マンガ切手

July 08, 2014

「ディズニーの魔法の世界」小型シート

Mdw

 2014年6月1日、ポーランドは「ディズニーの魔法の世界」(英語の原題は”The magical Disney world”)と題する小型シートを発行しました。(公財)日本郵趣協会ポーランド郵趣部会報「ポーランド郵趣」第135号に詳しいインフォメーション記事が掲載されていましたので、一部引用させていただく形でご紹介いたします。
 3D映像のファンタジー作品”The Pirate Fairy”(海賊の妖精)を題材にしたものです。日本ではティンカー・ベル・シリーズの最新作で5月21日にソフトが販売開始されそうです。新作映画とのタイアップ切手(正刷切手)の例は既に数ケ国で前例がありますが、ポーランドではこれが初ではないかと思います。じきに日本の新切手輸入販売会社さんも取扱を開始することと思います。ディズニーファンのかたはお見逃しなく。なお、オフセット印刷、発行枚数は18万シートです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2013

霧島温泉郷の坂本龍馬の風景印

2013121203

2013121204 鹿児島の話を出しましたので、表題の風景印についてもまとめておきます。

 平成11年(1999)1月11日のゾロ目の日に5局で一斉に使用開始されました。当時、財団法人日本郵趣協会鹿児島支部の会報「かごっま」担当係だったので大々的に取り上げました。図案は福岡在住のイラストレーターさんに依頼したと聞きましたがお名前までは失念しました。新婚旅行、混浴、ふんどし姿などなど、マンガタッチではあるけれども風景印にしてはいずれも初めてではないかと思われる図案、それにゾロ目の日ということもあってたいへん評判が良かったと記憶しています。今も初日印影が相当数残されているものと思います。

 後の資料とするため、かごっま26号を掲げておきます。左画像をクリックしていただければポップアップ・ウィンドウで拡大画像が開きます。

|

October 01, 2012

漫画家・永井豪氏の切手

2012100101

 2012年(平24)9月29・30日に行われた第30回全国郵趣大会in小倉では、私も生前におつきあいさせていただいていたT.T氏の遺品コレクションのセールがありました。外国切手を中心に私もその一部を引き継がせていただきました。その中で特筆すべきものがこれ、中央アフリカが1998年(平10)9月1日に発行した「漫画家・永井豪の世界(漫画家生活30周年記念)」6種連刷シートです。
 いわゆるエージェント切手ではありますが、永井豪氏とダイナミック・プランニングのコピーライト表示があるので正規発行券と言えます。そして題材に取り上げられている漫画もまさに豪華キャスト。デビルマン、マジンガーZ、ハレンチ学園、バイオレンスジャック、手天童子、凄ノ王(注:凄は正しくはさんずいに妻)。
 諸般の事情により、郵趣市場に供給された量が少なかったらしく、発行時点で市価が2,800円。それ以後も2,000円を下回ることなく現在に至る、というよりモノ自体をほとんど見かけません。おそらく、発行当初に購入された方しか手に入らなかったものと思われます。
 そしてもっとも重要なことは、自分の郵趣データベースでは、これが外国切手になった日本漫画の第1号らしいことです(これより早い前例があればご教示ください)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2012

オーストラリアがハローキティー切手を発行

2012072401

 我が目を疑うとはまさにこのこと。な、な、なんと、かつての敵国(笑)オーストラリアがハローキティーの切手を発行したようです。COOL JAPANの輸出はもう大歓迎ですがやっぱり驚きます。フレーム切手、Pスタンプの類ではなくれっきとした正刷切手のようです。「スタンプパック」という名称(商品名)を使っているので特別シートではあるようです。ホームページの記述だけでは委細が不明なのでさっそく個人輸入をかけようと思います。

http://shop.auspost.com.au/stamps/souvenir-sheets/hello-kitty/sku/1514758

<参考:同郵政の説明文>
   The character of Hello Kitty was designed by Yuko Shimizo of the Japanese company Sanrio in 1974. She is portrayed as a white Japanese Bobtail cat with a red bow on her left ear.
   Originally targeted to young girls, Hello Kitty is now a global brand and a worldwide marketing phenomenon that appeals to young and old. Hello Kitty appears on a range of products including purses, stickers, toasters, clothing, jewellery, dolls and school supplies. She has starred in her own TV series and has been the subject of numerous video games.
   Hello Kitty and other characters also feature in two officially licensed theme parks in Japan: Harmonyland and the indoor Sanrio Puroland.
© 1976, 2012 SANRIO CO., LTD.

|

August 20, 2009

優秀なマンガおたくの人材が必要

090820_01

 私たち郵趣家(切手収集家)も「切手マニア」などと呼ばれることに強い抵抗感を覚えるので、「マンガおたく」という表現に同様の反感を買ってしまうかもしれません。それも私自身の知識の無さゆえのこと(後述)であると、ひとまず棚上げして話を聞いていただきたく存じます。

 来る2009年10月6日、オーストラリアが「LET'S GET ACTIVE!」と題する6種セットの切手を発行します(上図)。勘の良い人ならすぐにピンとくることでしょう、そうです、日本漫画風イラストレーションのデザインです。同郵政の郵趣広報誌Stamp Bulletin 300号によりますと、Japanese manga comics and animationに強い影響を受けたJames Hartさんの作品ですと、はっきりインフォメーションされています。
 これ以外にも昨年ベルギーで、日本人の女性電気技師という設定の漫画「ヨーコ・ツノ」が切手になっています。これも作者は日本人ではなく、日本漫画にインスパイアされた同国の漫画家Roger Leloupさんです。
 さらにJapanese Styleの漫画は韓国では山ほど切手になっていますし、アジアはもちろんのこと、全世界で切手採用の動きが加速しています。
 私たち日本人が気付かないうちに日本漫画風図案の切手が地球規模でじゃんじゃん発行されるようになるのは時間の問題のようです。さりながら、今の日本にはこの分野に強い郵趣家がひとりもいません。私もかろうじてガンダム位はわかりますが、仮面ライダーもわかるのは2号まで。えばんげりおんとやらになるともうさっぱり。自分自身も多少は絵に関係のある職業(工業デザイン)で、漫画家のイトコもいますが、やはり研究者となるとぜんぜんあてになりません。 レベルが違い過ぎます。
 日本製の漫画やアニメが輸出されるだけの時代は過ぎ、今はそれらに影響を受けた各国の漫画家、アーティストによるJapanese Style Artが続々と産み出されています。ですからファンタスティックな郵趣文化の将来を考えれば、どうしてもこの分野に強い人材が必要なのです。鳥獣戯画から浮世絵、北斎漫画、現代のアニメ、そして全世界へと、時間と空間を超えて広がるテーマであり、絵画切手、ジャポニカ切手などにおいて極めて重要なカテゴリを形成するものです。
 現時点でもすでに漫画本を読む姿を描いた切手、ベルギーの漫画センターを題材にした切手など、非常にコアなアイテムも発行されています。私も全面的に支援する気持ちでおります。どなたか若くて優秀な生粋のマンガおたくの中で、このジャンルを請け負いましょう!という人はいませんでしょうか。改めて言うまでもなく、このジャンルの第一人者になることが約束されたようなものなのですが。

090820_02
↑世界最初の漫画切手(無目打・田型)。ブラジル・1949年6月18日発行。戦闘帽をかぶり楯を持った鳥を描く航空隊のマーク。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 05, 2009

楽しいディズニー切手

090505_1

 ゴールデン・ウィーク特別企画その2としてディズニー切手を取り上げます。基礎知識としてこちらを一読頂くと以下の内容も理解が促進されるかと思います。今日、取り上げますアイテムもすべてウォルト・ディズニー社のコピーライトが入った正当なアイテムです。
 さて、トピカルやテーマチク材料としてディズニー切手を利用するのはあまり上品な作法とは言えません。しかし、ディズニー社もそれなりに気合いを入れて企画しているので、いろんな意味で楽しいですよ。

 図は国際切手展PHILANIPPON'91記念にウガンダ名義で発行された8種のうちの一枚です。既に鹿児島在住の収友たちの大ウケした様子が目に浮かびます。日本の伝統行事や作法をまとめたセットに、なぜか指宿の砂蒸し温泉が描かれているからです。最初に見た時、私も「うっそーぉ!」と声に出してしまったほどでした。印面中のキャプションは"MICKEY AND DONALD IN IBUSUKI ARE TAKING HOT VOLCANIC SAND BATHS"ですから間違いないでしょう。
 このセットは考証が深いんだか浅いんだかどうもよくわかりません。百科事典を引かないと出てこないような用語が使われているかと思えば、いかにマンガとは言え中国風でも朝鮮風でもない変な衣装だったりします。ディズニーの日本法人もあるんですから、普通の日本人社員に聞くだけでもだいぶ違った出来になったんじゃないかと思います。そんな思いとともにさらに2種をご紹介します。

090505_2

 左は"CLARABELLE COW ENJOYS TRADITIONAL INCENSE BURNING"とあるのでおそらく香道のことだと思われます。しかし、惜しいことに道具が違う。蚊取り線香を入れるブタの陶器はないでしょう。これ、よく考えればかなりレベルの高い(?)図案ミス切手です。
 右は"MICKEY AND MINNIE ENJOY CARD AND LETTER WRITING EVERY NEW YEAR"で、たぶん年賀状のことだと思います。部屋内なのにミニーが草履をはいている程度の軽い図案ミスですので(よくあります)まあ、これはこれで良しとしましょう。伝統郵趣的に年賀状使用例などをがっちり集めているアナタ、タイトルリーフにこの1枚を飾りましょう。たったそれだけのことで作品が台無しになることカクジツです!(笑)

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2009

WBC

090321_1

 ええ、もちろん買ってきましたとも!「週刊少年漫画50周年Ⅰ」を。いやもう、全部の漫画を知ってます。私のような40代狙いがミエミエですが、ま、いいじゃないっすか(笑)。それに、単なるサブカルチャー扱いから日本を代表する世界に通じるMANGAの、その記念切手の製造がフランスのカルトール社だというのもしゃれてて素晴らしいではありませんか。日本切手にしては久しぶりにまじまじと眺めてしまいました。
 上図の「おそ松くん」は特にいいですね。ちょっとひねってはいるもののイヤミのシェーがついに切手になったかと感慨深いものがあります。はい、自分も昔のアルバムの中でシェーをやっとりますよ、しかもラッパズボン履いて!。
 特にうれしいのが印面中に「バカ」の文字がある点です。落書き風とは言え2カ所も書いてあるとは何と大胆な。フレーム切手や写真付き切手ではなく正刷切手での「バカ」表記は、スラング・隠語・差別用語などのテーマでも収集している私にとってはぐっときました。中国マカオも馬鹿切手(下図)を発行しているので、これで日中の「バカ」が揃いました。これに韓国やベトナムなどの他の漢字文化圏でも発行されると今話題の(?)WBCことワールド・バカ切手・コレクションが充実するんですが・・・もちろん、バカっぽい人物が既に切手になってるじゃないかとのご意見は重々承知済みです。

090321_2

※↑第2次・故事成語より3.50p切手(中国マカオ2007年発行)。
「指鹿為馬」=権力を利用して間違ったことを押し通す、または他人を愚弄すること。これは史記の故事で「馬鹿」という語の由来とされている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2005

霧島温泉郵便局の風景印

050303

 さっそく一昨日の答えから。切手ではないものの日本における「有名人」の「混浴」を描いた郵趣アイテムとは、鹿児島県は霧島温泉郵便局の風景印でした。西郷隆盛に匿われるようにして坂本龍馬とお竜さんが薩摩にやってきて湯治をしている場面を漫画風に描いたデザインです。この温泉旅行は日本最初の新婚旅行としても超有名です。

 さて、私の温泉通いは大橋館長さんのご指南通りで、周南市の湯野温泉がお気に入りです。「元湯小松」さんがやはり一番効きます。ただ、通の人はさすがによくご存じで、いつ行ってもそこそこ混んでいます。私自身も右頚部痛の治療が目的なので、同じように真面目に湯治に浸かっている人(ふしぎに見ただけでわかる)が多い時は早めに切り上げます。入るまでもなく駐車場が満杯だったら近所の国民宿舎「湯野荘」にシフトしています。ここも加水も加熱もしない源泉そのままの浴槽があるのでお気に入りです。
 また時間を見つけては長門方面にも遠征してみたいと思っています。新しくできた道の駅於福(おふく)にも温泉ができたそうなのでぜひトライせねば。

 なお、風景印に描かれているような手拭いやタオル、はたまた褌(ふんどし)を温泉に浸す行為は厳禁です。これはマナーよりも格上と言っていい「遵守すべきルール」ですから初心者さんは気をつけてくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県