トピックス

November 20, 2019

料額印面は15.0mm×22.5mmのみ

2019112002

 収友のSさんから「大饗の儀」の記念日の宮内庁内郵便局風景印をご恵送いただきました。それを見た別の収友によると風景印が料額印面にかかっていないと指摘されました。さっそくプレスリリースを確認しましたら確かに!。オリジナルの(小)の場合、料額印面は上端から15.0ミリまでで、赤枠こそ連続しているものの下部欄は印面外でした。
 実務上は特に問題はないでしょうし、一歩進めて外国に送る際の加貼7円切手はこの部分に重ね貼りしても良いことになります。”年賀”表示を隠してしまうのでかえって好都合とも言えます。
 このような例は初めてではないかと思いますので後年のために記録掲載しておきます。

 

| | Comments (0)

November 13, 2019

赤い『ポストカー』in 萩ふるさとまつり2019

2019111201

 11月9, 10日(土日)の2日間、萩ふるさとまつりに赤いポストカーが派遣されると知りました。1日目はどうしても外せない仕事があったため、2日目(最終日)に行ってきました。

2019111202

 萩市中央公園駐車場の一角で積極営業中。その場で写真撮影してそのまま印刷したポストカードをその場で送ることができるなど、実物サンプルを並べてありました。私も撮影を勧められましたが還暦近いおっさんの写真なんて誰も喜びませんから謹んでご辞退申し上げました(笑)。

2019111203

 少し離れた位置から引いたアングルで撮影しました。ずっとこんな感じで人並みが絶えませんでした。おじいちゃん・おばあちゃん宛あるいは自分宛に出すよう親御さんにせかされているおこちゃま多し(笑)。そうです、熱心なのはお母さんがたでした。

2019111204

 萩郵便局さんも積極営業です。オリジナルフレーム切手やフォルムカードを並べた販売ブースを構えていらっしゃいました。キミも長州奇兵隊になれる?な撮影小道具も用意してありました。これは萩オリジナルでしょうね。

2019111205

 当日無料でいただいた&Postのロゴ入り専用のポストカードです。これは最初の東京KITTEの時から同じものが配布されています。現地に風景印を持参しておられましたので私も引受消印をお願いしました。なお、貼付切手は私の手持ち品を使いました。
 当日、郵便局の方と名刺交換し、いろいろお話を伺いました。第1回目が東京KITTE、次に新潟県の長岡花火大会、福井県のおわら風の盆、再び東京、そして今回の萩だそうです。出動は5回目、訪問地は4ヶ所目になります、とのことでした。萩地区の郵便局グループさんが熱心に赤いポストカーの招聘活動をされた結果こうして実現したのだそうです。ありがとうございます!。

2019111206

 ご参考までに第1回の東京KITTE、第2回の長岡花火大会の際の実逓便をご覧にいれます。東京は銀座局1.7.21の手押し和文印(山口真一さんより)、長岡は新潟局(地域区分郵便局)1.8.4の和文機械印です(富澤昇吉さんより)。使われているのは上記と同じ専用ポストカードです。

2019111207

 せっかくなので記念にどうぞと勧められたのがこれ、FMラジオ番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」の企画「宛先のない手紙」参加用のポストカードです。これは使わないで未使用のままコレクションにします。

[追記]
 日本郵政さんの広報誌「郵政」11月号に赤いポストカーの紹介記事が掲載されていましたのでご紹介します。

2019112001

 

 

 

| | Comments (0)

October 30, 2019

1.11.1、1.11.11用記念押印台紙

2019103001

 今月25日くらいから図の記念押印台紙が中国支社管内各局に配給されています。旧特定局で10枚、旧普通局で150枚程度で、切手を購入された方で希望される方に無償配布されます。目的は1.11.1と1.11.11の記念押印用です。混乱を避けるためかプレスリリースは行われません。なので配給があったことを知らない窓口局員さんもいらっしゃるかもしれません。すでに全局へ行き渡っている頃合いですから、ご希望の方は最寄りの郵便局でお訊ねください。また、他の支社でも同様例があるかもしれませんね。興味のある方はリサーチとご報告をお願いします。

 

| | Comments (0)

September 01, 2019

郵政2019年9月号

 日本郵政グループ広報誌「郵政」の2019 SEPTEMBER号が届きました。毎号読みどころ満載ですが、今回は特に裏表紙の記事をご紹介します。日本郵政グループのオリンピック・パラリンピック貢献のまとめ記事です。

2019090101

 「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」は私も参加しました。当地でも回収箱が設置された初日、2018年(平30)3月28日には防府三田尻郵便局長さま、日本郵便中国支社さまの許可をいただいて公式取材のうえ記念カードも作成しました。記事によると無事に約15万台の携帯電話回収が達成されたとのことです。めでたし、めでたし。

<参照記事>
携帯電話回収箱設置記念初日カード

 寄附金付年賀はがきの寄附金総額も発表になりました。累計約2億円は史上最高額とのこと。こちらもめでたし、めでたし。

<参照記事>
年賀2018トピック(1)
年賀2018まとめ
最難関か?! 龍馬像あての年賀はがき

 

| | Comments (0)

August 27, 2019

金銀銅の金属色インク

2019082701

 昨日発行された東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(寄附金付)を購入してきました。さすが400年以上の歴史を誇るオランダの王立印刷所ジョン・エンスケデ社です、1枚のシートの上に金銀銅の3色を同時に表現しています。メタリックな風合いを箔押しではなく印刷インクで表現するのは実はたいへん困難なことなのです。

2019082702

 日本最初の金色インク印刷は、1959年(昭34)発行の名古屋開府350年記念切手であることはあまりにも有名です。時の郵政省は金のシャチホコを表現するために金色インクを使うことを強く希望し、一方の大蔵省印刷局側は金色は変色しやすく印刷も難しいからと難色を示していましたが、最終的には郵政省の希望を容れ、グラビア特色の金色インクでの印刷に踏み切りました。(※)
 幸いなことに発行からちょうど60年を経過した現在でもさしたる経年劣化は見受けられません。皆さんのアルバムに収まっているであろう1枚もまた輝きを失っていないことと思います。

2019082703

 その後、印刷局では研究が重ねられ、1968年(昭43)にはついに普通切手・中尊寺金色堂30円にもグラビア特色の金色インクが用いられました。
 さらにその翌1969年に発行された日本万国博覧会EXPO’70寄附金付50+10円記念切手、1970年発行の同記念切手1次・燕子花図50円も同様です。同記念切手2次・夏秋草図50円にはなんとグラビア特色の銀色インクまで登場し、日本における切手ブームの最盛期を象徴するかのようでした。

2019082704

 しかし、日本切手にしか目が向いていない収集家が多かった当時、目立たないながらも印刷局では外国切手製造を請け負った際に金属色インクを大胆に使っていました。それが1967年(昭42)発行のシャルジャー切手”POST DAY 1967”です。大蔵省印刷局の銘版が入っていますので知っている人は知っている存在です。しかも、中尊寺金色堂30円切手が発行される前年です。
 いかなる経緯でアラブ土侯国の切手製造を扱うことになったのか今ではわからなくなりましたけれど、こうして実物だけは確実に世の中に残されました。どなたか謎解きに挑戦しませんか?。

 最後になりましたが改めて東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(寄附金付)をご覧ください。プレスリリースにあるようにオフセット6色印刷です。カラーマーク部分に注目してください。左からプロセス印刷のKCMYの4色が並び、その次に銀、金の特色2色、そして右端にエンボスがあります。まとめますとカラーマーク6色+エンボスです。さあ、ここで不思議にお気づきでしょうか。そうです、銅色の特色がありません。これはいったいどういうことでしょうか。
 すでに外国切手では行われている”銀色インクの上に金色インクを重ね刷りをすると銅色になる”ではないかと私は想像しています。皆さんも高倍率のルーペでじっくり観察してみてください。いずれ専門家の方が「郵趣」誌上に詳細を解説してくださることでしょう。

※:出典 解説・戦後記念切手II「ビードロ・写楽の時代」P.242より(内藤陽介著)

 

 

| | Comments (0)

July 25, 2019

ぽすくまネーム印届きました!

 7月25日に郵送されてきました。さっそく差出郵便物にばんばん押しております。いや、これは楽しいわ(58歳談)。

2019072501

 山本仁湯野郵便局長さまにお話をいただき、受付開始日の7月3日付で発注、本日7月25日納品という最も早い日程です。送付封筒から申込書、取扱説明書にいたるまですべて保存し、同時に郵趣データベースにもインプットしました。
 山本局長さん、たいへんお世話になりました。また面白そうな企画郵便商品がありましたらどうぞオファーをお願いいたします。

2019072502

 申込書にレシートをテープ止めして発注するスタイルでした。もちろん、その控もあるのですが、商品と一緒に原本も返送されてきました。資料収集上ありがたいです。
 おそらくブルーの本体カラーが多いのではないかと予想し、将来の希少品化を狙ってあえてピンクにしてみました(58歳談)。

◆参照記事:ぽすくま はんこ・ネーム印

 

| | Comments (0)

July 22, 2019

追放切手の名誉回復を!

 地元書店系列のネットショップを眺めていたら横山裕三さんのお名前がヒット。さっそくお取り寄せ購入したのがこれ「追放切手」。切手図案家の木村勝が残した資料集です。

2019072204

 GHQの指示により軍国主義図案の切手・はがきが昭和228月末で使用禁止になりました。それがいわゆる「追放切手」です。しかし、乃木大将、東郷元帥は日露戦争で活躍された真っ当な大日本帝国軍人であって軍国主義のレッテルを貼るのはおかしい。ましてや藤原鎌足、楠木正成までとはおよそ納得できるものではありません。「追放切手」などという汚名を返上し名誉回復させるべきものです。

2019072205

 仮に名誉回復したとして、そのほとんどが銭単位、今さら実際の郵便に使われることはないでしょう。市井に大量に残留しているものではないし、最高額面でも藤原鎌足5円(笑)。その未使用のカタログ評価も一次昭和が7,000円、三次昭和が1,300円、わざわざ郵便に使うアホはいません。やるとしたら、ごく一部の素っ頓狂なファナティック・コレクターだけです。実質的に使えないので純粋に名誉回復だけで十分です。近い将来、憲法改正が成った折にはぜひ実現していただきたいものです。

※書籍のお買い求めはこちらからどうぞ

 

| | Comments (0)

参議院絵はがき

 選挙もつつがなく終了しました。選挙区・比例区とも投票した候補が当選してひと安心です。当選された候補者の皆さま、おめでとうございました。そのタイミングで表題の参議院絵はがきをご紹介します。

 正式名称は「美術凹版印刷 参議院絵はがき」、英文説明は”Post Card/House of Councillors, Japan/(Engraving)”。大蔵省印刷局製造で参議院議員のOBOG会である財団法人参友会による発行。発行年月日、彫刻師の名前は表記がありません。

2019072201

 通信面は3種とも共通です。大蔵省印刷局の名称が使われた1952年(昭和27年)以降、郵便番号枠がありませんので昭和43年以前のものでしょう。しかし、絵はがき自体のデザインの古さに比べ、タトウそのものの風合いや使われている書体に古びた感じがしないことから、絵はがき自体は昭和30年代~昭和40年代初期に大量に作り置きされ、タトウだけそのつどあつらえて装填されたような印象を受けました。勘ですがタトウは昭和50年代のようにも感じます。

2019072202

 これが和紙製のタトウです。

2019072203

 

| | Comments (0)

June 25, 2019

MJ展2019

 福岡アジア美術館のMJ展を参観してきました。あのマイケル・ジャクソンを全国の作家さんたちがおのおのの抱くイメージで作品化したものです。それらファンアートが350点。また、全国のコレクター有志によるMJグッズコレクションも250点を一挙に展示する過去最大級の展覧会です。

 いつもはそれぞれの分野で芸術に向き合っているアーティストたちが、ファンアートというと(理屈抜きで)対象物が好き!という強烈な熱量を発します。皆さん子供時代に戻ったかのようです。技術の上手下手を超えて伝わる熱い気持ち、ファンアートはそこが魅力です。

 今回が通算2回目の開催とのこと。ぜひ第3回、第4回と続けていってくださるようお願いしてきました。

2019062401

 大量に無料配布された大判はがきサイズのフライヤーに最寄り局の博多リバレイン内郵便局の和文印を記念押印していただきました。今回ご紹介する押印台紙はいずれも表面のコーティングが強く、消印のインクが浸透しない可能性がありましたので意図的に満月消をお願いしました。

2019062402

 フィギュア作家さんが作られたMJ人形の写真カードです。カード右側に”MJ展のあゆみ”を写真合成しました。ご一読ください。

2019062403

 このポストカードもイラストレーターさんのフィルターを通すとMJもこんなイメージになる・・・という好例です。

 ありがたいことに写真撮影OKでした。この展覧会の模様を約20枚の写真でご覧いただけるようfacebook内に写真アルバムを作りました。下記URLにアクセスしてください。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100034848790031&sk=media_set&set=a.147145636457062&type=3&uploaded=19

 

| | Comments (0)

May 08, 2019

徳仁、令和、弥栄

2019050801

 私、椙山オリジナルの令和改元ミッションが今日完結しました。ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)会員さんにはもれなくこのカードが届きます。到着まで少々お待ちください。切手と消印の組み合わせの意味は以下の通りです。

(1)平成最後の特殊切手「ハッピーグリーティング62円切手に平成最後の営業日。山口・徳佐31.4.26 12−18。

(2)慶事用62円切手に令和最初の営業日。防府仁井令1.5.7 8–12。

(3)令和最初の特殊切手グリーティング(シンプル)82円切手に山口・美和局の風景印。美和 1.5.8。

<コンセプト>
徳佐と仁井令で「徳仁」
仁井令と美和で「令和」
美和局の風景印に描かれているのは「弥栄」大橋

 「令」の字を含む郵便局は、現時点では防府仁井令局ただ1局のみなので山口県内郵便局だけで、と言うより山口県内郵便局でしか作成・完結できない記念カードです。

[ご案内]
 かねてよりご案内していますように、ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)に入会していただきますと、時折このような記念カード類が私椙山の気まぐれで送られてきます。
 facebook内に会員限定の会議室を設けており、一般公開に先立って有益な情報をアップロードしているほか、会員同士による有益な情報交換の場としてすでに積極運用されています。令和改元時の記念カバー作成のアイデア、ヒントも多数寄せられていました。
 誰が読んでいるかわからないHYPER Philatelistブログには書けないことも多々ありますので、ぜひFSCにご入会ください。まずfacebookのアカウントを取り、椙山哲太郎あてにお友だち申請と同時に入会希望のメッセージを送ってください。折り返し詳細をご返事します。

 年会費は8,000円ですが公益財団法人日本郵趣協会の普通会員以上の方は全額免除します。ただし、WEB会員は対象外です。

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日カバー・記念カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県