郵便を出そう

April 09, 2024

JPS防府支部新メンバー募集中です

 新年度にあたり、公益財団法人 日本郵趣協会登録 防府支部 (JPS防府支部) では新メンバーを募集しています。JPS普通会員以上の山口県在住者ならどなたでも、また県外在住者の方も手頃な年会費で加入できるようにしました。

・県内会員:3,000円/年
・県外会員:2,000円/年

 振込先:ゆうちょ口座15590-10330981 日本郵趣協会防府支部

 会報は発行しませんが、例会のある毎月第3週には2〜4ページ程度の「例会資料」を発行しています。facebookのJPS中国四国地方本部のページをはじめ、支部長の個人ブログHYPER Philatelist、X(旧ツイッター)、Threads、mixiに事前にアップロードするようにしています。ご自由にダウンロードなさってください。なお、例会参加者さんにはペーパーでもお渡ししています(郵送配布はしません)。
 毎月の例会案内はがきは県内会員・県外会員の違いに関わらず全員に郵送しています。そのはがき自体がコレクションとして残せるよう、何かしら工夫して発送するよう心がけています。ご期待ください。

JPS防府支部長:椙山哲太郎(20240409記)

※図は4月の例会案内はがきです。オリジナルフレーム切手「大村益次郎生誕200年記念」を貼り、同記念小型印を押印して初日の4月1日に発送しました。このような大ネタは、さすがに毎月は期待できませんけれど、できるだけ知恵を絞って取り組んでいます。

2024040904

 

 

 

| | Comments (0)

April 06, 2024

折れなしミニレター

 柴田公子さんからご寄贈いただきました。いつもありがとうございます。
 栃木県立博物館公式キャラクターミミヅク土偶のみーちゃんが表裏に印刷されていること、「②やまおり」の注記 (赤矢印) があることで折れなしミニレターだと判断しました。印刷をする場合は折れがあるとたいへんに厄介なのです。

2024040601

 

 

 

| | Comments (0)

December 24, 2023

wish a wish at ROPPONGI HILLS 2022→2023

 六本木ヒルズさん毎年恒例の、一年後にクリスマスメールを届ける素敵なイベント郵便が今年も届きました。送ってくださったのは池澤克就さん、中嶋弘美さん、山本美佳さんのお3人です。なお、配達は3通同時で12月4日に届きました。いつもありがとうございます。

 簡単に概要をご説明します。専用封筒・クリスマスカードそして郵送費用もすべて六本木ヒルズさんが負担される太っ腹企画です。2012年用 (2011年暮差出) が最初です (六本木経済新聞さんの20171207の記事による)。
 郵趣界にその存在が知られたのは、2017年暮にたまたま所用で行かれた澤田一毅さんが遭遇。機転を利かせて送ってくださったのを私がHYPER Philatelistブログ等で発表したのがたぶん最初だと思います。それ以前の実逓便 (と関連記事) を探しているのですが、いまだにご縁がありません。
 その2018年用をきっかけに以後毎年途切れることなくトータル6年続けて必ずご恵送いただいています。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍の最中でも継続された有意義で稀有なタイムカプセル郵便の代表例です。
 2023→2024年用も明日25日(月)まで受付されています。首都圏の方はぜひ利用されてください。

<過去記事参照>
wish a wish at ROPPONGI HILLS(2021年用)
wish a wish at ROPPONGI HILLS 2021→2022

 以下、2023年用の実逓便をご紹介させていただきます。

2023122501

池澤克就さんから。

2023122502

山本美佳さんから。

2023122503

中嶋弘美さんから。

2023122504

 クリスマスカードの青枠2種、ベージュ枠2種の4種が入手できました。それぞれのバージョンごとに5種ずつあるとすると合計10種になるのでしょうか。

2023232505

 皆さんだいぶ慣れてこられたようで、おのおのが創意工夫をされています。封〆部分に本物の切手 (使用済) を貼られているのは池澤さん。差出日シールを貼ったうえにぽすくま1円切手を貼って消しゴムはんこまであつらえて郵便テイストを演出されているのは中嶋さん。素晴らしいですね!。

 

 

 

| | Comments (0)

December 08, 2023

ぽすくまは郵便局のキャラクターです。

 一般向けのプレスリリースが一切なかったので、ぽすくまファンの皆さんもお気づきになってないのではないかと思います。
 実は2023年10月1日より、ぽすくまの用途が拡大され、正式にゆうちょやかんぽでも使えるようになりました(それ以前は、なし崩し的に使われていただけ)。それに合わせて「ぽすくまは日本郵便のキャラクターです。」という表記が「ぽすくまは郵便局のキャラクターです。」に変更されました。
 ファンタスティック・スタンプクラブ (FSC) メンバーのみに本情報を周知し、その最初期出現例をウオッチングしていました。第1号と思われるアイテムは別に確認していますが、ふつうに手に入るものではないので割愛します。誰でも入手できる第1号 (推定) は、宮城県仙台市の佐藤英幸さんが発見されました。その実物もご恵送いただきましたので初報は今夜のオンライン『郵趣』にて発表しました。さらにHYPER Philatelistブログ、facebook、Threads、X (旧Twitter)、mixiでも発表することにしました。
 現物は「東北地方のご当地キャラに応援の年賀状を書こう!」という15ページもの立派なパンフレットです。同様の応援企画は他の支社さんでも行われていますが、東北支社さんのそれは規模もずば抜けて本気です。今のうちであれば (東北支社管内であれば) どなたでも無料で手に入ります。

 パンフレットの表紙です。

2023120801

 2ページです。こちらに「ぽすくまは日本郵便のキャラクターです。」の表記があります。

2023120802

 裏表紙の15ページです。興味深いことに、ぽすくまと仲間たちの場合は従前通り日本郵便のキャラクターとの表記になっています。この違いは重要だと思います。

(20231209追記)
 念のために確認しましたら、ぽすくまと仲間たちも郵便局のキャラクターに変更するとなっていました。ということで、裏表紙の表記が10月1日以降に編集されたものであったならチェックミスの可能性があります。いずれにしても同じパンフレットで2通りの表記が併存しているという面白いアイテムであると言えます。

2023120803

 

 

 

| | Comments (0)

December 12, 2022

wish a wish at ROPPONGI HILLS 2021→2022

 六本木ヒルズで毎年この季節になると行われている一年越しのクリスマスカード企画です。その2021→2022年バージョンの実逓便が山本美佳さん、中嶋弘美さん、池澤克就さんのお三人さんから届きました。一年越しの”ありがとうございます”です。
 これまでと同じく料金別納郵便です。そのままでは味気ないと思われたのか、中嶋弘美さんはカバーの表裏にシールを貼ってデコってくださいました。これは使えるアイデアです!。ぜひ参考になさってください。

▼専用封筒の表裏両面(中嶋弘美さんより)

2022121210

▼2種のクリスマスカード

2022121211

◆参照:wish a wish at ROPPONGI HILLS

 

 

 

| | Comments (0)

March 07, 2022

最初のふみの日小型印押し国際郵便

2022030701

 郵趣2月号から始まった新連載「”ふみの日切手”の変遷とその収集」はたいへん面白いです。私自身が3月23日のふみの日生まれであることから、私も密かに収集していました。切手が発行されたのは昭和54年7月23日ですが、実はキャンペーンそのものは昭和50年から始まっていたこと。しかし、昭和54年3月にJPS会員でもあった後藤茂議員が国会質問をするまでは運動は低調であったこと。それがきっかけで事態は急転し、同年4月23日から小型印が使用開始されたこと等、筆者の柳川敏夫さんは本当によく調べておられます。私も当時の郵政文書を見て知っていたものの、ほとんどの人は知らないだろうと思っていた事柄がばっちり書かれていて感嘆しました。
 それもあって2月の「オンライン郵趣」の際にこの件について言及したのでした。図のカバーも郵趣誌をきちんと読んでいれば意味がわかったであろうに、幸運にも無競争で入手できました。そう、これが昭和54年4月23日の最初のふみの日小型印が押された実逓便です。

 前年の昭和53年、郵政省は労働争議で揉めに揉めた一年でした。その処分が昭和54年になっても続いていたため、ふみの日キャンペーンどころではなかったとか。それゆえ、4月23日の小型印開始の広報も数日前というありさまで、使用開始を知っていた郵趣家も決して多くはなかったそうです。私自身、昭和54年の春に高校を卒業して上京していましたけれど、ふみの日のことは7月の切手発行まで何も知りませんでした。

 そんな社会背景があったことを踏まえてこのカバーを見てください。4月20日の切手趣味週間発行初日ではなく、いかなる理由か3日遅らせてふみの日小型印を押しての実逓便はまさしく幸運。ふみの日ロゴマークのスタンプまで押されています。今となっては国内便ですら収集困難ですのに、国際郵便とはうれしい掘り出し物でした。よくぞ作っておいくださいました。これぞ良い意味での”完璧な郵趣家便”と言えるでしょう。カバーの裏面を見ますと、差出人は東京都杉並区在住の F. BAN’NO とタイピングされています。

 月刊「郵趣」誌くらい定期購読しましょう。収集の役に立つかどうかは各自の収集態度によって決まります。

 

 

 

| | Comments (0)

March 01, 2022

郵趣2022年3月号

 皆さんのお手許にも届いていると思います。私一人で10ページも誌面を使わせていただきました。さらに巻頭カラー特集「メールアートを知っていますか?」について、山田廉一理事長が巻頭言で触れてもいただきました。日本郵趣協会に加入して47年、確実に生涯で最初で最後の出来事だと思います。

2022030101

 メールアートの記事に関しては、山田理事長じきじきに掲載の機会を与えていただいたものです。私自身が長年職業デザイナーでしたので、郵趣にはアートの要素があることは若い頃から気がついていました。それで今回はPhilatelist (郵趣家) の椙山哲太郎ではなく、Mail & Postal Artistの槇陶岳 (まき・とうがく) として巻頭カラー6ページを執筆させていただきました。

 メールアートは新しい芸術活動なので、本来なら現代アートのスタディがないと理解できない部分が多いです。しかし、せっかく郵便規則や消印そして使用例に関する豊富な知識を持つフィラテリストがまったく無関係のままでいるのはたいへんにもったいないことです。まずはその初歩的な入門編という意味で、なるべく平易な言葉を使い、具体的な例をご紹介することに努めました。

2022030102

 これに偶然が重なりました。担当連載記事のWORLD STAMP NOWがちょうど200回を迎えたのです。これがカラー見開き2ページ。

2022030103

 連載200回記念のインタビュー記事も昨年のうちに計画されていまして、これもモノクロ見開き2ページ、トータル10ページです。なんかすんません(笑)

2022030104

[本気で遊ぶおじさん]

 ところがお話はこれで終わりではないのです。古くからのお友だちの若林正浩さんが、連載100回の時と同じくお祝いと称してネタにして遊ぼうという企画を秘密裏に進めてらしたのです。フレーム切手を作るから顔写真を使って良いかとの問い合わせがあり、”面白ければなんでもアリ”と宣言している以上、断る理由がありません。好きにしてくださいとご返事した結果がこれです。本当に63円と84円の2種のフレーム切手が届きました。デザインは私の横顔と”めざせ300回”のコピー入りです。マジか?、マジです!。

2022030105
 お遊びはまだ続きます。連載200回にちなんで埴輪の兵士200円普通切手をもじったシールまで作られました。画像ではわかりにくいかと思いますが、埴輪の顔の一部が私の顔になっています。
 フレーム切手と同じデザインのシールも作られ、記念印を模したハンコまでプリントされています。その2種の銘版は”椙山極道印刷製造”。自ら”郵趣極道”と言いふらしているので否定できません。
2022030106
 さらにさらに、こんな50面シールまで届きました。3月号の表紙が2枚、横顔のカラートライアル(笑)が8種の横10連刷×5組です。しかもフィラテリストしかわからない単線目打仕様です。一体何考えてるんでしょうか?(笑)。
 なお、シールはいずれも目打は印刷で、簡単に切り離せるようにダイカットが入っています。まさか手切りですか???

2022030107
 さらにさらにさらに、これらシールを58人に送り、メールアートの記事を参考にして私宛に作品を送れと指示されたとか。私も今すぐにそれ専用のコレクションファイルを1冊あつらえることにしました。いずれ近いうちに届いた”作品”をアルバムリーフ作品に仕立ててご覧いただく機会を作ろうと思います。おじさんが本気で遊ぶとここまでやるという実例です。

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

February 09, 2022

直近の備忘録2題

 いつも皆さん、素晴らしい郵趣トピックをお寄せいただきありがとうございます。なるべくリアルタイムにまとめて発表紹介するのが義務であると自覚しながら取り組んでいます・・・本当は外国切手のコレクターなんですけどね(笑)

2022020901

[FSC認証マーク入り普通はがき出現]
 2022 (令4) 年用年賀はがきは、全ての券種で森林保護に繋がる「FSC認証」を受けた紙を使用しています。その報道発表に際し、通常はがきにも順次FSC認証用紙に切り替えると明記してありました (下図)。それが実際に出現確認されましたのでお知らせします。
 FSC認証マーク入りヤマユリ63円はがきが石川・西岸郵便局に配給されたのが2月3日(木)。発見者は当日不在にしてらしたので気がつかれたのが翌4日(金)の午後。その時点で実逓便を送ってくださったのが上図左です。マーク部分の拡大図も添えておきます。
 なお、完封封包にもマークが入っていますが、認証番号ははがき本体とは別番号です。製造はトキワ印刷、日付は2021年11月4日。

2022020902

[セルフ引受機が新宿郵便局にも配備]
 昨2020年7月26日、東京中央郵便局に突如試行設置されたセルフ引受機が新宿郵便局にも設置されているのを市村良二さんが気がつかれ、さっそく実逓便をお送りいただきました。お便りによると2月5日(土)に確認、翌6日(日)に本便を発送いただきました。
 なお、昨年12月には渋谷郵便局にも配備されたそうですが詳細情報がまったくありません。ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。

 

 

 

| | Comments (0)

January 04, 2022

スマートねんが

2022010401

 今季から始まったスマートねんが、初年度は資料としても重要だからと志賀格さんが手続きしてくださいました。ちゃんと元旦に私のLINEに届きましたのでfacebookにもこの件をアップロードしました。この時はデジタルデータだけだと思っていました。
 エリアマネジメント局が通常営業を開始する今日1月4日、地元局に立ち寄りましたら年賀状実物も届いていました。けっこうな費用もかかりますのに恐縮です。興味のある方は今すぐ手続きしてください。購入期限は1月7日まで、LINEでの年賀状の送付期間は2月4日までなのでまだ間に合います!

2022010402

 届いた年賀はがきの右下に管理番号が入っています。また田型マークが入っているので四面はがきを使ってのプリントということもわかります(赤矢印部分参照)。また、本例のように郵便局留置にされると郵便印が押されるので、郵趣的価値も付与しうるものと思います。
 なお「スマートねんが」は漢字の年賀ではなく平仮名の「ねんが」が正式な表記のようですね。こうした細かい部分もしっかり記録に残しておきたいものです。

◆参照:スマートねんがサイト

 

 

 

| | Comments (0)

December 14, 2021

赤い『ポストカー』運行情報

2021121405

 亀城雅子さんから代官山 蔦屋書店の赤い『ポストカー』運行情報をお知らせいただきました。ありがとうございます!。

 2019年 (平31) 11月、5ヶ所目の訪問地として萩市の「萩ふるさとまつり2021」に来たことから関心を持ってきました。今年年末の運行日は12月11,12,18,19日の11:00~18:00です。今週末の18,19日にはまだ間に合いますのでぜひお出かけください。

2021121406

参照:赤い『ポストカー』in萩ふるさとまつり2019

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レア苗字 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣ダイアリー 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県