現代史

September 16, 2017

Shall we Lotte No.37

2017091601

 ご縁があってロッテの季刊広報誌Shall we Lotteをご恵送いただいています。年4回楽しく拝見しているのは郵便学者の内藤陽介さんの連載記事が楽しみだからです。そして、さらにそれだけの理由でもありません。ガーナのCMキャラクターを務める土屋太鳳さん、広瀬すずさん、松井愛莉さん推しだからなのはもちろんのこと、郵送ではなくヤマト運輸で運ばれているからです。時代の変化を物証として残していくために、郵便以外も収集対象にしています。
 内藤さんの記事の裏面に宛名ラベルを切り出してヒンジで仮止めします。その脇に配達された日付を書き込んだ上で郵趣ダイアリーにファイリングします。パソコンの郵趣ダイアリーデータベースにもインプットすればこれで資料化完了です。

 家に届く各種DMなどもたいてい残しています。封筒のままだと大きすぎることもあるでしょう。内容物の表紙だけを切り出します。これに宛名ラベルを仮止めし配達日付のメモ書きを加えれば様になります。例としてその写真合成図を作ってみました。
 日本郵便さんも今はもう官ではなくなりましたけれど、日本郵便だけしか収集対象にしないというのは官尊民卑の思想だと思うのです。どうでしょうか。

2017091602

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2017

確定申告減通知はがき

2017090901

 留守中の9月9日(土)に届いていました。確定申告をするとこのフォーマットで通知が届くのですが、今はその時期ではありません。プライバシー保護シールを剥がしたら源泉所得及復興税の確定申告減とのこと。なんだこりゃ?。
 ググりましたらこれも父の関係だとわかりました。便利な時代になったものです。父が5月19日に亡くなったので、払い過ぎ分を相続人である私の口座に振り込んだことを知らせるものでした。これも生涯に何通も来るものではないので、行政郵便物コレクションにしっかり加えたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2017

郵送によるお届け済通知サービスの廃止

2017090601

 去る9月5日にゆうパックのサービス改善と運賃改定等のお知らせが報道発表されました。運賃の値上げはこれまでも話題になっていたことなので、労働環境の改善にはやむを得ないことと思います。一方、郵趣的見地からは、インターネットによる荷物の配達完了の確認が可能となっていることから、表題の”郵送によるお届け済通知サービスの廃止”が指摘されます。皆さんよくご存知の通り、小包ラベルに最初からセットされているもので、通知要の欄に丸を付けてさえおけば通信事務で通知はがきが届きます。その小包ラベルの始まりは以下の通りです。

・1984(昭59)0514
 普通小包郵便物ラベル2種を全国の43郵便局で使用試行開始。
・1984(昭59)1115
 普通小包郵便物ラベル使用試行を全郵便局に拡大開始。
・1985(昭60)0701
 普通小包ラベル使用の本実施。
・1985(昭60)0901
 小包ラベルの使用を書留にも拡大実施。

 通知はがきサービスは、最初の19840514の段階から行われていました。来年2018(平30)0301が実施日(最終日は0228)ということなので34年、19850701の本実施からでも33年もの長い歴史の幕が閉じられることになります。これまで陽の当たることがなかった対象ながら、こつこつ集めて続けていた人々がいます。歴史が終わることで逆に研究のまとめが成されることに期待したいと思います。

 図は1985年当時の本格実施時の通知はがきです(未使用)。別掲の小包ラベルに内臓されていたものです。この当時、”ゆうパック”なる愛称は既にありましたが(注)、当時は一般的ではなかったのでラベルには”郵便小包”とのみ表記されています。また、今は使われなくなったマスコットキャラクターのナンバー君、その胴体部が郵便小包になっているバージョンも懐かしいですね。

2017090602

(注)1983(昭58)1110から全国発売開始された小包包装段ボール箱の愛称が”ゆうパック”であり、当時は郵便小包全体を意味するものではありませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2017

備えよ常に

2017090601

 来たる9月9日(土)、東京目白の切手の博物館で開催される押印講習会に参加します。押印に関する技能を基本からきちんと学び直そうというキャラに似合わぬ殊勝なことを考えてのことです。翌日は郵政博物館を見学して新幹線で戻ります・・・の予定です。

 しかし、ネットニュースで噂されているように9月9日に米朝開戦となれば、状況によっては中止もやむなしです。その時は手配済みのこれらチケット類、その明細書等々一式がお宝になる可能性もあります。いつ何時そのような事態になっても記念押印・引受消印ができるように封筒、はがき用紙、切手、糊等を常に携帯しておきます。

 備えよ常に

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2017

石原裕次郎記念館閉館

2017090401

2017090402 おなじみ札幌市の湯浅英樹さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。
 ファンの高齢化による入館者の減少、経年劣化による建物自体の老朽化などのために小樽の石原裕次郎記念館が2017年8月31日をもって閉館となりました。最寄りのウイングベイ小樽内郵便局風景印にてラストデー・カードを作られました。石原裕次郎切手を使われた点ももちろん素晴らしいですね。

 また翌9月1日発行のエコーはがきもご恵送くださいました。実に6年11ヶ月ぶりのことだそうです。整理番号は2007年10月に郵政民営化で「1」に戻ったので、本件は「北海道-4」になるそうです。併せて掲載紹介させていただきました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2017

地方版絵入り年賀はがき廃止

 昨日報道発表された平成30年用お年玉付き年賀はがきのインフォメーションの中で、地方版絵入り年賀はがきの廃止が明らかになりました。1983年(昭58)以来続いてきた歴史が33年で終わることになりました。時の流れであがなえないことなのでしょうが、その大筋は記録に残しておきましょう。

2017090102 そもそも絵入り年賀はがきが始まった理由は何でしょうか。それももう忘れ去られているのではないかと危惧しています。それは1981年(昭56)に起きた騒動が原因です。それは印刷業者が年賀はがきを大量に買い占め、裏面に印刷を加えて100円前後で売り捌くという事件がありました。郵政省(当時)にも苦情が持ち込まれたため、翌1982年(昭57)に郵便料金40円+寄附金3円+印刷代2円の計45円の絵入り年賀はがき全国版3種が発売されました。
 印刷業者からは民業圧迫だという声も上がりましたが郵政省はこれを黙殺。価格的にも勝負をかけて買占めの動きを完全に粉砕しました。

 全国版の評判が予想以上に好評だったことから1983年(昭58)からは都道府県別の地方版も発行されました。以来33年間ですから単純計算で47都道府県×33回=1,551種にもなります。

20170901001

 冒頭の民間印刷会社の買い占め事件では「熊手」と「獅子舞」の絵が加刷されていたと記録に残されています。当時、私自身もすでに上京していたのですが、実物を見た覚えもなければもちろん入手もしていません。1982年(昭57)年用お年玉付き年賀はがきを保存されていらっしゃる首都圏の方、いま一度裏面を見返されることをオススメします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2017

トリプル要素以上は知識とセンスと説明が必要

2017083001

 戸籍制度100年記念の初日カバーは(1)初日カバー、(2)ディスカバージャパンスタンプ(DJ印)、(3)直筆サイン、の3つの要素で出来ています。普通はあっても2要素止まりで、このようなトリプルな構造を持つアイテムはかなり少ないです。
 しかし、漫然と3要素を乗っけただけではダメです。各要素の意味ある相関関係が一体となってこそ収集品として完成します。トリプルからは中級者以上の知識とセンスと説明(記録)が必要です。これはその悪い例です(笑)

 本便は何がメインでしょうか。往時の郵趣家の発想を演繹してみると直筆サインではなかったかと想像されます。1971年10月、日米野球のために来日した米大リーグ ボルチモア・オリオールズのチコ・サーモン選手(Chico Salmon)が後楽園球場での初練習後にもらったものとしっかり説明があります。21日に来日し、翌22日PM3:50のことと記されています。ここまでは完璧です。書いてある通りです。

 ところが(1)初日カバー、(2)DJ印、との関連がまったくわかりません。全郵普で事前販売されている初日カバー用封筒の裏面にサインしてもらい、その5日後に東京中央郵便局に行って初日カバーに仕立てたのはどういう意味なのでしょうか?。サインをもらった当日は金曜日なので郵便局は開いてます。同じ裏面に最寄局で記念押印すれば普通に良いものをなぜこんな回りくどいことをしたのでしょう。そもそも、初日カバー用封筒を使った理由からして不明です。たまたま持っていただけ???
 さらにDJ印はなんなん?。当時の後楽園球場の最寄駅でもなんでもありません。この昭和46年からDJ印が使われ始めたので、ひょっとすると最も近場では池袋駅しか印顆の配備がなかったのかもしれません。それならそうと中紙に説明を記録しておかなければ、製作者の手から離れた途端に意味がわからなくなります。

 トリプル郵趣品をものするには知識とセンスと説明(記録)が必要です。漫然と組み合わせたものは意味がわからないだけに著しく評価を下げてしまいます。ベテランと言われるキャリアの長い郵趣家ほど知識とセンスはあるつもりになっているので最後の説明(記録)がおろそかになりがちです。その欠点は想像以上に致命的であることを理解しなくてはなりません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2017

史上初のJアラート作動

 対象地域ではないのでどうかとも思ったのですが、何も作らないのでは元も子もないので、取り急ぎ近所の鋳銭司郵便局さんで風景印を押してきました。
 描かれている大村益次郎さんは日本陸軍の祖であり、靖国神社の前身である東京招魂社の設立に尽力した方なのでこじつけくらいにはなるでしょうか。
 最初に無地のはがきに風景印を押していただきました。帰宅してから表面下部にJアラート作動時のTV画面のキャプチャー画像を、裏面に中日新聞さんの号外を後印刷しました。

2017082901_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日こそ、その日です!

2017082901

 こういう時だからこそ敢えてご提案します。

 当該地域にお住いの郵趣家の皆さんは、風景印でもローラー印のどちらでも良いですから時刻表示のない消印で(今から0-8印は押せないため)とりあえず今日の日付印をはがきや白封筒に取りましょう。JアラートのTV画像やスマホ、携帯のスクリーンショット画像を後印刷でカシェにすればよろしいかと思います。

 もちろん号外や官房長官声明をプリントしての記念押印は最適かと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2017

返信依頼郵便の最初期使用例

2017081301

 先日の防府切手のつどい2017夏で青山スタンプさんから譲っていただきました。7月1日から来年6月末までの一年間の期間限定試行で始まった返信依頼郵便の実逓初期使用例です。
 報道発表を見た時は具体的なイメージがわかりませんでした。しかし、こうして現物を手にしますとまさしく百聞は一見にしかず、保険会社さん(アフラック)の契約内容確認のための新制度だということが瞬時に理解できました。どてっ腹の四角い余白は返信用はがきを剥ぎ取った跡です。ほぼ完成された仕様ですので、これは一年くらい前から着々と準備されていましたね。
 いつものように検索結果(追跡記録)もプリントアウトして一緒に保存します。切手や消印がなくともこれで取扱郵便局とその日時がわかりますから大事です。新東京郵便局に7月13日17:30に持ち込まれ15日に呉郵便局が配達。不在のため持ち帰りになり、呉吉浦局での受取を希望されたので青山さんご自身が出向いて受け取られたのが21日の12:52。間違いなく制度導入開始月の極初期使用例です。

2017081302


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県