現代史

July 25, 2017

硫黄島からの手紙

2017072501

 出張で訪問されたWさんからご恵送いただきました。たいへん貴重な使用例をありがとうございます。
 何か特別な手続きを経たものか?と念のためにお聞きしましたら決してそんなことはないそうです。例えば慰霊祭などで来島された一般の方も以下の手順で郵便物を預けることが可能だとのことです。

 硫黄島出張(7月18日)
→史料館でスタンプ押印
→硫黄島駐屯基地の総務班の人へ手交
→厚木基地へ輸送
→綾瀬郵便局が引き取り&発送 29.7.21消印
→拙宅に配達(24日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2017

日本のポストをたどるふみの日小型印

2017072401

 最近はふみの日小型印を使う郵便局が激減してしまい、今年は豊島(東京)、広島中央(広島)、中島(石川)、金沢中央(石川)の4局しかありませんでした。しかも肝心の23日が日曜日だったために中島局は押印不能で実質3局のみとなってしまいました。いくらなんでもこれではいけません。

2017072402 今からちょうど10年前、大阪中央郵便局郵便企画課の尾崎正一さんが日本のポストの歴史をテーマにしたふみの日小型印を立案されました。そして実行されました。もちろん、毎月1種、一年間で12回だけではとてもすべてのポストを網羅することはできません。その選抜の思いやご苦労のことは郵趣ウィークリー2007年4月20日号に詳細記事がありますのでぜひご覧ください。
 その完全コレクションが手に入りましたのでご覧に入れます。つい先日ヤフオクで落札した記念押印アキュームレーションの中に含まれていたものです。上がその集合押印台紙、左がその表紙・裏表紙です。

 郵頼封筒もしっかり残されていたので元の持ち主は東京都品川区の山田孝さんということもわかりました。私自身、直接の面識はないのですが、記憶が正しければ確かJPSシルバー例会に参加されていらっしゃった方ではないかと思います。ご本人自らの売り立てではなかったので、これもまたご本人がお亡くなりになった後、価値がわからないご遺族が金券ショップあたりに二束三文で売り払われたものではないかと察しています。運良く私がレスキューできて本当に良かったです。あるいはまた、想いのこもったコレクションだけに、理解してくれるからと、品物の方が私を選んでやって来てくれたのかもしれません。

2017072403

 このポストシリーズのもうひとつのポイントは、2007年(平19)10月1日に郵政民営化が実行されたことです。郵便窓口業務を行う「郵便局会社」と集配実務とゆうゆう窓口業務を行う「郵便事業会社」に分割されました。前者は郵便印の年号活字にアンダーバーが入りました。これは2012年(平24)10月1日の日本郵便株式会社発足に伴う再統合までの5年間にわたって続けられました。
 ですからシリーズ途中の10月のふみの日小型印からアンダーバー入りに変わっていますし、山田さんはその事前お知らせまでしっかり残してコレクションに加えられていました。これは一流コレクターとして慧眼の証です。山田先輩に感謝です。

2017072404

 自分は集中押印台紙だけを手元に残します。郵頼された時の実逓封筒(返信用封筒)と名刺カードへの記念押印をセットにしたリーフ(下図)は同好の方にお譲りしたいと思います。12ヶ月分一括3,000円位でどなたか引き取ってはいただけませんでしょうか?。ご希望の方がいらっしゃいませんでしたら8月6日の防府切手のつどい2017夏で販売することにいたします。よろしくお願いいたします。

※ありがとうございます。速攻で売れました。

2017072405

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2017

竹島簡易郵便局オープン

2017071901

 既報の通り、有人国境離島法に基づき、去る7月10日(月)に鹿児島中央郵便局竹島分室が廃止されて竹島簡易郵便局が設置されました(郵便局での適用第3号)。図は開局初日にお祝いに送ったWEBレタックスです。

 文面そのままの通りでして、藩政時代より薩摩鹿児島の宮仕えは、一生のうちに一度や二度の離島勤務は宿命です。しかし、このたび赴任されたI局長さんは地元の方ではありません。慣れない島暮らしに戸惑う場面も少なくないでしょう。さりながら島ならではの楽しみもありますので、勤務と同時に自然豊かな離島ライフも満喫していただきたいと切に願っています。

2017071902

 なぜお祝いWEBレタックスが私の手元にあるのかと言いますと、至極単純な話で同じものを2通送り、一方を送り返していただいたのです。以前にも記したことがありますが、私はfacebookに”簡易郵便局LOVE”という簡易郵便局応援団グループを作っています。そのご縁でたまたまIさんと知遇を得、このたびの赴任をお祝い申し上げたのでした。このような繋がりがあるものですから、まだの方はぜひfacebookを始めてくださいとお勧めしているのです。

 私個人が毎年特産品頒布会の”ふるさと会”に入っていること、公共料金の振込など可能な限り地元の簡易郵便局さんを利用しているのは、そうした相互理解の結果です。facebookを通じて日本郵便と郵趣家、切手を売る側と買う側等々の利害関係を超えて、お互いの価値観の理解と共有、人どうしとしての交流が構築されることは双方にとってより良いことと思います。

 念のため、日本郵便さんのプレスリリースも掲げておきます。

2017071903

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2017

横浜中央郵便局改称50周年

2017070602

 裏面が真っ白で差出人がないのですが、おそらく湯浅英樹さんからご恵送いただいたものと思います。いつもありがとうございます。
 この7月1日で神奈川郵便局が横浜中央郵便局に、横浜郵便局が横浜港郵便局に改称されて50年になります。おめでとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

21世紀最初の”平成の大合併(新設)”は西東京市

2017070601

「平成の大合併」とは1995(H7)の合併特例法により2005-06(H17,18)にピークを迎えた市町村合併の総称です。ゆうペーンはその初期をカバーしています。その最初期は次の通りです。

1番 1999(H11)0401・篠山市(兵庫:新設/市制)
2番 2001(H12)0101・新潟市(新潟:編入)
3番 2001(H12)0121・西東京市(東京:新設)

 田無市と保谷市の合併による西東京市は21世紀に入ってから最初の新設合併です。それゆえ管理番号も”東京H13-1”で堂々の1番です。引き続き他の合併ゆうペーン発見も努めています。

 ペーンの記述をチェックしましょう。前年の1998(H10)0202からスタートした郵便番号7桁PRのマスコットのポストンとキャッチコピーがあります。”何々をお願いします”ではなく、先に礼を述べる啓蒙標語スタイルがこの時点で既に存在したことがわかります。
 また、郵便ホームページのURLの表記もあります。eメールアドレスも含め、最初に記載が始まったゆうペーンは何かも注目しているところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2017

悪石島簡易郵便局の開局(鹿児島県)

2017070401 谷之口勇さんから開局初日印をご恵送いただきました。いつもありがとうございます。

 これは6月5日に簡易郵便局に局種変更になった口永良部簡易郵便局に続く、有人国境離島法の郵便局関係への適用2件目です。受託者は十島村役場です。

 面白いのは土曜日も13:00〜15:00までの2時間だけ郵便・物販サービスのために開いている点です。それで開局日の7月1日(土)の12-18印が初日印ということになりました。午後印が初日印になる例は珍しいですね。

参照:有人国境離島法の郵便局関係への適用第1号

2017070402

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2017

HAPPY CANADA DAY

2017070101

 今年はカナダ連邦成立150年です。カナダ郵政はそれを記念し、”HAPPY CANADA DAY”と題する10種の記念切手を発行しました。カナダのシンボルであるカエデの葉の変形シール切手に、この50年間に起きた忘れることのできない10の出来事を取り上げています。それぞれを説明するビデオも公開されています。詳しくはカナダ郵政ホームページもしくはfacebookページをご覧ください。

Learn about the 10 unforgettable moments and achievements from the last 50 years that are being commemorated.

・Expo67(1967)
・Trans-Canada Highway(1971)
・Summit Series(1972)
・Marathon of Hope(1980)
・Canadarm(1981)
・The Constitution(1982)
・Nunavut(1999)
・Marriage Equality(2005)
・Olympic Games(1976, 1988 & 2010)
・Paralympic Glory(1976 & 2010)

 この中でNunavut(ヌナヴット)を特にご紹介したいと思います。ヌナヴットとはカナダに住むエスキモー、イヌイットのことです。いわゆる先住民族のひとつで、1999年には彼らの自治政府が認められヌナヴット準州が誕生しました。その際にも記念切手が発行され、印面に彼ら先住民の文字で”ヌナヴット”と表示されています。

2017070102

 このたびの記念切手も同様にカナダ先住民文字が表記されています。カナダの歴史と先住民に対する意識が大きく変わったことを象徴しています。
2017070103

 なお、本件も全て額面表示のない”無額面”でなおかつ”永久保証”の切手です。カナダ国内あての封書基本料金85セントで販売されています。将来、郵便料金が値上がりしても値上がり分を貼り足す必要はありません。購入者は”郵便を差し出す権利”を購入したもので、その権利は永久に保証されています。これをカナダではパーマネントスタンプ(Permanent™ stamp)と呼んでいます。
 さらに、今年発行される全ての記念切手にはUVインクで隠し文字が入れられています。ブラックライトを照らすとでマージンに「CANADA150」の文字が見えます。

[参照]
カナダ郵政ホームページ
カナダ郵政facebookページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2017

テロ準備罪法成立

 号外が出ました。

 B5判もしくはA4判にプリントアウトして記念押印されてはいかがでしょうか。
 本来なら成立した午前印が望ましいのですが、こういうリアルタイムニュースの場合は午後印でも欠点にはなりにくいでしょう。
 それでも気になる方は時刻表示のない風景印もしくは和文・欧文ローラー印で。

2017061501

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2017

第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(2)

 昨年7月10日に行われた初の18歳国政選挙にちなんだ郵趣品をご覧いただきます。事前にFacebookで投票済証への記念押印をお願いしていたおかげで期日前投票を中心に各種が集まりました。当地では投票済証の発行がないので収友の協力に感謝感謝です。これもまた”なんでも郵趣品化プロジェクト”の一環です。

<東京・深川28.7.9>
2017060601

<愛知・上野28.7.8>
2017060602

<宇都宮南28.7.5>
2017060603

[以下参考記事]
うきは市長選挙/初の「18歳選挙」
第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(1)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2017

宇部市ときわ公園、白鳥復活の日

2017050101

 私事で恐縮ですが父母が入院しており、その関係で宇部市に行ったついでにときわ公園まで足を伸ばしました。
 平成23年2月、ときわ公園のコクチョウが高病原性鳥インフルエンザで死んでいるのが確認され、やむなく全鳥殺処分(焼却処分)となってしまいました。しかしながら白鳥はときわ公園のみならず宇部市のシンボルでもあり復活を望む声が多く寄せられました。
 その結果、2017年5月1日に新たに2羽のつがいのコブハクチョウが放鳥されました。昭和55年にときわ公園から下関響灘ライオンズクラブに譲渡したハクチョウの子孫で、今回は逆に同クラブから寄附されたものだとのことでした。

2017050102 石炭記念館ふもとの湖面が金網で仕切られた中に2羽がいました。ずいぶん狭いなあと思いましたが、ひとまずこの2羽で様子を見るのだそうです。通常時は放し飼いとし、インフルエンザ感染リスクが高い11〜4月は建設予定の飼育施設内で飼育予定だそうです。
 最初は金網の外に出たそうにしていましたが、じきに岸の方にやってきてくれました。せっかくなので金網付近の遠景シーンと近くに寄ってきてくれた近景シーンの両方で自作マキシマムカード(MC)を作りました。そして、今でも白鳥を描く風景印を継続使用中の宇部新川駅前郵便局で記念押印しました。
 また、同局ではたまたまときわ動物園のフレーム切手を販売中でしたのでそれを用いました。その中には白鳥を描いたものはなかったのですが、楽しいイラストだしまあいいじゃないすか(笑)

 なお、セブンイレブンさんのはがきプリントサービスにもだいぶ慣れてきたので、今回も横長と縦長の2つのタイプのMCを作りました。展示やなんかの時にレイアウトの都合上どちらか使い勝手の良い方を選べるようにとの配慮からです。

 帰宅すると夕方のローカルニュースでも報じていました。そのキャプチャー画像も添えておきます。

2017050103

2017050104

2017050105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県