お知らせ

April 15, 2018

ミクスチャー40キロの山分け会のお知らせ

2018041502

 当地の福祉団体が集めた使用済切手(紙付)ことミクスチャーを引き取って来ました。10キロ入りの袋が4つで計40キロです。関係各位と相談の結果、公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)の月例会で有料で山分けすることに決まりました。

 来たる5月例会がその1回目です。1回につき1袋(10キロ)を持ち込みます。500g〜1キロ程度に小分けにして販売です。経費を引いた残りをJPS防府支部の運営費に充てますので、今から予定をお願いいたします。5月例会は20日(日)午前9時半〜正午、防府市文化福祉会館で開催です。

 その後、毎月10キロずつ持ち込み、8月まで計4回の山分け会を開催します。事前抜き取り一切なしのウブな出物です。ご期待ください!。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

切手趣味週間・切手展のご案内

2018041501

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(略称:JPS防府支部)の重鎮・桑木正道さんによる切手展覧会が絶賛開催中です。防府郵便局と防府駅前にありますルルサス・地域活動支援センターの各ロビーの2ヶ所同時開催です。参観費はありません。どうぞお立ち寄りください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2018

ワールド・スタンプ・ナウ 第155回

2018041301

 郵趣5月号が校了しましたので恒例のチラ見せです。今回はレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品が美術切手シリーズに登場したことに注目です。フジタの没後50年に合わせての発行だったようです。しかも原画の「フレール河岸」が日本での回顧展で実物を見ることができそうなのです。締め切りギリギリになって担当編集員のMさんがキャッチアップしてくださり、なんとか記事中に押し込んでくださいました。いつもMさんの優秀さに助けられているのですが、今回もナイスプレーでした。あいがとさげもす!

■公益財団法人日本郵趣協会の「お試し入会」はこちらです


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2018

諏訪之瀬島、小宝島の簡易郵便局開局

 正式なプレスリリースが出ました。いずれも有人国境離島法の郵便局関係の適用例と思われます。

■諏訪之瀬島簡易郵便局 2018年4月25日開局
2018040301

■小宝島簡易郵便局開局 2018年5月9日開局
2018040302


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2018

携帯電話回収箱設置記念初日カード

2018032901

 設置局のひとつ、防府三田尻郵便局で表題の記念初日カードを作成して来ました。局での設置状況写真のほか、使わなくなったガラケーを投函する場面も撮影してきましたのでご覧にいれます。

2018032902

2018032903

 実は前日のうちに趣旨説明と記念押印のお願いを済ませていました。事前にお伺いしたおかげで、今回の取材(写真撮影)について、島本局長さまの方で中国支社の許可を得てくださっていました。風景印も丁寧に清掃・準備してくださったのでしょう、これだけ細かい図案にも関わらずホコリ汚れひとつない完璧な印影です。押印してくださったのはもちろん島本局長さまです。どうもありがとうございました。
 事前に筋を通しておくとものごとがスムーズに運びます。それは郵便局にとっても郵趣家にとっても有益なことであると、今回の事例がそれを証明しています。

 なお、東京中央郵便局では朝の10時半から柘植参議院環境委員長ほかをお招きしての設置セレモニーも開催されたとの知らせも届いています。

参照:携帯電話回収箱の設置


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2018

スタンプショウ2018入場券差し上げます

2018032801 先日の上京時に日本郵趣協会事務局で入場券を50枚いただいて来ましたのでご希望の方に差し上げます。本券1枚でひとり一回お楽しみ抽選ができます。

 これを先日記事にしました62円フジミニレター最初期型に入れてお送りします。お一人様最大5枚までで、入場券がなくなるまでお受けします。遠慮はいりませんのでご希望枚数を明記のうえEmailでご連絡ください。
 ブログの左欄上から2行目の”Email me”をクリックすると現れますメールフォームをご利用ください。うまくいかない場合はaplcofe◆◆◆あてにメール送信してください(◆◆◆部分は@gmail.comに置き換えてください)

 なお、ミニレターの丈がやや短いので入場券は折り畳みになります。
 また、最初期型のミニレターも在庫がなくなり次第、現行タイプ(”再生紙書簡”の表示なし)になります。
 この2点はあらかじめご了解ください。

参照:”再生紙書簡”表示入り現行62円ミニレター

2018032802


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2018

携帯電話回収箱の設置

2018032701 報道各社既報の通り、明日3月28日に携帯電話回収ボックスが全国の郵便局に設置されます(注:全局ではありません)。携帯電話、スマホに使われている希少金属を回収し、東京2020のメダル材料にしようというものです。これを「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」と言います。

 私もこれに参加すべく携帯電話を機種変して旧機をスタンバイしています。その投函場面をiPadで撮影していつものようにセブンイレブンさんではがきプリント。これを投函した局で記念押印します。東京2020関連の郵趣品としてはおそらくもっとも手薄になるものと思われるので、いつもの倍の20枚は作っておこうと思います。今日のうちに撮影許可と記念押印の準備をお願いしに郵便局さんに行ってきます。

 詳しくは下記URLを参照ください。ただし、郵便局の回収対象は携帯電話とスマホのみです。その他の小型家電品は対象外ですのでくれぐれもご注意ください。

▶︎参照:都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2018

風景印の積極PR施策

 新聞報道がありましたので当ブログでもご説明します。お手紙愛好家さんを中心に着実にファンを増やしている風景印、それをしっかりPRしていこうということになりました。風景印配備局では図案を大きくコピーしたPRポップを作成し、4月2日以降すみやかに局内掲出するようにとの指示が出ました。さらに風景印スタンプラリーもできるだけすみやかに実施するようにとも謳われています。たいへん良いことだと思います。

2018032201 実は山口県では昭和60年代にはすでに図のようなしっかりした”風景印ありますサイン”が局内外に設置されていました。ステンレス板に焼付塗装だと思いますが、かなりお金がかかっているクオリティーの高いもので、設置後30年以上経過しているにも関わらずほとんど劣化していません。私が確認しただけでも鋳銭司、絵堂、萩松陰神社前、秋吉、防府宮市、防府佐野、長門、俵山の8局あります。かつてはもっと多かったに違いありません。地元山口県の自慢です。
 防府佐野局では2015年9月に局長さん直々にご証言をいただきました。当局に赴任されたのが昭和63年で、その時にはこのサインはすでにあったそうです。近隣の局の中で局長さんご自身がいちばん年長で、一連の”風景印ありますサイン”設置のいきさつを記憶している現役局員さん(局長さん)はもういないだろうとのことでした。愛着があるので今もこうして掲げているのだとお話くださいました。

 いまのところPR指示があったのは東京支社さんだけとのこと。新たな予算措置が要らず、既にあるリソースを有効活用したたいへん良い施策だと思います。ぜひとも全国的に拡大していって欲しいものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2018

”再生紙書簡”表示入り現行フジ62円ミニレター

2018032001

 今月はじめ、埼玉県の行徳国宏さんからお便りを頂戴しました。その中で、2014年(平26)4月1日発行の現行フジ62円ミニレターについて書かれた一文がありました。発売当初は差出人の郵便番号枠の下に「再生紙書簡」と青文字で印刷されているが、いつのまにか表示がなくなった・・・とのこと。
 さくらカタログではステーショナリーが割愛され、日本普通切手専門カタログVOL.2「戦後・ステーショナリー編」でも現行現行フジ62円ミニレターが載っていないので全く気付きませんでした。
 ところが、北海道の成瀬健太さんから寄贈していただいた実逓カバー類の中にまさにそれがありました。フラップが折り貼られているため文字列の下半分が隠れてはいますが「再生紙書簡」の文字がしっかり判読できます。消印は平27.4.30。
 行徳さんによると発行当初に配給された在庫が残っている局では今でも入手できるかもしれないとのことです。興味のある方は今すぐ最寄りの郵便局へGO!。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2018

不良マニアK谷老人と絶縁しました

2018031700 これまでも注意喚起をしてきましたように、我々郵趣家は特権階級ではありません。日本郵便さんとは協調して郵便・手紙文化を継承発展させていくべきものであり不遜な言動は厳に慎むべきものです。

 ひとりの悲しい老人がいました。違法すれすれの行為を常としているために東京中央郵便局の初日押印担当員さん全員が迷惑郵趣家として認識。地元の近畿支社でもこれまでの悪態が知れ渡っていました。日本郵便本社レベルでも、不良郵趣家の筆頭として過去の発表文すべてがマークされている人物です。

 そうは言っても長いキャリアを持っておられるし、郵趣ウィークリー紙にも何度も投稿をされている大ベテラン。まずはその仕事をきちんと認めましょう、好き嫌いだけで判断すべきではないというのが私の考えです・・・が、その考えに賛同してくれた収友は皆無。今から思えば、それくらいトラブルを起こしていた御仁であったということです。

 仕事柄、自分は比較的に変人耐性が高いので(笑)、とりあえず更生の道を探りましょうと当人に接触することになりました。半年前のことです。facebookにお誘いし、ネットのマナーも教え、具体的に投稿文のアドバイスもしました。表に出して良い文章かどうかの相談にも乗りました。

 しかし、恩を仇で返すような無礼を受けてしまいました。しかも私一人がどうこうできる範疇を超えてしまいました。それは下記の催事について起きた出来事でした。20日まで開催されている阪急うめだ本店の「文具の博覧会」では臨時出張所が設けられ、記念の小型印も好評を得ています。新聞報道でも好意的に扱われています。

2018031701

 しかし、報道では肝心の小型印印影が抜けていたため、私は応援の意味でfacebookに下記投稿をアップロードしました。

2018031702

 これは懇意の某郵便局長さんが時間をかけて企画され、ようやく実現にこぎつけたものだったからです。そんな裏方事情をいちいち記さなくとも、公開グループにおいて管理人名義で『盛況そうでなにより』と書けば応援しているぐらいのことは察しがつくでしょう。大人ならそうでしょう。

 それを現地に行って何を聞いて来たものやら「押印が下手」等のひどい憶測コメントをつけてくれました。一体、何考えてるんだ?(何も考えてないな)となりますわなあ。即刻コメントを削除し、猛省を促すメッセージを送りました。しかし、事実を書いたまでだと言い張って反省のかけらもありません。70過ぎたいい歳したオヤジなのになんなのでしょうか。

20180317032


 まさに老害。

 とうとう私の知人友人にまで迷惑をかけてしまいました。本件もK谷老人の代わりに私がその局長さんにお詫びをしていたのですが、もうアホらしくなりました。地理的にも山口県と兵庫県では離れ過ぎています。もとより24時間見張っている訳にもいきません。

 半年間、自分は一郵趣人としてやるべきことはしました。ですが、K谷老人は見境なく噛み付く狂犬です。老齢による思考の偏執も見受けられますが、そこはもう医療・福祉の世界の話であって、郵趣界が責任を負うべき範囲を超えます。

 今後も困った要求をするようなら(K谷老人に限らず)郵便局さんも正々堂々と応対を拒否されてください。そのことに郵趣家サイドとしても異論はありません。断固として日本郵便さんを支持します。

 以上、被害が拡大しないよう注意喚起するものです。

2018031704

■参照記事(古い順に)
重要・注意喚起を!
重要・注意喚起を!(その2)
[拡散希望]自ら律することのできる良き郵趣家たれ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県