ナンバーワン

January 17, 2019

平成最初のお年玉付き年賀はがき抽選会

2019011702 来たる1月20日(日)に、平成最後のお年玉付き年賀はがき抽選会が、東京都千代田区のJPタワー ホール&カンファレンスで開催されます。抽選会場に行かれる方は配布されるチラシ類など決しておろそかにされず大切になさってください。なんせ”平成最後”なのですから。
・・・という関係で、今回は”平成最初”のお年玉付き年賀はがき抽選会資料をご覧いただきます。
 この時は事前に参加応募する必要がありました。当選すると緑色の座席指定券とご招待状が郵送されて来ました。改めて申し上げるまでもなくこれがその実物です。

2019011703

 抽選会会場は横浜市市民文化会館・関内ホールでした。その際に作成財布された記念タトウ(押印台紙)です。表紙は当該年賀切手・・・くしくもこれが日本最初の、そして世界で2番目のくじ付き切手です・・・の原画があしらわれています。内側は記念押印台紙スペースとともに500円のふみカードまでセットされているという大盤振る舞いです。バブルの香りがしますなあ(笑)
 注目していただきたいのは内側の見開き左側です。抽選会に合わせてあつらえられた記念小型印は当然として、右上の1円・5円切手に消印がありません。ぱっと見では欠陥郵趣のように思えますが、実はこれが正しいのです。この当時は、記念押印に関して「一連・一群」の決まりがありましたので、この2種には押印できなかったのです。「一連・一群」の決まりが廃止され、押印できるようになったのは平成7年7月7日の後まで待たねばなりません(注参照)。

2019011704

 抽選会のプログラムもご覧いただきます。司会が夏木ゆたか、中井美穂そして柏原芳恵オンステージと懐かしい面々です。賞品にもご注目ください。衛星放送受信テレビやインスタントカメラなど時代を感じるアイテムです。

2019011705

 横浜港郵便局で配布されていた当選番号チラシです。日本郵便の社員サイトからダウンロードした当選用紙を各局で印刷・断裁しているだけの現在とは全く違い、たいへんな熱の入れようです。今では姿を消したワープロによる原稿製作そしてプリントゴッコを使った2色印刷も懐かしいですね。

2019011706

 平成最初の抽選会も29年も昔の出来事になりました。だいたい30年経つと収集の難易度の見当がつき始めるといいます。平成最後の抽選会も然り、4月20日に行われる第2回抽選会も注目です。その両方の紙モノもぜひ遺漏なく収集なさってください(不要でしたら私にください)。


(注)平成7年7月7日こと777ラッキーセブンの日、当時の郵便局が作成した記念押印台紙に「一連・一群」のルールを守っていない違反品が続出しました。規定違反で押印してあるもの、決まりを遵守したがために未押印のままのものなど、どっちにしても郵便商品としては欠陥品です。職員自身が理解できない・守れないルールでは意味がないということで、「一連・一群」の決まりが撤廃されました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2019

日本のシール式切手30周年(安全宣言)

2019011601

 平成元年7月3日、日本普通切手最初のシール切手が発行されました。その初日カバーをお示しします。何の変哲もありませんが実はそれが重要なのです。

 私は全世界の変り種切手収集の一環でシール式切手も1960年代から集めています。最初こそキワモノ扱いでしたが、1980年代末頃にはその利便性が評価され、アメリカ、カナダ、スイスなど先進国でも次々に採用になりました。しかし、シール式切手はそれまでの政府印刷局や証券印刷会社にはない製造設備が必要です。新たに設備投資をしてまで取り組むほどのうまみははないと古参の印刷会社は軒並み撤退し、アメリカ切手に至っては今ではシール・ラベル製造会社が切手製造を請け負っています。
 そこで問題になったのが品質劣化の問題です。特に裏糊の劣化は全世界で発生しています。もともと数10年単位での品質保証などあり得ないシール・ラベル業界です。わずか数年のうちにセルフ糊成分が変質し、油染みや黄化・固化する現象が多くの国で見られます。高品質で有名なオランダ切手でさえ、自然に切手が剥がれ落ちてしまう状態が起きています。

<参照記事>
警告:シール切手の劣化が始まった
シール切手の劣化

 ところが日本切手だけはその変容現象がまったく発生していません。従来の裏糊式切手同様にまず水溶性の糊層があり、その上にセルフ糊層がある日本独自の構造も関係しているのかもしれません。いずれにせよ平成31年で満30年を迎えます。日本のシール式切手に関しては品質保証・安全宣言をして良いものと考えます。

<追記>
 日本最初のシール切手は消費税導入を目前に控えた平成元年3月1日発行の「ふみの日シール切手帳」です。
 さらに、ふみの日切手帳に先立つこと約1年半前、覇砂羅大将図案のシール式切手の試作品(トライアルシート)も作られています。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 24, 2018

幼きサムエル

2018122401

 オーストラリアが1986年に発行したレプリカ・カードです。1957年に発行されたクリスマス切手を再現したもので、原画はジョシュア・レノルズの絵画「幼きサムエル」(1776、ファーブル美術館蔵)から取材しています。

2018122402 オリジナルである1957年発行の2種もご覧にいれます。これがオーストラリア初のクリスマス切手です。英連邦としてはカナダ(1898)に次ぐ2番目になります。
 現在に至るもグッド・デザイン切手として人気があります。しかも発行後60年を経過したにも関わらずセットで200円そこそこで買えるのも魅力です。私もまたお気に入り切手アルバムの筆頭に収めています。

 レプリカ・カードはグリーテングカードとして製作されたもので切手ではありません。ですが、切手と同じ凹版を使っての刷色違い4種を収めていることからこちらも人気があります。

 なお、同国のクリスマス切手発行50年を祝し、2007年のクリスマス切手に「切手の切手」スタイルで再現もされています。

Merry Christmas


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2018

日本最初の電報の絵はがき

2018122301

 消印は長崎の櫛型印、明42.1.1で、つまり年賀状です。その第一印象は「なんだこりゃ?」でした。小さな注意書きを読んでようやく、丹後丸と銚子との間で交信された電報用紙を再現した絵はがきだと理解できました。以下引用します。

ー大日本帝国無線電信の嚆矢(こうし)ー
本邦に於て無線電信を開始せしは米国航舩丹後丸の無線電信局を以って嚆矢とし而して(しこうして)同局の無線電信を取扱へるもの亦た(また)此□□□(3文字不明)着電信を以って嚆矢とす事明治四十一年五月二十七日に在り

 宛先は横浜郵便局の三原七助氏。氏あての郵便物がまとまって出てきたことがあり、本便もそのうちの一枚です。山口県の長府郵便局長や仙台郵便局長を歴任されたほか台湾総督府に派遣されたりと、たいへん活躍された方だったようです。差出人さんの住所も「長崎局」とのみ記されているのでともに逓信省官吏だったと思われます。そうでなければ電報用紙を絵柄にしようなんて発想はないですよね。

(日本郵政の方がいらっしゃいましたらどなたか三原七助氏についてお調べいただけませんでしょうか?)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 31, 2018

世界の童話シリーズ第2集「はらぺこあおむし」

[20181130追記]
実物を確認しました。穴開けのスリットが入っていたのはシール部分だけでした。日本最初の穴開き切手第1号の栄誉は持ち越しとなりました。

 11月30日に発行される世界の童話シリーズ第2集は、エリック・カールの絵本でお馴染み「はらぺこあおむし」がテーマです。絵本と同じく実際に穴があいているとインフォメーションされています。

2018103102


2018103103 2006年、イギリスが「児童書の挿絵」8種を発行しました。このうち42p1種に在英日本人作家きたむらさとし氏の作品Comic Adventures of Boots(ブーツのぼうけん/2002)が取り上げられていたことで話題になりましたが、68pには今回と同じく「はらぺこあおむし」が採用されていました。この時も絵本と同じく虫食い穴をイメージさせる穴が2ヶ所にあけられていました。
 イギリスは裏糊式切手、こんどの日本切手はセルフ糊式切手です。穴形状はもちろんのこと、製造方法の違いなどもおおいに期待しているところです。

 なお、「児童書の挿絵」はイギリスとアメリカの共同発行でした。それぞれ8種を発行した中で「はらぺこあおむし」と「メイシーちゃんのABC」の2種が共通図案でした。ただし、穴あけ加工が施されていたのはイギリスのみでした。両国のコンビネーションFDCもご紹介しておきますので穴の有無もどうぞご確認ください。

2018103104

 また、日本切手でデザインとして穴があけられた最初は平成29年用年賀小型シートです。シート地に花びらの形などがAPS目打方式であけられています。もし、切手の料額印面そのものに穴があけられていたら「はらぺこあおむし」が日本切手第1号となります。切手以外の部分だけの穴あきだったとしても第2号になります。

2018103105


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 31, 2018

笑い文字が正刷切手に初登場

2018083101 来たる11月1日発行予定のグリーティング切手「海外グリーティング(差額用)」の耳紙に注目してください。なんと、題字も含めて耳紙に初めて笑い文字が登場しました。これまでも発売地域限定のフレーム切手では前例がありますが、全国発売される正刷切手となると耳紙といえども格が違います。

 なお、プレスリリースには記載がありませんが、この笑い文字を書かれたのは一般社団法人笑い文字普及協会(2014年設立)代表理事の廣江まさみさんです。ご本人に直接確認し、お許しをいただきましたのでお知らせします。

 私自身も今年1月の神戸、6月の広島での郵便関係イベントで名前を書いていただきました。苗字の「椙山」は上級トレーナーの冠亜矢先生、名前の「哲太郎」は上級講師の後藤加奈子先生による作品です。これに62円切手を貼って記念押印し、アートと郵趣のコラボ作品にしました。

 正刷切手への登場を機に、笑い文字が世界へも広がっていくことを大いに期待します。

参照:一般社団法人笑い文字普及協会 廣江まさみ代表理事

2018083102


| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 01, 2018

ジ・アウトレット広島内郵便局オープン

 難しい話は一切ありません。去る7月30日にオープンした、郵便局キャラクター「ぽすくま」の世界観をイメージした全国初の郵便局、その消印記録集です。

2018080101

2018080102

2018080103


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2018

レガシーとしての切手帳収集スタイル

2018060901

 携帯に便利なように表紙をつけた切手帳の歴史は古く、日本でも実に明治39年には世に出ています。菊切手の時代です。戦前はそれほど注目されていませんでしたが、昭和12年の昭和切手以降は正刷切手の一部という認識が明確になり、表紙も捨てずに残すようになりました。昭和38年の切手帳と平成14年のゆうペーンのそれぞれの初日カバーをご覧いただきます。表紙を捨てずに初日カバー封筒に切手とともに貼り込んでいます。時代は変わってもフォーマットは受け継がれていることを表していますね。

 ゆうペーンは切手帳の異名です。昭和50年代後半、世の中は空前のテレホンカードブームでした。郵趣界でも郵趣品ならではの郵便商品の開発が期待されていました。さりとて当時の郵政省はガッチガチの官庁です、そんな”頭脳”はいません。
 そこで我らが日本郵趣協会の水原明窓理事長(当時)がオリジナルの表紙に1000円切手の小型シートを挟み込んだ切手帳を発案され、全国切手展JAPEX’86会場で売り出されました。昭和61年秋の出来事です。これに”ゆうペーン”という愛称を付けられたのも水原理事長でした。
 これが大当たり。いつもは喧嘩ばかりしていた郵政省も目ざとく乗っかり、ありていに言えば便乗、パクリですが(笑)、積極的なゆうペーン発行路線に乗り出しました。翌年の昭和62年には全国で453種、翌々年の63年には591種もの大盛況を呈しました。この数は各郵政局に発行申請をし整理番号を割り振られた正規発行だけの数です。

2018060902

 作りがシンプルなので各郵便局が独自に製作発行したものも少なくありませんし、またそれが非正規だからダメということもありません。例えば図は平成6年に発行された植村直己マッキンリー単独登頂記念ゆうペーンです。1984年に遭難されていますので、単独登頂10周年を記念して地元兵庫県が発行したものです。文芸春秋社から写真提供を受けた真っ当な郵便商品ですけれど、整理番号が付与されていないので独自発行の非正規品ということになります。
 このゆうペーンムーブメントは平成の時代にまで及んだのですから、郵趣史上決して看過できるものではありません。

 写真付き切手(Pスタンプ)やフレーム切手の登場とともにゆうペーンも発行されなくなりました。平成の10年代前半にはその役目を終えたように感じられます。
 さらに時と技術は進んでシール式切手が多くなった今、興味深いことに発行形態は”切手シート”と言うより”ペーン”に近いものになってきました。ただし、従来のような保護用の表紙ではなく剥離台紙にとその役割を変えました。シール式は使いやすく便利になったかわりに、切手部分はほんの一部で、製作物の大半はゴミとして捨てられてしまう皮肉な状況になっています。エコロジーに反するこの問題は日本だけでなく世界共通の課題となっています。
 表紙からただの剥離台紙に変わった今ですが、和の食文化シリーズのように裏面にも印刷されるものもあります。剥離台紙というくらいですから、いろんな接着剤を試してみたものの、これをカバーやカードに貼ることはできませんでした。やむを得ずこれまでは捨てていましたけれど、今さらながら捨ててはいけないものだったのではないかという思いがいたします。

2018060903

 来たる7月23日発行のふみの日、その62円もまた2つ折りにすると名刺サイズで携帯に適したサイズになるとのこと。折ると剥離台紙の裏面があたかも切手帳の表紙のように変身です。このフォーマットはまさしくゆうペーンのそれと全く同じではありませんか。レガシーとしての切手帳収集スタイルをかんがみた時、捨てるのではなく、なにか大事な郵趣品として昇華させてあげたいものだと思うのであります。なにか良いアイデアはありませんか?

2018060904

 なお、余談ですが、今年のふみの日切手は”消しゴムはんこ”技法を使ったデザインであるとプレスリリースにあります。正刷切手ではこれが初になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2018

プロジェクション・マッピング

 6月になりました。青葉の季節とは半年ずれてますが美しいプロジェクション・マッピングの切手をご覧いただきます。オーストラリアが昨2017年のクリスマス切手として発行したものです。詳細な裏取りはしていませんが、本格的なプロジェクション・マッピング切手として世界初ではないかと思います。

2018060101

 切手が発行された頃、ちょうど実家のリフォーム工事の真っ最中でした。工事が終わって独立した切手室も出来、溜まりに溜まった新発行外国切手の整理にようやく着手です。その最初の切手ということでご紹介しました。マキシマム・カードがまた素晴らしい出来でしょ。

2018060102


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2018

STU48デビューシングル発売記念メモリアルフレーム切手セット

2018022605

 そっち系の趣味はないんですが、山口県出身の娘さんもいるそうなので、最初だけは買っておいてあげようかなと思いましてチラシをもらってきました。

 山口県はざっくり言ってブサイクの産地です。特に山口市には「姫山伝説」というのがあり、美人とは実に縁遠い土地柄です。ちょっとかわいいなと思ったら、たいていご両親は転勤などで他県から来られた方だったりします。古代、朝鮮半島などからたくさんの渡来人がやって来ているので、ふつうに考えれば”ハイブリッドが多い=美人の産地”となるはずですが実際は大ハズレもいいとこです。

 帰宅して調べました。31人中、岩田陽菜、大谷満理奈、瀧野由美子、森下無羽の4人もいるではないですか。AセットかBセットのどっちか片っぽうを買えば済むだろうなんて浅はかでした。両方買ったら12,000円じゃないですか。”そっち系”のファンの人たち、よくそんな大金がありますね。私なんか公式サイトのプロフィール写真を見ても誰が誰だか区別がつかないよ。孫世代だし。
 もっとも広島、岡山、愛媛の娘さんたちが目立って多いですね。かの地の郵趣家さんたちはどうしてるんでしょうか?。高齢者ばかりだから収集対象にしていない?・・・とんでもない!、目利きのベテラン郵趣家ほどこういうネタもおろそかにせずきっちり拾っているものです。いちいち口外しないだけです。

 STUは”椙山哲太郎うっしっし”の略でもあるし(違います)、最初だけでも買ってあげるべきでしょうか?


| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日カバー・記念カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県