現代史

August 07, 2020

1年延期になったドバイ万国博覧会2020

2020080701

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍のため、2020年10月21日から2021年4月10日の日程で開催予定だったドバイ万国博が一年延期になりました。図版はその事前PRとしてアラブ首長国連邦が2014年9月30日に発行した小型シートです。もちろん、発行当初は延期になるなどとは誰も予想していませんでした。このような後になって関連性が生じた新型コロナ関連アイテムも念入りに収集しています。
 本券はパキスタン在住の出品者であることを確認した上でebayで購入しました。パキスタン郵政は3月11付のプレスリリースで、日本あての手紙と小包を受け付けてはいるけれど、航空便の接続が厳しく制限されているため遅延が発生する可能性があるとしていました。4月24日には国際郵便の一時停止まで行っています。ただし、その中に日本は含まれていませんでした。

2020080702

 ebayで購入したのは4月30日。しかし、出品者さんが実際に発送できたのは6月24日だとeメールで連絡がありました。封筒表面に押されているカラチGPOの証示印も同日付です。しかし、検索結果(追跡記録)によると、カラチGPOから日本あてに発出したのは7月14日。20日も留まっていたのは、よほど郵便物が滞留していたせいでしょう。さらにそれだけでは済みませんで、日本側の国際交換局である川崎東郵便局に届いたのはさらに14日後の8月2日でした。トータルするとほぼ丸々3ヶ月を要していたことになります。
 不在連絡票にも新型コロナ云々の小紙がホッチキス止めしてありました。これも大事な資料としてコレクション入りです。

2020080703

 なお以下は参考までに。2020年2月26日、カラチの学生さんがイランから戻ったことで同国に初めてウイルスが持ち込まれたことが判明しました。7月23日時点での同国内の感染者数は累計で27万人、関連死者数は5,700人以上です。

 

 

 

| | Comments (0)

August 04, 2020

NHKのポスティング営業

 匿名希望のKさんからご寄贈いただきました。一週間くらい前、東京23区内のご自宅にポスティングされていた角8サイズの封筒で、中には受信契約のお願い状とパンフレット、手続用紙等一式が入っていました。コロナ対策の一環で、従来の訪問&対面勧誘からこんな方法にシフトしていたのですね。コロナ関連のユニークな資料です。

<ポスティング封筒外観>

2020080401

<放送受信契約のお願い状>

2020080402

<同封されていたパンフレットと手続書類>

2020080403

 NHKのサイトを見ましたら、5月25日の全国の緊急事態宣言解除まで訪問による営業活動を自粛していたそうです。全面解除を受け、6月1日からこのポスティング営業を開始したとのことです(下図参照)。

 皆さんのご自宅にも届いていませんか?。もし不要なら私にください。いつごろポスティングされたものかご記憶でしたら封筒の裏にでもメモ書きをお願いします。

2020080404

 

 

 

| | Comments (0)

August 02, 2020

展覧会におけるパブリックドメインの拡張を

 美術館、博物館はもちろんのこと、市町村営の民俗資料館なども大好きで山口県内はしらみつぶしに訪問しています。一度行ったところでも年に一回は再訪して変化を確認するなどしています。しかし、私のような物好きは非常に稀らしく、どこでも閑古鳥が鳴いています。いろいろ工夫しているけれど入館者が増えないとお嘆きの施設がほとんどだと思います。しかし、それを予算の少なさに求めてはいけません。全くの筋違いです。表題のように、せっかくのコンテンツを生かし切れていないのが根本原因だと思います。

<写真撮影OKの拡大を>

 参観者は最初から目的を持って来館します。たまたま通りかかって入ってみた、なんていう人は全体の1%もいないでしょう。せっかく見に来たのに用意されているのは出典資料の一覧表だけ。写真撮影も禁止。ほとんどの場合それが標準であり、施設側はそのことにまったく疑問を持っていないこと自体が問題です。目的を持って来た人に写真は撮るな、資料はない、となったら一体誰が2度と来ると思います?。施設側が想像している以上に不満が大きいことに気づいていただきたいです。

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍の怪我の功名か、入場前に住所氏名等を筆記させることが一気に一般化しました。その書面にフラッシュは使わないこと、商用利用はしないこと等を加え、身分証明書番号も明記させたうえで「写真撮影可」を標準とすべきです。

 展示物の著作権者に対して撮影許諾を取るのは施設側の責任であり当然の業務範囲です。IT技術で多数箇所との同時交渉も容易なはずです。どうしてもOKが頂けない展示物に関してのみ「撮影はご遠慮ください」表示をすれば良いのです。

<ダウンロード方式による資料配布の導入を>

 実例として私のMail & Postal Art作品整理リーフをご覧いただきます。いつか展示することもあろうかと思い、整理リーフと全く同じ画像と解説文をfacebook内にアップロードしています。ポイントは右上のQRコードです。これをQRコード読み取りアプリでスキャンすると、その資料ページにアクセスすることができます。つまり、展示の際に作品の脇にQRコードを添えておけば説明パネルが一切不要になる仕組みです。これなら特段の予算措置は不要です。(注意:現時点では非公開ページに指定してあるので閲覧はできません)

 このようにして展示会場の説明パネル、記念講演会のレジュメなどの一切をネットからダウンロードできるように整備していただきたいです。著作権の関係で不可の箇所のみモザイクをかける等の対応も容易なはずです。

2020080201

<むしろ不正撮影防止対策にもなります>

 この方式をぜひ取り入れていただきたいのが下関市烏山民俗資料館です。こちらの企画展は非常にクオリティーが高く、毎回川棚まで行っています。そして必ず手ぶらで帰らされる不満も毎回味あわされています。廃絶してしまった長門地区の地回り歌舞伎、川棚温泉地域の観光産業の発展など、手元に置いて活用したいコンテンツなのに一律撮影禁止です。遠路はるばる訪ねて行っても記憶以外何も残りません。

 いちばん簡単な方法として説明パネルのデータを上記QRコード方式でダウンロードできるようにしていただきたいです。展覧会用に作ったデータをそのまま使うだけで済みます。PDFデータであれば複製、上書き、印刷不可などの制限もかけられますし、そうすることで不正な写真撮影もむしろ根絶されるでしょう。

下関市烏山民俗資料館

 IT機器が発達した今、いくら撮影禁止と言っても本気でやろうと思えば簡単に突破されます。一律禁止を改め条件付きで許可する、資料も容易に入手できる体制にすることで参観意欲を喚起し結果的に参加者数が増えるように導く。これこそ公立施設たるべきふさわしい公金の使い方だと考えます。しかもそのための追加予算はゼロで済みます。積極的で合理的な「できない&やらない理由」は見当たらないと思うのですが。

 

 

 

| | Comments (0)

July 25, 2020

仕切り直しの東京2020

2020072501

 いつもありがとうございます。今年の3月24日に一年程度の開催延期が発表されたため「開催まであと○日」のカウントダウンが停止。宅見潔さんからはその仕切り直しになったカウントダウンカードをいただきました。また坂上充彦さんからも開会式延期の記念カバーをご恵送いただきました。いずれも東京五輪関係であると同時に武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍関係郵趣品でもあります。田舎に住んでいると作成することが難しいので大助かりです。

 なお、宅見さんがさりげなく触れられておられた一言にどきっとしました。郵便局のスポンサー契約が今年の12月末までというご指摘です。延長されるにせよそうでないにせよ、五輪スポンサーグッズは要注意ですね。特にぽすくまの五輪グッズは今のうちに手堅く収集しておきたいものです。

 

 

 

| | Comments (0)

July 24, 2020

幻の東京1940オリンピック

2020072401

 本来なら今日7月24日(金)に東京2020が開幕するはずでした。事と次第によっては開催が返上された昭和15年の幻の東京オリンピックの二の舞になるやもしれません。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍のために一年程度の延期が決まったのは今年2020年3月24日です。この日付もよく覚えておきましょう。

 という流れで、東京1940関連の郵趣品をご覧に入れます。昭和12年の年賀はがきです。当時のはがき会社さんがあらかじめ用意していたらしき五輪マーク入りです。あくまでも私製ではありますが話題性があるので昔から人気があります。当時としては超高級印刷の特色5色刷りです。これに町印刷屋さんが祝詞、日付、注文者の住所氏名を活版印刷で加えています。山口・室積郵便局の図入り年賀印が押されています。

 返上は昭和12年6月23日に決まりました。当時の内閣総理大臣は近衛文麿でした。

 

 

 

| | Comments (0)

July 22, 2020

明後日は東京2020の幻の開幕日

 意外に忘れられがちなので念のためアップします。明後日の7月24日(金)は当初予定されていた東京2020の開幕日でした。記念カバー・カードを作られたい方は今からでも準備は間に合いますよ。

2020072201

 

 

 

| | Comments (0)

July 09, 2020

郵便窓口のキャッシュレス決済

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍のため、202058日に発表された郵便窓口でのキャッシュレス決済の全国展開延期が、この77日から逐次開始されました。片寄明正さんにお願いし、出雲郵便局(島根県)での使用例を送っていただきました。いつもありがとうございます。

 お客様控え(緑色のレシートの方)を見ると伝票番号がなんと00001番ではありませんか。畏れ多いことであります。コレクションとして大事にいたします。

 懇意局さんで聞きましたら、キャッシュレス決済の導入は全国一律一斉ではないそうです。機器搬入と同時に取扱講習も必要なため、実行可能な複雑なタイムスケジュールが組まれているようです。詳細は皆さん最寄りの郵便局でお確かめください。

2020070901

 

 

 

| | Comments (0)

June 25, 2020

マルグレーテ2世女王誕生80年

2020062501

 今年4月にフェロー諸島(デンマーク自治領)が発行した小型シートです。同島の画家Edward Fuglo (1950-) による作品で、自然の動物たち(主に野鳥)の中にシンボル化された女王陛下の横顔を金箔で表現しています。
 相変わらず見事なデザインです。これまで見たことがないようなイメージ世界を表現しています。アーティスト自身の画力もさることながら、同島郵政当局のアートディレクターの審美眼の見事さに感服します。郵趣誌8月号の世界新切手ニューズに掲載予定です。

 日本も毎年の天皇誕生日に新鋭のアーティストを選抜した小型シートを発行して欲しいです。

 

 

 

| | Comments (0)

June 22, 2020

国辱図案の風景印は要りません

 長崎県対馬の厳原郵便局の風景印図案改正のプレスリリースです。ひと目見てこれのみ図案意匠説明がありません。こんな不自然なことはありません。

2020062201

 急ぎfacebookで取り上げましたところ、そのカラクリが瞬時に判明しました。収友たちの情報力に感謝します。
 2012年の仏像盗難事件を受け、それまでの「アリラン祭り」という呼称が翌年から「港まつり」に変更されました。しかし、風景印だけはその後も「アリラン祭り」表記のまま使用継続していたため今回の図案改正となったとのこと。ずっと放置していた怠慢もさることながら、祭り名称部分だけの改正でことを済ませようという宥和的姿勢のみならず、政治問題化しないように図案説明をあえて表記しない姑息さはなんたることでしょうか。しかも今年はお祭りは中止なんですよ。もし意図的にそのタイミングを狙ったのならますますタチが悪い。

 後ろめたいことがなければ堂々と説明するべきだし、このような事なかれ主義こそが日本人最大の欠点であることを、このたびの武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍で学んだのではなかったのでしょうか?。

2020062202

 2015年の日韓国交正常化50年記念切手でも日本の桜を韓国のムクゲの下に描くという救いようのない国辱図案を晒してしまったというのになんと情けない学びのない無様さでしょうか。日韓友好の時代はとうに終わったのですよ。日本国自衛隊機にレーザーを照射し、嘘で固めた理不尽な要求ばかり突き付けている明瞭な「敵国」となった韓国です。考古学的な歴史事実ならともかく、現在進行形で行われている媚韓行事を風景印図案にし続けるとは気でも狂ったのでしょうか?。改正するなら図案丸ごと別図案にするのが当たり前です。

 かくも情けない国辱図案は絶対に認められません。速やかに撤回されるべきです。

◆参照:日韓国交正常化50周年記念切手発行に反対します

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

June 17, 2020

紡績女工さんの賞与

2020061702

 切手や消印がなくても面白いという例です。静岡県の富士瓦斯紡績株式会社が北海道空知郡富良野町から出稼ぎに来たらしい紡績女工のご実家あてに送った賞与金の通知書です。裏面は同社の工場写真です。娘さんが元気に働いていること、ちゃんとした立派な会社であることを知らせ、親許を安心させようという意図であることがわかります。以下、通信文を転記します。

賞與金通知書
一金二圓◯四銭
但大正十二年上半期賞與金

右金額は御息女マツヨ様
當半期間の御勤勞にむく
ゆる為め支給になりまし
た此の金額の中半額は利
息をつけて積立置き滿期
の際御渡し致すことにな
つて居りますから左様御
承知置き下さい

 文中に大正12年と書き込みがあるので時代特定できるのが幸いでした。なお、切手別納制度ができたのは大正8年(1919)なので、大正年間の使用例は丁寧にチェックしておいた方がよろしいかと思います。もちろん、本例のように郵便使用例よりも通信内容の方が重要な場合がありますので、別納郵便だからといって軽視は禁物です。

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日カバー・記念カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県