エンボス・デボス

August 27, 2019

金銀銅の金属色インク

2019082701

 昨日発行された東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(寄附金付)を購入してきました。さすが400年以上の歴史を誇るオランダの王立印刷所ジョン・エンスケデ社です、1枚のシートの上に金銀銅の3色を同時に表現しています。メタリックな風合いを箔押しではなく印刷インクで表現するのは実はたいへん困難なことなのです。

2019082702

 日本最初の金色インク印刷は、1959年(昭34)発行の名古屋開府350年記念切手であることはあまりにも有名です。時の郵政省は金のシャチホコを表現するために金色インクを使うことを強く希望し、一方の大蔵省印刷局側は金色は変色しやすく印刷も難しいからと難色を示していましたが、最終的には郵政省の希望を容れ、グラビア特色の金色インクでの印刷に踏み切りました。(※)
 幸いなことに発行からちょうど60年を経過した現在でもさしたる経年劣化は見受けられません。皆さんのアルバムに収まっているであろう1枚もまた輝きを失っていないことと思います。

2019082703

 その後、印刷局では研究が重ねられ、1968年(昭43)にはついに普通切手・中尊寺金色堂30円にもグラビア特色の金色インクが用いられました。
 さらにその翌1969年に発行された日本万国博覧会EXPO’70寄附金付50+10円記念切手、1970年発行の同記念切手1次・燕子花図50円も同様です。同記念切手2次・夏秋草図50円にはなんとグラビア特色の銀色インクまで登場し、日本における切手ブームの最盛期を象徴するかのようでした。

2019082704

 しかし、日本切手にしか目が向いていない収集家が多かった当時、目立たないながらも印刷局では外国切手製造を請け負った際に金属色インクを大胆に使っていました。それが1967年(昭42)発行のシャルジャー切手”POST DAY 1967”です。大蔵省印刷局の銘版が入っていますので知っている人は知っている存在です。しかも、中尊寺金色堂30円切手が発行される前年です。
 いかなる経緯でアラブ土侯国の切手製造を扱うことになったのか今ではわからなくなりましたけれど、こうして実物だけは確実に世の中に残されました。どなたか謎解きに挑戦しませんか?。

 最後になりましたが改めて東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(寄附金付)をご覧ください。プレスリリースにあるようにオフセット6色印刷です。カラーマーク部分に注目してください。左からプロセス印刷のKCMYの4色が並び、その次に銀、金の特色2色、そして右端にエンボスがあります。まとめますとカラーマーク6色+エンボスです。さあ、ここで不思議にお気づきでしょうか。そうです、銅色の特色がありません。これはいったいどういうことでしょうか。
 すでに外国切手では行われている”銀色インクの上に金色インクを重ね刷りをすると銅色になる”ではないかと私は想像しています。皆さんも高倍率のルーペでじっくり観察してみてください。いずれ専門家の方が「郵趣」誌上に詳細を解説してくださることでしょう。

※:出典 解説・戦後記念切手II「ビードロ・写楽の時代」P.242より(内藤陽介著)

 

 

| | Comments (0)

November 28, 2017

行政郵便物の収集と整理

2017112805

 個人情報がネックとなってなかなか集められないものですからどうしても自分自身や家族宛のものを収集・分類・整理するのが中心にならざるを得ません。母が要介護5の寝たきりなので、市役所さんからもこうした行政郵便物が頻繁に届きます。到着日を封筒に裏書きした後にA4判の厚紙をアルバムリーフにして貼り込みます。

 Macintoshユーザーなのでアプリのpagesが最初から入っています。事前に作っておいたフォーマットにちょいちょいと打ち込んで印刷そして郵便物はヒンジ止めです。極力手間をかけないよう手書きと同等程度の作業量が目安です。混み入ったフォーマットだと長続きできませんので。さらにいつものように簡略な文章で自作の郵趣データベースにインプットしてあります。
 なお、特に重要かもと思われる内容の場合のみ、リーフの裏面にカラーコピーします。安直ですが便利です。

 個人情報はしっかり守ります。私を信用していただけるなら、切手を貼ってあるなしに関わらず行政郵便物をご寄贈いただけるとたいへん幸せます。意識して残していかないと確実に失われてしまう大事な実物史料です。
 行政郵便物を郵趣分野のひとつとして収集しているのは、日本広しといえども私だけではないかと思います。ご協力をお願いいたします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2017

豹変したスペイン切手

2017081201

 2014年以降のスペイン切手は豹変しました。偽造防止目的と言われている「ñ」(エニェ)の穿孔あるいはエンボス加工が施されるようになり、ここ数年は全ての記念切手が何らかの変形切手・変り種切手であると断言できるような状況です。いつアイデアが枯渇するのかと心配ですらあります。

 そのスペインがまた奇抜な切手を発行しました。1960年代の世界的事件を収めた変形シートです。切手も変形、シート自体にも不思議な穴あけ加工がされている摩訶不思議なアイテムです。
 取り上げられている題材のうち、アメリカのケネディ大統領、アポロ11号の月面着陸は日本でも有名ですね。1967年・世界初の心臓移植、1968年・フランス五月革命はいまひとつピンときません。特に五月革命は実質的に失敗で、日本への影響もほぼなかったので、これを世界的な出来事だと取り上げる感覚そのものが理解しにくいです。

 今後、1970年代も発行されるようです。はてさて、いったいどうなりますことやら・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2015

金箔切手発行50年

2012081102

 50年前の1965年12月4日、ガボンが世界最初の金箔切手を発行しました。

▶︎参照:世界最初の金箔切手
▶︎参照:金属製切手の根本を問う化学切手展

|

May 03, 2015

見えません・・・

2015050301

 1991に開催された第7回世界教会協議会メルボルン大会記念の切手付き封筒です。カシェも印面もエンボスなのでスキャナー性能によってはぱっと見はただの白い封筒(笑)。かろうじて国名、料額43c、記念銘は淡ブルーで印刷されています。
 闇夜のカラスの反対ですね。なんといえば良いでしょうか。牛乳の中に豆乳、雪原にユキウサギ、ご飯にしらす・・・・???

| | TrackBack (0)

August 02, 2014

リヒテンシュタインの新切手「結晶学」

2014080201

 リヒテンシュタインから2014年9月1日発行予定の新切手広報誌が届きました(上図)。各新切手が表紙を飾っています。この中で注目していただきたいのは下の「結晶学」の2種です。すっかりお馴染みになったAR拡張現実機能が備わっており、sepacアプリでスキャンすると切手に描かれている結晶の変化をアニメーションで見ることができます。上の図版でも私のiPadはきちんと認識してアニメーションを見ることができました。
 また、マキシマムカードがまたデザインがかっこいいです。その素晴らしさに当該ページも下に示しておきます。化学大好きコレクター垂涎の的でありましょう。
 なお、製造もまたすっかりお馴染み、フランスのカルトール社です。

2014080202

※参照:リヒテンシュタイン郵政の当該ホームページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2013

アメリカズカップ優勝記念1987

 facebookでゴールド・レプリカ(金箔エンボス加工の切手に似せたシール)の話題が出たので、その実例を本ブログに記録掲載しておきたいと思います。以前、広島県の大橋武彦さんからいただいたもので、国際的なヨットレースとして有名なアメリカズカップの記念郵趣品です。発行は英領のソロモン諸島です。

01

 表紙写真です。合成皮革に金文字印刷を施した収納帳です。オフィシャル・プレゼンテーションと名付けられています。

02

 開くと左側に押印済の記念カード、右側にゴールド・レプリカが納められています。レプリカの台紙には同島の郵政大臣(郵政長官)の認証と管理ナンバー2720番の表記があります。またMade in Australia Philatelic Internationalとのエージェント名まで入っています。そして23 Karat Pure Yellow Goldと大書きされています。

03

 記念カードには$5記念切手を貼って記念印が押されています。さらにDennis Conner(デニス・コナー)の直筆サインがあります。切手よりもゴールド・レプリカよりもむしろ、このサインにこそ意味があると思います。その理由はwikiにも以下のように記されています。

 『1983年の第25回大会においてNYYC所属の「リバティー」号がオーストラリアのロイヤル・パース・ヨットクラブ(Royal Parth Yacht Club)から出場した「オーストラリアII」号に敗れ、アメリカス・カップは初めてアメリカ国外へ渡ることとなった。しかし、それまでは予選の組み方や使用艇の要件等、明らかにNYYCにとって有利なルールが長年に渡るアメリカの独占を支えていたため、この敗戦はアメリカスカップが近代的な国際スポーツイベントへ生まれ変わる契機となった。
 「リバティー」号のスキッパーであったデニス・コナーは「カップを失った最初のアメリカ人」としてアメリカ中からの非難に晒されたが、1987年オーストラリアのフリーマントルで開催された第26回大会に自らのチームを率いて乗り込みカップ奪回に成功した。コナーは一転アメリカンヒーローとして凱旋し、ロナルド・レーガン大統領によってホワイトハウスに招待され、"ミスター・アメリカスカップ"と称されるようになった。同時にカップ奪回に賭けたコナーの苦闘は小説化され 、映画「ウインズ」の題材にもなった。』

 どうりでかくも立派なプレゼンテーション・パックが作られたわけです。ただし、注意して頂きたいのは、金箔切手かのように見えるゴールド・レプリカはあくまでも記念品であって郵便切手ではありません。
 また、デニス氏は郵趣品以外にも多種多量にサインをしていらっしゃるようなので、同類品は比較的に手頃な値段で入手可能なのも好ましく思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2012

山尾庸三誕生175年記念カード

2012100801

 以前にブログで予告しましたように長州ファイブの一人、山尾庸三の誕生175年記念カードを作成しました。

 本来は誕生地である山口市の秋穂二島(あいおふたじま)郵便局で記念押印したかったのですが、残念ながら当日は体育の日で祝日。やむをえず山口中央郵便局で押印しました。
 カシェは平成18年(2006)4月26日、山口大学吉田キャンパスに設置された長州五傑記念碑のレリーフ(前列右が山尾)と後年の肖像をアレンジしました。こういう事例はお堅い雰囲気ぐらいの方がよろしかろうと思いましてフォントは明朝体のみ。消印も風景印は似合わないと考えて和文印にしました。
 なお、映画「長州ファイブ」にも描かれているように、山尾は日本の視聴覚障害者教育にも尽力したことから「日本の点字制定100年」記念切手(1990)貼りバージョンも別途製作しました。

 山口ローカルな題材である面もいなめないので需要はそれほどはなかろうと思い、余部はもう1セット分しか作りませんでした。それをご希望の方に無料で差し上げます。
 50円普通切手貼りか、点字制度100年記念切手貼りのいずれかの希望を書いてメールで申し込んでいただければ余部の1セットをばらして計2名の方に差し上げます。これは早い者勝ちではなく、どなたがふさわしいか勘案した上で決めたいと思います。工学関係の方、障害者教育に携わっておられる方あるいは郷土史研究者の方などが適しているかとは思いますが、まずは必要とされるPR文を添えてご連絡ください(遠慮はいりません)。

<2通とも行き先が決まりました。ありがとうございました>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2012

世界最初の金箔切手

2012081102

 変り種切手の雄と断言できるのが今回ご紹介する金箔切手です。図はガボンが1965年(昭40)12月4日に発行した「シュバイツァー博士追悼」記念切手です。これが世界最初の金箔切手です。
 裏糊引きをした純金の箔にエンボス加工をして印面を作り、目打の型抜きをして切手の体裁に仕立てる金箔切手としてのスタイルがこの時点でほぼ完成していました。博士は同年9月4日に亡くなったばかりなので、前例のない製造工程を没後わずか3ヶ月のうちに成し遂げていたことになります。(注)
 本券の特殊性はそれだけではありません。当時は金の輸入が禁止されていたため、発行後8年間は日本に輸入できませんでした。日本の郵趣市場に登場するのは1973年(昭48)4月からの金の輸入自由化以降のことです。解禁直後の価格が5,000円位でしたので今の貨幣価値だと2〜3万円相当です。1960年代後半に発行された初期金箔切手はおおむね同様の状況で、今でも万に近い数千円の販売価格が一般的です。
 その後、切手製造技術上の進歩もめざましく、金箔に見える別の金属箔を使うといった「技術開発」もあり、今では純金である旨の証明書を添付して販売されるもの以外は金箔切手のそっくりさんと理解して良いでしょう。そこで、一連の金属箔切手を非破壊検査して確認されたのが日本の化学切手研究会です。理学博士の伊藤良一氏によりますと、シュバイツァー博士追悼記念切手は看板に偽りなく、確かに主成分は金であるとの結果が出ています。詳細は以下の過去記事をご参照ください。

金属製切手の根本を問う化学切手展

(注)博士が亡くなるはるか以前に用意していた可能性も否定できません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2012

台湾のバレンタイン切手

2012021201 台湾の大学生郵趣家君が新切手(バレンタイン切手)の情報を知らせてくれました。タブを間に挟んだ2種横連刷と小型シートで1セット。連刷の方はエンボス加工(浮き出し)にスポット・バーニッシュ(ツヤありニス)印刷で立体的な効果を出していること。小型シートはハート形切手を1種納めていて、台湾初の香り付きインク印刷。製造はフランスのカルトール社製。2月10日に発行されたばかりです。詳しくは下記URLを参照ください。
 日本切手だけの切手収集は今後、収集家人口の減少と高齢化で否応でも廃れて行きます。外国人コレクターとの交流に進んでいかないと収友自体がいなくなります。たかが英語くらいなんだ!的な気合いで読みましょう。

http://www.post.gov.tw/post/internet/u_english/post_news_dtl.jsp?news_no=18169&search_type=16


| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日カバー・記念カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県