トピックス

November 20, 2018

カルロス・ゴーン容疑者の記念切手

2018112002 郵趣家なのでご紹介しておきます。カルロス・ゴーン容疑者は両親がレバノン人で生まれたのはブラジル。その関係でレバノンが2017年に記念切手を発行しています。

 日本と違って外国切手の場合は料額印面には記念銘を入れない場合が多く本券も同じ。にしてもレバノンを代表する著名人としての顕彰切手であることは間違いないでしょう。
 そこそこ値が張る切手ではありますが入手難ではありません。どなたか個人輸入して何らかの節目の日に日本切手と貼り合わせて記念カバー作りませんか?。本社のある神奈川県の方、いかがですか?。

 鮎川義介は今の山口市大内の出身なので、スギヤマお前が作れ!と言われそうですが。しかも日産車に乗ってるし(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2018

平成30年かもめ~る現金賞

 去る9月12日に鋳銭司郵便局で手続きしたかもめ~る現金賞1万円が届きました。10万本に3本という難易度の高さゆえ一式をご覧いただきます。

2018101201
左:添状、右:賞品袋。
賞品袋に一万円札が入っていました。ぽすくまグッズも手元に残しているので賞品袋それ自体がコレクターズアイテムと捉えています。

2018101202
左:当選はがき、右:当選番号表。
28167番が当たりました。

201810120003
左:現金書留封筒、右:不在票。
当初10月10日に配達されましたがあいにく不在で受け取れませんでした。その時の不在票も残しています。

2018101204
検索結果(追跡記録)もプリントアウトして一連の品物と一緒にファイリングしています。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 31, 2018

笑い文字が正刷切手に初登場

2018083101 来たる11月1日発行予定のグリーティング切手「海外グリーティング(差額用)」の耳紙に注目してください。なんと、題字も含めて耳紙に初めて笑い文字が登場しました。これまでも発売地域限定のフレーム切手では前例がありますが、全国発売される正刷切手となると耳紙といえども格が違います。

 なお、プレスリリースには記載がありませんが、この笑い文字を書かれたのは一般社団法人笑い文字普及協会(2014年設立)代表理事の廣江まさみさんです。ご本人に直接確認し、お許しをいただきましたのでお知らせします。

 私自身も今年1月の神戸、6月の広島での郵便関係イベントで名前を書いていただきました。苗字の「椙山」は上級トレーナーの冠亜矢先生、名前の「哲太郎」は上級講師の後藤加奈子先生による作品です。これに62円切手を貼って記念押印し、アートと郵趣のコラボ作品にしました。

 正刷切手への登場を機に、笑い文字が世界へも広がっていくことを大いに期待します。

参照:一般社団法人笑い文字普及協会 廣江まさみ代表理事

2018083102


| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 30, 2018

ハンガリーのマイケル・ジャクソン追悼シート

2018082901

 昨日の8月29日はマイケル・ジャクソンの誕生日。存命であれば満60歳でした。

 2009年(平21)6月25日に50歳で急逝したMJ。その直後から代理発行会社による怪しげな追悼切手が大量に発行されましたが、特筆すべきは図版のハンガリーが同年8月29日に発行した追悼記念シートです。そうです、誕生日に合わせて発行されたものです。1996年の「ヒストリー」世界ツアー、ブダペストでのライブ映像を使ったもので、”Michael Joseph Jacson”とミドルネームもきちっと表記されているあたりが好ましいです。発行枚数は限定5,000シート、裏面にはコントロール・ナンバー(管理番号)も入っており、私の所持品はNo.001607です。
 印面に額面が入っていません。流行りの無額面切手?。いえいえ額面どころか国名すら入っていません。実はこれ、郵便切手ではないのです。当時はわざわざ”これは郵便には使えません”と説明したうえで、こうした記念シートをちょこちょこ発行していました。はっきり言えばただの裏糊付きシールですね。

 切手と紛らわしいので敬遠する向きもあるようですが私は良いアイデアだなと思います。切手ではないことがはっきりわかるように決まったフォーマットの変形シートにする、厚手の豪華な紙にする(裏糊なし)、ポストカードとしても使えるように裏面ははがき仕様にしておく、などの対策を加えた上で新たなコレクターズ・アイテムとして日本でも商品化すれば良いと思います。郵便切手と違って売り上げは負債ではなく、売れたら売れた分だけ利益に計上できます。しかも郵便切手でさえなければ自由に価格設定できるのですから。

 携帯電話料金4割値下げの政府要望も出ています。通信代にお金を吸い取られて余裕がないため、どこの趣味のサークルも若い世代が入ってこないという社会問題になっています。値下げが実行された時、余ったお金をどこが獲得することができるでしょうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2018

草加郵趣会結成50周年特別号と石川昭二郎さん

2018082601 昭和42年1月、日本郵趣協会(JPS)東埼玉支部が結成されました。JPS草加支部さらに草加郵趣会と名前こそ変わりましたが、昨年の平成29年に50周年を迎えるという偉業を成し遂げられました。その記念誌を拝読しているところです。おめでとうございます。
 関係者の方々はそれぞれのお立場で感慨があることでしょう。私は私で、同会の立役者であった石川昭二郎さんのことを改めて書いてみたいと思います。ひょっとすると私しか知らないことかもしれませんので、これもちょうど良い機会かと思います。

 石川さんと初めてお目にかかったのはいつだったか記憶がありません。高校卒業後に上京してから後のことであるには間違いないものの、具体的な日時はさっぱりわかりません。いつの間にか親しくさせていただいていました。若い時は誰でも、若いというだけで恵まれないものです。そんな時に助けてくださった方は間違いなく生涯の師となります。石川さんがまさにそうでした。

 上京して間もなくJPS調布支部を再結成しました。ところが、それ以前に存在した府中・調布支部の解散騒動の禍根が尾を引いていてどなたも支部長を引き受けてはくださいませんでした。明日が結成式という晩も八方手を尽くして電話しまくりましたけれど、話を蒸し返されて巻き込まれるのはゴメンだとのこと。結局、世話人の私が詰め腹を切らされる形で、20代の若造が支部長を引き受けるというとんでもない結果になりました。初っ端で郵趣界のダークサイドの洗礼を受けてしまったわけです。そんな厳しい環境の中で石川さんに組織運営のことなど多岐に渡ってご支援いただいたのでした。

 その後、三重県の四日市支部と鹿児島支部の再結成とそのサポートを手がけることになるのですが、調布支部のことがあり、以後、私自身が再び支部長を務めることだけは固辞してきました。今もその考えは変わりません。本気で支部長をやるには荷が重すぎます。

 東京のデザイン事務所を辞めて鹿児島に移住したのが平成7年。失業中に親戚が多くいる鹿児島に遊びに行ったところ「いつまでプラプラ遊んでるんだ!」と叔母にハッパをかけられまして。しかたなく技術系求職情報だけに特化した”鹿児島人材銀行”(今はないみたいですね)に行ったらたまたま職を見つけただけのことです。鹿児島も私のルーツの一部なので特段の抵抗もありませんでした。つまり、この移住は郵趣とは全く関係がありません。

 ところがいつのまにか石川さんが手を回していて、あたかもJPS鹿児島支部を再建するために私が送り込まれたかのように誤解している鹿児島のお歴々がちらほら。あのね、私もそこまで酔狂じゃないです!。

 しかし、そんなことがあって平成11年に郵趣活動賞をいただけることになりました。その時の写真、寄せ書きカバーをご覧いただきます。本稿最後に石川さんが亡くなった時の追悼文を再録しておきます。郵趣活動賞の由来や私が考えるフィラテリストの定義など、石川さんと私との師弟関係の中でご理解いただけるものと確信します。

 郵趣活動賞をいただいた時の第17回正会員大会(平成11年)の記念写真から。右から窪田毅さん(高知)、石川昭二郎さんそして私です。当時38歳でした。

2018082602

 同時に郵趣活動賞を受賞した3人の直筆サイン入り記念カバーです。上から藤井喜好さん、斉藤昭和さんそして私です。記念カバー自体は谷田部勝浩くん(調布)が用意してくれていました。それにサインをお願いしたわけですが、私以外のお二人ともすでに天に召されました。

2018082603

 受賞者3人の記念写真です。右から藤井喜好さん、斉藤昭和さんそして私です。

2018082604

<追悼 石川昭二郎氏>
 会報「東埼」特別号『故石川昭二郎氏 追悼』より。平成16年4月発行。
2018082607

2018082608


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2018

ナンバーくんの糊付台紙

2018082001

 須谷伸宏さんが今夏の休暇旅行中、岐阜県高山市の平湯温泉簡易郵便局に備え付けてあるのを発見・採取して送ってくださったのが左、ナンバーくん入り糊付台紙です。サイズは163H×110W。よく残っていましたね。しかもそれを見逃さなかった須谷さんの眼力もさすがです。
 という流れで私のコレクションからポストン入りの糊付台紙もご覧いただきます。2016年4月5日、山口県柳井市の大畠遠崎(おおばたけとおざき)郵便局で採取しました。見ての通りサイズはやや小さく150H×107Wです。
 郵便番号が7桁になったのは平成10年2月2日、すでに20年が経過しています。ポストンですら見なくなってきたというのにナンバーくんとは驚きです。なんせナンバーくんは今年で50年なのですから。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2018

ジ・アウトレット広島内郵便局オープン

 難しい話は一切ありません。去る7月30日にオープンした、郵便局キャラクター「ぽすくま」の世界観をイメージした全国初の郵便局、その消印記録集です。

2018080101

2018080102

2018080103


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2018

「ナンバー君」命名50年記念カード

 石川県の中島郵便局さんで使用中の小型印「郵便番号制度50周年」を活用し、表題の「ナンバー君」命名50年記念カードを作りました。
 郵便番号制度の実施は昭和43年7月1日です。ところが、郵便番号宣伝マスコットの愛称が「ナンバー君」に決まったのは7月5日でした。5日間の時差があることが今ではほとんど忘れ去られているようなのであえて記念カードを作りました。

2018071101

 なお、愛称が決まるまではなんと・・・・「テー坊」と呼ばれていました。だ、だ、ダサい!(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2018

掲揚のプロトコール

2018070501

 公務員職でないと気付きにくい、逆に言うと公務員職なら敏感に反応する事柄がありました。今月2日から使用開始した宮崎県庁内郵便局の風景印です。図はプレスリリース時の原画と実際の宮崎県庁舎の正面写真です。違和感に気づかれましたでしょうか。
 実際の写真では3本の掲揚ポールの中央に日の丸、その右側に県旗が掲げられています。中央が上位、右が下位のプロトコールがきちんと守られています。原画のように中央に県旗だけというのはありえないことです。このことに最初に気づいたAさんはやはり公務員職でした。すぐに日本郵便お客様相談センターに問い合わせたところ、このような回答がありました。

 『お申し出いただいております風景印につきましては、写実的に仕上げるという決まりはなく、デザインとしてわかりやすく作成しておりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。』

2018070502 日の丸を引っ込めて県旗を前面に押し出すことの方が”わかりやすい”と言えるでしょうか?。郵便・郵趣のネットワークとは実に素晴らしいもので、2010年7月に発行されたフォルムカード「宮崎県庁舎」も同じアレンジだとの指摘がすぐに寄せられました。発行日が8年も離れているのにこの見事な一致は偶然ではないでしょう。日の丸を掲げることによるトラブルを未然に回避するための”逃げ策”ですね。よりによって建国神話のある宮崎県でこんな及び腰とは情けない。
 逓信省の時代から旧幕府寄り人脈が根を張っていると言われている日本郵便です。薩長と異なり因習に回帰しようとする属性は150年経っても直らないのでしょうか?。逃げと正統の混同は是正されたい。少なくとも『日の丸を掲げないことにより、結果的に誤ったメッセージを発してしまう』ことに関しては早急に認識を改めていただきたいです。

・・・てなことを書こうかと思っていたところに郵頼が戻ってきました。たいへん丁寧な押印で完璧でした。してその県旗部分を見ますと・・・図案が小さすぎて実印影では県旗かどうかの識別自体ができません。根本的な部分で”わかりやすく”なっていませんでした(笑)
 こんなことならいずれ印顆が摩滅することまで見越して、どの旗でもない塗りつぶしデザインでも良かったのではないでしょうか。私も見えない部分まで問題にしようとは思いませんよ。意外な結果でした。ちゃんちゃん♬

2018070503


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2018

郵便番号制度50年

2018070101

 郵趣誌やサイトで既にさまざま特集が組まれているように、今日7月1日(日)で日本の郵便番号制度が50年を迎えます。高度経済成長を背景に激増する郵便物をいかにして効率的に捌くか、その解決策の大きな柱でした。導入まで3ヶ月を切った昭和43年の切手趣味週間では、郵便番号宣伝のマッチまで配られ、それをカシェがわりに貼り付けた初日カバーをご覧いただきます。すっかり時代が変わってしまいました。
 折しも郵政博物館ではこの週末の土日に「郵便番号導入50周年展」を開催中です。本日7月1日の17:30までですので、都心の方なら今からでも間に合います。記念小型印も使われています。ぜひ足をお運びください。

郵便番号導入50周年展

2018070102 郵便番号制度は急に始まったわけではありません。その前段階として、配達局名記載の勧奨運動というのがありました。古くは明治時代からあったのですが、当時は全くと言ってよいほど普及しませんでした。本格的な運動が展開されたのは戦後、昭和24年12月頃からです。
 例えば私の住所も、地理に疎い県外の方が一見すると山口中央郵便局の管内かと思われるでしょうが、実際は小郡郵便局です。お隣の山口市鋳銭司の一部地域はなんと防府郵便局が担当されています。このように行政区分と郵便区分とが必ずしも一致しない例は少なくないため、できるだけ配達局名を書いてくださいという運動です。
 図のように一部の郵便局は「〇〇局区内」のハンコを用意し、窓口販売時にお客さんの了解を得てはがきに押して渡すようにしていました。自営業や小売店の中には自前でこのハンコを作って使ってもいたようです。図のはがきには岩国局の昭24.4.8の消印が押されています。

 さらに1999年(平11)、鹿児島在住の郵趣家Yさんが「郵便配達局名便覧」という小冊子を鹿児島県立図書館で発見されました。配達局名記載勧奨運動最初期にあたる昭24.3.15付です。発行元は鹿児島郵便局で、その掲載範囲は鹿児島県内のみ。今でも鹿児島県民は鹿児島だけが日本かのような生活・経済観(=国家観)を持っていますので、昭和24年ならばこれだけで十分だったであろうことは容易に想像できます。郵便番号制度50年に合わせてほぼ全ページをご覧いただきます。

2018070103

2018070104

2018070105

2018070106

[余談追記]
 五十銭稲束はがきに第1次新昭和一円五十銭錦帯橋切手を加貼した図版のはがき、錦帯橋切手のご当地消印でもあるわけですが、裏面を見るとさらに興味深い通信であったことがわかります。戦後の配給制度がまだ残存していた時期のもので、これには麦酒(ビール)を男女一人に対して一本の家庭用配給があるとの予告通知です。4月15,16日の両日に岩国税務署に予約券を提出しに来るようにとの内容です。ところがビールの配給はこの直後に廃止され、昭和24年5月6日から自由販売になりました。なので、このはがきはおそらく配給最後のものであろうと推測されます。

 1枚100円の使用済はがきでこんなに楽しめるのですから郵趣とは本当に素晴らしい趣味だと思います。

2018070107


[7月2日追記]
 そしてこれが郵便番号制度導入2日目、昭和43年7月2日の郵便番号記入使用例です。印刷済の社用封筒がまだたくさん在庫されていたのでしょう、宛先も差出も郵便番号記入枠がありません。そこに手書きで書き込んでいます。消印は長野駅前 43.7.2 前8-12 → 京橋 43.7.3 8-12。

2018070201


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県