郵便印

April 13, 2024

郵頼のための押印サービスページ開設

 昨日、2024年4月12日(金)に、日本郵便さんのサイト内に表題のページ (ここをクリック) が新たに作られました。これで変質狂的な押印クレーマー、切手へのチョン消し(3ミリ以下のギリギリ押印)の強要など、迷惑・違法行為が一掃されることが期待されます。
 風景印・小型印も外国郵便物に引受消印することができることが抜けているなど、若干の拾い残しはあるものの、大筋ではおおいに評価したいと思います。ここまで来るのにずいぶんと時間がかかりましたね。長年の悪弊が根絶されることを期待しています。

2024041301

 

 自分自身が押印技能1級を持っていることもあり、通常なら破棄されてしまう押印依頼書もコツコツ収集しています。いずれも郵頼者に返送された依頼書を発掘するなどして入手したものです。その中から特徴的な3種をご覧にいれます。

(1) 手書き依頼書
 昭和32年12月の文書で、風景印の試し押しに使われたものです。この当時から1〜2ミリ掛けの、いわゆるチョン消しを希望する御仁がいたことが明らか。現在のような厳格な押印規程があったかどうかは判然としませんが、チョン消しは想像以上に根の深い問題だと言えます。
 また、一見して丁寧なように思えますが、全部文字だけというのは押印する側にとっては非常にわかりにくいです。簡単に図示してくれれば一目でわかるものを。当時の郵便局員さんはさぞかし難儀だったろうと同情を禁じ得ません。

2024041302

 

(2) 図入り依頼書
 昭和56年7月の文書です。この頃には切手上への「満月消」が一般化していました。文章はくど過ぎずなおかつ図は単純明快でたいへん好ましく思います。ただし、ローラー印は往々にしてスリップしますので押印依頼は遠慮されてください。特に最近の切手は印面のコーティングが強く容易にスリップするからです。

2024041303

 

(3) 変質狂的押印クレーマーの実例
 平成・令和時代の文書です。東北地方の某郵便局長さんは「もはやこれは脅迫状である!」と激怒されていました。私もその通り、ごもっともだと思います。こうした非常識極まりない御仁は同じ郵趣仲間とは思えませんし恥ずかしさで一杯です。どちらの郵便局さまも本社・支社レベルで情報共有され、郵頼拒否に踏み切ってください。真っ当な郵趣家は積極的に支持いたします。

2024041304

 

 

 

| | Comments (0)

April 09, 2024

JPS防府支部新メンバー募集中です

 新年度にあたり、公益財団法人 日本郵趣協会登録 防府支部 (JPS防府支部) では新メンバーを募集しています。JPS普通会員以上の山口県在住者ならどなたでも、また県外在住者の方も手頃な年会費で加入できるようにしました。

・県内会員:3,000円/年
・県外会員:2,000円/年

 振込先:ゆうちょ口座15590-10330981 日本郵趣協会防府支部

 会報は発行しませんが、例会のある毎月第3週には2〜4ページ程度の「例会資料」を発行しています。facebookのJPS中国四国地方本部のページをはじめ、支部長の個人ブログHYPER Philatelist、X(旧ツイッター)、Threads、mixiに事前にアップロードするようにしています。ご自由にダウンロードなさってください。なお、例会参加者さんにはペーパーでもお渡ししています(郵送配布はしません)。
 毎月の例会案内はがきは県内会員・県外会員の違いに関わらず全員に郵送しています。そのはがき自体がコレクションとして残せるよう、何かしら工夫して発送するよう心がけています。ご期待ください。

JPS防府支部長:椙山哲太郎(20240409記)

※図は4月の例会案内はがきです。オリジナルフレーム切手「大村益次郎生誕200年記念」を貼り、同記念小型印を押印して初日の4月1日に発送しました。このような大ネタは、さすがに毎月は期待できませんけれど、できるだけ知恵を絞って取り組んでいます。

2024040904

 

 

 

| | Comments (0)

January 04, 2024

小さな村からの国際郵便、宇納間郵便局(宮崎県)

 雑多な実逓カバーを見ていてまた見つけちゃいました。平成の大合併で消滅した宮崎県の北郷村。しかし、消印の郵便局は今も存続しています。その名は宇納間郵便局。読みは”うなま”、欧文印の表記は”UNAMA"です。
 差出人名から察してアメリカから招聘した英語教師あるいは交換留学生でしょう。我が山口県でも同様で、かくも山奥の村では欧文印を使うような国際郵便物は、いったい年に何通あったことでしょうか?。2024010402

 

 

 

| | Comments (0)

October 14, 2023

JPS防府支部例会案内 (20231015)

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部の10月例会を以下の通り開催します。どうぞふるってご参加ください。

日 時:2023年10月15日 (日) 正午〜15時頃
場 所:防府市立佐波公民館 (和室)
参加費:無料

 会場都合で午後からの例会です。また、私のミスで案内はがきには会場を学習室と記してしまいましたが、正しくは和室ですのでこの点もお詫びいたします。併せて2点ご注意ください。

2023101401

 2021年1月、鹿児島の叔父が亡くなったのですが、コロナ禍のため葬儀に行けなかったことがずっと心残りでした。このたび、ようやく納骨堂にお参りすることができて安堵しました。数年ぶりにSTAMP-SHOW in かごしま2023 (スタンプショウかごしま) に行ってきたのも、半分はそれが旅行の目的でした。せっかくなので旅先から例会案内はがきを発送しました。いつもより2週間近く前倒しでしたので驚かれた方もいらっしゃったことと思います。

 かごしま国体が国民体育大会としては最後で、来年からは「国民スポーツ大会」に名称変更となります。最後の国体なのに、記念小型印の使用がゼロという前代未聞の郵趣サービス状況であることに今さらながら気が付き愕然としています。これも押印クレーマーたちの傍若無人な振る舞いのせいで、2022年度から臨時出張所の開設とそれに伴う小型印の使用申請を受け付けなくなった南関東支社の判断が全国的に敷衍してしまったものです。その結果、直接表現ではないものの、この小型印がはからずも唯一のかごしま国体関連印となりました。どうぞ大事になさってください。

2023101402

 なお、はがき表面下部に押されているのはスタンプショウかごしまのオリジナル記念スタンプです (郵便印ではありません)。会場内で自由に押すことができる消しゴムはんこで、印顆が耐えうる限り来年以降も引き続き使われる予定です。

 

 

 

| | Comments (0)

September 25, 2023

変形風景印の定義について

 facebookで話題になりましたのでブログにも同じ記事を載せます。35年も昔の規程なので忘れられがちなのも無理もないです。
 変形風景印に関する郵便法規程が定められたのは19880520 (昭63)。消印の中心点から最も遠い地点が18ミリと限定、最も近い地点は12ミリ以上と定められました。資料出典はJPS防府支部報「ほうふ」No.18 (19880801/S63) です。2023092501

 呼子局のように印顆の丸い枠からちょこっと飛び出している程度の場合は中心点がはっきりしています。その場合は図のように規程通りのサイズ設定になります。最大外形寸法は直径36ミリで、これ以上も以下もありません。
 一方、印顆の丸い枠の直径は中心点から12ミリ以上でありさえすれば何ミリでも良く、つまり、なりゆき寸法です。それ自身の数値に意味はないので、この部分の寸法を計測比較することで印顆配備時期の違いを知る手掛かりにはなりますが、基準はあくまでも最大外形寸法であることをお忘れなく。

2023092502

 ややこしいのは度を過ぎたイレギュラーな変形の場合です。ぱっと見で中心点がどこにあるのかわからない図案の時が悩ましいです。
 図のように直径36ミリの円に内接するように図案を置き、円の中心点から最も短い地点までの距離が12ミリを下回らないようにしているようです。

2023092503

 自分はグラフィックソフトを使えるのでこうしたパソコン上での確認は簡単ですが、ふつうの事務職の方が直定規一本でああだこうだと測って確認していたらたいへんです。人によって測定基準となる中心点が異なることは容易に想像できます。印顆更改のたびにちょこちょこサイズが違ってしまうのもさもありなん、です。

 

 

 

| | Comments (0)

April 10, 2023

郵趣家は死んで郵趣品を残す/植田総一先生

2023041001

 再建したJPS鹿児島支部の初代支部長、鹿児島大学名誉教授の故植田総一 (うえだ・そういち) 先生差し出し、直筆サイン入りカバーをまた1点入手しました。
 鹿児島大学水産学部の練習船かごしま丸の船長として数多の船乗りを育てられた植田先生はまた航海郵趣関係の大先達でもあられました。ご存命中に練習航海のお話も伺っていましたので、入手の機会があれば必ず買い求めるようにしています。
 本便も航海目的がタイピングされている上に直筆サイン入りです。カシェスタンプも先生が自ら手彫りされたもので、今の消しゴムはんこブームのあけぼのという解釈も成り立つと思います。
 なお、本便はパクボーではありません。仏領ポリネシアに上陸された際にパペーテ郵便局で切手を買い求め、その場で差し出されたものと思われます。先生は旧日本海軍の軍人さんでもあられたので、南方にはきっと思い入れをお持ちだったのでしょう。
 航海郵趣関係であのレイモンド・ミリング氏とも交流があったようですが、残念ながら詳細をお伺いする機会は逸してしまいました。

<関連記事>
キャプテン S.ウエダ
キャプテン S.ウエダ 2通目をGET
日本の「異物混入・添付」郵趣品
故植田総一先生とかごしま丸
甲突川五大石橋
深海調査船よみうり号
帆船日本丸が重要文化財に

 

 

 

 

| | Comments (0)

March 12, 2023

使用済切手集めの目的と意義

 郵趣家(切手収集家)がなぜ使用済を集めているのかを簡単に4枚の紙にまとめました。コピー、拡散、配布ウェルカムです。

 寄贈していただいた使用済切手は袋詰めにされ、それを郵趣家が買い取ります。郵趣家にとってはコレクションになり、その売上金は各地の社会福祉協議会やボランティア団体に寄附されます。いわゆるWIN WINの関係です。
 私個人だけでも100キロ以上買っていますので、ネパールやパキスタンなどに数万人分のBCGやポリオワクチンを提供していることになります。こうした活動は、もとはアメリカの教会でボランティア活動として始められたと言われています。

 切手を貼った郵便物は全郵便物数の1%以下まで激減しています。時代とともに回収量が減っています。どうかご協力ください。

1 適切なカット方法の説明

2023031901

2 郵趣家の収集目的の説明

2023031202

3 丸ごと残す意義の説明

2023031203
4 Mail & Postal Artistとしても切手を活用していることを説明

2023031204

 

 

 

 

| | Comments (0)

February 05, 2023

逆パターン

2023020501

 日本の全国切手展で外国郵政ブースさんが記念印を使っていますよね。あのまさに逆パターンです。
 メール・アーティストのナカノ・ヒデアキ製カバーを見ていて発見しました。国際切手展CANADA'96に日本の郵政省(当時)がブース出展した際、日本から持ち込んだカバーに記念押印したものです。郵政省は丸印と角印の2種を使っており、丸印の方は切手にかけて押印しています。
 こうした例は過去にも数多あると思いますが、日本の郵趣家はほぼ関心を寄せていません。これはいっちょ私が取り組むかな?と思っているところです。

 

 

 

| | Comments (0)

December 22, 2022

HAPPY HOLIDAYSのポストマーク

2022122201

 インクジェット式機械印の広告部とでも言えば日本ではわかりやすいと思います。アメリカ郵政公社は、2022年11月26日から12月30日まで、4種類のグラフィックスが使われます。私宛にも1通届きましたのでご覧に入れます。詳しくは下記URLを参照ください。

https://about.usps.com/holidaynews/

2022122202

 なお、貼られているアフリカンデージー図案のGLOBAL FOREVER切手の発行時 (20220314) の売価は$1.30。今は郵便料金が上がって$1.40になりました。値上げ前に買った人は10c分得した計算になります。これが永久保証切手のメリットです。
 日本にはない郵便制度なのでピンと来ないとは思いますが、郵趣2023年1月号の巻頭カラー6ページ+モノクロ1ページにわたって無額面切手と永久保証切手について執筆しましたのでぜひお読みください。

 

 

 

 

| | Comments (0)

December 02, 2022

第1回切手デザインコンクール70円切手

2022120201

 1枚貼の国際航空はがきをやっと入手することができました。プロパー郵趣家の皆さんならこの使用例が少ないことはご存知のことと思います。
 1988年(昭63)4月1日に国際航空はがき料金が全世界宛共通70円になりました。現行料金も70円ですから、現在までの34年間、ずっとそのまま据え置かれていることになります。

 その最初期はシカ(春日山蒔絵硯箱)70円普通切手があったものの、翌年の1989年(平元)4月1日に消費税導入に合わせて72円額面に改版されてしまいました。それから70円額面の普通切手がないという異常事態が続きました。よっぽど需要がなかったのでしょうか、ようやくシジュウカラ70円普通切手が発行されたのは、なんと8年後の1997年(平9)7月22日でした。

 ざっくり述べると、消費税が導入された1989年(平元)~1997年(平9)の間の70円切手は、切手デザインコンクール70円切手や皇太子(徳仁)成婚70円記念切手など、わずかに発行された記念特殊切手しかないのです。郵趣家便はノーサンキューの方針で絵はがきをずっとウオッチングしていたらようやく見つけた・・・という次第です。ホテルオークラ内局のD欄郵便番号入り欧文印の発行月使用というのもお気に入りです(HOTEL OKURA/107 25.VI.90 8-12)。宛先国がありきたりのアメリカでないことも嬉しいです。

 なお、70円額面の普通切手がなかった8年間は、混貼やメータースタンプ貼りが適正使用例になりますから、それらも侮れません。

 

 

 

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 IT技術の活用 Mail & Postal Arts/メールアート Pスタンプ・フレーム切手等 お気楽話 お知らせ お笑い郵趣 くっだらねー話 なんでも郵趣品化運動 まいうー ゆうペーン・切手帳 エラー エンボス・デボス グッド・デザイン切手 サッカーW杯 シルク切手 ジャポニカ ゾロ目・連番 デコーダー デジタルコード トピックス ナンバーワン ハマってます! ビニール製切手 ホログラム マイクロ印刷 マンガ切手 レアな国々 レア苗字 レフティ(左利き、サウスポー) 三角切手 事故郵便 他人の空似切手 付箋・証示印 似てない肖像切手 偏光視覚切手 偽造・模造 六角形切手 共通切手・同居型シート 円形切手 円盤切手 初日&記念カード・カバー 同姓同名 図案ミス 墨汁一滴(日常之徒然) 変り種切手 変則目打 変形シート 変形郵便 外国製日本切手 多数・多種貼り 実在しない虹切手 山口県 暮らしと郵便 未発行・販売中止 権利・差別 武漢中共肺炎 永久保証 永久図案 災害郵趣 無額面 特殊印刷 特殊詐欺対策 現代史 環境郵趣 異物混入・添付 盛り上げ印刷 監獄郵趣 直筆サイン入り 示温インク 私製加刷 私設郵便 穴開き切手 立体・3D切手 箔押し切手 表面コーティング(ニス塗り) 誕生日 誤送 輸送手段 連続・分割図案 郵便を出そう 郵便印 郵政民営化 郵趣イベント 郵趣ダイアリー 郵趣文献 金箔切手 香り付き 鹿児島県