ナンバーワン

July 21, 2017

1979年・ふみの日手紙フェスティバル

2017072201

 明日7月23日は毎年恒例の”ふみの日”です。始まったのは1979年(昭54)7月23日、今から38年も昔のことです。それまで郵便振興に関する記念日といえば春の切手趣味週間と秋の国際文通週間のふたつだけでした。そこに真夏の文月(ふみづき)7月に新たな記念日が加わったのです。この時からキャンペーン切手の発行が始まり、以来、今日に至るまでふみの日行事と切手発行が続けられてきました(東日本大震災で発行自粛を余儀なくされた2011年を除く)。

 その初っぱなに郵政省(当時)が渾身のイベントを開催しました。それが表題の”ふみの日手紙フェスティバル”です。銀座松屋デパートの8開催事場で7月20日(金)から25日(水)までの5日間に渡って開催されました。中でも特筆すべきなのが”全国風景入通信日付印集中スタンプサービス”です。
 今でこそさまざまな局の風景印を集めて一箇所でまとめ押しができる”集中押印”は珍しくありませんが、その規模と内容において私が知る限り、これが日本最初ではないかと思います。

2017072202

 日替わりで海、島、山と渓谷、歴史とロマン、城下町の5つのテーマに沿った全国各地の風景印を記念押印しました。専用の押印台紙はそれぞれ4,000枚のみで記念押印に特化されました(引受消印は行われず)。B4判二つ折りの押印台紙には全国から選りすぐられた10局の風景印が押されました。それが5テーマですから全部で50局もの大量集中押印でした。
 先日ヤフオクで落札したアキュームレーションの中に、その押印物が2セットとパンフレットもきちんと残されていました。元の所有者Y.M氏の確かな郵趣知識とセンスに脱帽です。後学のために高解像度でご覧いただきます。

2017072203

2017072204

 昭和54年は高校を卒業して上京した年でした。当時のことなので携帯電話もインターネットもありません。固定電話もなくアパート1階玄関の呼び出し電話があるだけでした。ですからこの催事情報も全く知りませんでした。
 後にこのことを知ることになるわけですが、その話を隣で聞いていた収友A氏が不意にこんなことを仰いました。「押印する職員ひとりひとりに各局の臨時職員として任ずる旨の任命書を作った。局数が多いので任命書も束にして手渡した。」とのこと。なんという偶然でしょうか、古くからの収友がまさしくその当事者(管理者)だったのです。A氏とはお互いが中学・高校生時分からの郵趣仲間です。A氏が長野、私が山口にいた頃からの旧知の間柄です。現在、A氏は都内某局の郵便局長をされています。長く郵趣をしているとこんな幸運もあるのです。

 おそらく日本最初であろうこの集中押印、風景印そしてふみの日切手・消印収集をするのであれば、基本基礎として押印台紙5種セットは持っておくべき必須アイテムです。各4,000枚あります。なんとかなる数字ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2017

21世紀最初の”平成の大合併(新設)”は西東京市

2017070601

「平成の大合併」とは1995(H7)の合併特例法により2005-06(H17,18)にピークを迎えた市町村合併の総称です。ゆうペーンはその初期をカバーしています。その最初期は次の通りです。

1番 1999(H11)0401・篠山市(兵庫:新設/市制)
2番 2001(H12)0101・新潟市(新潟:編入)
3番 2001(H12)0121・西東京市(東京:新設)

 田無市と保谷市の合併による西東京市は21世紀に入ってから最初の新設合併です。それゆえ管理番号も”東京H13-1”で堂々の1番です。引き続き他の合併ゆうペーン発見も努めています。

 ペーンの記述をチェックしましょう。前年の1998(H10)0202からスタートした郵便番号7桁PRのマスコットのポストンとキャッチコピーがあります。”何々をお願いします”ではなく、先に礼を述べる啓蒙標語スタイルがこの時点で既に存在したことがわかります。
 また、郵便ホームページのURLの表記もあります。eメールアドレスも含め、最初に記載が始まったゆうペーンは何かも注目しているところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2017

第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(2)

 昨年7月10日に行われた初の18歳国政選挙にちなんだ郵趣品をご覧いただきます。事前にFacebookで投票済証への記念押印をお願いしていたおかげで期日前投票を中心に各種が集まりました。当地では投票済証の発行がないので収友の協力に感謝感謝です。これもまた”なんでも郵趣品化プロジェクト”の一環です。

<東京・深川28.7.9>
2017060601

<愛知・上野28.7.8>
2017060602

<宇都宮南28.7.5>
2017060603

[以下参考記事]
うきは市長選挙/初の「18歳選挙」
第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(1)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2017

日本最初のQRコード付き正刷切手

2017041701 定期購読している通信文化新報4月17日号に、日本最初のQRコード付き切手が発行される云々との記事があったのでさっそく確認しました。

 従来からある窓口販売管理用のQRコード(シート右下)とは別にシート上部にAR用(拡張現実)のQRコードが入っていますね。報道発表時の画像では読めないように塗りつぶしてありますが、実物ではきちんと表示されることでしょう。
 切手そのものではなくシート地への表示なのがやや残念なのではありますが、正刷切手ではこれが日本初になります。発行案内書やパンフレット類も今のうちにしっかり集めておこうと思います。それらはいずれも発行後しばらくしたら配布終了でいとも簡単に消え失せて無くなってしまうものですから。

 なお、正刷切手以外では2008年用の広告付き年賀はがき10種のうち6種の広告欄にQRコードが入っています。フレーム切手でも2015年に栃木県で発行された「芳賀町PRはがまるくんフレーム切手」にQRコードが入っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2017

日本の寄附金付切手発行80年

 1937年(昭12)6月1日に日本最初の寄附金付切手「愛国切手」3種が発行されて今年で80年になります。航空機図案なので航空関係のコレクターさんたちも何か記念行事を開催されると良いでしょうね。

 なお、ついでに手持ちの愛国切手3種もアップしておきます。
 2銭ははがき料金なのできれいな満月消はたくさん残されています。ありふれてはいますが一応、発行月使用です。
 3銭は賀詞を記した名刺を入れて送った年賀封書です。発行翌年の昭和13年の図入り年賀印で、台湾の台南局消印というのがお気に入り。
 4銭は鉄道郵便印・東京下関間13.1.8/名・岡/上一です。

 なお、6月1日は様々な節目の記念日です。今把握しているものだけでこれだけあります。

・はがき料金が52円から62円に値上げ。定形外とゆうメールに規格内・外の新区分運賃導入。
・金沢、松山、熊本の各郵便局が中央郵便局と改称して50年。
・日本橋郵便局など全国49局に切手・葉書自動販売機を設置して50年。(現在はすべて撤去済)
・東京-青森間の国内通常郵便物の航空輸送50年。開設は1966.10.29だったが冬季運休のため開設と同時に運休。実際に開設されたのはこの日。

たいへんだ・・・・

2017030601

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2017

プレミアムフライデー導入初日

 プレミアムフライデー事務局のホームページによると、制度スタート時に取り組みに賛同した山口県内企業は株式会社ニッシンイクス、株式会社丸久、株式会社エムシノ和バルコパん食堂の3社のみでした。
 その中から私自身がふだんから利用させていただいているスーパー丸久・アルクさんに敬意を表し、同社本部すぐ近くにあります防府牟礼郵便局で風景印をおしていただいて記念カードを作りました。
 せっかくなので丸久本部さんにもアポなし突撃しました。記念の趣旨を説明し、社名の入ったハンコをぜひ押させていただきたいとお願いしましたらご快諾いただきました。おかげさまでこれ以上ないバッチリな郵趣記念品ができました。ありがとうございました。製作数は限定5枚です。

2017022401

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2017

山口郵便局開局初日取り扱いの速達便

 JPS航空切手部会の人見育夫さんが差し立てられた速達便が戻ってきました。郵便番号上2桁が74地区のひとつであります徳山局へのポスト投函を依頼されたものだそうです。ありがとうございます。
 山口郵便局(地域区分郵便局)開局初日の1月30日8-12時間帯に間に合いました。ポスト上がりのため徳山局の消印はありません。それから19:15発の山口宇部ー東京羽田線の航空機JAL-296便(B737-800)に搭載され、新東京局の到着印は翌31日の12-18印。
 10日間の留置期間経過後に差出人戻しとなって私のところに到着しました。その到着印は山口局ではなく、実際に配達業務を行なった小郡局、日曜日の2月12日12-18印でした。これはどういうことかと言いますと、郵便番号上2桁が75の局が山口郵便局に集約されるのは今日2月13日からなので、1/30-2/12の13日間のみ到着印だけは従来通り各集配局になる点です。それで留置が戻った際も山口郵便局を経由せず小郡局が到着印を押しているらしいのです。図らずもその過渡期の最終日12日の到着印になりました。

 今後も続々と開局が続く地域区分郵便局の役割を理解する一助としてご紹介させていただきました。
(注:付箋は消印が見やすい位置に貼り替えました)

2017021201

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2017

静岡郵便局(地域区分郵便局)の開局

2017020701

 山口郵便局に続き、2月6日(月)に静岡郵便局が開局しました。早速、大澤瑩時さんが消印画像を送ってくださいました。いつもありがとうございます。
 静岡郵便局では8-12時間帯からインクジェット機械印を使っていたことがわかりますね。N6型(和文機械印)、手押しの和文印(金属印)も配備されています。注目すべきは欧文印で、下図のように静岡中央局の方が新たにD欄に郵便番号上3桁を表示することで静岡郵便局と区別しています。それもシャチハタ印(浸透式)ですね。山口中央郵便局でも同様の区別がなされている可能性が高いですね。近日中に確認します。もちろん、今後開局する地域区分郵便局関係でも期待されます。

2017020702

▼なお、沼津市中のポストに貼り出されていたお知らせも記録掲載しておきます。

2017020703

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2017

ディーワーリー切手

2017020502

 以前、当ブログでもポリティカル・コレクトネスの欺瞞について述べたことがあります(記事はここ)。切手においてはどんな伝統・宗教・文化にも偏らない共通図案で・・・というのはもはや不可能というより無意味だと結論が出ています。10人全員を納得させようとしてただの一人も満足させられないようなデザインでは売れないことが、販売不振という形ではっきり示されてしまうからです。
 それに対してひとつの結論を出したのがアメリカです。図版左上からクリスマス、年賀、下段左からユダヤ教のハヌカー、アフリカ系アメリカ人のクワンザ、イスラムのイードの各切手です。
 つまり、それぞれの伝統・宗教・文化ごとに切手を発行するのがもっとも平等ということです。そして2016年10月、ヒンドゥー教のディーワーリー切手がラインナップに加わりました(下)。これが多民族国家・移民国家のアメリカが選択した切手発行方針です。

2017020501

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2017

山口郵便局のインクジェット機械印

2017013101

 地方では初の地域区分局・山口郵便局の印影GETしました。事前に聞いていたようにインクジェット式機械印でした。
 先に開局した東京北部局の場合、最終日の取集回数は通常以上の回数が行われたため、夕方18:00すぎ早々にポスト投函された方はことごとく初日印採取に失敗されていました。それで私は前日の1月29日(日)の深夜23:28に防府郵便局前ポストにはがきを投函しました。
 他の方から送られてきたのも18-24印でした。おそらく日中は取集だけで局舎内に蓄積しておき、夜間に一斉に区分機にかけたのかもしれません。詳細はいずれ検証するとして、これが開局初日印として良いのではないかと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県