変り種切手

January 17, 2017

2017年用年賀小型シートはAPS方式の穴開け加工

2017011701

 年賀小型シートをさっそく初日に交換してきました。収友の皆さんにはA0001組の年賀はがきを小郡郵便局で年賀機械印を押してお送りしましたが、念のため確認用に自分宛にも送った1枚が当たってしまいました。なんとも申し訳ない限りです。
 せっかくなのでA0001組出現局である山口陶簡易郵便局で交換し、はがき表面にちょん付け貼りして初日印を押してきました。(左)
 また、堀本稔さんからは抽選会が行われたKITTE名古屋、そのスケジュールに合わせて、名古屋中央局1月15日の午後印で引受消印してくださいました。いつもありがとうございます。(右)

 本券は装飾用穴開け加工が施された日本最初の切手でもあります。諸外国では前例が多くさほど珍しいものではありません。中には料額印面に穴開けをしているものもありますけれど、さすがに日本ではシート地のみの上品な使用例です。
 実物がありましたらルーペ片手に裏面を観察してください。穴開け開口部の正面向かって左方向に削り痕の盛り上がりが残っています。変り種切手コレクターさんならピンときたことと思います。これはAPS目打(Automatic Perforation System)の特徴です。従来の金属金型による穿孔ではなく、削り取り方式による穴開け加工です。
 表面に凸型の突起物を押し当てて高速回転するカッターシリンダーとの間を通すことによって、裏側から凸部形状通りに穴を開けることができます。植村峻先生はこれを「髭剃り」と説明されていらっしゃいますが言い得て妙とはこのこと。大掛かりな凹凸両方の金属金型が不要で、自由な形の目打穿孔が可能であることからすでに多くの国で採用されています。
 つまり、本券は花弁の形の装飾穴と目打をAPS方式で同時に穴開け加工をしています。製造銘はオランダのジョン・エンスケデ社ですから納得ですね。

2017011702 日本でも1999年のふみの日切手で初めて円形切手が採用された際にAPS目打が使われました。当時は日本に円形目打を施す設備がなかったため、今はなきイギリスのケスタ社(2000年にデ・ラ・ルー社に吸収され消滅)に発注されました。
 結果として1999年のふみの日切手シートは、日本最初の円形切手にしてつAPS目打切手なおかつ外国製切手でもあるという画期的な存在となりました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 28, 2016

ついに日本でも「翌日切手」を発行

2016072801 昨日7月27日付で日本郵便さんのプレスリリースがありました。リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック競技大会期間中、日本選手が金メダルを獲得した場合、翌日の正午にメダリストのフレーム切手が東京中央郵便局で各1,000シート販売されます。売り切れた場合でもオンライン通販サイト「切手SHOP」で受注販売されます。詳細は、金メダルを獲得した翌日に発表されます。
 日本切手初のことなのでたいへん驚かれる向きもあろうかと思いますが、実はこれと全く同じ切手は16年も前、2000年のシドニー・オリンピックの時にオーストラリア郵政が実現済です。左はその時に発行されたうちの1枚で、女子400mで金メダルを獲得したキャシー・フリーマンです。たまたまミクスチャーの中から掘り出しました。その世界最初の翌日切手について、当時の郵趣誌(2000年11月号)の記事を引用しましょう。

【シドニー・オリンピック2000】
 世界に先駆けて、切手の”翌日”発行を成功させたオーストラリア。同国の誇る最新のデジタル技術とデータ送信システムが、高速印刷を可能にしたといえる。郵政ではオーストラリア・オリンピック員会(AOC)の支持を得て、この企画を数カ月にわたって準備したようだ。以下に”即席”切手が発行されるまでをまとめてみた。
 シドニー五輪で同国の選手が金メダルを獲得した場合、まず表彰式での受賞の瞬間を、高解像度のデジタルカメラで撮影。公式のオリンピック写真団体「オールスポーツ」所属のプロ・カメラマンにより、郵政切手デザイン専任官の立会いで行われ、何十枚ものショットが撮られる。
 それらの画像データを元に、最も相応しいショットが選ばれると、切手シートの形に加工される。候補図案のデータはすぐにAOCに送信され、認可を受ける。ここまでの過程で2時間弱。
 AOCが承認した切手図案は直ちにシドニーの郵政デザイン・スタジオに送信され、最終的な修正が行われる。
 完成した図案は高速データ通信で、同国6州の州都にある専門の切手印刷センター(在シドニー、パース、アデレード、キャンベラ、ブリスベーン、メルボルン)に送信。翌日の昼には、全国の主要67局の窓口で、全く同じ切手が一斉に発売されるという仕組みだ。なお同国では、1996年から存命中の人物の切手発行が許可されている。
 世界初の「Pスタンプ」や一般市民が登場する切手など、革新的な試みを行ってきた、オーストラリアならではの切手発行といえるだろう。(引用はここまで)

 翌日切手の基本的な仕組みは、最初の2000年の時点でほぼ完成していることがおわかりでしょうか。当時と比べてIT技術ははるかに進歩している上に、日本では原則的に東京中央郵便局1局だけの発売ですから、意外に余裕がありそうに思えます。

【北京オリンピック2008】
 また、オーストラリアでは翌日切手とは別に、正式な平版印刷の切手も後日発行しています。その実例を2008年の北京オリンピックの例で比較しました。
 翌日切手の方はデジタル版、後日発行分が平版と呼ばれ、プリンター性能の違いで前者のドットが粗く見えますので容易に区別ができます。これは2000年のシドニー・オリンピックの時から行われていまして、私の持っているものはことごとく平版です。デジタル版は皆さん使わずに大事に残しておられるのでしょう。
 日本の場合も同様の違いがあるのかどうか、についての説明はありません。もし、違いがあるとしたら、全国の郵趣家の皆さんの目がまたしても大きく吊り上がることになりそうです(笑)。

2016072802

2016072803【ロンドン・オリンピック2012】
 2012年のロンドン・オリンピックの際、イギリス・ロイヤルメールも全く同じ金メダリストの翌日切手を発行しました。その時、これだけのための切手発行案内書を作成し、それを全世界の収集家に向けて発送しました。左はその表紙です。表紙をめくると下のような解説ページがあります。ここでも「最新のデジタル技術、データ送信、高速印刷」あってこその翌日切手というスタイルが踏襲されています。
 下図をクリックするとより大きな鮮明画像がポップアップウィンドウで表示されます。簡単な英語ですからぜひお読みください。

2016072804

2016072805【翌日切手の問題点】
 オリンピックメダリストの場合、ドーピング違反によるメダル剥奪の危険性が容易に想像つくと思います。実際に問題が発生して販売中止・回収騒ぎになったのが左図です。2004年のアテネ・オリンピックの際にギリシャが発行したものです。
 重量挙げ男子62キロ級のレオニダス・サバニスです。ドーピング検査で陽性反応が出たため、メダル獲得の翌日10月17日の発売日から、メダルが剥奪される22日までのほんの数日間のみ販売されました。郵便局に残っていた切手は回収されました。
 日本選手は倫理と遵法意識が高いので、このような問題は起きないだろうと信じます。むしろ、繰り上がりで金メダル獲得になった場合、当の選手もかなり白けそうだなあと、そちらの方を懸念しています。

【基本技術はPスタンプで培われた】
 勘の良い方は既にお気付きかと思います。翌日切手を可能にした基礎技術はPスタンプです。シドニー・オリンピックの前年1999年3月にメルボルンで行われた国際切手展オーストラリア’99会場で、帆船ポリー・ウッドサイド号45c切手のタブに個人の肖像を印刷した「個人切手」こと正式名称”Personalized Stamps”が世に出ました。
 本来は図のようにタブ部にはコアラの記念ロゴが印刷されているのですが、会場だけでこの部分に個人の肖像が印刷されました。この技術開発に数社の民間企業が参加しており、写真処理はMac、印刷機はフジゼロックスのDocucolor4040カラーレーザープリンターであることも判明しています。何のことはない、日系企業が一番最初から噛んでいたのです。
 にもかかわらず日本で翌日切手が実現するのが最初から数えて16年もかかってしまいました。せっかくの技術がありながらこれほどの周回遅れは忸怩たるものがあります。技術立国ニッポンの名折れです。
 日本郵便さんも民間からの提案をどんどん受け入れ、ぜひとも世界中があっと驚くテクノロジーの切手を”世界最初に”世に送り出して頂きたいものです。

20160728006

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2016

郵趣誌8月号まもなく発行

2016072102

 ご報告が遅れてしまいましたが、郵趣誌8月号の担当連載記事が無事に校了しました。今月末には会員のみなさんのお手元に届くことと思います。著作権の関係で今回も一部の記事のみチラ見せです。

 8月号最大のみどころは、国連加盟各国の一番切手を集めた連刷シートの巨大セットです。けっこうなお値段がしますけれど、一番切手の鮮明画像を揃えるだけでもたいへんな労力を要したことでしょう。印刷精度も悪くありません。むしろ、このような企画こそ、切手代理発行エージェントでなければ実現できなかったと言えるでしょう。個人ではなく郵趣団体・グループで切手展用に購入されてはいかがでしょうか。マスコミ向けの切手展宣材(報道資料)にも使えますよ。

2016072101

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2016

楽しい外国切手収集

 郵趣誌3月号がお手元に届き始めている頃合いだと思います。一足先に4月号掲載予定の面白切手2種を先行予告いたします。

【フランス】
 王立工場化350年を記念して「オービュッソンの国際タペストリーセンター」が発行されました。中央のタブを挟んで左右に2種の切手が並ぶ横連刷です。同地がタペストリーの産地として有名であることからフロックコート紙で発行されたようです。タブも含め全部ふわふわです。

【台湾】
 扇面書画小型シート2種のうち80元は扇面部分に、まさかの実物の竹の薄板が貼り付けられています。この扇型の竹板に書が印刷されています。

2016022701

 日本は外国切手収集をするにはかなり恵まれた環境にあります。なんだかんだいっても円は強いので輸入に関してなんの障害もありません。ネット購入・決済の環境も整備されていますから注文して一週間以内には手元に届きます。国内の通販とほとんど差がありません。
 さらに郵趣誌が全世界の新切手をフルカラーで掲載・販売しているのが最大の強みです。他の国ではありません。爆買い切手シートを8,000円も出して買うよりはよっぽど楽しい・・・と私は確信しています。

 近日中に発表されることと思いますが、新年度からweb会員制度も導入されます。全世界の新切手情報を手頃な年会費で得ることができるようになります。公益財団法人日本郵趣協会に未入会の方、ぜひ新入会をご検討ください。私宛にメールをいただければ、入会案内書が出来次第お手元に届くように段取りします。よろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

January 18, 2016

Concession stamps(コンセッション・スタンプ)

2016011801

 オーストラリアからコンセッション・スタンプなる新種の割引切手のインフォメーションがありましたのでご紹介します。同国の郵便制度は250g以下の国内便は$1.00、国際郵便は$1.85です。それが国内便に限り60セントに割引になるというものです。

 健康保険証などの身分証明書で郵便局のマイポスト・コンセッション・アカウント(MyPost Concession Account)を登録します。その時点で60セントに割り引かれたコンセッション・スタンプ5枚が収められた切手帳を無料でもらえます。さらに年間で最高50枚のコンセッション・スタンプを買うことができます。その際も5枚を納めた切手帳形式で売価は割引価格のままの$3.00です。

2016011802

▶︎詳しくは下記URLにアクセスしてください。
 http://auspost.com.au/parcels-mail/concession-stamps.html?ecid=LK20160114008

|

February 07, 2015

キューバの4プラス1

2015020701 革命直後の1960年から1970年代にかけて、キューバでは不思議な形態のクリスマス切手が発行されていることをご存知でしょうか。田型に単片がくっついた4プラス1のブロックです。田型はまあいいんです、問題はコバンザメのようにくっついている1枚の単片切手でして、どうしてこんなつながり方になるのか?、シート構成はどうなっているの?、です。特に1960年のそれはセットで2万円ほどもするレアアイテムです。
 それを解明するにはフルシートを見るしかありません。先日、おなじみアオヤマスタンプさんで下図をお世話いただきました。なるほど、フルシートを見れば謎が解けました。シート中央に十字形のタブ部がありますね。これが変則ブロックの原因です。
 安い場合もあるので大型ブロックやフルシートを見かけた時はぜひ入手されてください。キューバ以外の国と地域で同様例を見たことがありません。

2015020702

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2014

新幹線鉄道開業50年記念・変な新幹線切手ネット博覧会

 東海道新幹線が開業したのは1964年(昭和39年)。以後、SHINKANSENの名は世界中に知れ渡り、多くの外国切手にも描かれることとなりました。しかし、今のようにインターネットを使って簡単に資料を手に入れられる時代ではありません。どこでどう間違えたのか、なんとも不思議な新幹線切手もたくさん世に出ています。私の「変な新幹線切手コレクション」のごくごく一部をご披露いたします。

※より大きな図版を使ったfacebookのアルバムページも作りました。こちらを参照ください。

【モンゴル・1979】
 変な新幹線切手と言えばこの1枚、と言うくらいに有名な切手です。どなたでも一目で異変にお気付きかと思います。本来なら青色であるはずの窓枠帯とスカート部がなぜか赤色です。さらに印面中の年号「1963」もミスで正しくは「1964」。想像を超えたミスです。
 原画作者はRadnabazar、ハンガリーによる平版印刷、50面シート構成で発行枚数は70万9,300枚。
2014100301

【モンゴル・1993】
 1979年発行の「赤い新幹線」切手に改値加刷15Tを加えて1993年に発行されました。せっかくなので実逓カバーを探してコレクションに加えました。
2014100302

【チャド・1972】
 東海道新幹線(0系)と思われますが連結器カバー部がまるまる描かれていないなど、考証がデタラメ過ぎです。印面中の「OSAKA EXPRESS」なる呼称も間違いですし(そんな名前はありません)。でも、オトボケで憎めないかわいい顔をしていますね。
2014100303

【ブータン・1996】
 200系東海道新幹線電車。先頭車両の連結器カバー部をライトと思い違いしたらしき「赤鼻新幹線」はけっこう多いです。切手部にこれだけ大きく堂々と描いたのはお見事すぎます!。
2014100304

【シャルジャー・1971】
 シート地に赤鼻新幹線を描く小型シートです。切手部分はSL弁慶号。通常の目打ありシートの他に無目打シートも存在します。いわゆるアラブ土侯国のあやしい切手ですけれど、今世紀に入ってからじょじょに値上り傾向にあり、昔のように二束三文で買える切手ではなくなりました。要注意です。
2014100305

【ギニア・2001】
 国際切手展ベルジカ2001記念の6種連刷シートです。アフリカ大陸を横断するという豪快なデザインに免じて赤鼻新幹線であることは見逃してやってください(笑)。なお、同一図案を流用したらしき単片切手4種セットが別途存在します。
2014100306

【カンボジア・1975】
 万国郵便連合100年記念で発行された金箔切手に赤鼻新幹線が登場しています。最初にご紹介したモンゴル切手が1979年の発行なので、それよりさらに5年も前から塗装色の混乱・誤解があったことの物証です。
 なお、この当時は悪名高きポル・ポトのクメール・ルージュの時代なので、カンボジアではない別の国の切手代理発行エージェントによる発行です。しかも、これけっこう高いです。5,000~8,000円くらいします。
2014100307

【ドミニカ・1992】
 オモチャの新幹線だと思われます。赤鼻にとどまらず好き勝手に青塗装されてます。まあオモチャですから仕方ありませんけれど、それを平然と切手図案にするあたりはちょっと・・・・。
2014100308

【ルワンダ・1984】
 とうとう全身真っ赤になっちゃいました(笑)。抽象デザインゆえの配色です。
2014100309

【リベリア・2003】
 東北・上越新幹線の200系列車の背景になぜか富士山。シート地の「TOKYO EXPRESS」という名称も聞いたことがない謎。そもそも立ち木が残る平地に単線の線路というのはありえないし。
2014100310

【ニジェール・1998】
 切手本体よりもシート地の景観写真に注目されたい。日本語が読めなかったために意味もわからないまま撮影した写真を使用したものと思われます。アコム、レイク、ディック、アイク、武富士などかつてのサラ金会社、カツラ会社のアートネイチャーなども見受けられます。思わずじっくり観察してしまいますね。
 なお、切手部は東武鉄道100系、新幹線300系、小田急ロマンスカー3100系、JR東日本DE10形式ディーゼル機関車です。
2014100311

【コンゴ・2005】
 2005年の愛知万博記念に発行された3種一組の小型シートセットから代表的な1種を抜粋しました。切手部分はE4系新幹線です。
 トピカルコレクター向けに鉄道、蘭、蝶などさまざまな要素を詰め込んだごった煮の見事なパチもん切手です。愛知万博なのにシート地は明らかに東京の山手線(笑)。特にローマ法王ヨハネ・パウロ2世は、本券の発行日とされる4月5日の直前、4月2日に亡くなっておられますので、本来は発行中止にすべきものではないかとも思われるのですが・・・。
 なお、気合いの入った鉄ちゃんならこの山手線撮影ポイントが瞬時にわかるらしいです。恐ろしい子!。
2014100312

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2014

2014年のヨーロッパ切手のテーマは「楽器」

 アイスランド郵政の郵趣広報誌が届きました。その中からヨーロッパ切手の話題をご紹介しましょう。今年のテーマは「楽器」(Musical Instruments)。同国の伝統楽器「石のハープ」(Stoneharp)とアーティストのUlfur Hansson氏が最新技術を駆使して発明した「電磁気ハープ」(Electromabhetic harp)の2種です。いずれも楽器の一部が切手から飛び出している一種の変形切手です。
 興味深いのは印刷方式がOffset Litho(CMYK)(front and back)とある点です。オフセット(リソグラフ)の両面印刷ということなので、切手の裏面に楽器の説明文でも入っているのではないかと推測されます。現物で確認しましょう。
 石のハープはヨーロッパ域内50gまで(=175ISK)で30万枚、電磁気ハープはヨーロッパ域外50gまで(=230ISK)で10万枚の額面・発行枚数です。オランダのエンスケデ社製です。

20140301001

|

December 08, 2013

郵趣1月号の担当記事予告

Mikimoto

 年末にはお手元に届く予定の「郵趣」誌2014年1月号のお知らせです。私の担当連載記事「ワールド・スタンプ・ナウ」も10年目に突入し通算103回目になります。この新年号からオールカラーになり、外国切手の魅力がよりわかりやすいものとなります。お楽しみに。

 年に1回くらい大当たりの月があります。紹介したい切手が多すぎて困るレベルの回で、1月号がまさにそうです。悩みに悩んで何とか10点をご紹介することができました。その中からトピックをひとつお知らせします。
 親日国パラオが「真珠」と題する連刷シートと小型シートのセットを発行しました(上図は小型シート)。パラオにおける真珠養殖は日本のミキモトさんが戦前から技術を導入・育成したもので、現在では同国を代表する産業になっています。シート地には英文で説明が記され、もちろんMikimoto Kokichiの名もあります。それだけでなくパールをイメージして、シート全面がキラキラ光る特殊なコーティングが施されています。一種の偏光視覚切手で、当たった光が乱反射するため、スキャンしても綺麗な画像が得にくいです。ぜひ誌面で、そして可能であれば実物で確認してください。美しいですよ。

◆公益財団法人日本郵趣協会の入会案内はこちらです
 http://yushu.or.jp/info/member/member03.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2013

もうひとつの新マリアンヌ小型シート

Marianne01

 郵趣12月号がお手元に届いている頃あいだと思います。P.53にフランスの新しいマリアンヌ図案の普通切手が一挙掲載されています。担当連載記事でも触れましたように、フランスでは大統領が変わるたびに普通切手のデザインが一新されます。ただし、題材はマリアンヌ像と決まっています。オランド新大統領はOlivier CiappaとDavid Kawenaという2人のデザイナーコンビの図案を採用しました。
 図版には2種類の小型シートが掲載されています(図版番号97)。ですが、それ以外にもう1種、二つ折のホルダーに納められた横長の小型シートが発行されています(上図)。その切手と消印部分の拡大図を下に掲げます。どうでしょうか、今という時代の息吹を感じさせるグッドデザインだとは思われませんか?。

Marianne02

 私はまた別の視点からも注目しています。世の中には郵便用日付印つまり消印を描いた切手という変り種が想像以上に多く存在します。未使用なのか使用済なのか、ぱっと見ではたいへん紛らわしい場合があります。この小型シートはシート地に消印(記念印)を描いているだけでなく切手まで再現しています。ただし、再現切手図案の方は偽造防止目的でしょうか、首から下の描線をモザイク処理しています。このあたりの細かい差異を観察するのも楽しいことです。
 せっかくなら未使用ではなく、初日記念印押しの方が視覚的に比較できるのでより良いだろうと判断しました。かくて切手も消印も本物と再現図案の両方が同居した小型シートと相成りました。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AR拡張現実 | Pスタンプ・フレーム切手等 | お気楽話 | お知らせ | お笑い郵趣 | くっだらねー話 | なんでも郵趣品化運動 | まいうー | エラー | エンボス・デボス | グッド・デザイン切手 | サッカーW杯 | シルク切手 | ジャポニカ | ゾロ目・連番 | デコーダー | デジタルコード | トピックス | ナンバーワン | ハマってます! | ビニール製切手 | ホログラム | マイクロ印刷 | マンガ切手 | レアな国々 | レフティ(左利き、サウスポー) | 三角切手 | 事故郵便 | 他人の空似切手 | 似てない肖像切手 | 偏光視覚切手 | 偽造・模造 | 六角形切手 | 共通切手・同居型シート | 円形切手 | 円盤切手 | 初日カバー・記念カバー | 同姓同名 | 図案ミス | 墨汁一滴(日常之徒然) | 変り種切手 | 変則目打 | 変形シート | 変形郵便 | 外国製日本切手 | 多数・多種貼り | 実在しない虹切手 | 山口県 | 暮らしと郵便 | 未発行・販売中止 | 権利・差別 | 永久保証 | 永久図案 | 災害郵趣 | 無額面 | 特殊印刷 | 特殊詐欺対策 | 現代史 | 環境郵趣 | 異物混入・添付 | 盛り上げ印刷 | 監獄郵趣 | 直筆サイン入り | 示温インク | 私設郵便 | 穴開き切手 | 立体・3D切手 | 箔押し切手 | 表面コーティング(ニス塗り) | 証示印 | 誕生日 | 誤送 | 輸送手段 | 連続・分割図案 | 郵便を出そう | 郵便印 | 郵政民営化 | 郵趣におけるコンピュータ活用 | 郵趣イベント | 郵趣文献 | 金箔切手 | 香り付き | 鹿児島県