お気楽話

July 12, 2018

博多仁和加(にわか)のお面

 九州・山口圏なら、にわかせんぺいでお馴染みのお面「にわか」です。これはおそらく博多郵便局が製作・配布したものでしょう。裏面が郵便局の広告になっています。この広告面を頼りにおおよその年代を類推してみました。

 左下にふみの日のロゴマークがあります。これはふみの日が制定され、それと同時に切手も発行された昭和54年7月23日から使われています。なのでそれ以降なのは確実。

 次に注目したのは「郵便小包」という名称です。現在のように郵便小包そのものを「ゆうパック」と呼んでいたわけではなく、当初はあくまでも小包用包装箱の愛称として「ゆうパック」と称していただけでした。それが昭和58年11月10日から。今に続く、郵便小包そのものを意味する愛称「ゆうパック」とそのロゴマークが制定されたのは昭和62年6月1日です。

 つまり昭和54年から62年と言うと8年間もありますが、いずれにしてもこの間であろうと目星をつけて資料をしらみつぶしにチェックしました。すると出て来ました!。昭和57年6月1日に速達小包の航空機搭載が始まり、その年の暮には郵便小包の割引「10個以上20%引き、100個以上25%引き」も行われています。
 よって昭和57年6月1日以降〜12月頃までのおよそ半年間に製作・配布されたものではないかと類推しました。

2018071201

・・・という推理ごっこも楽しいですが、鉛筆書きで良いので採集日と採集場所(郵便局名)を裏書きする習慣をつけましょう。収集活動に立脚する研究はそれが必須条件です。
 とりわけ日本の伝統郵趣では消印が読めることをたいへんに重要視しますが、その一方で切手が貼ってない別納・後納郵便、本例のような亜流の郵便商品・景品、運輸企業によるメール便等に対してはあまりにも無頓着に過ぎます。認識が改まりますよう強く訴えたいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2018

新様式のゆうパック送票

2018032702

 小ネタです。新様式のゆうパック送票は3月第1週には東京中央郵便局に配備されていたことを確認しています。配達通知はがきがなくなり、摘要欄に重量ゆうパックを意味する「重」の文字があるなど、見分け方は簡単です。
 先日、上京した折についでに新送票を使って自分宛に手回り品を送りました。局員さんに手渡されたのがこれです、0001番でした。まったくの偶然です。こんな場面でも痛感します、郵趣の神さま、いつもありがとうございます!。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2018

椙山は消息不明?

 収友のYさんから表題の件で連絡がありました。某趣味誌に私の消息が載っているけれど派手に間違えてますと。いったい何のことやら?と思っていましたら当該誌を送ってくれました。それでやっと事態が飲み込めました。

2018032601

 50円弥勒菩薩(緑)の記念紙を発見されたことで動植物国宝図案切手収集家でその名を知らない者はいないあの進藤久明さん。横浜から転居されて今は秋田にお住いのようです。その進藤さんが昭和の趣味誌とその発行者の今を語っておられたのでした。
 しかし、HYPER Philatelistブログは2004年7月29日に始めたので14年になります。月刊郵趣誌の連載も今年になって150回を超えましたのでこちらも軽く12年以上になります。

 そんな俺がなんで消息不明なんだよ(笑)

 進藤さんは郵趣誌も読んでおられなければインターネットもなさっておられないのでは?。失礼ながら今どきそれではお話になりません。現に私の情報は完全に間違いです。30代後半に鹿児島に移住してJPS鹿児島支部を再建はしましたが支部長は一度もやっておりません。実際に調べた話ではなくただの想像で書かれているだけです。
 発行者の坂間則仁さんという方も郵趣誌を読んでおられないのかと思ったら、ご自身がかつて差し出された実逓はがきが郵趣誌3月号に掲載されて驚いた、と編集後記に書かれているではありませんか。ちゃんと読んでんじゃん、だったらなんで進藤さんの間違いに気づかない?(笑)。

2018032602

 このあたりが日本切手しか収集対象にしていない古いタイプの日本切手収集家の欠陥でしょうね。日本以外に全く興味がないんですよ。だから私の連載記事なんてまったく読んでいないし私の存在すら気付いておられない。
 日本切手も国際入札の時代になり、フランスのカルトール社やオランダのエンスケデ社が日本切手を製造するようになったのに、これまで外国切手なんか見向きもしていなかったので国際化に適応できるだけの基礎知識が皆無。エンスケデ社に至っては王立証券印刷所として実に400年以上の歴史を誇る超絶老舗の国際企業なのに、明治以後たかだか150年ほどの国立印刷局の方が世界的に進んでると根拠もなく思い込んでいます。それは率直に言って恥ずかしいことですよ。

 しかし、私は今回の件で怒ってはいません。かつてのトップコレクターの皆さんも老いたのだと現実を痛感しているのみです。いろいろなことが億劫になり、きちんと調べられなくなったのでしょう。両氏にお近くの方がいらっしゃいましたら、スギヤマは郷里の山口県で健在であるとよろしくお伝えください。

(追記)
 かつて若い郵趣家が「スギヤマさん、昔P.O.BOXという郵趣誌があったのを知ってますか?」とこの私に聞いて来たことを思い出します。情報に乏しい環境だと年齢にかかわらずそんな恥をかくのでしょう。あのなあ、P.O.BOXを作ってたのは俺だよ(笑)

(特別サービス)
 P.O.BOX創刊号表紙原画です。ガキ臭くてすっげ恥ずいんだけどな(笑)

2018032603


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2017

QRコードリーダーで読んでください

 お気楽で楽しい話題です。図版をクリックすると大きな画像が開きます。お手元のスマホやタブレットのQRコードリーダーを起動して読んでください。そこに示されたURLにアクセスすると切手図案になっている楽器の演奏を聞くことができます。
 切手の題名は「ブータンの楽器」です。連刷シートと小型シートのセットで、9月1日付で発行されたものです。ブータン最初のQRコード入り切手です。かつてレコード切手の発行で名を馳せたブータンもついにIT技術の活用に転換でしょうか?!。

2017122401

2017122402


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2017

同一名称の小型印?

2017112702

 来信郵便物を整理していた際、データベース構築ソフトが類似データがありますよと知らせてくれました。先週末に行われた「切手の博物館 Otegamiフリマ 2017 WINER コレクション」の小型印名称は、最後の”コレクション”以外は2月にも開催された同イベントとまったく同じ名称なんですね。図案と日付が異なるだけで同じ年に同じ局で使用というのは珍しいのかもしれません。かえすがえすもデジタルデータの有用性を物語っていますね。手書きの紙資料だけだったら気付かなかったと思います。

 もちろん切手の博物館での催事ですから、図案申請者サイドが事前に承知していて、名称が完全にだぶらないよう”コレクション”の一言を付け加えたものと思います。
 日本郵便の小型印担当部署の方々、この4月の定期異動でキャリアの浅い新人さんばかりになり、いろいろ大変だったと聞いています。例の森鴎外小型印から局名が抜けていた本郷局の事例も、そんな経験不足から見抜けなかったということも。今回は申請者の方でしっかり調整した上でのデザインでしょうから幸いでしたね。

 もちろんエラー印だと騒ぎ立てるようなことはしませんよ。当局にチクって使用中止させるなんて、んな野暮なことなどもってのほかです!(もう終わっちゃったし)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2017

押印万歳・タトウ天国

 寄贈品を仕分けしている最中に面白いのがいくつか出てきたのでご紹介します。

[大文字五山送り火]
 左京 12.8.16。美しい挿絵推しが印象的な押印台紙です。しかしてその裏表紙には・・・”このたび、平成十二年十二月一日より、利用停止とさせていただくこととなりました。永年のご愛顧ありがとうございました。”(図版の赤矢印部分に注目)。それで大謝恩祭「ありがとうパック」なんですね。
 郵政民営化前のかんぽの宿・保養センターのお取り潰しは平成16~19年頃ですから時期が違いますね。小泉政権も平成13~14年ですから構造改革の時期とも異なります。いわゆる経営不振による廃業だったのでしょうか。

2017110401

[さようなら東島郵便局]
 東島 8.10.25。開局記念は数あれど閉局記念は初めて見ました。最終取扱日記念タトウと表紙に明記されているのが悲しいです。局長さんのごあいさつ文もグッときますな。
 ところが同じ場所に東島簡易郵便局が今も現存しているではありませんか。えーっとぉ、まさか”閉店売り尽くしセール”的なアレですかね???(笑)

2017110402

[話せばわかる 犬養毅集]
 吉備 3.5.15。5.15事件60年を翌年に控えた平成3年の色紙郵趣品です。500,10,5円切手は5.15をイメージしてのチョイスでしょうが、なんで5円切手に風景印を押さなかったのでしょう。当時のはがき料金41円をクリアしていますから同じ風景印であれば必要最低回数押せたはずです。
 押印もれは未完成品と見做されるため欠陥郵趣品扱いです。そのマイナスは製作サイドの郵便局が考えている以上に大きいことを認識していただきたいものです。
 また、世界共通規格であるアルバムリーフに収まらない大判物も嫌われます。自分もこれは手元には残しません。未完成の欠陥品にしてオーバーサイズでは要りません。・・・話せばわかる、ことではありません。

2017110403

[風景入日付印更改使用開始記念]
 上美生 3.4.25。日付に合わせての3,40,25円切手のチョイスだということはわかります。が、ここでも3円切手が押印もれなので欠陥郵趣品扱いやむなしです。同じ風景印なら押印できたものを、左下のイラストが邪魔で押印スペースがありません。
 こういうのを見ると、肝心の郵便局サイドが押印規程に疎すぎると悲しい気分になってしまいます。今はなきワープロを使っての軽印刷の手作り押印台紙のプリミティブな魅力があるだけに惜しいです。

2017110404

[ミレニアムたとう]
 白丸 12.10.20。2000年10月10日、20日、30日の日付がなんでミレニアムになるのかと意味がわかるまで30秒かかりました。局名が白丸なので数字のゼロが並ぶって意味なんですね。でもそれって欧文印でないと企画破綻ではないでしょうか?。やはり・・・企画自体に無理がありません?。

2017110405

[11(いい)年、11(いい)日]
 大阪中央 11.2.11。これもすぐには意味がわかりませんでした。回文になる日付をメモリアルする意味なのでしょうか。それなら11.1.11から始まって11.2.11、11.3.11・・・11.9.11、11.11.11まで展開することになります。こうして単品になると意味がわかりにくくなるのはちょっと無理っしょ。

2017110406

[幸・幸たとう]
 富山市役所内 13.1.3〜13.3.31までの6日。無理やりと言う意味では最高峰だと思います。”平成13年の1と3の数字が並ぶ日を集めて数字の「3・1」、漢字の「幸」にかけて幸・幸(さいさい)たとうと致しました。”と説明がありますが、ちょっと何言ってるかわかんないんですけど?(笑)。伝わりませんって、無理無理。
 要は3と1のみの日付を集めましたってことですね。だったら最初からそう言えばいいのに。そのあんまりなこじつけは、郵趣品界のキラキラネーム、DQNネームレベルと言えましょう。・・・この企画よく通りましたね。

2017110407

 未着手がまだ段ボール5箱もあります。ちょっと目眩が・・・・(笑)

[20171105追記]
 平成7年7月7日の7.7.7ゾロ目の時、郵便局が製作したタトウ類自体に、いわゆる「一連・一群」の決まりを守っていないものが相当数出現しました。当局自身が理解できないような難解なものだったことが露呈してしまったわけで、やむをえず現状追認する形で一連・一群の規程は廃止されました。
 なので、未消印の2点は、当時としては一連・一群の決まりを守った正しい押印例と言えます。ただし、押印できない郵便商品が郵趣品としてふさわしいのかどうかはまた別の問題です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2017

ポスト型はがきの表に余白が欲しい

2017060201 図をご覧になっただけで私の意図がお分かりの方も多いことでしょう。フォルムカードの一種であるポスト型はがきは、本格的郵趣家ほど人気がありません。それは絵柄面に切手を貼って消印を押すスペースがないからです。図は試しに画像加工・合成したものですが、絵柄面に余白があれば、片面にすべての要素が集約されるので整理する時はもちろんのこと、展示の際も非常に効果的です。現状では表裏をいちいちひっくり返さなければいけません。

 個々の局名が入っているので郵便局巡りを趣味とする郵趣家、郵便愛好家には最適のグッズです。にもかかわらず売れないのは、通信面への切手貼付&消印では、肝心の局名表示の絵柄面が死んでしまうからです。この点を作っている側は軽視しているようですが、これで華やかなフォルムカードと同じ185円ではとても買う気にはなれません。典型的なプロダクト・アウトです。

 白いシールを貼ったらどうかとか、さまざまな意見もあったのですが、郵趣品は長期保存をするものなので、セルフ糊が劣化して剥がれたり黄化・固化してはがき自体を汚損する危険性を無視できません。最初から絵柄面に風景印などが押印可能な余白を設けくださるのがベストな解決策です。それさえあれば、私も行く先々の郵便局で確実に購入・押印しますよ。
 切手貼付と風景印押印だけでなく、局名一行印を押す人もいることでしょうし、観光地ではこの余白に観光スタンプを押す人も出てきますよ。私なら局長さんの直筆サインをお願いすることもあるでしょう。ユーザーが一手間加える余裕があることで自分だけのオリジナル品が作れるのです。そこを熟慮していただきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2016

もんじゅの”悪”知恵

2016102501

 今は初日カバーが安いので切手商さんが1通100円などで投げ売りしているものを再点検するかのように見直しています。図のFDCもそうです。何かと問題を起こしている高速増殖炉「もんじゅ」が臨界に達した時の記念切手です。当時はまさかこんなにポンコツ扱いされるとはどなたも予想だにしていなかったことでしょう。
 で、なんでこれを買ったかというと、狙いは2次利用を目論んでのことです。切手とカシェの間にちょうどいい感じの空白がありますよね。もんじゅの廃炉が決まったらその記念押印をここにしようと思っているのです。初日と最終日の双方を揃えようという魂胆です。

 福井県にお住いの郵趣家の皆さん、今から初日カバーを買い集めて準備なさってはいかがでしょうか?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2016

島根は鳥取の左側です!

2016062305 島根県の益田、浜田に調査に行きました時、道の駅で吉田くんクッキーを購入しました。ご存知、鷹の爪団の戦闘主任吉田くんです。パッケージデザインが素晴らしかったので丁寧に展開し、52円切手を貼ってゆかりの郵便局に郵頼しました。コート紙で消印のインクが浸透しづらい懸念がありましたので・・・と言うか、もとよりこんな用途は想定されてないし・・・満月消にしてもらいました。
 これもいつも私が提唱しています”なんでも郵趣化計画”の一環です。どんな押印台紙でも、否、紙ではなくとも切手を貼り消印が押せさえすれば記念押印は可能です。

【島根は鳥取の左側です!】
 鳥取県との県境にいちばん近い郵便局を探しました。県境にもなっている境水道に面していることから森山郵便局を選びました。
2016062301

【世界遺産があると言っても信じてもらえない。】
 いえいえ私は信じておりますよ。”石見銀山”の名前が入っている郵便局はここしかありません。ということで石見銀山大森郵便局が選ばれたのは必然というものです。
2016062302

【日本で47番目に有名な県。】
 県庁所在地名が松江というのもアレではないでしょうか。ほれ、そこの君、松江と松山の区別にコンマ5秒ぐらい迷ったことがあるでしょ!。正直に言いなさい。島根県が松江で四国にある方が松山ですよ。ということで(何が?)松江中央郵便局を選びました。しかし、中央郵便局なのにまさか今も金属印を使用継続中とは感動しました。力は要りますけれど何せ印影がシャープで常に鮮明印が得られます。金属印、大好きです。
2016062303

【島根の吉田です。】
 本当に島根県に吉田郵便局がありましたのであっさり選局しました。たぶん・・・”また郵頼来ちゃったよ。みなさんおふざけが好きだねえ”と局員さんは笑ってらっしゃるのではないでしょうか。
2016062304

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2016

ジンクス

2016052803

 私が住んでいた場所は、私がそこを離れると発展するというあまり気分の良くないジンクスがあります。東京都調布市の仙川は駅前が再開発されてすっかりお洒落な街になりました。東京都町田市の鶴川もそうです。東京都狛江市の狛江駅周辺もそうであるばかりか、一時的に駐在していた千葉県富里村もいつの間にか市に昇格していました。これじゃまるで私が地域発展を阻害してる原因みたいではありませんか。

 鹿児島県に移住した時、さすがにそんなことはもう起きないだろうと思いました。
 ところが鹿児島を離れた途端に高速道路が開通し新幹線までできました。
 過去最大級の発展です。

 こきゅこきゅたむたむさん直筆の桜島はがきを見て、さらに発展していくであろうかごっまの未来を強く感じたことでした。ちぇすといけー!。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | IT技術の活用 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | ゆうペーン・切手帳 | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私製加刷 | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県