お知らせ

November 12, 2017

ワールド・スタンプ・ナウ 第150回

 昨日、郵趣12月号の担当連載記事が無事に校了しましたので恒例のチラ見せです。

 注目は仏領ポリネシアの「ミス・タヒチ」です。歴代の優勝者を並べたセルフ糊式切手帳、実は昨年に続いて今年2回目です。こんなことしたら日本じゃ差別だなんだと100パー怒られると思います。とは言え、その風潮は何も日本だけではないはず。よくこんな企画が通ったものです。ましてや肖像権の使用承認などどうやって裁可が得られたのでしょうか。
 せめて日本でもミスを集めたフレーム切手だけでも出せないものでしょうか。見た目のことだけでなく権利関係アイテムとしても非常に重要なキーアイテムになるはずです。

 12月号でついに連載150回になりました。100回からカウントしても早5年目です。ひょんなきっかけで始まったこの連載もいつしかライフワークになりました。200回を迎える頃は還暦を越えます。どうぞご支援ください。

2017111201


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2017

竹島簡易郵便局長さんを支持します

2017111105

竹島で唯一の郵便局、職員が戻らず休業に 住民がお金引き出せず

↑この記事は明らかすぎるほど明らかな酷い偏向報道です。人権侵害要件です。

 せっかく数ヶ月をかけて郵便と貯金業務の訓練を受けた日本郵便社員を送り込んだのに村役場は一切非協力。日本郵便からも改善要求をたびたび出してくださったのにすべて無視。地方によくありがちな無能公務員の犠牲になった若き簡易郵便局長さんはオーバーワークで心が折れてしまいました。身分は日本郵便社員ではなく村役場の嘱託職員なので見下していたかのようです。村役場の不遜な態度こそ糾弾されるべきです。

 島に一箇所しかない金融機関なのにATMを導入しようとすらしません。度重なる増員要求も無視。そのため、局長さん自らが専用端末(CTM機)を操作されたのですが、多い時で一日130件もあったそうです。一日8時間として約4分に1件を処理しなければなりません。そんなこと無理に決まっています。他の仕事ができません。事実、赴任してから毎日夜中の10時まで仕事、休みゼロでした。

 島側の怠慢を棚に上げて、局長さんの資質に問題があったかのような讒言はそれこそよそ者差別の典型です。一体誰のためにわざわざ赴任してきてくれたのか全く理解していない村役場や島民たちの時代遅れな田舎者根性こそ糾弾されるべきです。

[20171113追記]

 そもそものニュース自体が不審です。私でさえほんの数日前に聞いた話なのに、鹿児島県本土から遠く離れた島内の話が都合よくマスコミに伝わり過ぎです。私自身も鹿児島県に住んでいたことがあるので書きますが、いくらネットが発達した現在とはいえ、こんなに早くニュースが報じられるとはどうにも腑に落ちません。

 人口78人しかいない島で、毎晩夜の10時すぎまで、時に深夜2時頃まで局舎の明かりが点いていたら、いったい何をやっているのかと訝しむのが当たり前です。ところが、そんな局長の疲労困憊の様は見事にスポイルされています。いかにも簡易郵便局長が若さゆえに人付き合いに難があり、勝手に職場放棄してしまったかのように印象付けようとする意図が行間に滲んでいます。実際はちゃんと申し出ての休養です。

 ハードワークを強要してしまった部分は意図的に伏せ、”無責任にも職場放棄した未熟な若い局長”というストーリーを先に作り、”よそ者いじめ”を隠蔽するため、村役場か島民が故意にマスコミにリークしたのではないかとさえ疑います。村にとって都合の悪い部分があまりにも無さ過ぎます。

 それをマスコミもそのまま鵜呑み報道をしているらしいことも感じます。実際に島に渡っての直接取材をしていないと思います。少なくとも鹿児島本土でCTM操作記録を確かめるくらいの初歩的な取材をしていれば決してあのような文面にはならないはずです。

 毎日夜中の10時すぎまで働きづくめで休日もなし。そんな過酷すぎる仕事の場合はむしろ逃げるべきです。過労によるうつ病で自殺するようなことにでもなったら取り返しがつきません。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

防府支部新年会2018(一泊例会)のご案内

 懇親会と温泉そして泊まられる方は夜通しで実逓カバー、はがきの掘り出しが楽しめる充実した特別例会です。どなたでもご参加できます。

主 催:公益財団法人 日本郵趣協会 公認防府支部
日 時:2018年(平30)1月27日(土) 18:30~20:30
場 所:長沢ガーデン(山口市)

・宿泊ご希望の方はお早めにお申し込みください。施設の都合で部屋数が多くないものですから個室希望の方は特にお急ぎください。(基本的に男女別の大部屋になります)
・JA防府とくぢ農協会館発着で無料送迎バスが出ますので車のない方も安心です。
・会費はパンフレットの通りで3,000~3,500円くらいの会席料理を検討中です。これに飲み物代と宿泊代(希望者のみ)が加算されるとお考えください。
・翌朝の朝食は7時半からです。送迎バスで防府市に戻った後、引き続き28日(日)の防府支部イベントにもご参加ください。
・掘り出しが楽しめる実逓カバー段ボール箱満杯詰などを準備しています。

<連絡先>
画面左欄の上から2行目「メール送信」をクリックすると現れるメールフォームをご利用ください。住所・氏名と連絡用のスマホ・携帯電話番号もお知らせください。
(facebookのメッセージでもお受けいたします。椙山哲太郎あてにお願いします。)

[パンフレットA]
2017111103

[パンフレットB]
2017111104

<追 記>
 スケジュールに余裕がある人は28日(日)も防府に泊まりませんか?。ふく(河豚)がおいしい季節です。支部行事外になりますが、地元なので東京と同じ予算を覚悟されたらその倍のボリュームが堪能できます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2017

ラインストーン風加工

2017110601

2017111602 たまたま立ち寄った郵便局でラインストーン風ハローキティ年賀状のサンプルを見て触ってびっくりしました。盛り上げ印刷なのか、それとも樹脂成形物を圧着してあるのか、あるいはまたまったく違う工法なのか瞬時にはわかりませんでした。しかし、これはおそらく日本郵便初の特殊加工だと思います。

 通常販売されているものではないので、厳密には日本郵便の純正郵便商品と言えないかもしれません。しかし、金箔押し、写真付き切手、立体視の3D加工といい、日本はなぜかいずれも最初にはがきでトライアルするという独特の段階を踏んでいます。純正品でないからと見逃したら、ファーストイシューを見逃すことになるのではないかとの懸念も大いにあります。

 差出人の住所氏名等を印刷しないで空白のままでも受け付けてくれるようです。5種全部100枚ずつオーダーしたとして総額85,850円。5種一組で約859円(1種につき約172円)・・・・私が取りまとめ役をするとして5種一組を900~1,000円見当(送料別)で共同購入参加してやろうという殊勝な方はいらっしゃいますでしょうか?。せめてトータルで半分の50組ぐらい引き取り手がいらっしゃれば踏み切るのですが。12月8日までに結論を出さねばなりません。うむむむ・・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2017

ローソンのe発送サービスゆうパック送票

2017110201

 まず今年から始まったe発送サービスの概要から。専用機ゆうぷりタッチが設置された郵便局約1,000局をはじめ、ローソン12,300店、ミニストップ2,200店(201704現在)の体制でスタートしました。

(1)0620:e発送サービス開始
(2)0628:ローソンのe発送サービスがシステム不具合で中止
(3)1023:取扱郵便局を2万局に拡大
(4)1031:ローソンのe発送サービスが復旧

 上図は(4)の復旧初日に谷之口勇さんにお願いして鹿児島県のローソンから発送してもらったものです。送票の左上にLoppiのロゴが入っているのが特徴です。透明袋に送票を差し込む仕様で、輸送中に抜け落ちたりしないのかな?と若干心配な気もしますが、綺麗な姿で取り出せるのでコレクションする側にとってはありがたいです。送票だけでは使用年月日がわかりませんので検索結果(追跡記録)もプリントアウトしてセットで残しています。(←収集上の重要ポイント)
 なお、復旧に際してのローソンさんの報道発表文を読みますと、システムダウンの原因は日本郵便側にあったと婉曲に記されていたのも印象的でした。サービス開始後わずか一週間でダウンし、復旧までに4ヶ月も要したというのは想像以上に深刻だったのでしょう。
 下図は郵便局のゆうぷりタッチを使ったもので、制度開始月内の6月30日、やはり谷之口勇さんにお願いして鹿児島南郵便局から差し出してもらったものです。こちらは郵便物にぺたっと貼り付けて使うシール式送票です。こんなに外観が違うのも面白いですね。

2017110202

 現時点では中国地方には1店舗もないミニストップ店の送票も入手したいです。ヤフオクに出品利用されていらっしゃる方、新規出品時にe発送サービス利用の手続きをされると発送時に同サービスを利用できます。ただし、出品後では利用できないようなのでご注意を。

[追記]
 一日遅れでゆうパケットも届きました。送票のフォーマットは同じで種別だけが異なります。ゆうパックと混同しないよう、表示が黒地に白抜き文字と目立つ工夫がなされているあたりも好感が持てます。
 ところが送票の下にもう一枚挟まってました。《郵便局ご担当者様へ》と題してあるし右下には(一年保存)とも記されています。郵便局さんの抜き忘れですね。検索結果(追跡記録)によると大隅垂水郵便局さんのようです。受付したローソン垂水新城店のストアスタンプもありますしこれはラッキーでした!。よく見たら店長さんのお名前も漢字こそ違えど私と同じスギヤマさん(笑)。我ながらツイてますね。郵趣の神さま、いつもありがとうございます!。

2017110203


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2017

迷惑な2人

 インターネットの恐さを記したばかりだというのに、いったい何ということでしょうか。クレーマーで有名な乙藤、堀越の2人の中年男が、午後7時半になろうかという時間まで延々と東京中央郵便局でごねている、実に迷惑な存在である・・・とリアルタイムにネット情報が入って来ました。みっともない様子が全世界に伝わっていますよ、とどなたか彼らに告げてください。

 難解な押印をお願いするのなら、たとえ正当な理由あったとしても最低でも2-3週間前に文書で押印可能かどうか事前に確認するべきです。いきなり当日行って窓口職員さんに聞いてもその場で答えが出る訳がありません。揉めるための難癖では行為そのものが悪辣です。郵趣家にもコンプライアンス遵守の健全な精神が必要です。

 今日は年賀切手、はがきの初日発売日です。ふつうに初日押印してもらえばいいじゃないですか。いったい何が不満なのでしょうか。こういう不逞の輩が郵趣家全体の印象を悪くするのです。郵趣界から出て行って欲しいですな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 31, 2017

テーマは「意味不明」

2017103101

 なんの変哲も無い456連番記念カバーです。ですが、これを拾った理由はそれではありません。なぜかカシェに桜島大根が印刷されているからです。何かの語呂合わせになっているわけでもなさそうです。端午の節句に桜島大根をお供えする、みたいな習慣もないし、そもそも収穫時期が合いません。意味が全くわかりません。
 製作者本人しかわからない郵趣品が非常に多いです。ご寄贈いただいた不要品もすべて目を通しているのですが、貼付切手や消印のチョイスの意味がさっぱりわからないものが少なくありません。このカバーなんかまだマシな方です。
 自戒も込めて書くのですが、コレクターは自分がわかれば他の人もわかるはず、あるいはわかる人だけがわかればいいと考えがちです。しかし、やはりそれは間違いですね。せめてカバーの中に製作意図を記したメモを一枚入れておくようにしましょう。意味がわからないことで容易に捨てられてしまうことを防がなくてはいけません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2017

ワールド・スタンプ・ナウ第149回

2017101302

 公益財団法人日本郵趣協会の月刊誌「郵趣」11月号が無事に校了しました。恒例の私の担当記事からのチラ見せです。
 ディズニーアニメの個性あふれる魅力的な悪役を切手の主役に抜擢したアメリカ郵政の目利きは唸らされました。いいところを突いて来ます。さらに日本よりもはるかに先んじて裏糊式からシール式に仕様変更した経験から台紙裏面もおろそかにしていません。当該切手に関わる何事かが記されています。ぜひフルシートを入手してご覧になってください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2017

大政奉還150年

2017100501

 来週の10月14日(土)は大政奉還150年にあたります。倒幕派、佐幕派ともそれぞれに感慨深いものがあることでしょう。
 ただし、土曜日なので記念押印するにしても開いている郵便局は限られます。
 山口県では萩、山口中央、防府、下関、長府などの各郵便局での記念押印が想定されます。山口市の菜香亭には岩倉具視直筆の額もありますし(しかも撮影可)、その写真をカシェにして記念カードでもあつらえましょうか?。
 さらに京都や大阪ではどんなアイデアが考えられるでしょうか。

◆参照:大政奉還150周年記念プロジェクト


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2017

10月9日は出雲駅伝

 すでに毎秋恒例となった感のある出雲駅伝応援チラシ”そのまんま”郵便が届きました。送ってくださったのは片寄明正さん。はがき部分を切り取って送る本来の方法なら62円。そこをA4判サイズ”そのまんま”送ってくださったもので料金は定形外の120円です。いつもありがとうございます!。
(消印は、島根・大社神門 29.9.19)

2017092301

2017092302

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県