暮らしと郵便

July 16, 2018

手ぶら観光サービスの「配送」利用を

2018071601

 日本郵政さんの「株主通信」(20170401〜20180331)より抜粋しました。20171201から京都中央郵便局で始まった「手ぶら観光サービス」のうち、特に「配送」サービスを支援しましょう。

 業界紙の通信文化新報の6月18日配信号によると、サービス開始半年の実績は一時預かりは1日平均10個(土日は40〜50個)の利用があるものの、宿泊先への配送サービスの利用はほとんどない、と厳しい指摘が記されています。料金設定や配送先の少なさ等、苦戦を強いられている要因はありますが、予期せぬ不運も重なったようです。それは20180219の京都郵便局(地域区分郵便局)の開局です。これにより、京都中央郵便局から各配達局への直行便がなくなってしまいました。このままでは配送サービスのみ中止になってしまいます。ここでコケたら全国展開が阻まれてしまいかねません。

 折しもゆうパック自体の制度改革とそれに伴う送票の仕様変更が進んでいます。時期によっては将来レアアイテムになる事例も考えられます。郵趣家はこういう時こそ協力しなくてはいけません。京都旅行に行かれる際はぜひ京都中央郵便局の手ぶら観光サービスの「配送」をご利用ください。その送票は捨てずに大事に残してください。

参照:京都中央郵便局で手ぶら観光サービス始まる


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2018

郵便番号制度50年

2018070101

 郵趣誌やサイトで既にさまざま特集が組まれているように、今日7月1日(日)で日本の郵便番号制度が50年を迎えます。高度経済成長を背景に激増する郵便物をいかにして効率的に捌くか、その解決策の大きな柱でした。導入まで3ヶ月を切った昭和43年の切手趣味週間では、郵便番号宣伝のマッチまで配られ、それをカシェがわりに貼り付けた初日カバーをご覧いただきます。すっかり時代が変わってしまいました。
 折しも郵政博物館ではこの週末の土日に「郵便番号導入50周年展」を開催中です。本日7月1日の17:30までですので、都心の方なら今からでも間に合います。記念小型印も使われています。ぜひ足をお運びください。

郵便番号導入50周年展

2018070102 郵便番号制度は急に始まったわけではありません。その前段階として、配達局名記載の勧奨運動というのがありました。古くは明治時代からあったのですが、当時は全くと言ってよいほど普及しませんでした。本格的な運動が展開されたのは戦後、昭和24年12月頃からです。
 例えば私の住所も、地理に疎い県外の方が一見すると山口中央郵便局の管内かと思われるでしょうが、実際は小郡郵便局です。お隣の山口市鋳銭司の一部地域はなんと防府郵便局が担当されています。このように行政区分と郵便区分とが必ずしも一致しない例は少なくないため、できるだけ配達局名を書いてくださいという運動です。
 図のように一部の郵便局は「〇〇局区内」のハンコを用意し、窓口販売時にお客さんの了解を得てはがきに押して渡すようにしていました。自営業や小売店の中には自前でこのハンコを作って使ってもいたようです。図のはがきには岩国局の昭24.4.8の消印が押されています。

 さらに1999年(平11)、鹿児島在住の郵趣家Yさんが「郵便配達局名便覧」という小冊子を鹿児島県立図書館で発見されました。配達局名記載勧奨運動最初期にあたる昭24.3.15付です。発行元は鹿児島郵便局で、その掲載範囲は鹿児島県内のみ。今でも鹿児島県民は鹿児島だけが日本かのような生活・経済観(=国家観)を持っていますので、昭和24年ならばこれだけで十分だったであろうことは容易に想像できます。郵便番号制度50年に合わせてほぼ全ページをご覧いただきます。

2018070103

2018070104

2018070105

2018070106

[余談追記]
 五十銭稲束はがきに第1次新昭和一円五十銭錦帯橋切手を加貼した図版のはがき、錦帯橋切手のご当地消印でもあるわけですが、裏面を見るとさらに興味深い通信であったことがわかります。戦後の配給制度がまだ残存していた時期のもので、これには麦酒(ビール)を男女一人に対して一本の家庭用配給があるとの予告通知です。4月15,16日の両日に岩国税務署に予約券を提出しに来るようにとの内容です。ところがビールの配給はこの直後に廃止され、昭和24年5月6日から自由販売になりました。なので、このはがきはおそらく配給最後のものであろうと推測されます。

 1枚100円の使用済はがきでこんなに楽しめるのですから郵趣とは本当に素晴らしい趣味だと思います。

2018070107


[7月2日追記]
 そしてこれが郵便番号制度導入2日目、昭和43年7月2日の郵便番号記入使用例です。印刷済の社用封筒がまだたくさん在庫されていたのでしょう、宛先も差出も郵便番号記入枠がありません。そこに手書きで書き込んでいます。消印は長野駅前 43.7.2 前8-12 → 京橋 43.7.3 8-12。

2018070201


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2018

はがきの魅力

2018052803

 郵趣6月号が届きました。毎度のことながら公益財団法人日本郵趣協会の名誉会員、魚木五夫大先生の連載記事「魚木式郵趣」は唸らされます。収集歴が半世紀にも達していない自分のような若輩者では、大先生の経験値の深さにはとても及びません。

 今回は「はがきの魅力」と題した一文で、要ははがきは、”郵便で送られたすべての情報が確認できる。つまり郵便物が、いつ、誰から、誰に対して、どのような目的と内容で、送られたのかを知ることができる。(本文ママ)”という完全性について具体例をお示しくださっています。普通の郵趣家は切手と消印にしか目を向けませんが、郵趣の持つ学術的な意味を極めるにはそれ以外のすべての情報を理解する必要があります。はがきは、その点で最も優れたものであることがよくわかります。

 鹿児島県串木野市(現いちき串木野市)の島平(しまびら)から船に乗って甑島(こしきじま)に渡ったことが記されています。里村(さとむら)、藺牟田(いむた)、手打(てうち)と、島の地区名表記から移動経路が見て取れます。串木野では、はがきの出された大正13年当時にはすでに今に続くマグロはえ縄漁が興っていますけれど、この時の調査はそれではなく珊瑚漁と珊瑚船の港湾設備視察だったようです。
 とはいえ、7月の東シナ海ですのでがっつり時化ていたようです。今でも同海が穏やかなのは5月のゴールデンウィークくらいまでのことで、以後は温帯性低気圧、台風の影響で荒れるのは常識。串木野港が整備される前の時代、島平港から出立したのであれば小さな漁船をチャーターでもされたのでしょう。本物の漁師さんでなければ船酔いで渡海もままならなかったことと思います。そもそもが7月なんて時期が悪すぎました。

 魚木大先生は、貼られている震災切手の東京印刷1銭5厘の希少性について論をまとめておられます。ですが、私は串木野と甑島のことについて便乗して書いてみました。なぜなら私自身が30代の頃に串木野市島平に住んでいたからです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

防府市長選挙が終わりました

2018052801 2年前に防府市を離れて山口市の実家に戻りましたので、おとなしく市長選挙を眺めていました。昨日27日(日)が投票日で即日開票の結果、松浦正人前市長が推した村田太候補は落選。市政の刷新を訴えた池田豊候補が当選しました。ともに市職員出身で傍目には争点がわかりにくかった面もありましたけれど、市民の選択は納得できるものでしたね。

 新年早々、前市長が配布したカレンダーに後継指名された村田さんの名前があったことで、公職選挙法に抵触するのではないかと報じたマスコミもありました。毎年恒例のことで特段の違法性はない、それはその通りなんでしょうが、そういうことじゃないんだよなあ〜・・・という小さな違和感から資料を集め始めました。
 郵趣家ですから郵便に関するものがあれば抜かりません。後援会のお宅に配られた料金受取人払郵便はがきを含む文書一式です。ここでも後継指名のくだりが記されています。

 選挙も終わりましたので、あとは両陣営の選挙はがきを入手すれば仕上がりです。後世に伝える郵便資料としたいと思いますので、お持ちの方がいらっしゃいましたらぜひご寄贈ください。よろしくお願いいたします。

2018052802

左)後継者支持呼びかけのカレンダー問題をとりあげたネットニュースのプリント。右)後援者のお宅に配られた活動報告書「青眼」62号。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2018

メール便も収集対象です

2018042901

 2015(平27)年3月31日で廃止されたクロネコメール便ですが、その後はビジネスユーザーを対象にしたクロネコDM便が登場しました。私は日本郵便もその他の運送各社のメール便も区別せず集めています。その際、美術展の案内はがき(フライヤー)はたいへん重宝します。

 画家の斎藤吾朗先生から託された各種郵送物を現在進行形で整理しているところです。とりわけ美術展の案内はがきは、アドレス以外は個人情報はほぼ皆無です。しかも会期と場所が明記してあるので、いつどこで使われたかもはっきりわかります。さらに絵柄面は作家さんの作品がプリントされていることが多いので見た目にも美しい。さらにさらに、時には作家さんの直筆文もあったりするので郵便史を超えて美術史にも及ぶ高い資料性が認められます。私も単なる趣味の域を超えた使命感を持って取り組んでいます。

 各社メール便を丹念に見ていますと、集荷こそ運送会社ですが実際の配送は日本郵便という事例が少なくないことに気づきます。日本郵便関係者の方なら既知の事ですけれど郵趣家は案外知らないと思います。コスト的に合わない荷物は日本郵便にお願いするという、運送会社さんならではの巧みな戦略があります。そうです、同じ運輸企業ということでけっこう仲良いんですよ(笑)。そのことが日本郵便さんの経営を圧迫しているのではないかという指摘もありますが、そこは当事者どうしで話し合ってください。消費者には関係のない話です。

 ただし、郵趣家としては当然ながらたいへん興味があります。西濃運輸さん、佐川急便さんが集荷し、日本郵便さんに配達を託した実逓カバーをご覧いただきます。画廊や美術館差出の展覧会案内なので発地も日付もわかるという利点がここでも発揮されています。日本郵便と同業他社とのコンビネーション、これをいわゆる郵趣の範囲から除外するのは面白くないと私はそのように考えています。

2018042902

参照:さようならクロネコメール便


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2018

お届け通知廃止の代替手段

2018041001

 郵便局のふるさと小包をはじめとするカタログ商品の配達状況を確認することができる検索サイトが昨日4月9日(月)より本格稼働開始したとお知らせいただきました。上はその検索画面のスクリーンショットです。カタログ申込書番号または頒布会会員番号を入力することで、現在の状況やゆうパックお問い合わせ番号などが確認できます。私もさっそく検索してみました。すぐに一覧表が表示されるものの、順番がランダムで正直なところたいへんわかりにくいです。これは近いうちに改善されることを期待したいと思います。

配送状況の検索(郵便局でお申込みのお客さま用)

■参照記事:郵便局のふるさと頒布会「お届け済み通知」サービス終了のお知らせ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2018

ふだん手紙を書かない人が年賀状を出すわけがありません

2018031301

 この当たり前のことを忘れがちです。むしろ意識的に目をそらしている風さえ感じられます。

 「日本郵便は物流会社として生まれ変わる。個人客は相手にできないし、しない。」という経営判断があるとしたらそれもまた良いでしょう。ただし、年賀状での収益はすっぱり諦めるべきです。そこを割り切れないことこそが問題なのです。矛盾したことで悩んでも解決策は出ませんし無意味です。
 ですから、今すぐ効果が出ないものではあっても、お手紙教室、絵手紙、文通そしてもちろん郵趣も含めて、子供だけではなく大人の個人が主体となる多角的な郵便振興施策を講じない限り年賀状の復権はありえません。

 手紙文化の継承と発展で見落としている大きな問題があります。手紙を書き送るという行為自体はたいへん非効率なものです。非効率な行動様式を生活の中に組み込むこととはつまり、今もっとも注目を集めているライフ・ワーク・バランスのことであり、働き方改革そのものであることを認識する必要があります。一体どういうことかわかりますか?
 私のように、かつて毎月の残業が100時間を超え、給料袋が立っていたバブル経済時代を経験した人ならピンと来るはずです。仕事に追われているような生活では当然効率優先になり、手紙ではなくSNS、電子メール、LINE、電話になるのは必然です。まずライフスタイルに対する意識から変えていく必要があることを見落としてはいませんか。

 一日の終わりに誰かに向けてはがき一枚でいいから手紙を書きましょう。毎日欠かさず、そして仕事のことはできるだけ触れない。それを半年、一年と続けているうちに少しずつ考えが変わってきます。送る相手がいなければ自分宛に書き送ればいいのです。働き方改革とは、単に制度や賃金のことではありません。生きていく自分なりの価値観の発見です。仕事人間で定年退職後は何もすることがない、そんな人生がお望みの方に郵便文化は不要です。

 手紙を書く習慣があると思考が深まり考え方も変わってきます。手紙を通して効率では得られない価値感、幸福感を知ることができます。非効率だけれども意味あるもの、その代表が年賀状だとようやく知るのです。ふだん手紙を書かない人が年賀状を出すわけがないのです。

手紙を書こう!プロジェクト


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2018

ボトルメール(瓶入り手紙)

2018030801

 オーストラリア西部の海岸で132年前に海に投げ込まれた”瓶入りの手紙”が見つかったと地元の博物館が発表し、世界最古の瓶入りの手紙としてマスコミ各社が報じています。手紙の記述から差し出しは1886年(明19)6月12日だとのこと。ドイツの帆船が海流調査のために海に投じられたものということまで判明したそうです。

 海流調査目的の瓶入り手紙は私も一通所持しています。天塩・鬼鹿郵便局、昭和12年(1937)10月16日の消印が押されたこのはがき、朝鮮総督府水産試験場が、やはり海流調査のために流したものです。現在の北海道留萌市の海岸に漂着したものです。これの兄弟使用例がまとまって郵趣市場に持ち込まれていましたので、同じものを所持しておられる方もいらっしゃることと思います。

 ボトルがガラス瓶であろうとプラスチックであろうと、海洋投函は環境汚染になると言われるでしょうから、公共団体・組織による実行は不可能だと思います。しかし、あくまでも個人がやる分には大きな社会問題にはならないでしょう。郵趣活動でこれからも全国各地に参りますし、訪問した先々で密かにボトルメールを仕込んで流してみようかなと・・・もちろん独り言です(笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2018

郵便局のふるさと頒布会「お届け済み通知」サービス終了のお知らせ

2018030201

 やっと来たかと思いながらまじまじと読みました。先月末でゆうパックの配達済通知はがきが33年もの長い歴史に幕を閉じることがプレスリリースされた直後から加入している中国ふるさと会はどうなるんだろうと思っていました。

 各支社さん単位で行われているふるさと産品の頒布会はコストパフォーマンスが良く、加入すると郵便局さんも喜んでくださるので、毎年欠かさず申し込んでいます。これの優れている点は、受取人を自分以外に指定することが可能なのでギフトにも使える点です。自分はおおむね隔月にギフト利用しています。

 ただし大きな問題があります。自らが差し出しているわけではないのでゆうパックのお問い合わせ番号がわかりません。自分宛なら頒布品が届いたかどうかで確認ができます。しかし、ギフト利用の場合はそれすらできません。その点をどのようにリカバリーされるのか、フリーダイヤルに電話して聞きましたが、担当者も「インターネットでお問い合わせ番号を検索できます」と平然と言うのです。だからね、その番号がわからないでしょ、どうすんの?って話ですよ。その時は担当者さんもよく理解していなかったようです。
 そして今日3月2日にこのはがきが届きました。ゆうパックを利用したあらゆる頒布会の類は、このたびのサービス変更の影響を受けています。

 このお知らせはがき、切手が貼ってないからと軽視せず、配達日を記して大切に保存してください。サービス変更を示すれっきとした郵便資料です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2018

余寒見舞はがき、リカバリーでアップグレードしましょう

2018030101

2018030102 昨日、余寒見舞はがきを投函しました。確認用に自分宛にも送っておいたところ、何通かは料額印面が消印もれでした。すぐに配達担当の小郡郵便局に出向き、消印もれ消印(抹消印)でリカバリーして完成させました。

 消印もれ消印の図を書いたメモを添え、オリンピックの記念にしたいのでと情にも訴えかけて(笑)無事に出来上がりました。

 地域区分郵便局の山口郵便局の手押印と各配達局の消印もれ消印という組み合わせは一興かと思います。運悪く消印もれで届いた方は逆にこの方法でアップグレードなさってください。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県