誤送

October 25, 2015

秘技・999ゾロ目外し

2015102501

2015102502 切手のフリーマーケットin広島2015での拾い物です。袋詰めで裏売られていた昭和初期の郵便振替証紙です。たまたま束の一番上に乗っかっていたので気がつきました。
 受付は香川・瀧宮局9.9.8の為替印、受入取扱は下関の為替貯金局で9.9.10の日付印が押されています。見事に9.9.9の日付を跨いでくれたものです。これにはふたつ背景があるようです。
 まずひとつめは曜日の巡り合わせです。昭和9年9月9日は日曜日でした。もともと下関貯金局もお休みだったのです。そしてふたつめは「御注意」の紫角印です。この振込用紙を他の部署に誤送したために遅延したと記されています。つまり、これは999のゾロ目印が押されなかった合理的な理由が明りょうにわかる稀有な例と言えるのです。
 販売されていた方も、そこまでは考えていなかったと大笑いされました。ふつうそうでしょうね。地元山口県にも関連するアイテムでもありますし、これは私がありがたく頂戴することにしました。はい、面白ければなんでもアリですから。

|

April 11, 2012

多局印カバーの楽しみ

 懐かしい郵趣文献をYahooオークションで入手しました。かつて記念カバー、多局印カバーならここ!と言われた「カバー研究」誌No.39「特集 山口線SL復活」号です。
 改めて説明するまでもなく、山口線の観光用SLの運行は今も続いています。その復活運行初日である昭和54年(1979)8月1日、私は山口県にはおりませんでした。この年の春に高校を卒業して上京していましたので、わずか4ヶ月時差のすれ違いでした。当時は特殊切手・SLシリーズも郵趣家の手元に豊富に残されていたので、実にさまざまな記念カバーが作られました。委細は当該号をご覧ください。(ここをクリック
 小型印など当時の押印物は後日入手しました。誌面を見ますと記念乗車券、記念煙草や記念瓶ビール(のラベル)なども発行されています。記念煙草なんて今ではとても考えられませんが、当時は何の疑問もありませんでした。それらをカバー上に貼り合わせたものも作られていますけれど「コンビネーション・カバー」とか「コラボ・カバー」といった言葉はまったく見当たりません。そうです、その用語自体も存在していませんでした。言葉だけではありませんよ、携帯電話もパソコンもなく自動車だってマニュアル車しかない時代です。ムダに冗長な印象も受ける押印記録も、そんな時代背景を考えていただければまた違った受け止め方ができると思います。

2012041106
 このような記念カバー、多局印カバー作りは昭和50年代までがピークだったように思います。上は昭和49年用年賀小型シートを貼った自作FDCです。広島県の竹原局、大竹局と回り、最後は福岡県の太宰府局まで行って風景印を押してあります。当時は高速道路網もまだ完成していません。どうやって移動したのか、やっぱり興味が湧いてきますね。そして何と言ってもこのカシェです。ガリ版の重ね刷りによる多色印刷です。当時既にこんな職人レベルの耕版・印刷技術を持った郵趣家がいたのですよ!。
 カバー研究誌も新刊を見なくなり愛好者さんたちも高齢化で激減。もともときれいなカシェを描く能力、多色印刷を刷りこなせるガリ版技術がないとなかなかできなかった自作カバー作り。昭和60年代にかのプリントゴッコが大ヒットしたものの、往時のような愛好者増をもたらすことはありませんでした。これは記念特殊切手の額面が20円から50円、62円そして80円へと高額になり、発行件数もじわじわと増えていったことが原因ではないかと思います。
 昭和から平成に切り替わった1990年代には既に自分はアップルのMacintoshコンピュータを使い始めていました。平成10年代に入ると他社PCもグラフィック能力が向上したのを反映し、素人ながらプロと見紛うできばえのカシェを早く大量に作ることができるようになりました。今では従来の切手収集家ではない人々の記念押印・引受消印が相当数増えているようです。かの人たちは組織化されているわけではないので愛好者数の増加数までは把握できていないものの、一般に普及しているという点で、ある意味望ましい形ではないかと思います。
 このあたりのデザイン・プリントツールの発展と自作カバーの移り変わりを4月の第4回ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)例会でまとめてお話ししても面白いかもしれません。

2012041101 日本以外を見てみましょう。第二次世界大戦が終わり民間航空路が伸長して行くのにさほど時間はかかりませんでした。左はヨーロッパ大陸の代表例でフランスのものを取り上げました。1946年から1947年にかけて、折り畳んで封かん紙で閉じるという方法でアメリカ、ベルギーなどへと回送しつつ押印してもらっています。終戦翌年でもうこんな遊びをしているのですから郵趣先進国は違いますね。開き図をクリックすると大きな画像が開きますのでご覧になってください。

2012041102


2012041103 あるいはまたこれはアメリカ、1948年の例です。アメリカン・エア・メイル・ソサイエティなる団体が作成したものです。前記と異なって状態が非常に良いことから、このままむき出しの形で実逓送付されたものではないように思います。そもそもスタート時点のマイアミの消印1948.1.13以外は全部捨て印(空押し)ですし、ちょっと普通ではないですね。巡回地を見ていくと当時の西側ばかり。ひょっとしてこれはアメリカ軍人またはOBの手によるものではないかと思いつきました。軍関係者なら民間航空会社を使わず軍用機で移動することができます。世界各国の米軍基地を巡るように押印して回ったのかもしれないと想像しています。右端には東京中央郵便局の1948.3.5の欧文櫛型印(金属印・C欄NIPPON表示)も見えます。これもクリックすると大きな画像が開きます。

2012041104


 最後に日本からの迷子郵便例を示します。これは意図したものではなく、完全に事故、ハプニングの類です。原因はどうあれ、さまざまなディスティネーションが見られる郵便消印の集りは郵趣家のマインドを刺激しますね。一生懸命解読してくれた記事も付いています。ぜひ読むだけでも追跡してみてください。

2012041105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2009

もうひとつの「クリスマス・アイランド」

090315

 ほぼ毎日拝見しているお気に入りブログのひとつにmapstampfanさんの「切手で読む地図の楽しみ」があります。ちょうどクリスマス・アイランドを取り上げていらっしゃったので、そう言えばこんなのを持っていたなと思い出しました。

 切手収集家ならオーストラリア領クリスマス島のことは知っていると思います。南半球らしく真夏にくつろぐサンタクロースを描いたクリスマス切手、同島の象徴とも言えるアカガニを描いた各種切手類は見ていて楽しいものです。
 ところが、カナダのノヴァスコティア州にまったくの同姓同名、Christmas Islandという場所があります。単独の島ではなくCape Breton Islandにある小さな村で、1868年には同名の郵便局も開局していた由緒ある土地です。上掲のエアレターは、南太平洋の「クリスマス・アイランド」宛に差し出されたものが、何をどう間違えたものか、大きな地図には載っていないカナダの「クリスマス・アイランド」郵便局に送られ、受取人不在(受け取り請求なし)で差出人に戻されました。通信文が書かれていないのでおそらく郵趣家便でしょうが、宛先国名はあくまでもChristmas Islandであってカナダとは書かれていませんから本当に間違えてしまったものと想像しています。しかも、難しい方に間違えたと(笑)。
 こんなにばかばかしい意義深い実逓カバーなのに、クリスマス関係の展覧会では一度も展示依頼を受けたことがありません。こういう洒落はお嫌いな方が多いのかな?。

 わずかながら誤送便も集めていまして、圧倒的に多いのが荷役人が搭載すべきキャリア(車、船舶、航空機など)を間違えた場合です。その場合は「missent to jakarta」式の素っ気ない一行印がポンと押されているだけというのが多いです。「誤ってオーストラリアに誤送され云々」のお詫び付箋を付けて配達してくれる親切な日本郵便はむしろ例外のようです。ここいらへんもちょっと注意して見ると面白いですよ。

▼データ
 差し出し:LONDON 1968.11.1(イギリス)
 差し戻し:CHRISTMAS ISLAND 1968.12.17(カナダ)

▼カナダの「クリスマス・アイランド」地図
▼オーストラリア領「クリスマス・アイランド」地図
※↑地図を適宜ズームイン・アウトして地理関係をご確認ください。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | まいうー | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 未発行・販売中止 | 模造 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣におけるコンピュータ活用 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県