ナンバーワン

June 09, 2018

レガシーとしての切手帳収集スタイル

2018060901

 携帯に便利なように表紙をつけた切手帳の歴史は古く、日本でも実に明治39年には世に出ています。菊切手の時代です。戦前はそれほど注目されていませんでしたが、昭和12年の昭和切手以降は正刷切手の一部という認識が明確になり、表紙も捨てずに残すようになりました。昭和38年の切手帳と平成14年のゆうペーンのそれぞれの初日カバーをご覧いただきます。表紙を捨てずに初日カバー封筒に切手とともに貼り込んでいます。時代は変わってもフォーマットは受け継がれていることを表していますね。

 ゆうペーンは切手帳の異名です。昭和50年代後半、世の中は空前のテレホンカードブームでした。郵趣界でも郵趣品ならではの郵便商品の開発が期待されていました。さりとて当時の郵政省はガッチガチの官庁です、そんな”頭脳”はいません。
 そこで我らが日本郵趣協会の水原明窓理事長(当時)がオリジナルの表紙に1000円切手の小型シートを挟み込んだ切手帳を発案され、全国切手展JAPEX’86会場で売り出されました。昭和61年秋の出来事です。これに”ゆうペーン”という愛称を付けられたのも水原理事長でした。
 これが大当たり。いつもは喧嘩ばかりしていた郵政省も目ざとく乗っかり、ありていに言えば便乗、パクリですが(笑)、積極的なゆうペーン発行路線に乗り出しました。翌年の昭和62年には全国で453種、翌々年の63年には591種もの大盛況を呈しました。この数は各郵政局に発行申請をし整理番号を割り振られた正規発行だけの数です。

2018060902

 作りがシンプルなので各郵便局が独自に製作発行したものも少なくありませんし、またそれが非正規だからダメということもありません。例えば図は平成6年に発行された植村直己マッキンリー単独登頂記念ゆうペーンです。1984年に遭難されていますので、単独登頂10周年を記念して地元兵庫県が発行したものです。文芸春秋社から写真提供を受けた真っ当な郵便商品ですけれど、整理番号が付与されていないので独自発行の非正規品ということになります。
 このゆうペーンムーブメントは平成の時代にまで及んだのですから、郵趣史上決して看過できるものではありません。

 写真付き切手(Pスタンプ)やフレーム切手の登場とともにゆうペーンも発行されなくなりました。平成の10年代前半にはその役目を終えたように感じられます。
 さらに時と技術は進んでシール式切手が多くなった今、興味深いことに発行形態は”切手シート”と言うより”ペーン”に近いものになってきました。ただし、従来のような保護用の表紙ではなく剥離台紙にとその役割を変えました。シール式は使いやすく便利になったかわりに、切手部分はほんの一部で、製作物の大半はゴミとして捨てられてしまう皮肉な状況になっています。エコロジーに反するこの問題は日本だけでなく世界共通の課題となっています。
 表紙からただの剥離台紙に変わった今ですが、和の食文化シリーズのように裏面にも印刷されるものもあります。剥離台紙というくらいですから、いろんな接着剤を試してみたものの、これをカバーやカードに貼ることはできませんでした。やむを得ずこれまでは捨てていましたけれど、今さらながら捨ててはいけないものだったのではないかという思いがいたします。

2018060903

 来たる7月23日発行のふみの日、その62円もまた2つ折りにすると名刺サイズで携帯に適したサイズになるとのこと。折ると剥離台紙の裏面があたかも切手帳の表紙のように変身です。このフォーマットはまさしくゆうペーンのそれと全く同じではありませんか。レガシーとしての切手帳収集スタイルをかんがみた時、捨てるのではなく、なにか大事な郵趣品として昇華させてあげたいものだと思うのであります。なにか良いアイデアはありませんか?

2018060904

 なお、余談ですが、今年のふみの日切手は”消しゴムはんこ”技法を使ったデザインであるとプレスリリースにあります。正刷切手ではこれが初になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2018

プロジェクション・マッピング

 6月になりました。青葉の季節とは半年ずれてますが美しいプロジェクション・マッピングの切手をご覧いただきます。オーストラリアが昨2017年のクリスマス切手として発行したものです。詳細な裏取りはしていませんが、本格的なプロジェクション・マッピング切手として世界初ではないかと思います。

2018060101

 切手が発行された頃、ちょうど実家のリフォーム工事の真っ最中でした。工事が終わって独立した切手室も出来、溜まりに溜まった新発行外国切手の整理にようやく着手です。その最初の切手ということでご紹介しました。マキシマム・カードがまた素晴らしい出来でしょ。

2018060102


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2018

STU48デビューシングル発売記念メモリアルフレーム切手セット

2018022605

 そっち系の趣味はないんですが、山口県出身の娘さんもいるそうなので、最初だけは買っておいてあげようかなと思いましてチラシをもらってきました。

 山口県はざっくり言ってブサイクの産地です。特に山口市には「姫山伝説」というのがあり、美人とは実に縁遠い土地柄です。ちょっとかわいいなと思ったら、たいていご両親は転勤などで他県から来られた方だったりします。古代、朝鮮半島などからたくさんの渡来人がやって来ているので、ふつうに考えれば”ハイブリッドが多い=美人の産地”となるはずですが実際は大ハズレもいいとこです。

 帰宅して調べました。31人中、岩田陽菜、大谷満理奈、瀧野由美子、森下無羽の4人もいるではないですか。AセットかBセットのどっちか片っぽうを買えば済むだろうなんて浅はかでした。両方買ったら12,000円じゃないですか。”そっち系”のファンの人たち、よくそんな大金がありますね。私なんか公式サイトのプロフィール写真を見ても誰が誰だか区別がつかないよ。孫世代だし。
 もっとも広島、岡山、愛媛の娘さんたちが目立って多いですね。かの地の郵趣家さんたちはどうしてるんでしょうか?。高齢者ばかりだから収集対象にしていない?・・・とんでもない!、目利きのベテラン郵趣家ほどこういうネタもおろそかにせずきっちり拾っているものです。いちいち口外しないだけです。

 STUは”椙山哲太郎うっしっし”の略でもあるし(違います)、最初だけでも買ってあげるべきでしょうか?


| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 15, 2018

怒涛の多局印作品到着!

 すごいのが届きました!

 図版を見ていただければ瞬間で意味がおわかりかと思います。表裏合わせて25個の押印があります。台紙は平成30年用年賀の四面はがきです。本件はただのお賑やかしではなく、2017-18年時期ならではの複雑な規定をすべてクリアしている点です。

参照記事:年賀2018

 まず、郵趣用の四面はがきの売り渡しは11月1日からという基本的な決まりがちゃんと守られています。(事前発売は印刷業者さんに限られており、それをどんな手を使ったのか不正に入手し、10月のうちに記念押印をしようとした不逞の輩がいました。)
 最初の押印はJAPEX2017初日の11月3日です。以後、沖縄、青森、大分、伊勢、仙台、名古屋、長野等々と押印が続き、最後は中野松川局(長野)の1月11日に引受消印で発送されています。その間、52円の料額印面脇にも10円分以上の切手が加貼され、”年賀取扱期間中であっても記念押印は62円以上”という決まりが完全に守られています。この手の郵趣品は、郵趣家が無理やり押させたと疑われるので、ひとつでも法令違反があると公にはできなくなります。
 さらに裏面の左右辺には2017年のニューストピック画像がアレンジされています。数年後にこれらを全部覚えていられるでしょうか。たいへん貴重なメモリアルです。
 作成者ご自身は”気まぐれ”と題されていますけれど、決して気まぐれではここまでできません。お見事です。そしてありがとうございました。
 皆さんも拡大画像をじっくりご覧ください。画像をクリックすると大きな画面が開きます。

2018011501

2018011502


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2017

QRコードリーダーで読んでください

 お気楽で楽しい話題です。図版をクリックすると大きな画像が開きます。お手元のスマホやタブレットのQRコードリーダーを起動して読んでください。そこに示されたURLにアクセスすると切手図案になっている楽器の演奏を聞くことができます。
 切手の題名は「ブータンの楽器」です。連刷シートと小型シートのセットで、9月1日付で発行されたものです。ブータン最初のQRコード入り切手です。かつてレコード切手の発行で名を馳せたブータンもついにIT技術の活用に転換でしょうか?!。

2017122401

2017122402


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2017

国立印刷局のグリーティングカード

 これも集めている郵趣家がほとんどいないからという理由で集めています。国立印刷局の凹版彫刻師といえばお札や切手も手がけられる日本唯一にして最高峰の技術者であり芸術家です。その精密にして超絶的な”作品”をほんの数百円で入手できる幸せをもっと知っていただきたいです。
 最近は全国切手展のゲストとして彫刻師の方がお見えになって実演されることも。カードにサインしていただいたり記念押印するなどの将来のことも考慮して入手に努めています。
 いずれも郵趣サービス社さんのネットショップ”スタマガネット”で購入できます。URLも張り付けておきますのでどうかより多くの方々が関心を持っていただけますように。

国立印刷局グリーティングカード 日本橋・朝之景
(凹版彫刻H.SASAKI)
2017120808

国立印刷局グリーティングカード 熊本城・二様の石垣
(凹版彫刻S. TOKUDA)
2017120809

※精密すぎてスキャナーが読み取りきれず背景の空にモアレが出てしまいました。しかし、これほどの技術があることで紙幣などの偽造防止に役立っているのです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2017

ラインストーン風加工

2017110601

2017111602 たまたま立ち寄った郵便局でラインストーン風ハローキティ年賀状のサンプルを見て触ってびっくりしました。盛り上げ印刷なのか、それとも樹脂成形物を圧着してあるのか、あるいはまたまったく違う工法なのか瞬時にはわかりませんでした。しかし、これはおそらく日本郵便初の特殊加工だと思います。

 通常販売されているものではないので、厳密には日本郵便の純正郵便商品と言えないかもしれません。しかし、金箔押し、写真付き切手、立体視の3D加工といい、日本はなぜかいずれも最初にはがきでトライアルするという独特の段階を踏んでいます。純正品でないからと見逃したら、ファーストイシューを見逃すことになるのではないかとの懸念も大いにあります。

 差出人の住所氏名等を印刷しないで空白のままでも受け付けてくれるようです。5種全部100枚ずつオーダーしたとして総額85,850円。5種一組で約859円(1種につき約172円)・・・・私が取りまとめ役をするとして5種一組を900~1,000円見当(送料別)で共同購入参加してやろうという殊勝な方はいらっしゃいますでしょうか?。せめてトータルで半分の50組ぐらい引き取り手がいらっしゃれば踏み切るのですが。12月8日までに結論を出さねばなりません。うむむむ・・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2017

やきいも小型印

2017082601

 来たる9月30日ー10月1日(土日)に開催されるスタンプショウかごしま2017の小型印図案が報道発表されました。今回の図案はなんとやきいもです。食品関係をテーマに集めておられる方は外せませんね。特に、やきいもを真正面から描いた”純図案”はこれが初めてではないでしょうか?。

2017082602 さらにサプライズは続きます。デザインを検討していたその直後に、一昨日発行された”秋のグリーティング”切手の報道発表がありました。そこにもなんとやきいもの切手があるではないですか。これはもう天恵と言っていいレベルの偶然の一致です。
 私も父が亡くなって介護の負担が減ったことから、今年は参観したいと思っています。この62円切手をせっせと貯めて当日の記念押印に使おうと考えています。・・・そういえばサツマイモのフォルムカードもありましたね。これは色々と遊べそうです!。

◆参照:webかごっま/日本郵趣協会鹿児島支部

2017082603


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2017

500 TYPE EVA

2017080903

 山陽新幹線で絶賛運行中のエヴァンゲリオン新幹線、500 TYPE EVAが切手になりました。

 ギニア・ビサウが2016年4月21日付で発行した小型シートです。残念ながら切手部分は東北新幹線のE5系はやぶさなのですが、しかし、シート地のイラストレーションの方がはるかに大きく目立っています。しかも”Serie 500 Shinkansen 500 Tipo EVA”とはっきり明記してあります。
 外国切手にエヴァ新幹線が描かれたのはおそらくこれが初になると思われます。しかも、背景には山陽新幹線の路線図も入っているのですからこれは入手しなくては!。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2017

1979年・ふみの日手紙フェスティバル

2017072201

 明日7月23日は毎年恒例の”ふみの日”です。始まったのは1979年(昭54)7月23日、今から38年も昔のことです。それまで郵便振興に関する記念日といえば春の切手趣味週間と秋の国際文通週間のふたつだけでした。そこに真夏の文月(ふみづき)7月に新たな記念日が加わったのです。この時からキャンペーン切手の発行が始まり、以来、今日に至るまでふみの日行事と切手発行が続けられてきました(東日本大震災で発行自粛を余儀なくされた2011年を除く)。

 その初っぱなに郵政省(当時)が渾身のイベントを開催しました。それが表題の”ふみの日手紙フェスティバル”です。銀座松屋デパートの8開催事場で7月20日(金)から25日(水)までの5日間に渡って開催されました。中でも特筆すべきなのが”全国風景入通信日付印集中スタンプサービス”です。
 今でこそさまざまな局の風景印を集めて一箇所でまとめ押しができる”集中押印”は珍しくありませんが、その規模と内容において私が知る限り、これが日本最初ではないかと思います。

2017072202

 日替わりで海、島、山と渓谷、歴史とロマン、城下町の5つのテーマに沿った全国各地の風景印を記念押印しました。専用の押印台紙はそれぞれ4,000枚のみで記念押印に特化されました(引受消印は行われず)。B4判二つ折りの押印台紙には全国から選りすぐられた10局の風景印が押されました。それが5テーマですから全部で50局もの大量集中押印でした。
 先日ヤフオクで落札したアキュームレーションの中に、その押印物が2セットとパンフレットもきちんと残されていました。元の所有者Y.M氏の確かな郵趣知識とセンスに脱帽です。後学のために高解像度でご覧いただきます。

2017072203

2017072204

 昭和54年は高校を卒業して上京した年でした。当時のことなので携帯電話もインターネットもありません。固定電話もなくアパート1階玄関の呼び出し電話があるだけでした。ですからこの催事情報も全く知りませんでした。
 後にこのことを知ることになるわけですが、その話を隣で聞いていた収友A氏が不意にこんなことを仰いました。「押印する職員ひとりひとりに各局の臨時職員として任ずる旨の任命書を作った。局数が多いので任命書も束にして手渡した。」とのこと。なんという偶然でしょうか、古くからの収友がまさしくその当事者(管理者)だったのです。A氏とはお互いが中学・高校生時分からの郵趣仲間です。A氏が長野、私が山口にいた頃からの旧知の間柄です。現在、A氏は都内某局の郵便局長をされています。長く郵趣をしているとこんな幸運もあるのです。

 おそらく日本最初であろうこの集中押印、風景印そしてふみの日切手・消印収集をするのであれば、基本基礎として押印台紙5種セットは持っておくべき必須アイテムです。各4,000枚あります。なんとかなる数字ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県