環境郵趣

November 22, 2016

ポスパケット専用ラベルのリユース

2016112201

 今年2016年(H28)10月末で制度廃止になったポスパケット、その専用ラベルの”第2の人生”を発見しましたのでご紹介いたします。
 パスパケットのかわりに個人利用にも門戸を開いたゆうパケット。旧ポスパケット専用ラベルは流用使用するようにとのことでしたが、新しいゆうパケット専用ラベルの配給は思いの外順調だったようです。その結果、旧ポスパケット専用ラベルが大量に余ってしまいました。多くの局は廃棄処分されたようですが、さすが地元の山口中央郵便局は手堅いです。ポスパケット表示部分を抹消し、定形外郵便物用の宛名ラベルとしてリユースしていました。
 そのタイプは2種。ひとつは※印を連続印刷してポスパケット表示部を抹消していました(左)。もうひとつは白地のタックシールを細長く切って上貼りして抹消していました(右)。後者の方が手間がかかるようで、用意されていたのは大半が前者でした。
 私が発見したのが11月7日、山口中央郵便局のゆうゆう窓口脇の小さな作業台の上にリユースラベルが”ご自由にお使いください”状態で置かれていました。興味のある方は是非有効活用なさってください。

 下は記録用に作成したタックシールタイプの使用例です。山口中央28.11.10 12-18→鹿児島東28.11.11 12-18。

2016112202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2016

もんじゅの”悪”知恵

2016102501

 今は初日カバーが安いので切手商さんが1通100円などで投げ売りしているものを再点検するかのように見直しています。図のFDCもそうです。何かと問題を起こしている高速増殖炉「もんじゅ」が臨界に達した時の記念切手です。当時はまさかこんなにポンコツ扱いされるとはどなたも予想だにしていなかったことでしょう。
 で、なんでこれを買ったかというと、狙いは2次利用を目論んでのことです。切手とカシェの間にちょうどいい感じの空白がありますよね。もんじゅの廃炉が決まったらその記念押印をここにしようと思っているのです。初日と最終日の双方を揃えようという魂胆です。

 福井県にお住いの郵趣家の皆さん、今から初日カバーを買い集めて準備なさってはいかがでしょうか?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2016

売れなくなったグリーンピース切手

2016081401

 ニジェールが1998年に発行したウミガメ保護の小型シートです。切手代理発行会社が勝手にロゴマークを使用しただけで、グリーンピース自身が関与したものとは考えられません。国際的なセールスを目論んでの切手代理発行会社の独断です。
 日本ではグリーンピース・ジャパンが鯨肉宅配便窃盗事件(2005)を起こしたことが報じられ、これによりグリーンピースの悪印象は決定的なものとなりました。今では辺野古への米軍基地移設に反対、伊方原発をはじめとする原発反対など、絵に描いたような反日左翼テロ集団であることが明らかとなりました。よって、今までは環境保護関連の切手としてこれらを扱っていましたが、シーシェパードなどと同じ「環境テロ組織」という現代史の一分野として切り離すべきと考えています。
 どうやら悪評は日本だけではないようで、1990年代にはけっこうな数が発行されていたグリーンピース切手も今世紀に入ってからは激減。既発行券もebayでは何でもかんでも$1〜2程度の投げ売り状態で、それでも買い手がつかないようです。当然の結果でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2016

世界に誇るエイプリルフール切手

2016040101

 今から14年前の2002年4月1日、支那が自然環境保護キャンペーン切手(第2次・4種)を発行しました。5分・計画出産の推進、30分・鉱物資源の保護、80分・生命の水の保護、1.50元・海洋資源の保護。
 1979年から30年以上にわたって続けられてきた一人っ子政策も昨2015年10月29日に廃止されたことで、テーマの全てが破綻したことが確定しました。自然環境も悪化しこそすれ改善などまったくできていませんね。
 下は2ヶ月早く2月1日発行された第1次・2種のうち10分・森林保護切手を混貼した香港あて実逓書留航空便です。支那の国旗と国章小型シートが堂々としていますね。もちろん、森林保護もだめで着実に砂漠化が進んでいます。実に象徴的なカバーです。

 さすが支那、まさか本当のエイプリルフール切手になるとは思いませんでした。
・・・・否、本当はだめだろうと察していました(笑)

2016040102

|

February 11, 2016

お宝発見!?

2016021001

 ファイルをパラパラ見ていて偶然気がつきました。

 JAPEX2007の時に会場で販売された公式絵入りはがきが、なんと再生紙表示入りではありませんか。
 2007年(H19)10月1日、郵政民営化と同時に販売開始されたスズメはがきの再生紙表記入りは、年賀はがきの古紙配合率偽装表示事件(下記付属資料参照)を受けてほぼ半年で表記なしに仕様変更されたため、一般的には少ないと言われています。けれど運良く流通時期とJAPEXの開催時期とが確かに重なってますね。
 それとは気付かずに持っている、あるいは気付かれずに雑品扱いになっている可能性があります。心当たりのある方はご確認ください。表面右下角、赤矢印部分に再生紙表示があります。

[付属資料]
日本製紙の再生紙はがき、古紙は数%/TBSニュースより(2008年1月8日23:15付)

 環境に配慮し、古い紙=古紙の配合率を40%と定めて日本郵政が販売している年賀はがきに、実際には古紙が1%から5%しか入れられていないことが、JNNの調べで明らかになりました。メーカーの日本製紙もこの事実を認めています。
 現在販売され、流通している年賀はがきで、「再生紙はがき」と明記されているものについて、日本郵政は、古紙40%配合の紙を使うと定めています。
 しかしJNNが、去年11月1日に全国で発売された年賀はがきを独自に分析したところ、実際には40%を著しく下回る、わずか1%程度の古紙しか使われていないという結果が出ました。
 極端に低い古紙配合率は再生紙の“偽装”とも受け取られかねないものですが、取材に対し日本製紙は、古紙の配合率が実際には1%から5%であると認め、その理由として「ある種の古紙やそれに付随する物の中には、再生紙の品質に問題を生じさせるものがあるため、低い配合率になった」と説明しています。

(注)JNN…Japan News Network(ジャパン ニュース ネットワーク)の略称。東京放送 (TBS)をキー局、毎日放送 (MBS)を準キー局とする日本の民間放送局網のこと。

|

February 10, 2016

4月に東京電力がロゴ変更

 この4月に東京電力さんがロゴを変更するそうです。3/31は木曜日、4/1は金曜日なので新旧双方のロゴを配した記念カバー・カードを作られるのもよろしかろうと思います。東京電力さんのインフォメーションページはこちらです。

 ネット上では「ロゴを新しくしても会社の中身は真っ黒」だのなんのとステレオタイプな批判をしている向きが伺えます。なんと身勝手なことかと読んでいて日本人の民度の低さに恥ずかしくなってしまいます。
 電力会社の生業(なりわい)が自然破壊だしダークなのは当たり前です。太陽光や地熱などの自然エネルギーだけではとても賄えないから水力、火力、原子力も使って発電しています。そこまで言うなら自分で発電して質の高い電力を供給する会社を作りなさい。
 エネルギー供給と同じく処理業もセットで必要なものです。君らは電力会社を非難するなら、同じように産業廃棄物処理業の人たちも非難しなければ筋が通らない。人の嫌がることを引き受けてやってくださっていることでは同じです。それを一面しか見ずに非難するのはいかがなものか。よくよく反省してもらいたい。

|

December 02, 2015

日本最初の盛り上げ印刷?

2015120203


2015120204 フィラメイト12月増刊号が届きました。9ページ下に掲載されている「神戸ルミナリエII」ホルダー入りがけっこう面白いのです。ふるさと切手とともにパッケージされたポストカード4種(料額印面なし)には、透明樹脂による盛り上げ印刷が施されているのです。4種全てそうです。発行当時も特に話題になることもなかったので私も実物を見るまでまったく知りませんでした。

 ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)あてに寄付していただいた不要品の中に、ホルダーとポストカードだけが残った状態で入っていました。料額印面がないので、これを正統な郵趣品とみなすかどうかは意見の分かれるところでしょう。しかし、私の知る限りではこれが日本郵便最初の盛り上げ印刷アイテムです。発行日は2005年12月9日です。

2015120305 ホルダーは青版のフロントーネ、赤版のスパッリエーラの2種があります。中身は同一です。ふつうは捨ててしまうホルダーですが、コピーライト、再生紙使用、ソイインク使用の各表示がしっかり入っていますので、環境郵趣の1アイテムとして残しておく価値はあると思います。
 ふるさと切手もパッケージされた完全セットはフィラメイトでお買い求めください。しかし、タトウとポストカード4種セットだけでよろしければ1セット500円(送料込み)で分譲します。ホルダーがまた狙ったかのようにぴったり納まるスマートレターで発送します。青版か赤版のどちらになるかは一任してください。

 左欄上から2行目「メール送信」をクリックすると現れますメールフォームにてご連絡ください。折り返し送金先等をご連絡いたします。先着順です。

|

May 27, 2015

波の上うみそら公園海底ポスト

2015052701

 沖縄にダイビング旅行に行かれていた古川貴子さんから海底ポスト投函のポストカードをご恵送いただきました。いつもありがとうございます。
 私が把握している範囲では、日本には現在3ヶ所の海底ポストが設置されています。ちょうど良い機会なので以下にまとめました。

2015052702(1)沖縄県那覇市

 2013(H25)4月27日に供用開始された波の上うみそら公園に設置。ポストは浅瀬と海底の2ヶ所に設置されていて、浅瀬は潮が引いている時間帯は普通に陸上に出ています。もうひとつがお目当ての「海底ポスト」で、干潮時で水深3〜4mぐらいの場所に設置。古川さんが潜られた時は藻が繁茂していてポストの色は確認できず。頂上に乗っているシーサーも藻だらけ(写真参照)。
 ポストカードは専用のもので、売上金の一部がサンゴ保護活動に使われます。水に濡れても影響を受けない石油原料の合成紙ユポが使われています。油性ペンで文面を書いて投函します。それを公園スタッフが回収し、記念スタンプを押し、切手を貼って那覇中央郵便局に持ち込み発送です。以前は同局の風景印も押していたようですが、2015年(H27)年4月から管理団体が変わったようで、現在はそのサービスはないようです。
(消印は那覇中央27.5.20。なお、投函日は14日だったそうです)

2015052703(2)静岡県伊東市

 武田幸作さんからご恵送いただいたものです。伊豆海洋公園(I.O.P.)ダイビングセンターが管理。伊東郵便局の料金別納印を押した専用はがきをラミネート加工してダイバーが投函。I.O.P.が回収し、伊東郵便局に持ち込み発送。
(差し出しは2014年8月2日、配達は同月9日)

(3)和歌山県すさみ町

 1999(平11)年4月に南紀熊野体験博でのイベントのひとつとして、和歌山県すさみ郵便局局長の発案で設置された郵便ポスト。設置場所は、和歌山県のすさみ町の枯木灘(かれきなだ)海岸、岸から100m、水深10mの海底に設置。地元のダイバーが回収し、すさみ郵便局に持ち込み発送。
 日本最初の海底ポストであり、投函数も最も多いと思われますのに、ご縁がなくて1枚も見たことすらありません。どなたか使用例をお世話していただければたいへん幸せます。

| | TrackBack (0)

May 22, 2015

初のpostnord表示切手

2015052201

 スウェーデンとデンマークの郵政が経営統合されたことは2014年の郵趣誌でも報じられましたのでご存知の方も多いと思います。両国政府による持株会社で名実ともに国有会社です。これまで通り両国名を表示した切手はそれぞれ別に発行されますがその会社自体は同じという、今の日本ではちょっと想像しづらい形態です。
 そのことを表している切手が発行されました。自然保護の寄附金付き切手2種に会社名postnordが明記されています。postnordの下に国名SVERIGEもしくはDANMARKが表示されるという非常にわかりやすいものです。(上図はデンマーク)
 特筆すべきは特殊加工です。両国とも切手の右上辺にpostnordの文字をかたどったスリットが入れられています。無理に剥がそうとするとスリット部分で裂けてしまいます。切手の不正再使用防止としてはセルフ糊式切手によく見られます。スウェーデン郵政の図版の方がわかりやすかったので下に掲げておきます。

2015052202

| | TrackBack (0)

December 24, 2014

エドワード・ガントレットさんを知っていますか?

2014122401

2014122402 秋吉台科学博物館に一歩踏み込むと3人の胸像が置かれています。いずれも秋吉台・秋芳洞の研究・開発に貢献した人物です。向かって左端にひとりだけイギリス人の像があります。主の名はエドワード・ガントレット。1868年(明元)にイギリスのウェールズ州で生まれ、1890年(明23)に来日し、英語やラテン語の教師として働きました。その彼が山口高等商業学校(今の山口大学)に英語教師として赴任してきたのは1907年(明40)、39歳の時でした。

 秋芳洞の学術調査を初めて行った人物の一人がこのエドワードさんです。来山翌年の1908年(明41)には山口高商の学生さんたちを引き連れて秋芳洞の探検に乗り出しました。彼の妻の恒(つね)さんの手記によると、エドワードさんは自分の体にロープを巻きつけて洞内奥深くまで探検されました。その時の「秋吉台山洞穴略図」は今も県立山口図書館で大切に保管されています。

2014122403

 また、1909年(明42)にはイギリスのヨークシャ・ランバーズクラブ会誌に秋芳洞の記事を美しい絵や測図とともに紹介されました。それが初めて秋芳洞を世界に紹介することになりました。さらに長門峡の紹介も行うなど、わが山口県民には忘れ得ぬ大恩人であります。このことから、くだんの胸像が設置されているわけですが、その人となりが忘れられがちなのはたいへん残念なことです。

 山口に住まわれていたのは1916年(大5)までの9年間です。その間に差し出された実逓カバー(実際に郵便で運ばれた郵便物、封筒のこと)を運良く入手することができました。明治44年(1911)4月25日に山口郵便局で差し出され、4月26日に神戸から船便でアメリカのクリーブランドまで送られた国際書留郵便物です。
 さらに封筒の表裏に”EDWARD GAUNTLET / YAMAGUCHI”等の表示があるのは当時の名士の習慣で、名入りの自分専用封筒や便せんをあつらえていたものです。このことが差出人を特定する有力な証拠のひとつともなっています。

 エドワードさんの功績は多方面に及んでいます。宣教師の資格を持っていたことから日本の教会におけるパイプオルガン演奏の普及にも貢献されました。しかも妻の恒さんの実の弟があの大音楽家・山田耕筰で、直接彼に西洋音楽を指導されました。ゆえに広義の音楽関係アイテムであるとも言えます。さらにエスペラントの普及や、英語教育では岡山大学、金沢大学、一橋大学での功績も多大なものがあります。

 2014年12月24日、裏付け調査のために秋吉台科学博物館に直接伺ってきました。そこではより詳しいご説明をいただきました。特にエドワードさんは上記の他にも多彩なご趣味があり、下図のような装飾文字も多数残されていること。そして子孫の方が今も山口市にご健在であることもご教示いただきました。改めて御礼申しげます。

2014122404

参考:秋吉台・秋芳洞の人物史4「エドワード・ガントレット」
   秋吉台科学博物館(昭和60年3月25日発行)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣におけるコンピュータ活用 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県