お知らせ

March 06, 2021

収集品は自らの意志で行きたいところに行く

・・・と常々非科学的なことを言っている自分ですが、今日まさに収集品の方が私を選んでやって来てくれたとしか思えない経験をしました。
 1969年(昭44)に東京で開催された万国郵便連合(UPU)大会議の際に配布されたらしきトンガ王国とビルマ(現ミャンマー)の贈呈帳です。この時は日本も4種セットの記念切手を発行しています。

2021030501_20210306233901

 「よくわからないのが出てきたんだけど」と私の目の前に出されました。もちろんその場で意味がわかりましたので二つ返事でいただいてきました。

 しかし、なんでまた贈呈帳が山口県の片田舎に眠っていたのでしょうか。会議に出席した郵政省の関係者に山口県出身者がいて、たまたま入手できたのでしょうか?。もちろん、収集家向けに一定数を販売した可能性もあるにせよ、新切手の発行日に郵便局に並んでいたような凡庸なレベルのコレクターでは手に入れられなかったでしょう。そもそも、日本切手ではないので日本の郵便局では売っていなかったはずです。

 常識的に考えておそらく製造数は1,000部もないと思います。また、参加国が贈呈帳を作っていたなら、ホスト国の日本の郵政省も作っていても不思議ではありません。どなたかお持ちではありませんか?

2021030502 ビルマの贈呈帳表紙です。上質な紙製でリボンを結んであります。

2021030503

 こんな感じで当時の美麗切手をチョイスして貼り込んであります。ヒンジではなく裏糊の一部分を湿らせて台紙ページに直接貼ってあります。

2021030504

 1968年の「独立記念日」記念切手も貼り込まれていました。左上の男性は誰だかおわかりですか?。今まさにクーデターの渦中にあるアウンサン・スー・チー女史のお父様、惜しくも暗殺されてしまったビルマ独立の志士アウンサン将軍です。

2021030505

 トンガ王国の贈呈帳です。ビルマと違ってお金かけてますねぇ。図版では省略しましたがしっかりした箱に納められています。

2021030506

 ビルマと同じく、切手は台紙ページに直接糊付けされています。

2021030507

 セルフ糊式切手(シール式切手)もトンガ王国名物ですね。この当時、セルフ糊式切手は程度の低いキワ物、パチもん扱いでした。ところが今では主要先進国ではセルフ糊式切手の方がメジャーです。かくも価値観が逆転する時代が来るとは、当時は誰も予想だにしていませんでした。

2021030508

 トンガ王国ならではの円盤切手は大きめのヒンジで留められていました。一部のヒンジはダメになっていましたので帰宅してから補修しました。

 

 

 

 

| | Comments (0)

March 05, 2021

記念押印もの収集はやめました

2021030501

 昨日もfacebookに書いたばかりなので恐縮です。申し訳ないんですが郵便局員さんの押印下手にほとほと愛想を尽かしたため、記念押印ものの製作と収集はきっぱりやめました(もちろん例外はあります)。
 ところがさっき郵便受けを開けたら大量の333引受消印カバー・カードが届いていてびっくりです。もしお要り用なら何かの便でお返ししますので連絡ください。どうぞご遠慮なく。

| | Comments (0)

February 24, 2021

富士図1,000円切手の販売終了

(2月25日追記)
 豊島郵便局さんの在庫は無事に完売した旨、富澤さんから連絡がありました。皆さま、ありがとうございました。

 一般向けにプレスリリースされないまま富士図1,000円切手が今月末で販売終了されることに危機感を覚えたため、あえてお知らせすることにしました。未入手の方は今週末までの数日間のうちに懇意の最寄り局でお買い求めください。これが最後になります。

 という話をfacebookでしておりましたら、我らが公益財団法人日本郵趣協会のお膝元、豊島郵便局の富澤昇吉さんが取り置きをしていただける旨お知らせいただきました。明日2月25日(木)の15時までに富澤さんあてにfacebookのメッセンジャーなどでご連絡ください。ただし、確実に豊島局まで取りに行ける方限定でお願いします。特別なご配慮ですから、くれぐれも失礼のないようにお願いいたします。

(下図は私のコレクションから。市村良二さんにお世話いただいて入手した富士山頂局の田型中央一印と、原画を所有している大分市立美術館さんのポストカードです)

2021022401

◆参照:今こそ富士図1,000円切手を押さえておこう

 

 

 

| | Comments (0)

January 27, 2021

メールアートを知っていますか?

2021012701

 第5回なでしこ切手倶楽部展2021に、表題の1フレーム作品をMail & Postal Artistの槇陶岳 (まき・とうがく) 名義で出品します。新型コロナ対策もしっかり講じられた上での開催ですので、お近くの方は安心してぜひご参観ください。また、会場内には豊島郵便局の小型印投函ポストも設置されますのでどうぞご利用ください。
※臨時出張所はありませんのでご注意ください。

 Facebook内に高解像度のjpg画像を収めた写真アルバムを作成しました。どなたでも自由に閲覧できますので下記URLにアクセスしてください。また、リーフ中のQRコードをスマホやタブレットのQRコードリーダーで読み取ると、より詳しい解説ページにアクセスすることができます。
 なお、ネット上での一般公開は、切手展終了後適当な時期にCLOSEしますのでご注意ください。

https://www.facebook.com/media/set?vanity=100034848790031&set=a.459048801933409

 作者からのお願いです。メールアートの認知度を向上させること、展示の機会を少しでも増やしたいこと、作中で触れています中野秀昭氏の情報を広く求めていることから、作品の転載等についてはむしろ積極的に認める方針です。ただし、あくまでも著作権者としてその権利の行使を留保するものであって放棄した訳ではありませんのでご注意ください。よって、動機を問わず作品の改変までは認めません。詳細はお問い合わせください。
 なお、これはあくまでも作者としての考え方であって、なでしこ切手倶楽部の方針とは一線を画します。

2021012702

 

 

 

| | Comments (0)

January 25, 2021

新郵趣用語「サイズスケール」のご提案

 ネットショッピングと個人間取引の拡大に伴い、ゆうパケットやネコポスなど、送付種別も広がってきましたね。その波及結果として専用パッケージ(封筒や箱)も売り出されています。それともうひとつ、スケールがあります。専用パッケージの普及でいずれ消え去るのか、それとも存在し続けるものか、しっかり観察しています。
 百均に行くと必ずこのスケールをチェックしています。完売すると再入荷はまずなく、違う製造メーカー品に取って代わるパターンがほとんどだからです。昨日もダイソーイオンタウン小郡店で初見品を見つけたので買ってきました。

2021012401

 本体サイズは159×299mm。自宅のMacBook Proの上に収まるサイズなので鞄に入れての持ち運びも容易そうです。
 計測対象は最大25cm幅、厚みは1,2,2.5,3cmの4通り。種別対象は定形・定形外郵便、ゆうパケット、ネコポス、クリックポストなど。

2021012402

 裏面のエッジにわずかながら突起をつけています。たったこれだけのことで指先でつまみやすく、またスケール自体の強度も上がっていると考えられます。
 もちろん工業デザイナーですから、この突起や円形の凹みがあることで型抜きしやすくなるという製造工程上の理由もあることくらい百も承知です。

2021012403

 帯封型の商品説明パッケージが巻いてありましたので展開してスキャンしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ところで、今の課題はなんだかおわかりですか?。実は一般名称がまだないことです。「スケール」だけでは定規の意味なので大雑把すぎます。図版の「厚さ測定定規」という呼称も一般に定着しているレベルには至ってはいない感があります。
 自作の郵趣データベースを検索してみますと、2018年9月1日からローソン各店で無料配布された定規には固有名称は付けられていません。2019年11月から主要郵便局で2,000円(税別)というたいへん良いお値段で販売された「ぽすくま/ガイドルーラー」なる名称は既に忘れ去られているような・・・。その他ググってみると「マルチガイドスケール」などの語も出てはきますが冗長感は否めず、定着しているとは言い難いものがあります。

<参照>
ローソンさんで3cm厚計測ゲージ配布
ぽすくまガイドルーラーを買ってきました

 そこでご提案です。従来、郵便や荷物の世界ではスケールと言えば重さを測るのが主目的でしたし、主に「重さ秤」を意味していました。それとは違うというニュアンスを持たせる意味で「サイズスケール」と呼んではいかがでしょうか?。
 この言葉は既に存在してはいるものの、郵便・荷物用スケールとして限定まではされていないかわりに著作権も設定されていない公知の言葉です。少なくとも郵趣界で呼称するにはうってつけではないかと思います。思いっきり和製英語ではあるものの、適用範囲は国内の郵便・荷物なので実害はないでしょう。自分は既に郵趣データベース などにはキーワード登録して使用しています。

 

 

 

| | Comments (0)

January 23, 2021

郵政創業150年記念ロゴ

 日本郵政グループの広報誌「郵政」2021年1月号が届きました。その裏表紙に郵政創業150年記念ロゴの記事がありましたのでご紹介します。1月中旬以降に発表されるとありますが、本稿執筆時点の1月23日(土)では未発表です。楽しみに待ちましょう。

2021012301

 

 

 

| | Comments (0)

January 18, 2021

【画期的な決定】会報の無料公開化が決まりました

2021011701

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)では20214月から会報の電子化を計画しています。計画実施を前に、2021331日まではどなたでも自由に会報を閲覧していただける公開版を作っています。
 実施を前に1月17日(日)の例会で協議した結果、2021年度以降も無償で自由に閲覧できることに決まりました。本格実施の20214月までにシステム等を整えますが、これまで通り自由にご覧いただけます。
 Facebookのアカウントをお持ちの方はメンバーリクエストをお送りいただければメンバー登録します。そうでない方も下記URLをお使いのブラウザの”お気に入り”に登録してください。

https://www.facebook.com/groups/3127411117327052

 これまでは「年会費=会報製作・送料」の意味合いで年会費の金額が設定されていました。よって、年会費を払わない人が無料で会報を読めるのは不公平だという考え方が常識となっていました。当然で合理的な考え方です。
 しかし、切手収集家がわんさといた時代はとうに過ぎてしまいました。会費を払った人だけが会報を読めるメリットよりも、地元に郵趣会があること、毎月例会をしていること、年3回のバザーを開催していることなど、大事なインフォメーション情報が得られないデメリットの方が大きくなってきました。ググっても地元の郵趣会情報がまったく得られない例がいかに多いことでしょうか。

 私自身、ググってもまったくヒットしないため、某S郵趣会はとっくに解散したものと思い込んでいました。ところが偶然、メンバーの方と接する機会があり、今も月例会を開催しているというではありませんか。メンバーが高齢化した結果、どなたもパソコンが使えず情報発信できないというのが真相でした。これでは新しい仲間が増えるわけがありません。

 1月例会で、タダで会報が読めることに対して不公平感を感じますか?、と実際にお聞きしましたところ、仲間と語らうことやイベントに参加するのが楽しみ。会報を読むことだけが目的で会員になっているわけではない。特段の不公平感はない・・・との意見でした。それを踏まえ、現在の「公開版」を2021年度以降も引き続き運用することに決まりました。

 よって、新年度からは「年会費=活動賛助費」という考え方に移行します。

 JPS防府支部の活動に共感していただけましたらこれまで通り年会費2,500円をお納めください。会報は各自ネットからダウンロードしてください。紙媒体の会報の郵送はしませんが、例会に参加された方には当日に紙媒体の会報をお配りします。
 ネット環境になく、今後も引き続き紙媒体での会報郵送を希望される方は年会費3,000円をお納めください。
 さらに、会報の無料公開化が正式に決まりましたので、2021年3月を以て紙媒体会報の交換誌は完全廃止します。

※注:新年度年会費の振込先等詳細は3月1日に発表します。

 より具体的な制度変更・整備につきましては4月の本格実施までに齊藤支部長より関係各位あてにお知らせする予定です。何か疑問点がありましたら私 (椙山) あてにご連絡ください。責任を持って齊藤支部長に繋ぎます。

 

 

 

| | Comments (0)

January 05, 2021

1月の中止・終了ネタ

2021010501

 表の中で特に重要なのは2件。9日のJPS東京・新春交歓会2021の中止は1974年の開始時以来初の中止です。31日のPHSサービスの完全終了はまさしく現代史そのものです。
 なお、これから1都3県に緊急事態宣言が再発令されるとさらに中止・延期・終了ネタが増える可能性があります。記念カバー・カードを作成される方は要注意です。

 

 

 

| | Comments (0)

December 23, 2020

国際郵便引受停止

2020122301

 岡本哲さんが私名義で差し出してくださった短波ラジオの受信報告書郵便が付箋つきで戻ってきました。岡山中央郵便局、2020年12月18日(金)の欧文印が押されています。大阪国際郵便局まで運ばれた段階で引受停止付箋がつけられ、本日2020年12月23日(水)に私の山口市の自宅に戻ってきました。

 国際郵便物の名宛国・地域別の差出可否および配達遅延等の情報は日本郵便のホームページに常に最新情報が掲載されています。改めてじっくり読むと、想像通りいわゆる先進国はほぼほぼ受付再開されていますが、それ以外の小さな国や地域は軒並みペンディング。
 年賀繁忙期の今のタイミングでオススメはできませんが、武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍を郵便面で追跡されている方は、引受停止国あての航空便もしくは船便の封筒やはがきを差し出し、付箋付きで返送された例を確保しておくのは無駄にはならないでしょう。引受停止状況をプリントアウトして実逓便とセットで整理収納しておくことは意味があると思います。

2020122302

 ご自分の住所氏名を書くのが憚られる方は、Mail & Postal Artist活動用の私の別名(サブアカウント名)の「槇陶岳」とそのアドレスを利用されてもかまいません。それならプライバシー保護の必要もないので、公表時に隠すことも不要です。詳細はメールをください。

参照:国際郵便物の差出可否および遅延等

 

 

 

| | Comments (0)

December 22, 2020

JPS防府支部からの重要なお知らせ

2020122201

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部 (JPS防府支部) ではこの一年間の試行期間を終え、2021年 (令3) 4月の新会計年度から会報「ほうふ」の電子化を計画しています。facebook内の会報専用ページにjpgデータ形式でアップロードされた電子データを支部会員各自でダウンロード購読するスタイルに移行します。

 つきましては来年の4月例会までにfacebookに登録していただく必要があります。これを”新しいアカウントの作成”と言います (無料です)。アカウント作成がよくわからない方は1~3月例会にお使いのパソコン、タブレット、スマホをお持ちください。例会席上で設定をお手伝いします。

<要点>

(1) 来年4月以降、電子版と従来通り紙版での購読の違いによって年会費も若干の差額が設定される見込みです。詳細は検討中です。

(2) 来年4月以降は紙媒体による交換誌も廃止予定です。その後の対応は検討中です。

(3) 現在一般公開中でどなたでも閲覧できる「JPS防府支部会報 (公開版)」も来年4月例会日前後に閉鎖されます。

(4) 本稿執筆時点でfacebookにpdfデータをアップ (ダウン) ロードする機能がないため、当面はjpgデータのみを扱います。ただし、要望が多ければpdfデータでの配布も技術的に可能です。

※来年1月例会以降に具体的な検討に入りますので、現支部員および新規入会をご検討中の皆さんからの忌憚のないご意見をお願いいたします。

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県