郵便印

July 24, 2017

日本のポストをたどるふみの日小型印

2017072401

 最近はふみの日小型印を使う郵便局が激減してしまい、今年は豊島(東京)、広島中央(広島)、中島(石川)、金沢中央(石川)の4局しかありませんでした。しかも肝心の23日が日曜日だったために中島局は押印不能で実質3局のみとなってしまいました。いくらなんでもこれではいけません。

2017072402 今からちょうど10年前、大阪中央郵便局郵便企画課の尾崎正一さんが日本のポストの歴史をテーマにしたふみの日小型印を立案されました。そして実行されました。もちろん、毎月1種、一年間で12回だけではとてもすべてのポストを網羅することはできません。その選抜の思いやご苦労のことは郵趣ウィークリー2007年4月20日号に詳細記事がありますのでぜひご覧ください。
 その完全コレクションが手に入りましたのでご覧に入れます。つい先日ヤフオクで落札した記念押印アキュームレーションの中に含まれていたものです。上がその集合押印台紙、左がその表紙・裏表紙です。

 郵頼封筒もしっかり残されていたので元の持ち主は東京都品川区の山田孝さんということもわかりました。私自身、直接の面識はないのですが、記憶が正しければ確かJPSシルバー例会に参加されていらっしゃった方ではないかと思います。ご本人自らの売り立てではなかったので、これもまたご本人がお亡くなりになった後、価値がわからないご遺族が金券ショップあたりに二束三文で売り払われたものではないかと察しています。運良く私がレスキューできて本当に良かったです。あるいはまた、想いのこもったコレクションだけに、理解してくれるからと、品物の方が私を選んでやって来てくれたのかもしれません。

2017072403

 このポストシリーズのもうひとつのポイントは、2007年(平19)10月1日に郵政民営化が実行されたことです。郵便窓口業務を行う「郵便局会社」と集配実務とゆうゆう窓口業務を行う「郵便事業会社」に分割されました。前者は郵便印の年号活字にアンダーバーが入りました。これは2012年(平24)10月1日の日本郵便株式会社発足に伴う再統合までの5年間にわたって続けられました。
 ですからシリーズ途中の10月のふみの日小型印からアンダーバー入りに変わっていますし、山田さんはその事前お知らせまでしっかり残してコレクションに加えられていました。これは一流コレクターとして慧眼の証です。山田先輩に感謝です。

2017072404

 自分は集中押印台紙だけを手元に残します。郵頼された時の実逓封筒(返信用封筒)と名刺カードへの記念押印をセットにしたリーフ(下図)は同好の方にお譲りしたいと思います。12ヶ月分一括3,000円位でどなたか引き取ってはいただけませんでしょうか?。ご希望の方がいらっしゃいませんでしたら8月6日の防府切手のつどい2017夏で販売することにいたします。よろしくお願いいたします。

※ありがとうございます。速攻で売れました。

2017072405

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2017

1979年・ふみの日手紙フェスティバル

2017072201

 明日7月23日は毎年恒例の”ふみの日”です。始まったのは1979年(昭54)7月23日、今から38年も昔のことです。それまで郵便振興に関する記念日といえば春の切手趣味週間と秋の国際文通週間のふたつだけでした。そこに真夏の文月(ふみづき)7月に新たな記念日が加わったのです。この時からキャンペーン切手の発行が始まり、以来、今日に至るまでふみの日行事と切手発行が続けられてきました(東日本大震災で発行自粛を余儀なくされた2011年を除く)。

 その初っぱなに郵政省(当時)が渾身のイベントを開催しました。それが表題の”ふみの日手紙フェスティバル”です。銀座松屋デパートの8開催事場で7月20日(金)から25日(水)までの5日間に渡って開催されました。中でも特筆すべきなのが”全国風景入通信日付印集中スタンプサービス”です。
 今でこそさまざまな局の風景印を集めて一箇所でまとめ押しができる”集中押印”は珍しくありませんが、その規模と内容において私が知る限り、これが日本最初ではないかと思います。

2017072202

 日替わりで海、島、山と渓谷、歴史とロマン、城下町の5つのテーマに沿った全国各地の風景印を記念押印しました。専用の押印台紙はそれぞれ4,000枚のみで記念押印に特化されました(引受消印は行われず)。B4判二つ折りの押印台紙には全国から選りすぐられた10局の風景印が押されました。それが5テーマですから全部で50局もの大量集中押印でした。
 先日ヤフオクで落札したアキュームレーションの中に、その押印物が2セットとパンフレットもきちんと残されていました。元の所有者Y.M氏の確かな郵趣知識とセンスに脱帽です。後学のために高解像度でご覧いただきます。

2017072203

2017072204

 昭和54年は高校を卒業して上京した年でした。当時のことなので携帯電話もインターネットもありません。固定電話もなくアパート1階玄関の呼び出し電話があるだけでした。ですからこの催事情報も全く知りませんでした。
 後にこのことを知ることになるわけですが、その話を隣で聞いていた収友A氏が不意にこんなことを仰いました。「押印する職員ひとりひとりに各局の臨時職員として任ずる旨の任命書を作った。局数が多いので任命書も束にして手渡した。」とのこと。なんという偶然でしょうか、古くからの収友がまさしくその当事者(管理者)だったのです。A氏とはお互いが中学・高校生時分からの郵趣仲間です。A氏が長野、私が山口にいた頃からの旧知の間柄です。現在、A氏は都内某局の郵便局長をされています。長く郵趣をしているとこんな幸運もあるのです。

 おそらく日本最初であろうこの集中押印、風景印そしてふみの日切手・消印収集をするのであれば、基本基礎として押印台紙5種セットは持っておくべき必須アイテムです。各4,000枚あります。なんとかなる数字ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2017

皇紀2677年7月7日記念カード作成しました

2017071001 当日は集中豪雨の余波でなかなかワイルドな日でした。下関や萩方面への押印を諦めていたところ、出雲市の片寄明正さんからご出勤前に押印可能とのありがたいメッセージが届きました。出雲といえば本家本元総本山(笑)。この際ご厚意に甘えて記念押印をお願いしました。しかも趣旨から言って出雲神話のヤマタノオロチと稲田姫を描く出雲駅前郵便局の風景印の方がふさわしいのではないかとのありがたいアドバイスまでいただきました。この際、地元に詳しい方の導きに従うのが得策というものです。そして送っていただいた官白に神武天皇東征之図を後印刷してカシェとしました。

 送っていただいた際に島根県観光キャラクター「しまねっこ」のカードまで同封してくださいました。出雲市駅の駅スタンプがまた出雲大社とヤマタノオロチでばっちり!。”祝皇紀2677年7月7日”の祝辞のみ加刷しました。
 こうして見ると、今の時代はゆるキャラの方がフィットしている感がします。以前から申し上げているように、ゆるキャラは各地域の神様の化身です。可愛いと感じるその根底にカミへの親しみを感じます。77.7.7のラッキーナンバーもしまねっこの方がお似合いですね。

2017071002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2017

横浜中央郵便局改称50周年

2017070602

 裏面が真っ白で差出人がないのですが、おそらく湯浅英樹さんからご恵送いただいたものと思います。いつもありがとうございます。
 この7月1日で神奈川郵便局が横浜中央郵便局に、横浜郵便局が横浜港郵便局に改称されて50年になります。おめでとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2017

悪石島簡易郵便局の開局(鹿児島県)

2017070401 谷之口勇さんから開局初日印をご恵送いただきました。いつもありがとうございます。

 これは6月5日に簡易郵便局に局種変更になった口永良部簡易郵便局に続く、有人国境離島法の郵便局関係への適用2件目です。受託者は十島村役場です。

 面白いのは土曜日も13:00〜15:00までの2時間だけ郵便・物販サービスのために開いている点です。それで開局日の7月1日(土)の12-18印が初日印ということになりました。午後印が初日印になる例は珍しいですね。

参照:有人国境離島法の郵便局関係への適用第1号

2017070402

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2017

テロ準備罪法成立

 号外が出ました。

 B5判もしくはA4判にプリントアウトして記念押印されてはいかがでしょうか。
 本来なら成立した午前印が望ましいのですが、こういうリアルタイムニュースの場合は午後印でも欠点にはなりにくいでしょう。
 それでも気になる方は時刻表示のない風景印もしくは和文・欧文ローラー印で。

2017061501

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2017

正しい押印を守りましょう

 近年、記念押印・引受消印ともに”ちょん掛け”をさもありがたがるような悪しき風潮が見受けられます。明りょうな規程違反ですので、こんなことを繰り返していたら郵趣家・郵便愛好家自身が自分で自分の首を絞めているようなものです。認識を改めさらに啓蒙活動として共有意識を変えていきましょう。押印規程とダメな例を掲げます。どうぞ正しく理解していただきますように。

 どの程度消印を切手に掛けるか、はっきりと数値が示されています。記念押印で5ミリ、引受消印で10ミリを守りましょう。消印が印面にかかっていないものはダメ、かかりが少ない”ちょん掛け”もダメです。
 なお、引受消印が10ミリなのは、万一郵送中に切手が剥がれた場合、元の郵便物と照合する必要があるため割印の度合いを大きくしてあるのです。このように数字にも根拠があります。

2017061401


 下図は間違った押印の実例です。たまたまスタンプショウ=ヒロシマ2017の記念パーティーで配布された記念カードがアウトでした。案の定、これはよろしくないと指摘されていました。

2017061402

 押印をお願いする私たちの側がちょん掛けを望むのは明りょうな不当要求行為です。
 もちろん、郵便局員さん側も正しい押印を励行されるこ
とが大前提です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2017

食べ物より灯台とか郵便局です

2017060701

 facebookフレンドさんに教えていただき、今しがたTVerで拝見しました。テレビ東京さんの「車あるんですけど?」の灯台と郵便局めぐりの巻です。灯台を見た後、さらに灯台を描く風景印を押してもらいに郵便局に行くとは、うぬぬ、君ら手練れの衆だな(6/11配信終了です)。

2017060702

2017060703

 風景印もれっきとした郵便用通信日附印であってただの記念スタンプではありません。切手への消印が前提です。経験の浅い郵便窓口職員さんが押したものは、切手やはがきの料額印面に消印がかかっていません。これは明らかな違反です。決して真似をしてはいけませんし、押してもらうお客の側もこのような押し方を要求してはいけません。

2017060704

 ところが後からお出ましになった”風景印マスター”(おそらく郵便局長さん)は違いました。押印規程通り3-5ミリ切手にかけて押印されていました。お見事です。

2017060705

 しかし、細かい問題はありましたが彼らを評価したいと思います。ジャンルは異なりますが超一流です。
 質問者に聞かれて二つ返事で”食べ物より灯台とか郵便局です”と即答されました。食事は後回しで移動する、車中でどら焼きかじるだけのその心意気は狂気とも言いますが(笑)、それこそが本物の証です。もしご縁があれば郵趣家はすべからく労を惜しまず全面的に支援いたしましょう。

 本物はわかります。

http://tver.jp/episode/30519502/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2017

第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(2)

 昨年7月10日に行われた初の18歳国政選挙にちなんだ郵趣品をご覧いただきます。事前にFacebookで投票済証への記念押印をお願いしていたおかげで期日前投票を中心に各種が集まりました。当地では投票済証の発行がないので収友の協力に感謝感謝です。これもまた”なんでも郵趣品化プロジェクト”の一環です。

<東京・深川28.7.9>
2017060601

<愛知・上野28.7.8>
2017060602

<宇都宮南28.7.5>
2017060603

[以下参考記事]
うきは市長選挙/初の「18歳選挙」
第24回参議院選挙/初の「18歳国政選挙」(1)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2017

安芸灘とびしま海道×Ingress

2017051601

2017051602 周南市の湯野郵便局長・山本仁さんからご恵送いただきました。ありがとうございました!。
 とは言うもののスーパーファミコンで時代が止まっている56歳の私スギヤマはゲームのことはさっぱりわかりません。山本局長に教えていただいたり、定期購読している通信文化新報(電子版)の記事を頼りに以下まとめました。

 広島県南部に位置する芸予諸島とそこに架かる橋をつなぐ「安芸灘とびしま海道」。そこに郵便局の組織力を生かしてIngress(スマホを使った現実世界をフィールドにした陣取りゲーム)を活用した「安芸灘とびしま海道×Ingress」が開催されました。それに実際に参加された山本さんが送ってくださった記念カバーです。ゴールデンウィーク中の4月29日から5月7日に開催されました。消印は広島・御手洗郵便局の5月8日付風景印です。
 今回のイベントは下蒲刈島から御手洗ルートを想定。下蒲刈島を出発して大崎下島から戻る陸路の往復ルートで12個のミッションを作成。各郵便局関係者が地域内の飲食店にイベントの趣旨を説明して理解してもらい、各ミッションにIngress割引(50〜100円)等のサービス提供を交渉。各協賛店舗にミッション用のカードとスタンプを置いたほか、ミッションをクリアしてスタンプを集めてカードを送るための絵封筒(記事冒頭のカバー)も郵便局のATMに設置。
 山本さんによると、協力店舗内に私設ポスト(小さな丸型)を2つ設置して片方は個人宛、もう片方はゲームの運営会社宛。開催期間が終了したら下蒲刈局の風景印で消印して発送。切手は各自負担という内容だったそうです。
 このイベントには企画段階から堺洋之伊丹桜ヶ丘郵便局長さん(兵庫県)、黒山敦也川西久代郵便局長さん(同)も加わっておられたとのこと。熱心な取り組みに頭が下がります。

 なお、協賛店舗には随所に昨年8月発行のフレーム切手「国の重要伝統的建造物群保存地区 大崎下島 御手洗」を並べて販売もされたそうです。冒頭のカバーに貼られているのもその一枚です。
2017051603

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県