。それを検品が済んだ意味を兼ねて人の手で逐一塗りつぶしているようでもあります。もしその推論が当たっていれば、近い将来何らかの改変がなされるかもしれません。物好きさんはぜひ開店最初期のうちに注文されて送票をGETされてはいかがでしょうか?
(到着印が押されるので最寄りの郵便局での留置をお勧めします)

・17日(火) 注文
・19日(木) 土浦郵便局から発送
・20日(金) 山口郵便局→防府郵便局→鋳銭司郵便局
      (同日に鋳銭司局に到着した旨の電子メールあり)
・23日(月) 鋳銭司局に出向いて受け取り

2017102304

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2017

選挙はがき届きました

2017102001

 比例区の選挙はがきは有料なので62円切手を貼った私製はがきも公職選挙法に沿ったものです。選挙印の日付は差し出した日ではなく公示日と定められているので10月10日になっています。その結果、11日に発行された身近な動物シリーズ第4集を使えば、発行前日の消印が合法的に存在することを実際に証明した1枚になりました。なお、今回の差し出し期限は18日だったそうです。
 なお、有料の場合は他にも私製はがき+料金別納印、官製はがきを使ったものなども考えられます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2017

保険料納付済等期間の短縮

2017101102 無年金問題解決の方策のひとつとして保険料納付済等期間が25年から10年に短縮されました。

 真面目に払い続けてとっくに満額受給資格を得ている自分は、個人的には無年金者などほっとけばいいと思うのですが・・・それはさておき、図のような通知郵便が今年2~7月の間に該当者に郵送されています。行政郵便物としてはこれもまた重要なアイテムです。個人情報が含まれているので信書に該当することから日本郵便以外の送付手段はありえません。それだけに入手したいものです。中身までとは言いません。せめてガワの黄色封筒だけでも入手したいものです。
 無年金者だとバレるのが恥ずかしいからと、これも呼びかけても提供者が現れるのは期待できそうにないですね。困ったなあ、身内にも該当者はいませんし・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2017

Shall we Lotte No.37

2017091601

 ご縁があってロッテの季刊広報誌Shall we Lotteをご恵送いただいています。年4回楽しく拝見しているのは郵便学者の内藤陽介さんの連載記事が楽しみだからです。そして、さらにそれだけの理由でもありません。ガーナのCMキャラクターを務める土屋太鳳さん、広瀬すずさん、松井愛莉さん推しだからなのはもちろんのこと、郵送ではなくヤマト運輸で運ばれているからです。時代の変化を物証として残していくために、郵便以外も収集対象にしています。
 内藤さんの記事の裏面に宛名ラベルを切り出してヒンジで仮止めします。その脇に配達された日付を書き込んだ上で郵趣ダイアリーにファイリングします。パソコンの郵趣ダイアリーデータベースにもインプットすればこれで資料化完了です。

 家に届く各種DMなどもたいてい残しています。封筒のままだと大きすぎることもあるでしょう。内容物の表紙だけを切り出します。これに宛名ラベルを仮止めし配達日付のメモ書きを加えれば様になります。例としてその写真合成図を作ってみました。
 日本郵便さんも今はもう官ではなくなりましたけれど、日本郵便だけしか収集対象にしないというのは官尊民卑の思想だと思うのです。どうでしょうか。

2017091602

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2017

山口郵便局(地域区分郵便局)見学会

2017090701

 公益財団法人日本郵趣協会認定支部の防府支部と周南支部の合同で見学会を申請しておりましたところ、お許しが出まして2017年(平29)9月7日(木)の14:00-15:00に伺ってきました。日本郵便関係者以外では我々が初めてだということでした。

[概 要]
 竣工は2016年(平28)12月12日(月)。パンフレット表紙から転載の上写真はその頃のもので、法面もまだ植栽が芽吹いていません。なお、著作権の関係があるため、本編の図版はこれのみです。
 開局は2017年(平29)1月30日(月)。開局時は約250人、今は270人が働いています。交代制なので常時局舎内にいるのは100人ほど。郵便を扱う工場なので従業員は全員ヘルメットに安全靴着用です。
 もともと山口県には郵便番号74地域の地域区分局の徳山、75地域の下関の2局がありました。そのふたつを統合したのがこの山口郵便局。実際に効率化になっているかどうかはただいま実績を集計中だそうです。

[消 印]
 記念押印は一切お許しいただけませんでしたが消印の種類はお教えいただきました。和文印(金属印・シャチハタ印)、和文ローラー印、欧文印、和文機械印(N6)そして抹消印(消印モレ消印)もあるそうです。和文印、和文ローラー印が各3本程度。ただし、欧文ローラー印の配備はありません。
 特に欧文印はD欄に郵便区番号の759が入っている。入っていないのは従来からある山口中央郵便局の欧文印。つまり静岡郵便局・静岡中央郵便局のそれとは識別パターンが逆。
 その時々、持ち場によって区分と押印をパラレルに行なっているため、IJPとN6の厳密な使い分けは特にないそうです。どちらが押されるかはたまたま、偶然の結果だということです。

[年賀郵便対策]
 山口県内に配備されていた区分機7台が1階の片隅に移設されていました。これは年賀郵便の大量処理のためで、現状は設置したのみで調整はこれからだそうです。
 ただし、どの局から持ってきたのかについては、この場ではすぐにはわからないとのことでした。かつて和欧文機械印を使っていた防府局や徳山局などの中古機だそうです。
 今のところ区分機としてのみ使用予定。52円切手を貼った私製はがきの年賀状には消印が必要ですが、どのようにするかは未定だそうです。
 もし、山口郵便局では消印をしないということになると、各集配局が昔ながらに年賀印を手押しする可能性が出てきました。機械年賀印をしようにも機械自体が撤去されていますので手押しするしかないからです。

 郵趣的に注目すべき要点は以上の通りです。
 これ以上の詳細は個別にご説明しますのでfacebookメンバーの方はメッセージを送ってください。未加入の方はfacebookのアカウントを取っていただき、私の名前”椙山哲太郎”で検索のうえメッセージを送ってください。詳しくはその後にお知らせいたします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2017

備えよ常に

2017090601

 来たる9月9日(土)、東京目白の切手の博物館で開催される押印講習会に参加します。押印に関する技能を基本からきちんと学び直そうというキャラに似合わぬ殊勝なことを考えてのことです。翌日は郵政博物館を見学して新幹線で戻ります・・・の予定です。

 しかし、ネットニュースで噂されているように9月9日に米朝開戦となれば、状況によっては中止もやむなしです。その時は手配済みのこれらチケット類、その明細書等々一式がお宝になる可能性もあります。いつ何時そのような事態になっても記念押印・引受消印ができるように封筒、はがき用紙、切手、糊等を常に携帯しておきます。

 備えよ常に

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2017

返信依頼郵便の最初期使用例

2017081301

 先日の防府切手のつどい2017夏で青山スタンプさんから譲っていただきました。7月1日から来年6月末までの一年間の期間限定試行で始まった返信依頼郵便の実逓初期使用例です。
 報道発表を見た時は具体的なイメージがわかりませんでした。しかし、こうして現物を手にしますとまさしく百聞は一見にしかず、保険会社さん(アフラック)の契約内容確認のための新制度だということが瞬時に理解できました。どてっ腹の四角い余白は返信用はがきを剥ぎ取った跡です。ほぼ完成された仕様ですので、これは一年くらい前から着々と準備されていましたね。
 いつものように検索結果(追跡記録)もプリントアウトして一緒に保存します。切手や消印がなくともこれで取扱郵便局とその日時がわかりますから大事です。新東京郵便局に7月13日17:30に持ち込まれ15日に呉郵便局が配達。不在のため持ち帰りになり、呉吉浦局での受取を希望されたので青山さんご自身が出向いて受け取られたのが21日の12:52。間違いなく制度導入開始月の極初期使用例です。

2017081302


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2017

わずかボックスティッシュ2個ぶんほどの個人情報かな

20170807001

 タウンメールも関心を持って集めていると面白いものに遭遇します。図は地元のセルフガソリンスタンドからのものですが、普通の人はもちろんのこと、郵趣家もろくに目も通さずに捨てているでしょう。ですがよく読むとトンデモな内容が・・・

 正規の手続きを経て入手した個人情報は決して法律違反ではないことを確認しています。これで車検や自動車保険の営業資料にしようとの目的らしいことは察しがつきます。
 私の個人情報なんぞ大した価値はありません。がしかし、いくらなんでも車検証情報、自動車保険証券情報をボックスティッシュ2個と交換というのは高級な冗談でしょうか?。まさかティッシュペーパーと交換するような低レベルとは思いませんでした。私の個人情報は古新聞の束と変わらない???(笑)

 案内地図もよく見ると”四辻駅”(よつつじえき)が”西辻駅”と誤字しています。ちゃんと校正していないことも明らか。どうなんでしょうね、このザツな仕事ぶりは。申し訳ないけれど・・・・・給油はちょっと遠慮させてもらいます。

20170807002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2017

竹島簡易郵便局のポスト型はがき

2017080501

 地元、山口陶簡易郵便局の実例で簡易郵便局のポスト型はがきが少ないことはすでにご紹介しました。また、7月10日(月)オープンの竹島簡易郵便局についても有人国境離島法との関係から記事にしています。その竹島簡易郵便局さんでもポスト型はがきをご用意されたとの報を聞き、さっそく注文しました。
 興味のある方はぜひご注文ください。品代185円に記念押印をご希望であればその分の切手代を加算してください。定額小為替もしくは普通為替で送金、おつりは切手代用で。返信用封筒もお忘れなく。
 なお、注文時には住所氏名のほかに必ず電話番号もお書き添えください。万一の際の連絡先になります。

参照:珍しい簡易郵便局のポスト型はがき
   竹島簡易郵便局オープン


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県