お知らせ

July 19, 2017

ワールド・スタンプ・ナウ 第146回

2017071901

 公益財団法人日本郵趣協会の会報・月刊「郵趣」誌8月号が校了しました。一足早く私の夏は終わりました(笑)。

 連載の骨格はメインとなる推し切手が3テーマ、ビッグニュースではないけれど今を映す印象的な小ネタを4-5点で構成しています。今回はそんな小ネタの一部をご覧に入れます。その筆頭は昨年74歳で惜しまれつつ亡くなったチャスラフスカ選手の追悼切手です。東京オリンピックで一躍世界的に知られる体操選手となった彼女(当時はチェコスロバキア代表)ですが、残念なことに私はリアルタイムな記憶はありません。当時3歳ですからやむを得ません。旧ソ連軍によるプラハ侵攻以降、政治的な理由から、1989年の革命までの20年以上を冷遇されました。現役選手時代の横顔を切手にした現チェコ共和国の好意的な眼差しがデザインから伝わって来ます。

2017071902 また、切手を切り離すためのミシン目こと目打(めうち)穿孔技術も前世紀末頃から飛躍的に向上しました。目打針の上下運動で穴を開ける伝統的な方法ではなく、硬い金属型を切手表面に押し当て、わずかに凹んだその部分を切手の裏側から高速回転するヤスリで削り取る電気カミソリ方式(APS目打)の採用が増えました。今年のお年玉付き年賀はがき4等賞品の小型シート、シート地にあけられた花びらの形の穴もそうやって作られました[参照記事]。
 今号掲載のトルコの普通切手はそんな変則目打の中でも群を抜いています。同国の象徴”三日月と星”の形の目打で、もはや切手の形が長方形ではなくなってしまっています。シートから切り離す時に破いてしまいそうです。

 著作権の制約があるため記事全部はお見せできませんが、日本切手にはない外国切手の魅力を知っていただき、一人でも収集の道に進まれる方が現れ、そして郵趣協会に入会していただけることを願っています。[公益財団法人日本郵趣協会はこちらです]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2017

<防府切手のつどい2017夏のご案内>

2017071701

 開催1ヶ月前になりました。以上のように開催要項が決定しましたのでお知らせいたします。私も販売ブース設営のために朝の8時半には会場入りします。大量の販売品を持ち込みますので、時間を有効に活用される意味でも朝早く涼しい時間にお越しください。

2017071702

左)今回も大量の実逓カバー、はがき類を持参します。ここ半年間で寄贈された内外の実逓便を、ゆうパック大箱で5個程度持ち込みます。いつものように1通20円均一で放出します。
 また、前回同様、JPS防府支部の運営費に供するために売り上げの30パーセント相当を寄付します。皆さまのお手元に不要品がありましたらなんでもかまいませんのでぜひご寄贈ください。最低限ゆうパック中箱以上の物量で送料着払いで送っていただければたいへん幸せます。(事前にメールでご一報いただけると助かります)

右)郵趣誌連載記事でご紹介した話題の外国新切手、ジャポニカ切手、変形切手も個別販売ファイルを作って持参します。個人輸入したものが大半ですので、国内流通価格の2〜3割安くご提供しています。

2017071703

左)日本普通切手収集はとうにやめましたので過去の収集品も放出します。それなりのプレミアがあるものを厳選したファイルをご用意します。

右)今回の目玉品です。ゆうペーン表紙だけで6,000枚以上もの巨大アキュームレーションを入手しました。長崎、佐賀、鹿児島、石川、長野、千葉、茨城、神奈川各県については各地元のコレクターさんにまとめて引き取っていただきましたが、それ以外はまるまる残してあります。テーマチク収集用としてもウブなストックです。1枚50円とやや高めですけれど、一度にこれだけまとまった量が市場に出るのはもうないのではないかと言われる規模ですから、この機会を逃すと入手は非常に困難と思われます。意味と意義を正しく理解していただける方のお買い上げを期待しています。

[お願い]
 販売ブースを構えるだけでなく、私自身もあれこれ入手したく思います。収集している人がほとんどいないと言われている以下の品々をお持ちいただければたいへん幸せます。お値段はその時にご相談させてください。

(1)ゆうペーン表紙:昭和62年までの物、管理番号がない物。
(2)切手コースター:旧郵政弘済会製のものを中心に。
(3)切手下敷き:日本郵便、旧郵政省製以外の民間製造品も含む。
(4)郵トピア関連品:郵トピアの表示があるものならなんでも。

 以上、よろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2017

サプライズ・トリップ・レター2017

2017071302 宅見潔さんから表題の小型印付きポストカードが届きました。日本郵便さんの小型印のページを読んでもいまいちピンと来ません。折しも5日からの大分・福岡地方から山口県まで及んだ集中豪雨被害に気を取られ、しみじみ手に取って見たのは今日13日になってからでした。なんだこりゃ?。

 詳しくは下記特設サイトをご覧ください。絶景の場所を実際に訪れ、写真を撮ってその場でプリントアウト。専用のレターセットに写真とともにこの小型印を押して発送するという企画でした。

 私もiPadで撮影した写真をセブンイレブンさんのはがきプリントで出力し、記念押印や引受消印をしていますので面白さはよくわかります。

 宅見潔さん、いつも貴重な情報と現物をありがとうございます!

◆参照:サプライズ・トリップ・レター

2017071303

 今後の予定地に山口県下関市の角島が入っていますので、その時は私も出かけてみようと思います。

2017071304


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2017

ゆうペーンリスト保管庫

 ゆうペーン(表紙)6,000枚の整理を進めています。ある程度まとまったつどリストにまとめてpdfファイル形式で一般公開します。この記事からアクセス&ダウンロードできるようにしておきますので、興味のある方はブックマークやお気に入りに登録しておいてください。
 なお、更新のたびにvol.No.をひとつずつ加算する方式です。最新版かどうかはこれでご確認ください。
 また、リストにするほどの量がない場合や、トピックな話題はHYPER Philatelistブログの通常記事のみの場合があります。その際はブログ画面左列のCATEGORIESから「ゆうペーン・切手帳」をクリックしてください。関係記事が常時閲覧できます。


[標準リスト/サムネール付き]
香り付きリストvol.002

[簡易リスト/テキストのみ]
香り付き簡易リストvol.002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2017

定形外の規格外使用例作りに最適

2017062201

 今月から新たに導入された定形外郵便の「規格外」料金。これの制度導入月使用例(初期使用例)作りに最適なものはないか探してきました、ダイソーさんで。で、見つけたのがこれ、ふわっと軽いねんど100円です。

 重さはわずか85g。パッケージサイズは150H×100W×35D(mm)と厚さで規格外に相当します。これの裏側に文具店で購入した宛名ラベルを貼りました。この状態のままで発送しようというものです。到着後は中身の紙粘土を取り出し、パッケージは平らになるように切り開いて展開し、折り込み部分などは適宜カットすればアルバムリーフに収まります。原型を残したい向きには折り込みを開けば平たく折り畳むこともできます。
 せっかく作ってもリーフに収まらないでっかいサイズだと使い勝手がよろしくありません。リーフに収まり、なおかつ何を送ったのかわかること、この2点がポイントです。

2017062202 郵便料金は220円です。普通に100+120円切手で220円でも良いと思いますが、こんな貼り合わせも良いのではないかと思います。
 ごく普通の定形外だから140円だと思ってまず140円切手を貼った。ところが差し出した時に規格外だと言われて差額の80円分を30+50円切手で加貼した。切手3枚なら貼れそうです。
 あるいはまた80円分のみメータースタンプにするのもいいかもしれません。ただし、メータースタンプの印字が将来消えてしまう危険性はありますので要注意です。

 皆さんも案配の良いパッケージと重さを兼ね備えた品を百均で探してみられてはいかがでしょうか。お互いに送り合いをしませんか?。

[追記]
 昨日、山口大学内簡易郵便局から自分宛に差し出しました。珍しく激混みで押印をお願いできるような状態ではなかったためそのまま託しました。すると山口郵便局(地域区分郵便局)のローラー印が押されて今朝配達されました。これが正規の取り扱いですので良しとします。
 パッケージを展開し、折り込み部分をカットしたらちょうどリーフに収まりました。箱の厚みが35ミリあるので規格外になること、そして内容物が軽い紙粘土であることもわかりますのでちょうど良い感じです。

20170623

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2017

「ゆうペーン研究会(表紙主体)」発足のお知らせ

 切手商Aさんのお骨折りで、スタンプショウ=ヒロシマ2017にて、ゆうペーン表紙6,000枚以上の巨大アキュームレーションを入手しました。ダンボール箱に満杯でおよそ15キロ。やってもやっても整理が終わりません。休日を利用して半日かけて取り組みましたが全体の1/10も終わらない凄まじさです。それでもだいたいの流れが掴めてきました。箇条書きにするとこうなります。

(1)JPSがJAPEX’86(昭61)の際に初めてゆうペーンと名付けた切手帳を出す。
(2)昭62から郵政省も「ゆうペーン」の名称を踏襲して積極発行を始める。
(3)昭64が7日で終わり8日から元号が「平成」に。
(4)平成元年もゆうペーンの発行は好調を維持。
(5)平15年4月1日、日本郵政公社発足。
(6)平17頃を境に発行が激減(※要追加調査)。
(7)平19年10月1日、民営会社発足。
(8)民営会社発足以後の新発行はほぼ途絶(※要追加調査)。
(9)平24年10月1日、日本郵便株式会社発足。

 さらにわかったことはとても一人では手に負えないという現実です。1リーフに3〜4枚ずつ貼り込んでゆくと1,500リーフ以上。ボストークスターアルバムにして40〜50冊にもなってしまいます。置き場所もなければデータ化するだけで私の人生が終わってしまうどころか、足りない可能性の方が高いです。
 そこで、テーマで手分けすることにしました。各自1〜3つ程度のテーマをお知らせください。例えば「山口県、幕末維新、捕鯨」のようにです。できるだけテーマが重複しないよう調整した上で、7月に入ってからそれぞれのテーマ品を私の方で選別を始めます。それを有償でまるごと引き取っていただき、後世に伝えるための整理・データベース化・研究発表・保存をお任せしたいと思います。
 その情報交換と交流の場としてFacebook内に表題の「ゆうペーン研究会(表紙主体)」を立ち上げます。すでにFacebookのアカウントをお持ちの方は適宜私の方からお誘いしますが、そうでない方はアカウントを取られ次第「椙山哲太郎」で検索しメッセージを送ってください。折り返し研究会入会の手続きをします。
 なお、私のテーマのいくつかを実例を挙げて以下にご覧いただきます。

[現代史・トピックス]
 時代を表すニュースやトピックス。上から順に、植村直己マッキンリー単独登頂(下山途中に消息を断つ)、世界陶芸祭「セラミックワールドしがらき’91」(信楽高原鉄道列車衝突事故のため会期途中で中止)、タマちゃんブーム(平14年に多摩川に現れたオスのアゴヒゲアザラシ。翌15年には朝霞市の荒川で目撃される。このゆうペーンは朝霞市内郵便局の発行)。

2017062101

[JPS関係(1)]
 スタンプショウ=ヒロシマ’88、全国切手展<JAPEX>大分展、郵趣サービス社大阪ショウルーム20周年。発行数が少なく関係者以外所持していないであろう品々。

2017062102

[JPS関係(2)]
 昭62に入り、東京郵政局(当時)の認可が番号が入れられるようになった極初期物。「1987年東京第1号」という形式で、後の「〒東京ーS62-28」式と異なっていました。

2017062103

[各郵趣団体のオリジナル品]
 早稲田大学切手研究会50周年記念、からす会25周年記念、日立郵券同好会。会が資金を投じて本気で作ったものから名義貸しのアイテムまで幅広く。

2017062104

 バブル景気の始まりから崩壊の時期と重なりますので、当時の世相を考慮して私は以下のテーマも収集対象にしています。ゆうペーン最初期(昭61・62年物)、ゆるキャラ、地方博覧会、郵トピア、自衛隊、平成改元、ミレニアム、Jリーグ、温泉・サウナ、日本のサンタメール、絵手紙、山口県、鹿児島県、東京都調布市・狛江市、離島、郵模法・著作権、阪神淡路大震災、和紙・木の板郵便、数字遊び(ゾロ目・連番)などです。これら以外のテーマの方、どうぞ研究会に加わってください。

2017062105

 JAPEX’86(昭61)の際に初めて世に出たゆうペーン「吉祥天立像1,000円小型シート」はよく覚えています。これのおかげで全国で売れ残っていた1,000円小型シートが一挙に無くなったとさえ言われました。

2017062106

 と言うのも私自身がこの時のJAPEX委員でしたので(当時25歳)、故水原理事長がゆうペーンのアイデアを出されてJAPEX委員会で実物も見せていただきました。つまりよく覚えているどころか当事者です。JAPEX’86全記録を見ますと、今も現役で郵趣界で活躍されているのは奥井富雄さん、玉木淳一さん、そして私の3人だけになりました。31年を経て巨大アキュームレーションが私のところにやってきたのは、これを研究せよという天命だと思います。

2017062107

 売買価格の標準設定など、郵趣アイテムとして地位を高めるプランも考えていますが、それらは研究会のFacebookページでご提案いたします。志ある方の研究会参加を切に願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2017

ワールド・スタンプ・ナウ 第145回

 公益財団法人日本郵趣協会の会報・月刊「郵趣」誌7月号が校了しました。早いもので連載145回を迎えました。原稿執筆時はちょうど父の死去と通夜・葬儀が重なり、思い出深い回となりました。
 これまではfacebookでのみ一部先行予告を出していましたが、会員拡大も視野に入れてHYPER Philatelistブログでも行いたいと思います。著作権の制約があるため全部はお見せできませんが、日本切手にはない外国切手の魅力を知っていただき、一人でも収集の道に進まれる方が現れ、そして郵趣協会に入会していただけることを願っています。[公益財団法人日本郵趣協会はこちらです]

 7月号のみどころは、何と言ってもウルトラ怪獣かと見まごうばかりのボディ・ペインティングと仮装文化を持ったセルクナム族の切手です。発行直後から世界中の郵趣シーンでも話題になったようです。チリ最南端の寒冷地にありながら毛皮以外に確たる衣服の文化を持たずに生活していました。文化人類学を学んだ方ならきっとご存知のはず。残念ながら彼らもまたスペインによって絶滅させられてしまいました。せめて切手の上だけでも往時を偲んでくださいますように。

2017061601

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2017

正しい押印を守りましょう

 近年、記念押印・引受消印ともに”ちょん掛け”をさもありがたがるような悪しき風潮が見受けられます。明りょうな規程違反ですので、こんなことを繰り返していたら郵趣家・郵便愛好家自身が自分で自分の首を絞めているようなものです。認識を改めさらに啓蒙活動として共有意識を変えていきましょう。押印規程とダメな例を掲げます。どうぞ正しく理解していただきますように。

 どの程度消印を切手に掛けるか、はっきりと数値が示されています。記念押印で5ミリ、引受消印で10ミリを守りましょう。消印が印面にかかっていないものはダメ、かかりが少ない”ちょん掛け”もダメです。
 なお、引受消印が10ミリなのは、万一郵送中に切手が剥がれた場合、元の郵便物と照合する必要があるため割印の度合いを大きくしてあるのです。このように数字にも根拠があります。

2017061401


 下図は間違った押印の実例です。たまたまスタンプショウ=ヒロシマ2017の記念パーティーで配布された記念カードがアウトでした。案の定、これはよろしくないと指摘されていました。

2017061402

 押印をお願いする私たちの側がちょん掛けを望むのは明りょうな不当要求行為です。
 もちろん、郵便局員さん側も正しい押印を励行されるこ
とが大前提です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2017

珍しい簡易郵便局のポスト型はがき

2017060801

 地元の山口陶(やまぐちすえ)簡易郵便局長さんとお話をしていましたら、たまたま簡易局でもポスト型はがきを作ることができるという話題になりました。細かい経緯は省略しますが、昨日それが入荷したというのでさっそく10枚買ってきました。
 facebookに「簡易郵便局LOVE」という名の簡易局応援グループを作っています。そこで教えていただいたところによると発注単位は20枚。山口陶局さんはそれを3セットの計60枚を発注されたのでした。今日私が10枚購入しましたので残りは50枚です。
 表題の通り、簡易局でポスト型はがきを常備している例は非常に少ないです。郵便局巡りや旅行貯金の方々など、訪問記念にぜひ入手されて下さい。局長さんによると、月に3人くらいはそうやって遠方から訪ねて来られる郵便局ファンの方がいらっしゃるそうです。来局大歓迎だそうです。
 直接来られない方は私が代理購入してスマートレターでお送りすることも可能です。あるいは局に直接電話してご相談されることもOKとのご返事をいただいています。

[宛先面のバラエティ]
 入手したポスト型はがきを観察しますと、通信面の印刷に変化・変遷が見て取れます。最初はPost cardの表示しかなかったものが、じきに郵便番号枠と切手貼付位置表示が入りました。最新の山口陶簡易局版を見ると、このまま送るなら定形外郵便になるためか、逆にPost cardの表示はなくなり、今後の郵便料金改正(値上げ?)を意識してか具体的な”120円切手”云々の表記も変更になっています。なので、古いタイプの在庫に巡り合った時は、なるべく当該箇所を隠さないように切手を貼り、消印を押すようにしています。
 しかも最新の山口陶簡易局版は、裸眼でも判別できるくらい紙の漂白度が上がってより白いです。この他にもバラエティがあるかもしれません。

2017060802

[追記]
 郵趣ウィークリー紙の2017年No.26(6月30日号)にポスト型はがき宛名面のバラエティが取り上げられました。ぜひこちらもご参照ください。
2017063001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2017

食べ物より灯台とか郵便局です

2017060701

 facebookフレンドさんに教えていただき、今しがたTVerで拝見しました。テレビ東京さんの「車あるんですけど?」の灯台と郵便局めぐりの巻です。灯台を見た後、さらに灯台を描く風景印を押してもらいに郵便局に行くとは、うぬぬ、君ら手練れの衆だな(6/11配信終了です)。

2017060702

2017060703

 風景印もれっきとした郵便用通信日附印であってただの記念スタンプではありません。切手への消印が前提です。経験の浅い郵便窓口職員さんが押したものは、切手やはがきの料額印面に消印がかかっていません。これは明らかな違反です。決して真似をしてはいけませんし、押してもらうお客の側もこのような押し方を要求してはいけません。

2017060704

 ところが後からお出ましになった”風景印マスター”(おそらく郵便局長さん)は違いました。押印規程通り3-5ミリ切手にかけて押印されていました。お見事です。

2017060705

 しかし、細かい問題はありましたが彼らを評価したいと思います。ジャンルは異なりますが超一流です。
 質問者に聞かれて二つ返事で”食べ物より灯台とか郵便局です”と即答されました。食事は後回しで移動する、車中でどら焼きかじるだけのその心意気は狂気とも言いますが(笑)、それこそが本物の証です。もしご縁があれば郵趣家はすべからく労を惜しまず全面的に支援いたしましょう。

 本物はわかります。

http://tver.jp/episode/30519502/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県