輸送手段

February 17, 2019

宅配業者→日本郵便の協業便

2019021701

 アオヤマスタンプさんから郵趣付属品を送っていただいた時の西濃運輸さんの送票カットです。ですが、実際の配達は日本郵便さんでした。

 伝票番号で検索結果(追跡記録)を確認していただければ簡単にわかります。西濃運輸で集荷し山口郵便局(地域区分郵便局)まで運ばれ、そこから先は日本郵便に配達を委託しています。送票にも赤いゆうパック用バーコードラベルが加貼されています。きちんと確認しないと捨ててしまいかねません。あぶない、あぶない。
 アオヤマさんにもお知らせしましたところ、やはり日本郵便に回されたことはご存知ありませんでした。また、私自身は佐川急便さんとの協業例を所持しているほか、ヤマト運輸さんもやっているとのこと。面白い時代になりましたね。スタンプレスだからと安易に軽視していては現代における郵便事業の実態が理解できません。
 facebookに設けたFSC会報(専用会議室)でこの件を取り上げましたところ、実に興味深い実態が寄せられました。その要約を以下ご紹介します。

ーーー↓ーーー

 宅配業者はB to B(企業から企業)の場合はほとんど自社で配送する。理由は簡単、配達先が企業なので不在になる可能性がないから=配送コストが低い。しかし、B to C(企業から個人宅)やC to C(個人から個人)の場合は配達先が個人宅のため不在が多い。つまり不在後の再配達等で配送コストが高くなってしまう。その結果、宅配業者による「引受はやるけど配達は郵便局へ丸投げ」が生じる。それだけなら”優れた経営判断”と言えよう。

 ところが、宅配業者の郵便局への丸投げは、一般に知られていないだけで実はバブル時代から日常茶飯事。しかも配達しきれないと判った夕方頃に郵便局に持ち込む例も。結果、配達が1日遅れたと怒られるのは日本郵便の方。
 一番ひどかったのは自社は正月三が日は配達しないはずなのに大晦日に大量引受けてそのまま郵便局へ丸投げ。しかも「お前ら俺達のお陰で儲かっていいよな」と威張っていた。
 宅配業者の中には「配送センターでの受取は拒否」しているところも多い。理由は自分たちの仕事のペースが乱されるから(らしい)。
 宅配業者の悪いところは「どうせ俺は長く勤めないから責任は取らない。後は野となれ山となれ」という社風が蔓延していること。

 郵便局の場合、再配達の他に郵便局での受取や勤務先配達(無料)が選べるので配達先にとっても便利。多少高くても日本郵便を選ぶという荷主が少なくないのも、臨機応変な制度と現場配達員の質が断然優秀だから。

ーーー↑ーーー

 アオヤマスタンプさんは親切心で”不在が多いのでTELして配達をおすすめ”と付記してくださいましたけれど、西濃さんからも日本郵便さんからも事前電話はありませんでした。ひょっとするとこの一文が日本郵便さんへの丸投げの直接原因になったのかも?(笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2019

沖縄・北谷の海底ポスト

2019010102

 古川貴子さんから実逓便をお送りいただきましたのでご紹介いたします。他の海底ポストと同様に専用のはがきがあり、北谷町の16ショップにて1枚500円で販売。北谷町海域利用事業所協力会が週に2回ほど回収して郵便局に届けるしくみです。
 古川さんの証言によると切手を貼っていない状態で海底ポストに投函されたそうです。回収後に協力会さんの方で62円切手を貼り、北谷宮城局さんが風景印を押印して発送してくださったようです。耐水紙(ユポ紙?)のせいか記念スタンプ・風景印ともにインクが流れ気味ですけれど、これこそが実逓の証と言えるでしょう。
 未使用はがきも送っていただいたのであわせてご覧いただきます。なお、ショップ名は販売店で押されたゴム印です。

2019010103

[付 記]
・2016(H28).4.20
 海底ポスト設置。同日から郵便取扱開始。
・2016(H28).6.27
 北谷宮城郵便局で風景印使用開始。

[参照記事]
波の上うみそら公園海底ポスト

※「海中ポスト」「水中ポスト」「海底ポスト」とさまざまな呼称が使われています。HYPER Philatelistブログでは当面の間「海底ポスト」で用語統一いたします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2018

TPP発効

2018123001

 日本、ベトナム、マレーシア、ブルネイ、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、メキシコ、ペルー、チリの11ヶ国が参加する環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が30日午前零時に発効しました。域内の工業製品や農産品の関税は段階的に引き下げられ、投資や知的財産権保護など高水準のルールを定めたものです。世界の国内総生産(GDP)の約13%を占め、総人口で約5億人を抱える巨大な自由貿易圏がアジア太平洋地域に誕生することになりました。
 TPPにより将来的に日本の関税撤廃率は約95%、他の10ヶ国は99~100%。食品の値下がりは家計にプラスとなり、輸出にも追い風となります。政府の試算によれば日本のGDPが年7兆8千億円押し上げられ雇用は約46万人増える一方、安い農産物の流入は国内農業には試練となる可能性があります。・・・以上、報道各社まとめ

 郵便・物流部門ではどのような影響が出てくるのか注視しなければなりません。日本郵便による信書配達の独占も開放要求があるのではないかと心配されていましたけれど、肝心のアメリカさんがトランプ政権になって脱退してしまいましたので当面は大きな動きはないかもしれません。むしろ、日本郵便が海外に打って出るチャンス到来か?。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2018

レターパックでお酒を送る

 宮崎県の久米田ひとみさんが焼酎「木挽」2本を送ってくださった時のレターパックプラスです。太鼓腹状態で送られてきたものですからどうしてもベコベコになります。しかし、このダメージ状態であればこその実逓便たるリアルです。そう、このガワ(レターパックプラスの特定封筒のこと)も収集対象です。

2018111101

 品名の2文字部分に丸チェックがあるので窓口差出時に内容物の確認がなされたという意味を表しています。宮崎県から山口県までは航空路線がないため当然ながら陸路輸送です。ということで、なんら問題はありません。検索結果(追跡記録)と酒類の解説ページをプリントアウトして封筒内に納めて保存します。データベースにも登録し、必要な時に瞬時にピックアップできる体制にしておきます。

 酒類も郵送するにあたってきちんとした決まりがあります。24度以下ならゆうパック、郵便物、ゆうメール、ゆうパケットいずれも制限なしです。ところが24度以上等の各種規程を超えると航空輸送できないなどの制限が加わります。そうした細かい区分も記録・収集しておくのも郵趣研究の範囲内だと考えます。航空輸送される区間であっても24度未満と以上の取り扱いの違いなど、コレクターとしては、外見上は同じに見えてもコンテンツの違いを収集・把握しておきたいものです。
 来週末のJAPEX2018に行けば、全国から収友が集まっていることだし、例えば東北・北海道の友人にお酒を送ってもらうようにお願いすることも可能です。お礼に獺祭をお送りすればそんな悪い交換条件でもないでしょう(笑)。
 これも冗談とばかりも言い切れません。日本郵便に限らず、どの輸送会社さんも航空輸送の詳細は非公開が原則だからです。理由は簡単でテロの標的にされてはいけないから。実逓便で運用の実際を確認することは決して無意味ではありません。ただの酒好きの言い訳じゃないですよ(笑)。

 旅行の際に各地のお酒を買って郵送するのは郵趣&遊酒的に意義あることです。なお、久米田さんに送っていただいた「木挽」のように、プラスチックボトルは割れにくいので最適の史料と言えます。

参考:ゆうパックでお酒は送れますか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2018

佐川が集荷して、日本郵便が配達する

2018081201

2018081202 切手を貼っていないので一瞥もされずに捨てられてしまうことが多い料金別納・後納郵便。しかし、注意深く見ていると面白い使用例があります。図はその典型例です。中身は宿泊プランのチラシ、招待券で信書には該当しません。なので佐川急便さんが城山観光ホテルさんと契約して集荷と発送を一手に引き受けたものです。そこから先が面白い点で、このまま日本郵便さんに持ち込んでゆうメールで発送しています。自社で配達するより安いからです。こうした経営判断はお見事というほかありません。

 地元の地域配達局の山口郵便局さんに見学に行った時も、こうした運送会社のトラックのための専用レーンが設けられていると説明を受けました。
 また、今年の6月限りで日本郵便さんが集荷サービスをやめてしまったので、こうした集荷だけを扱う隙間会社がたくさん出現するのではないかと思います。
 日本郵便さんも集荷をやめたと言いながら実は官公庁の集荷は継続しています。露骨な不公平ですけれどなぜか問題になっていません。今後、集荷専門会社が増えれば役所向け集荷もやめることができるのでそう悪い話でもないと思います。

[追記:城山観光ホテルが名称変更]

2018081203 今年の5月8日、創業70年を迎えたことを好機とし、より若い世代の利用拡大をも意図して慣れ親しんだ城山観光ホテルの名称がSHIROYAMA HOTEL kagoshimaと改称されました。この社用封筒は今年4月の差し出しらしく、旧名称最後期の使用例と言えます。
 現在は、新名称シール(図参照)を上貼りして対応しています。それもじきに在庫がなくなり、新名称封筒が使われ始めるでしょう。鹿児島ゆかりの人々なら、シール貼りの過渡期使用例をぜひ収集対象に加えていただきたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2018

手ぶら観光サービスの「配送」利用を

2018071601

 日本郵政さんの「株主通信」(20170401〜20180331)より抜粋しました。20171201から京都中央郵便局で始まった「手ぶら観光サービス」のうち、特に「配送」サービスを支援しましょう。

 業界紙の通信文化新報の6月18日配信号によると、サービス開始半年の実績は一時預かりは1日平均10個(土日は40〜50個)の利用があるものの、宿泊先への配送サービスの利用はほとんどない、と厳しい指摘が記されています。料金設定や配送先の少なさ等、苦戦を強いられている要因はありますが、予期せぬ不運も重なったようです。それは20180219の京都郵便局(地域区分郵便局)の開局です。これにより、京都中央郵便局から各配達局への直行便がなくなってしまいました。このままでは配送サービスのみ中止になってしまいます。ここでコケたら全国展開が阻まれてしまいかねません。

 折しもゆうパック自体の制度改革とそれに伴う送票の仕様変更が進んでいます。時期によっては将来レアアイテムになる事例も考えられます。郵趣家はこういう時こそ協力しなくてはいけません。京都旅行に行かれる際はぜひ京都中央郵便局の手ぶら観光サービスの「配送」をご利用ください。その送票は捨てずに大事に残してください。

参照:京都中央郵便局で手ぶら観光サービス始まる


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2018

メール便も収集対象です

2018042901

 2015(平27)年3月31日で廃止されたクロネコメール便ですが、その後はビジネスユーザーを対象にしたクロネコDM便が登場しました。私は日本郵便もその他の運送各社のメール便も区別せず集めています。その際、美術展の案内はがき(フライヤー)はたいへん重宝します。

 画家の斎藤吾朗先生から託された各種郵送物を現在進行形で整理しているところです。とりわけ美術展の案内はがきは、アドレス以外は個人情報はほぼ皆無です。しかも会期と場所が明記してあるので、いつどこで使われたかもはっきりわかります。さらに絵柄面は作家さんの作品がプリントされていることが多いので見た目にも美しい。さらにさらに、時には作家さんの直筆文もあったりするので郵便史を超えて美術史にも及ぶ高い資料性が認められます。私も単なる趣味の域を超えた使命感を持って取り組んでいます。

 各社メール便を丹念に見ていますと、集荷こそ運送会社ですが実際の配送は日本郵便という事例が少なくないことに気づきます。日本郵便関係者の方なら既知の事ですけれど郵趣家は案外知らないと思います。コスト的に合わない荷物は日本郵便にお願いするという、運送会社さんならではの巧みな戦略があります。そうです、同じ運輸企業ということでけっこう仲良いんですよ(笑)。そのことが日本郵便さんの経営を圧迫しているのではないかという指摘もありますが、そこは当事者どうしで話し合ってください。消費者には関係のない話です。

 ただし、郵趣家としては当然ながらたいへん興味があります。西濃運輸さん、佐川急便さんが集荷し、日本郵便さんに配達を託した実逓カバーをご覧いただきます。画廊や美術館差出の展覧会案内なので発地も日付もわかるという利点がここでも発揮されています。日本郵便と同業他社とのコンビネーション、これをいわゆる郵趣の範囲から除外するのは面白くないと私はそのように考えています。

2018042902

参照:さようならクロネコメール便


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2018

e発送サービス/メルカリの実逓便

 昨年6月20日からサービス提供が始まった日本郵便さんのe発送サービス。ヤフオクは収友の助けを借りて実逓便を作りましたが、メルカリだけは利用している知人がおらず未入手でした。それが偶然にも本物の使用例が手に入りましたので記録掲載しておきます。

(1)e発送サービスの宛名ラベル(カット)
 実逓便から宛名ラベル部分を切り抜きしました。回りの黄色い部分がその封筒です。”e発送サービス”、”メルカリ”、”プライバシー配送”の表記がしっかりあるのが重要です。差出人も受取人も隠されています。

2018031001

(2)宛名紙
 (1)の上にセロテープ止めされていた実際の宛名紙です。サイズはA5判で受取人のアドレスが明記されています。これで相手に送り届けられるわけですが、差出人情報は隠されています。この宛名紙は剥がされることなくこのまま配達されました。

2018031002

(3)検索結果
 幸い検索結果がまだアクティブな時期にいただきましたのでデータを取ることができました。福井中央郵便局 2017.11.20→豊田(上郷)郵便局 2017.11.23です。制度開始年のメルカリ使用例であることが証明されました。

2018031003

 現在は切手を貼った郵便物は全郵便物の10パーセントにも満たない少数派です。切手貼りの方が例外なわけで、例外だけを収集対象にするのは実態を正しく理解しているとは言えません。スタンプレスもきっちり収集すべきです。
 とはいうものの、切手も貼ってなければ消印もないのは殺風景なのは否めません。興味のない方が多数派であろうことはやむをえないことです。収集対象の無理強いはできませんので、収集対象外の方はどうぞ私にお恵みでください。私が一手に引き受けましょう!。

 なお、配達された年月日の裏書きメモをお願いします(鉛筆書きで可)。それがないと使用時期の特定ができないので資料としての価値が大きく減じてしまいます。局名年月日が重要と言われる伝統郵趣分野なのに、スタンプレスだとその点を易々となおざりにされるのは極端に差別しすぎです。スタンプレスカバー類こそが現在を語る伝統郵趣の対象なのですから。

■参照記事
e発送サービス制度導入開始月内最初期使用例(20170702)
ローソンのe発送サービスゆうパック送票(20171102)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2018

ボトルメール(瓶入り手紙)

2018030801

 オーストラリア西部の海岸で132年前に海に投げ込まれた”瓶入りの手紙”が見つかったと地元の博物館が発表し、世界最古の瓶入りの手紙としてマスコミ各社が報じています。手紙の記述から差し出しは1886年(明19)6月12日だとのこと。ドイツの帆船が海流調査のために海に投じられたものということまで判明したそうです。

 海流調査目的の瓶入り手紙は私も一通所持しています。天塩・鬼鹿郵便局、昭和12年(1937)10月16日の消印が押されたこのはがき、朝鮮総督府水産試験場が、やはり海流調査のために流したものです。現在の北海道留萌市の海岸に漂着したものです。これの兄弟使用例がまとまって郵趣市場に持ち込まれていましたので、同じものを所持しておられる方もいらっしゃることと思います。

 ボトルがガラス瓶であろうとプラスチックであろうと、海洋投函は環境汚染になると言われるでしょうから、公共団体・組織による実行は不可能だと思います。しかし、あくまでも個人がやる分には大きな社会問題にはならないでしょう。郵趣活動でこれからも全国各地に参りますし、訪問した先々で密かにボトルメールを仕込んで流してみようかなと・・・もちろん独り言です(笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2018

「郵趣品」では通じません

 私自身も差し出し時に「郵趣品」とだけ書いて郵便窓口に出したらダメ出しをされた経験があります。具体的な内容でなければいけないというのが理由でした。郵便局みずからが製作販売している場合も多い郵趣品、それがなんでわからないのかと不審感を抱いたこともありましたけれど、今はもうそれにも慣れました。
 なんでも禁輸品のボタン電池を航空輸送したところ、気圧の変化が影響したものか火災が起きたことがあるそうです。現実に事故が発生したことで内容品の確認が厳しく行われるようになりました。

2018022003

 本便も郵趣品ではダメだということで郵便局さんから問い合わせの電話があったそうです。窓口差し出し時に見逃していたことのお詫びもあったそうです。その結果、局の方で(古い手紙)と追記されました。
 「品名」箇所に丸印やチェックマークがある時は内容物の確認をしましたよ、という意味です。近くの郵便局さんに聞けば航空輸送をしたものかどうか等の詳細もわかります。検索結果(追跡記録)もプリントアウトして残しておきましょう。いずれ何かの役に立つ時代がくるかもしれません。

 なお、自分は「収集用使用済切手、封筒、はがき」と書くようにしています。

参照:航空輸送禁止ラベル


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日カバー・記念カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県