現代史

March 26, 2017

詐欺郵便

2017032601

 左は昨年パインスタンプさんからいただいた福岡県行橋市あてのはがきです。”スイスより電信”と書いてあるのに貼ってあるのはマレーシア切手。消印の日付は2016.09.20。裏面にはいかにも外国人が作文したっぽい拙い日本語で、お金に関する情報を2-5日以内に銀色の封筒で送る旨が書いてあります。これだけではいったい何のことかわかりませんね。
 ところがこれとまったく同じものが東京都目黒区の高安紀彰さん宅にも届いていました。右がそのはがきで、日付もほんの数日違いの2016.09.23。出所の異なる場所から運良くこうして2通が巡り会いました。しかし、これだけでは相変わらずなんのことかわかりません。

2017032602

 そこはさすが郵趣家の高安紀彰さん、続いて到着した”銀色の封筒”もしっかり残しておいてくださいました。これでようやく意味がわかりました。優秀な占星術と透視術師が”最も偉大な秘密をお教えする”から5,000円送れ、というスピリチュアル系詐欺でした。
 左の”銀色の封筒”にはブルネイの航空印刷物の郵便料金支払済証紙が貼ってあります。日本国内差し出しだと82円しますけれど、この方法なら安く送れるのでよくある手法です。我々郵趣家は見慣れていますけれど、一般の人は珍しいと感じることでしょう。
 なお右は同封されていた返信用封筒です。料金受取人払になっているので親切そうではありますが、封筒サイズはほぼ定形最小限の144×85ミリで妙なところにセコさが伺えます。ただし、短辺最小限は90ミリなので厳密には郵便物としては取り扱われないものです。定形サイズを下回ると定形外になるのではなく受け付けてもらえなくなります。小さすぎると区分機の中でひっかかるなどの危険性があるためです。

 ご参考までに下に内容物の画像も掲げておきます。

2017032603

 また、高安さんからは事業者ローンと馬券共同購入の圧着はがきも寄贈していただきました。ともに2016年に郵送されてきたものだそうです。
 高安さんによると企業紳士録や同窓会名簿などではなく、金融機関の与信情報が漏れているのではないかと疑っているとのことです。怖いですねえ。

2017032604

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2017

暮しと郵便〜山口県の離島

 以前から離島の郵便関係を集めていましたが、だいぶ量が溜まってきたので専用の収容ケースファイルを作ってアイテムを集約しました。なぜ離島なのか、何が面白いのかをご紹介したいと思います。(一部の図版はクリックで別ウィンドウで拡大画像が開きます)

【県の関心が高い】
 数年前に山口県庁の書店で「やまぐちの島々」という小冊子を購入しました。山口県離島振興協議会が発行したものです。角島が取り上げられているので角島大橋が開通した2000年(平12)11月3日以前の出版物であることがわかります。しかし、この手の文献は古い時代の生活がわかるので古ければ古い方が良いのです。

2017030506

【各自治体も振興に熱心】
 萩市で配布している見島のパンフレットです。その右隣は昭和3年11月の(昭和)大礼記念の特印です。今でこそ人口約800人の過疎と高齢化の島ですが、もともとは他の島々と同じく食料増産の国策のため数千人が漁労に就ていました。それだけの人口があったが故に特印も配備されたのでしょう。

2017030507

【今も昔も郵便が行き来】
 人の生活があれば必ず通信のやり取りがあります。意識しているとけっこう集まりますので楽しいですよ。
 図は左から角島局昭和12年(現萩市・角島)、見島局昭和41年(防府市・見島)、西平郡簡易局平成28年(柳井市・平郡島)です。さらに新料金領収印は当時西平郡局にお勤めだった片寄さんが記念に押印されたものです。現存数はわずか数枚とのことです。

2017030508

【郵便貯金台紙】
 戦前は郵便切手を使っての郵便貯金制度がありました。大正4年の大正大礼記念に全国で行われたものです。大正大礼記念切手4種のうち低額の1銭5厘と3銭の2種が使われています。山口県人でなければ小松局と言われてもこれが周防大島だとはちょっとわからないと思います。小松とは地名由来の局名で、今の大島局のことです。

2017030509

【架橋以前の時代】
 広島県呉市の某郵便局長にして郵趣家だった故木村佳久氏の旅行記念カバーです。バス旅行のチケットを貼り、出発地と到着地の消印が押されています。注目は木村氏の手によるカシェです。昭和46年10月当時、大島大橋はまだ架けられていなかったことを示しています。渡船を要するがゆえに団体旅行の企画になりうる旅情を伴っていたのでしょう。大島大橋が開通したのは1976年(昭和51)年のことです。

2017030510

【架橋記念の小型印】
 ということで架橋記念の小型印も必然的に収集対象になります。本土から近い離島が多いのが山口県のメリットと言えるかもしれません。架橋されたことで離島ではなくなったのは屋代島こと周防大島(周防大島町)、沖家室島(周防大島町)、長島(上関町)、笠戸島(下松市)、向島(防府市)、彦島(下関市)、角島(下関市)、青海島(長門市)などがあります。

2017030511

【記念押印は欠かせません】
 昭和30年以降、高度成長時代を経て離島の人口は激減します。産業構造の変化が主な理由で基幹産業の漁業従事者は今も減少が続いています。人口が少ないのですから郵便取扱量が少ないのも必然です。それゆえ郵頼や郵便局巡りによる記念押印は意味があります。記念押印した印影以外見つからない例というのもあるでしょう。
 左はそんな県内各地の離島局消印です。また右は周防大島町内の消印です。周防大島まるごとが元離島なので全局が収集対象です。

2017030512

【ハワイ移民の島】
 周防大島はまたハワイ移民の島としても知られています。戦前からたくさんの移民が太平洋を渡って行きましたので、生まれ故郷に書き送った郵便が実在します。図はまさにそんなハワイ移民から送られてきた1920-30年代のものです。
 さらに明治7-8年頃以降、好漁場であることから対馬(長崎県)の浅藻地区に久賀(くか)の漁師が多数移住して行ったことも知られています。私も注意しているのですが対馬・周防大島間を往来した郵便物にはいまだにお目にかかれていません。

2017030513

【岸信介の直筆はがき】
 周防大島はまた岸信介の地盤でもありました。1977年(昭和52)に超党派の議員団の団長としてメキシコ・コロンビア・ブラジルの3ヶ国を訪問した時の直筆はがきです。コロンビアで島の支援者に書き送ったものです。当時は外国来信郵便物にはもう到着印は押さない時代のはずですが本便はなぜか日良居局が押印してくれています。

2017030514


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2017

プレミアムフライデー導入初日

 プレミアムフライデー事務局のホームページによると、制度スタート時に取り組みに賛同した山口県内企業は株式会社ニッシンイクス、株式会社丸久、株式会社エムシノ和バルコパん食堂の3社のみでした。
 その中から私自身がふだんから利用させていただいているスーパー丸久・アルクさんに敬意を表し、同社本部すぐ近くにあります防府牟礼郵便局で風景印をおしていただいて記念カードを作りました。
 せっかくなので丸久本部さんにもアポなし突撃しました。記念の趣旨を説明し、社名の入ったハンコをぜひ押させていただきたいとお願いしましたらご快諾いただきました。おかげさまでこれ以上ないバッチリな郵趣記念品ができました。ありがとうございました。製作数は限定5枚です。

2017022401

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2017

裁判員候補者名簿への記載のお知らせ

2017022101

 裁判員制度が施行されたのが平成21年5月21日、その翌年でしたか勤務先の部長あてにも届いていたのですが残念ながらそれはいただけませんでした。まあ、待っていれば自分あてにも来るだろうとのん気に構えていたらこれが全然来ません。
 そんな折、平成28年1月1日から同年12月31日までの有効期間が満了したということで北海道旭川市のHさんから一式をご寄贈いただきました。悲願でした、ありがとうございます。

 いろいろな書類が入っていますので代表的っぽいものをいくつかご覧いただきます。
 調査票というのは裁判員を辞退したい方だけが記入して送り返すものです。なにかしら事情がある人の情報を早いうちに把握するためだそうです。なので、裁判員を引き受けてもいいとお考えの方は記入・返送の必要はないとのことです。

2017022102

 裁判員を辞退することができる方、さらに裁判員になることができない職業に就いている方についても具体的に記されています。(画像をクリックすると拡大図が別ウィンドウが開きます)

20170221003

 最高裁判所長官からの挨拶状が一枚、裁判員制度Q&Aの解説本も一冊入っていました。解説本は63ページあり全編マンガです。

2017022104

 解説本にはDVDも付いていました。約31分の動画が入っているそうです。本気度がひしひしと伝わります。

2017022105

 調査票を送り返すための料金受取人払郵便の封筒です。これこそ使用例はまず手に入らないものですね。辞退希望されない方の手元には必ずこれが残っているはずなのですが、ほとんどの方は守秘義務を守って人知れず廃棄されているか、筐体の奥底に仕舞われていることと思います。
 なお、郵便番号102-8757の下に一回り小さい文字で「475」とあります。これが意味するものは何か興味は尽きません。

2017022106


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2017

郵便配達は二度ベルを鳴らす

2017021901

 昨夜午前零時頃にインターホンが鳴ってびびりました。玄関のモニターには誰も映っていません。変だなあとキッチンに戻ったらまたピンポーン。怖いよねえ。こんどは勝手口に回りましたがやはり誰もいません。生きた心地がしないとはこのことです。
 夜が明けてよく考えたら日本郵趣出版さんからゲラが届く予定だったことを思い出しました。郵便受けを開けたら案の定速達便が入っていました。深夜2度のピンポンはこれだな。

 データ的なことを整理しておきましょう。貼付切手は2月15日に発行されたおもてなしの花シリーズ第7集のうち82円額面全5種貼りです。さすが郵趣出版の編集員さんです、毎回このように配慮した貼り合わせにしてくださいます。消印は豊島29.2.17(金)なので発行2日後の初期使用例です。
 そして到着印が山口・小郡29.2.18(土)です。お江戸からトラックで運ばれて山口郵便局(地域区分郵便局)→山口・小郡局→深夜午前零時前に配達、です。地域区分郵便局のおかげでのスピード配達ですね。
 山口局が開業したのは1月30日。ただし、私の住む郵便番号上2桁「75」地域が業務範囲になったのは2月13日(月)からですから、これも取扱開始5日後の初期使用例になります。本例から察するに山口郵便局は区分をしただけで速達便の到着印は従来通り配達担当の山口・小郡局が押すようですね。
 新しい輸送システムの始まりです。これからも全国各地で地域区分郵便局が続々と開局しますのでリアルタイムに記録しておきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2017

切手ブームの残照

2017021701

 私が切手収集を始めたのは中学3年生とかなり遅いスタートでした。1975年(昭50)発行の自然保護シリーズ”アホウドリ”が収集目的で購入した最初の1枚です。なので東京五輪、大阪万博の切手ブームも知らなければ、1971-73(昭46-48)の沖縄切手投機もギリギリ知らないのです。なので、その時代をリアルタイムに経験された方々に対しては羨ましいの一言に尽きます。
 そんな心情もあって、華やかなりし時代の切手展・即売会・イベントの痕跡を今に伝えるアイテムもこつこつ集めています。

 図もそんなアイテムのひとつです。1970年(昭45)、新宿伊勢丹で開催された「宇宙元年・楽しい切手展」の出品目録です。幕の内が開けてすぐの1月5日から一週間も催事場を使うなんて今ではおよそ考えられない破格の扱いです。
 主催は全日本郵便切手普及協会、東京郵便切手商協同組合。後援に郵政省、大蔵省印刷局。協賛が小学館。さらに英領切手を取り扱うクラウンエイジェンツまで名を連ねています。
 目録の裏表紙には小学館の協賛ゆえに週刊少年サンデーの広告が載っています。伊勢丹にも切手とコインのショップがあることが明記されています。さらに切手商組合のメンバー名がずらり一覧されていて、このすぐ後に勃発した沖縄切手投機に絡んだグループとは一線を画していることも読み取れます。

2017021702

 狂乱の沖縄切手投機の時代、その品々も収集していますのでご不要の方はぜひお譲りください。また、投機グループと美術カバー製作販売会社との関係をご存知の方がいらっしゃいましたら、あわせてご教授願えればたいへん幸せます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2017

同姓同名「2人の青木茂さん」

2017020601

 唐津郵便局さんに郵頼していた風景印が戻ってきましたので、カシェと説明を加刷して記念カードを仕上げました。
 すでに報道各社が伝えていますように、同姓同名の現職と新人の2人が立候補するという珍しい例でしたので、選挙関係の一環として作成したものです。

 『1月29日(日)投開票された佐賀県唐津市議選に立候補した同姓同名の2人の「青木茂」さんは、現職(56)と新人(43)両候補者が共に当選を果たした。
 年齢などを補記して投票された有効票は現職候補が2,403票、新人候補は1,241票。青木茂とだけ書かれたものなど826票が案分票となり、両者の得票率に応じて現職544.697票、新人281.302票に分けられた。それを加えた数がそれぞれの確定票となった。
 心配された無効票だが「坊主の方」「格好良い方」などと書かれた「他事記載」が4票。ほかに年齢が両者に当てはまらない票が1票あっただけにとどまった。
 市選挙管理委員会によると、投票用紙に氏名のほか、現職か新人、または年齢などの区別を補記してもらうことで対応し、特に大きな混乱はなかったという。』
(報道各社のニュース内容を要約)

 上記要約文を記念カードの裏面にも印刷してあるのですが、どちらかが落選していた場合は、説明文の表現がだいぶ変わっていたことでしょう。めでたくお2人とも揃ってのご当選でほんとうに良かったです。おめでとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2017

地域区分郵便局の静岡郵便局、2月6日(月)開局

 1月30日の山口郵便局の開局に続き、来週の6日(月)には静岡郵便局が開局します。該当地域にお住いの方はぜひ集印にトライなさってみてください。
 東京北部局、山口局の開局でわかったことがらは以下の通りです。ご参考までに。

(1)初日印の郵頼は受け付けていただけない
 初日印GETはポスト投函のガチンコしかありません。また、インクジェット式機械印とN6印(和文機械印)の2種が配備されるようですが、どちらが押されるかも運任せになります。時間帯も選べません。

(2)最終印は窓口で頼む
 どちらの局でも受け付けていただけているようです。もっとも確実です。郵頼も大丈夫そうです。

(3)最終日の取集に注意
 東京北部局管轄内の郵便局では、移行初日の郵便物量をなるべく少なくするため、最終日は通常より回数多くかつ遅い時間まで取集されました。18時以降も数回取集されたので初日印狙いの人たちはかなり失敗をされました。
 初日印狙いの方は6日(月)の午前零時直前のポスト投函をオススメします。

(4)欧文印は不明
 郵頼を受け付けていただけないので現時点では詳細不明です。従来の静岡中央のSHIZUOKAとまったく同じ表記になるのか、それとも異なるのか、実逓郵便物の投函でご確認ください。

(5)ゆうゆう窓口の営業時間短縮も
 6日(月)から静岡中央局と三島局のゆうゆう窓口取扱時間短縮もすでにインフォメーションされています。さまざまな影響があるようなので多方面にご注意ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2017

HAPPY NEW YEAR 2017

2017010101

新年にふさわしいジャポニカ切手をご覧いただきます。
今年もよろしくお願いいたします。

 「日本との外交関係30年」2011年11月、国王夫妻来日時の様子。30nu・美智子皇后陛下、「30th」のロゴ、皇太子殿下と両国国旗、福島の子供たち、福島での東日本大震災被災者追悼、和装の国王夫妻。地に両国国旗。(ブータン2016年発行)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 31, 2016

郵趣ダイアリー2016のまとめ

2016123101 6月から始めた郵趣ダイアリーも年末で7ヶ月が経過しました。そのボリュームが左写真の通り4cm幅のB5判リングバインダー2冊になりました。初年度は試行期間ととらえ、なるべくなんでもファイリングするように心がけました。その結果、A4判にサイズアップすること以外に不都合・不具合は特に思い当たりませんでした。とりあえずなんでもファイリングすることで整理できます、散逸を防げます、末尾に記しました索引で瞬時にファイル場所を探し出せます。大晦日でもあり、その試行の実際をご覧いただくことにいたします。

◆さしあたってもっとも多いのが来信郵便物の収納です。差出消印の日付に合わせてダイアリーのページに仮貼りしていきます。必要に応じてルーズリーフを追加して収納キャパを増やします。

2016123102

◆ゆうパックも伝票部分を切り抜いて保存します。日本郵便さんのサイトで、お問い合わせ番号で輸送経過も調べてプリントアウトし、これもファイリングしました。

2016123103

◆後からいくらでも追加できる例です。日本郵政さんが上場して最初の株主総会、その際に使われた小型印付きはがきを1枚持っていただけでした。それが株主総会文書一式を寄贈していただけたのでクリアファイルにとじ穴を開けて一式をまとめました。

2016123104

◆収友が長野県に帰省した折に代理購入してもらった「型染めはがき」です。信越支社のみで販売された羊毛混合紙のはがきです(料額印面はなし)。これも異物混合アイテムのひとつということでプレスリリースとともにファイルしました。

2016123105

◆天皇陛下の生前退位に関する自作郵趣品です。お言葉全文をプリントアウトし、その余白に自作カードを仮貼りしました。

2016123106

◆2016年最大のトピックはリオ五輪・同パラリンピックです。日本柔道勢最初の金メダルを獲得した大野将平選手(山口市小郡出身)を皮切りに、山口県出身・所縁の選手たちの活躍をことごとく記念カードにしつらえました。右側は山口市への凱旋パレードの場面をカードにしました。
 2016年はセブンイレブンさんのはがきプリントを本格的に郵趣利用した記念すべき最初の年でもありました。実使用の前にテスト使用したアイテムもすべてファイルしています。

2016123107

◆時には郵便関係以外も収納しました。ゆうちょ銀行さんが6月から新キャラクター「ゆうちゃん」に本木雅弘さんを採用しました。当初作成された年金サービスのパンフレット表紙のキャッチコピーに問題があり、山口県では8月くらいから差し替えが行われました。その事由と新旧双方のパンフレットをファイルしました。
 右は下関市立美術館での特別展でのフライヤーやポストカードに記念押印したものです。なんでも郵趣品化活動の一環で製作したものもファイルしました。

2016123108

◆広島カープリーグ優勝記念号外です。その日に広島まで行って記念押印できればベストだったのですが、せめてもの記録にと号外をファイルしました。これは郵趣ダイアリーの「郵趣」より「ダイアリー」機能を重視した結果だと自己正当化しています・・・

2016123109

◆郵便局で手に入るチラシ類もファイルしています。1月30日開局予定の山口郵便局(地域区分郵便局)の社員・アルバイト募集のチラシです。この手の副次的資料はなかなか適した保存場所がないものです。そういう時こそ郵趣ダイアリーです。いつどこで入手したかも記録できます。

2016123110

◆地元山口県に関するもののみフレーム切手のプレスリリースもデジタルデータ保存と同時にプリントアウトもファイルします。フレーム切手を収納する専用アルバムもあるのですが、プリントアウトだけでもファイルしておくといざという時に探しやすいというメリットがあるからです。

2016123111

◆これもあえて同じアイテムを本来の専用アルバムと同時に郵趣ダイアリーにもファイルした例です。A0001組とA0002組がともに地元で出現したので、郵趣ダイアリーにもファイルしておき、通常の図版コピー等はこちらを使います。専用アルバムに収めた方がコレクションの本命で、なるべく痛めないように配慮しています。

2016123112

◆分類に窮するものこそ郵趣ダイアリーです。年賀はがきの料額印面に私の似顔絵を描いてくださいました。日本では印面汚損で無効になってしまうので別に52円切手が貼ってあります。
 もうひとつはたまたま萩郵便局のゆうゆう窓口で記念押印してもらったものです。局名表示が「萩」の1文字しかありません。窓口で使われているのは「山口・萩」表示です。分社時代の名残ですね。
 このようにファミリーを形成できるほどの同類品がない場合、うかつに収納してしまうとどこにあるか容易にわからなくなるものです。そんな時、なんでも郵趣ダイアリーに仮止めと決めてさえおけば紛失を免れることができます。

2016123113

◆事件事故を記録した自作記念カードも郵趣ダイアリーにファイルします。当該用件だけでなく、その前後にどんな事柄があったのかも把握できるようにです。博多駅前の大陥没事故も復旧11日後に現地に行きました。その日の早朝に7cmほど沈下があり一時通行止めになりました。そのこともルーズリーフに書き加えました。

2016123114

◆日露首脳会談in長門市の自作記念カードです。これは特に説明不要でしょう。

2016123115

◆郵趣会報もことごとく電子版に移行しました。紙版は基本的に極力入手しないようにしています。それでもなお、どうしても紙媒体やむなしの場合、郵趣ダイアリーに綴じ込んでいます。

2016123116

◆これが郵趣ダイアリーの索引です。7ヶ月間で586項目になりました。テキストデータだけなので容量はわずか483KBです。データベース構築ソフトのファイルメーカーProを使用しているので、検索や並び替えがクリックひとつでできます。これのおかげで郵趣ダイアリーのどこに何があるかが瞬時にわかります。
 本業仕事で膨大な量の図面を書きます。それを紙媒体だけでファイルしていると数年でどこに何があるか容易にわからなくなってしまいます。これを解決するためにデジタルで索引を作ることにしました。かれこれ20年以上になります。そのノウハウを郵趣に応用したものです。

2016123117

 皆さま、よいお年をお迎えください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣におけるコンピュータ活用 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県