現代史

July 23, 2018

スタンプレス・カバー&カードは私にください

2018072301

 切手が貼られていない郵便物のことをスタンプレスカバー(封筒)、同カード(はがき)と呼びます。切手収集家というくらいですから、切手も消印もない郵便物はたいてい嫌われものです。一瞥もされずに捨てられることが多いです。その気持ちはわかります。見た目の華がないので魅力的ではありません。

 ですが、切手を貼った郵便物が全郵便物量の1パーセント以下にまで激減してしまった今、スタンプレスを無視していてはリアルな郵便環境を理解しているとは思えません。と何度も訴えていますが、これがまあ見事に賛同者が現れません(笑)。なので、ご不要のスタンプレスがあったらぜんぶ私にください。特に役所絡みの行政郵便物は大事に集めています。

2018072302

 ここにお示ししました圧着はがきは、そんな収集支援者さんからいただいたものです。私有地に電柱を建てることを認めると、電力会社さんから電柱敷地料が支払われます。本柱だと1,500円/年、支線だと260円/年なんですね。噂には聞いたことがありましたけど、本当にこうやって振り込まれるんですねえ。こうした”暮らしと郵便”も広義の郵趣の対象範囲だと思います。

 元請けさんが消費税を払ってくれなくて困ってないかの調査。65歳以上になったら肺炎予防ワクチンを1回無料で接種してもらえる。申請すれば学生ということで国民年金の支払いを猶予される。原発の近くに住んでいると協力金の名目で毎年一定の金額が支払われる。子育て支援予算を組んでいる自治体が多いので実際に申し込んだら許可された・・・色々あります。面白がっているのは本当に私だけなんでしょうか?。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2018

架空請求はがき+α

 縁起が悪いのでたいてい捨てられてしまう架空請求はがき。そこをお願いし倒して譲っていただいてコツコツ集めています。もちろん「詐欺郵便」というテーマの郵趣の一環として取り組んでいるわけですが、多分に予防啓発の側面もあることから、少々ご披露いたします。
 最近は個人向けの架空請求はがきが主にニュースで取り上げられていますけれど、紛らわしい企業向けの事例があることもご覧いただきます。詳しくは個別写真ごとにご説明いたします。

 所持している最も古い例です。消印は(牛)込 16.6.9。文面は今から見れば稚拙です。社団法人を名乗っていながら「当社」と自称するなどありえません。差出人の住所詳細もなく携帯電話へ電話させるようにと誘導しています。

2018072003

 上は消印は練馬 29.7.22。最近問題になっている架空請求はがきの文面がこのパターンです。下は昨日いただいたばかりのホヤホヤです。消印は豊島 30.7.15。上と文面が極めて酷似しています。
 これだけフォーマットの類似が明瞭なのですから気が付いた郵便局で没収しても良さそうなものです。しかし、憲法で通信の秘密が保証されているので残念ながらできません。

2018072004

 企業向け架空請求郵便です。自分はこの1通しか持っていません。大きな会社だったら社長が購読してたのかも?とうっかり払ってしまいそうです。ふつうの請求書の体裁をしているだけに厄介です。
 ご提供者によると、こちらはまず先に電話がかかってきたそうです。経理の者が請求書を送ってくださいと言ったところ、この郵便が届いたとのことです。消印は新仙台 28.1.14。
 振込先に指定されているのは北海道にある北洋銀行です。麻生支店も実在します。口座が違法に売買されたのでしょう。
 なお、受取人さんはすぐに架空請求詐欺だと気が付いて袋井警察署に届け出たそうです。

2018072005

 架空請求といえば電子メールの方が高頻度かもしれません。これは私がたまたま仕事で山口市大内に向かって走っている最中、ガラケーに着信した画面をiPadで撮影し、最寄りのセブンイレブンさんではがきプリントしました。さらに最寄りの大内郵便局で切手を貼って記念押印したものです。電子メールによる架空請求をなんとか郵趣の手法を使って記録物にしたいと考えた苦肉の策です。

2018072006

 趣旨をご理解いただき、収集にもご協力いただける方がいらっしゃいましたらぜひお願いいたします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2018

東京2020公式マスコットデビュー

2018070701

 毎度おなじみ宅見潔さんから教えていただきました。全国の小学生の投票によって2月28日に選ばれた大会マスコットが7月22日にデビューします。同時にネーミングの発表、公式グッズの販売も開始されます。公式グッズを使った郵趣品作成にチャレンジされてはいかがでしょうか?

◆東京2020マスコットデビューイベント

日 時:2018年7月22日(日)11:00~11:30予定

場 所:東京ミッドタウン日比谷(東京都千代田区有楽町1-1-2)
    日比谷ステップ広場(東京都千代田区有楽町1-1-4)ほか 

https://resemom.jp/article/2018/06/25/45275.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2018

郵便番号制度50年

2018070101

 郵趣誌やサイトで既にさまざま特集が組まれているように、今日7月1日(日)で日本の郵便番号制度が50年を迎えます。高度経済成長を背景に激増する郵便物をいかにして効率的に捌くか、その解決策の大きな柱でした。導入まで3ヶ月を切った昭和43年の切手趣味週間では、郵便番号宣伝のマッチまで配られ、それをカシェがわりに貼り付けた初日カバーをご覧いただきます。すっかり時代が変わってしまいました。
 折しも郵政博物館ではこの週末の土日に「郵便番号導入50周年展」を開催中です。本日7月1日の17:30までですので、都心の方なら今からでも間に合います。記念小型印も使われています。ぜひ足をお運びください。

郵便番号導入50周年展

2018070102 郵便番号制度は急に始まったわけではありません。その前段階として、配達局名記載の勧奨運動というのがありました。古くは明治時代からあったのですが、当時は全くと言ってよいほど普及しませんでした。本格的な運動が展開されたのは戦後、昭和24年12月頃からです。
 例えば私の住所も、地理に疎い県外の方が一見すると山口中央郵便局の管内かと思われるでしょうが、実際は小郡郵便局です。お隣の山口市鋳銭司の一部地域はなんと防府郵便局が担当されています。このように行政区分と郵便区分とが必ずしも一致しない例は少なくないため、できるだけ配達局名を書いてくださいという運動です。
 図のように一部の郵便局は「〇〇局区内」のハンコを用意し、窓口販売時にお客さんの了解を得てはがきに押して渡すようにしていました。自営業や小売店の中には自前でこのハンコを作って使ってもいたようです。図のはがきには岩国局の昭24.4.8の消印が押されています。

 さらに1999年(平11)、鹿児島在住の郵趣家Yさんが「郵便配達局名便覧」という小冊子を鹿児島県立図書館で発見されました。配達局名記載勧奨運動最初期にあたる昭24.3.15付です。発行元は鹿児島郵便局で、その掲載範囲は鹿児島県内のみ。今でも鹿児島県民は鹿児島だけが日本かのような生活・経済観(=国家観)を持っていますので、昭和24年ならばこれだけで十分だったであろうことは容易に想像できます。郵便番号制度50年に合わせてほぼ全ページをご覧いただきます。

2018070103

2018070104

2018070105

2018070106

[余談追記]
 五十銭稲束はがきに第1次新昭和一円五十銭錦帯橋切手を加貼した図版のはがき、錦帯橋切手のご当地消印でもあるわけですが、裏面を見るとさらに興味深い通信であったことがわかります。戦後の配給制度がまだ残存していた時期のもので、これには麦酒(ビール)を男女一人に対して一本の家庭用配給があるとの予告通知です。4月15,16日の両日に岩国税務署に予約券を提出しに来るようにとの内容です。ところがビールの配給はこの直後に廃止され、昭和24年5月6日から自由販売になりました。なので、このはがきはおそらく配給最後のものであろうと推測されます。

 1枚100円の使用済はがきでこんなに楽しめるのですから郵趣とは本当に素晴らしい趣味だと思います。

2018070107


[7月2日追記]
 そしてこれが郵便番号制度導入2日目、昭和43年7月2日の郵便番号記入使用例です。印刷済の社用封筒がまだたくさん在庫されていたのでしょう、宛先も差出も郵便番号記入枠がありません。そこに手書きで書き込んでいます。消印は長野駅前 43.7.2 前8-12 → 京橋 43.7.3 8-12。

2018070201


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2018

War Crimes in Bangladesh by Pakistan Army and their Collaborators 1971

 バングラデシュが表題の由々しい切手を発行しました(2017年7月)。日本語直訳すると”パキスタン軍とその協力者によるバングラデシュでの戦争犯罪”。さらに切手1枚ずつに”Genocid - Torture in Bangladesh 1971”(バングラデシュでの虐殺・拷問1971)と表記されているという、なんとも恐ろしい仰々しさです。

2018061802

 バングラデシュ、パキスタン、インドは昔から三巴の仲の悪さだということは一般常識として知られているところです。しかし、外交上あからさまな敵対表現の郵便切手は発行するべきではないとUPUも定めています。本券はその良識に根本的に反しています。大判の連刷シートの第1コーナー部をご覧いただきますが、腐乱死体や虐殺遺体のオンパレードで正視に耐えません。なので、その一部(と言っても過半数にも及びますが)の図案にボカシを入れました。人の遺体を食べている野犬の写真まであります。こんなのはいくら事実であっても切手にしてはいけません。

2018061803

 厄介なのは単なるグロ切手ではない点です。シート左上角いわゆる1番切手位置に不具合があったらしく真っ黒に塗り潰されています。ひどい写真図案だらけなのに、これ以上のどんな不都合があるのかよ?です。
 さらに、横4種ごとに田型に納めた計18種の小型シートも同時発行されました。1番切手位置の塗り潰しは小型シートでも行われています。なお、小型シートは無目打です(目打は印刷)。

2018061804

 厄介なのはそれだけではありません。2番切手から順に全ての切手に1番から71番までの切手位置番号が割り振られているのです。1番切手の塗り潰しのため、実際の切手位置と割り振られた番号がひとつずつずれているという無駄なややこしさです。小型シートも同じ番号が入っています。
 それでなくても切手位置番号が入った切手は、エストニアが1927年に発行した「風景」5種に次いで本券がなんと史上2番目にあたるため、変り種切手コレクターとしては看過できないのが悩ましい限りです。

2018061805

 バングラデシュ切手のポンコツさ加減は想像を超えるものがあります。今回は発行前に発覚して黒塗りになったわけですが、2007年発行の「洪水救済」連刷シートは発行後に不具合が判明し、各郵便局で問題切手部分を鋏で切断してから販売させました。
 現地の収集家に聞きましたところ、被災者に救援物資を手渡している人物が前政権の担当チーフ(大臣か?)だったからだそうです。発行するまで誰も気づかず発行後にそうした対処をしたのだとか。いかに人件費が安い最貧国のひとつとはいえ、なんともおおらか過ぎるお話です。

 なお、この大虐殺71種連刷シートと小型シート18種は郵趣誌7月号に掲載はされますが図版は省略で販売の取り扱いもありません。当然だと思います。それでもなお欲しい方はリスク承知で各自個人輸入されてください。私もこの件については一切責任を負いかねます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2018

皇太子殿下御成婚25年

2018061201

 阪口安弘さんの手による、四半世紀もの大掛かりな郵趣記念品です。お見事すぎてご説明は要らないでしょう。
 私も昔の官白などを見ては、その日付から何十年後かにメモリアルデー加工ができないかと常々考えてはいるのですが、なかなかうまいマッチングを具体化できるものではありません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2018

プロジェクション・マッピング

 6月になりました。青葉の季節とは半年ずれてますが美しいプロジェクション・マッピングの切手をご覧いただきます。オーストラリアが昨2017年のクリスマス切手として発行したものです。詳細な裏取りはしていませんが、本格的なプロジェクション・マッピング切手として世界初ではないかと思います。

2018060101

 切手が発行された頃、ちょうど実家のリフォーム工事の真っ最中でした。工事が終わって独立した切手室も出来、溜まりに溜まった新発行外国切手の整理にようやく着手です。その最初の切手ということでご紹介しました。マキシマム・カードがまた素晴らしい出来でしょ。

2018060102


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2018

出た!ユニバーサル・ゴールデンライフ(笑)

2018051201

 パインスタンプのオヤジがまた変な電話をかけてきました。「広告が入った料金後納表示封筒・はがきのコレクションが大型バインダーに3冊あるけど要る?」とのこと。広告が入っているとなんとなく楽しそうだから捨てずにファイリングされてきたものだとのこと。ご苦労様です(皮肉ではありません)。
 切手が貼ってないので郵趣家でも捨ててしまうようなシロモノです。こんなものを欲しがるのはスギヤマぐらいだろう、ということでしょう。はい、大正解!(笑)。それが昨晩届きました。

 するといきなりお宝発見です。主としてコイン関係で詐欺事件を起こして倒産したユニバーサル・ゴールデンライフです。文面からおそらく2003年(平15)頃のものだろうと思います。
 封筒に書かれている煽り文句は、本物の郵趣家からすれば恥ずかしくなるような大嘘です。竜文切手4種を持ったぐらいで「もはや貴方は日本の切手コレクターの第一人者であることに間違いありません。」だそうな。まさしく噴飯ものです。そんな単純な世界じゃありませんよ。
 この当時の事務所は東京都調布市布田とあります。私も住んでいたことのある思い出深い調布に居たとはなんとも迷惑な話です。調布オフィスがあったのは3〜4年で、会員との金銭トラブルのため、もうひとつのオフィスがあった登戸に移り、そこで2011年3月1日に倒産(破産決定)となっています。
 なお、この封筒は実逓使用された形跡がありません。宛名ラベルを剥がした跡もありません。何か別の郵送物の中に封入されて送られたものでありましょうか?。あるいは、東京都内の一部コイン商の店頭にDMとして置いてあったとの証言もありますのでその類かもしれません。
 この伊藤淳也社長こそが、かつて沖縄切手投機を仕掛け、日本の郵趣史に大きな汚点を残した切手投資センター社長と同一人物です。若い時代に経験した詐欺商法は年月を経ても忘れることができず同じことを繰り返すと言います。とうの昔に還暦も過ぎているでしょうに、真っ当な仕事もせず、詐欺師として一生を終わるであろうとは同情の余地はありません。詳細は過去記事にありますのでご参照ください。

参照記事:切手投機反対キャンペーンシール<守礼門>

(追記)
 本件をfacebookに先行掲載しましたところ、JPS調布支部(調布郵趣会)の毛利康武支部長がこんなエピソードを明かしてくれました。

 『当時、調布駅南口の東急ストアの斜め前にあるマンション兼商業ビルに入居してました。市民ホールの”たづくり”で「切手よりコインの方が儲かる」と何度も講演していたため、多摩地区にもかなりの被害者が存在するようです。
 一回「調布コイン会」と称する方から「調布郵趣会と懇意にさせていただきたい」と電話があり、調布郵趣会の名簿を要求された事があります。「切手なんか儲からないよ。コインの方が儲かるから一緒にやりませんか」と無礼な事を言われたので、私は「儲けようと思って切手収集やってません」ともちろんお断り。
 数年前に会員間の金銭トラブルが発生し解散したようです。』

 こうしてある日突然役に立つ日が来るのです。スタンプレスだからと軽視せず、面倒臭がらずに到着日を裏書きメモする習慣を身に付けましょう。たったそれだけのことで資料的価値が大きく変わります。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2018

改元まであと1年

 お馴染み、宅見潔さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。産経新聞さんの号外を利用して厚紙用紙プリントの記念カード(定形外郵便)というアイデア郵趣品です。

2018050301


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2018

メール便も収集対象です

2018042901

 2015(平27)年3月31日で廃止されたクロネコメール便ですが、その後はビジネスユーザーを対象にしたクロネコDM便が登場しました。私は日本郵便もその他の運送各社のメール便も区別せず集めています。その際、美術展の案内はがき(フライヤー)はたいへん重宝します。

 画家の斎藤吾朗先生から託された各種郵送物を現在進行形で整理しているところです。とりわけ美術展の案内はがきは、アドレス以外は個人情報はほぼ皆無です。しかも会期と場所が明記してあるので、いつどこで使われたかもはっきりわかります。さらに絵柄面は作家さんの作品がプリントされていることが多いので見た目にも美しい。さらにさらに、時には作家さんの直筆文もあったりするので郵便史を超えて美術史にも及ぶ高い資料性が認められます。私も単なる趣味の域を超えた使命感を持って取り組んでいます。

 各社メール便を丹念に見ていますと、集荷こそ運送会社ですが実際の配送は日本郵便という事例が少なくないことに気づきます。日本郵便関係者の方なら既知の事ですけれど郵趣家は案外知らないと思います。コスト的に合わない荷物は日本郵便にお願いするという、運送会社さんならではの巧みな戦略があります。そうです、同じ運輸企業ということでけっこう仲良いんですよ(笑)。そのことが日本郵便さんの経営を圧迫しているのではないかという指摘もありますが、そこは当事者どうしで話し合ってください。消費者には関係のない話です。

 ただし、郵趣家としては当然ながらたいへん興味があります。西濃運輸さん、佐川急便さんが集荷し、日本郵便さんに配達を託した実逓カバーをご覧いただきます。画廊や美術館差出の展覧会案内なので発地も日付もわかるという利点がここでも発揮されています。日本郵便と同業他社とのコンビネーション、これをいわゆる郵趣の範囲から除外するのは面白くないと私はそのように考えています。

2018042902

参照:さようならクロネコメール便


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県