« August 2023 | Main | October 2023 »

September 2023

September 29, 2023

休業・廃業

2023101403

 今日届いた「郵趣」10月号P.47に切手商2社さんの業務縮小・休業の告知広告が掲載されていました。残念なことです。社主さまのご快癒をお祈りいたします。
 2021年のハウイド社 (独) の自主廃業にショックを受け、郵趣業界関係の休業・廃業もわかり次第自作の郵趣データベースに採録しています。と同時に切手商さん発受の実逓便も意識して残すようにしています。始めてから日が浅いので図の程度しか把握できていません。対象は日本に限定せず、全世界の有力ディーラーさんも含めます。より多くのことをご存知の方がいらっしゃいましたらぜひご教示ください。

(20231014追記)
 人見育夫さんをはじめ数名の方から新情報追加と記述修正のご指摘をいただきました。どうもありがとうございました。さっそくそれらを反映した表に差し替えました。

 

 

 

| | Comments (0)

September 28, 2023

断絶苗字

 公益財団法人日本郵趣協会登録調布支部の会報「調布郵趣」493号が配信されました(20231001付)。当該号に掲載した記事を許可を得て転載します。

2023092801

 希少姓の方が発受した実逓郵便物にも関心を持って集めています。日本には20〜30万もの苗字があるそうですが、ありがたいことに今はデータベース化も進み、たいていの苗字はネット検索できます。かく言う私「椙山」姓も山口、愛知、千葉の3県で2,400人しかいません。なので自分を基準にして、それより少ない希少姓さんに注目しています。
 ところが、ネット検索では当たりも擦りもしない珍名さんに初めて遭遇しました。我がふるさとの山口県萩市に存在した「音好熊介」商店さん差出の年賀状です。業務用の麻撚り紐を扱う麻苧(あさお)商とあり、萩局の大正3年1月1日の年賀櫛型印です。
 さらに突っ込んでリサーチしてみましたら同じ読みとおぼしき「音吉」さんがやはり萩市に現在10人ほどいらっしゃるようです。どちらが先かはわかりかねますが、同音の変字ではないかと推察します。ただし、音好姓の方は現在では断絶してしまったようです。
 実逓郵便物上で断絶苗字をメモリアルしていくのも意味があるように思います。
(初出:JPS調布支部会報「調布郵趣」493号/20231001発行)

 

 

 

| | Comments (0)

September 27, 2023

蒐友特集号/スタンプショウ広島2023

 2023年9月25日付で表題の特集号(開催報告書)が配信されました。ここでは全15ページの中から、ポストクロッシングのミートアップなど8ページ分のスクショを抜粋して貼っておきます。完全版のPDFデータはDropboxに置いてありますので、下記にアクセスいただき、各々でダウンロードをお願いいたします。

[2023蒐郵会報 スタンプショウ=ヒロシマ特集]

2023092601 2023092602 2023092603 2023092604 2023092605 2023092606 2023092607 2023092608

 

 

 

| | Comments (0)

September 25, 2023

変形風景印の定義について

 facebookで話題になりましたのでブログにも同じ記事を載せます。35年も昔の規程なので忘れられがちなのも無理もないです。
 変形風景印に関する郵便法規程が定められたのは19880520 (昭63)。消印の中心点から最も遠い地点が18ミリと限定、最も近い地点は12ミリ以上と定められました。資料出典はJPS防府支部報「ほうふ」No.18 (19880801/S63) です。2023092501

 呼子局のように印顆の丸い枠からちょこっと飛び出している程度の場合は中心点がはっきりしています。その場合は図のように規程通りのサイズ設定になります。最大外形寸法は直径36ミリで、これ以上も以下もありません。
 一方、印顆の丸い枠の直径は中心点から12ミリ以上でありさえすれば何ミリでも良く、つまり、なりゆき寸法です。それ自身の数値に意味はないので、この部分の寸法を計測比較することで印顆配備時期の違いを知る手掛かりにはなりますが、基準はあくまでも最大外形寸法であることをお忘れなく。

2023092502

 ややこしいのは度を過ぎたイレギュラーな変形の場合です。ぱっと見で中心点がどこにあるのかわからない図案の時が悩ましいです。
 図のように直径36ミリの円に内接するように図案を置き、円の中心点から最も短い地点までの距離が12ミリを下回らないようにしているようです。

2023092503

 自分はグラフィックソフトを使えるのでこうしたパソコン上での確認は簡単ですが、ふつうの事務職の方が直定規一本でああだこうだと測って確認していたらたいへんです。人によって測定基準となる中心点が異なることは容易に想像できます。印顆更改のたびにちょこちょこサイズが違ってしまうのもさもありなん、です。

 

 

 

| | Comments (0)

September 22, 2023

重要:10月1日以降のインボイス制度への対応について

<問題点の指摘 (要約)>
 切手商さんが郵趣協会○○支部のスタンプショウに出店した場合。これまで領収書は支部名義で発行されていたが、10月以降、支部もインボイスの領収書が切れるのだろうか?。支部がインボイス番号を取得しないと消費税は出店業者の負担になってしまい、今後イベントへの参加が難しくなる懸念がある。

<JPS本部事務局からの正式回答>
 ブース出店される業者様の中に消費税課税事業者かつインボイス発行事業者がいらっしゃることも想定されます。該当される事業者様は、10月1日以降明らかになってきます。ご認識の通り、登録支部は消費税課税事業者に該当しませんので、インボイスを発行できません。
 インボイス制度施行後 (10/1以降)、もし、支部活動において当該事案に係るお困りのことなどでてきましたときは、まず、管轄の地方本部長に連絡してください。本部と地方本部が連携して問題点の解決に取り組んでいきたいと思います。
 本件は、JAPEX2023の会期中に本部事務局長から各地方本部長へご相談、ご説明する予定です。
(注:意味を変更しない範囲で一部の言葉遣いを修正しました/椙山)

 

 

 

| | Comments (0)

2021 The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring 20th Anniversary Set of Maximum Cards

2023092201

・・・2021年発行 ロード・オブ・ザ・リング:/フェローシップ・オブ・ザ・リング20周年記念マキシマムカードセット。ニュージーランド郵政から20%割引セールのお知らせが届きました。初日カバー、マキシマムカード、プレゼンテーションパック等々、郵政自身が手広く郵便商品を企画販売している強みですね。興味のある方はネットショップへどうぞ。

 

 

 

| | Comments (0)

September 19, 2023

ジブラルラルの蝶/Butterflies of Gibraltar

2023091901

 かくも美しい切手が9月22日に発行されます。オンラインショップでは既に予約注文が開始されていますので興味のある方は文末のURLへアクセスなさってください。

(ジブラルタル郵政のインフォメーション)
 Gibraltar boasts an impressive diversity of butterfly species, with a total of 609 species identified to date. To showcase the natural beauty of Gibraltar and its butterfly population, we have collaborated with renowned UK-based Wildlife Artist, Mr. Jonathan Pointer. His artistic talent and attention to detail are evident in the stunning illustrations depicting the Red Admiral, Brimstone, Monach, Small Copper, Swallowtail and Long-Tailed Blue.
 Each stamp features a vibrant illustration of one of these butterflies, accurately capturing their unique characteristics. Additionally, the stamps include a captivating view of the Rock of Gibraltar in the background, symbolising the distinctive landscape and geographical significance of the territory.

(AI翻訳文+意訳補正)
 ジブラルタルは蝶の種の驚くべき多様性を誇り、現在までに合計609種が確認されています。 ジブラルタルの自然の美しさと蝶の生息数を紹介するために、私たちは英国を拠点とする有名な野生動物アーティスト、ジョナサン・ポインター氏とコラボレーションしました。 彼の芸術的才能と細部へのこだわりはアカタテハ、ヤマキチョウ、オオカバマダラ、ベニシジミ、キアゲハ、ウラナミシジミを描いた見事なイラストに明らかです。
 各切手には、これらの蝶の鮮やかなイラストが描かれており、そのユニークな特徴を正確に捉えています。 さらに、切手には背景にジブラルタルの岩の魅惑的な景色が含まれており、この領土の独特の風景と地理的重要性を象徴しています。

◆オンラインショップはこちら
https://www.gibraltar-stamps.com/index.php?controller=stamps&action=stampdetails&id=2138

(20230920追記)
 ペンネーム山城屋さんから蝶の和名について訂正のご指摘をいただきました。こうしたディープなレベルになるとAI自動翻訳ではまだまだ限界がありますね。今後も翻訳がおかしいところがありましたらどうぞご教示賜りたく存じます。ありがとうございました。

 

 

 

| | Comments (0)

September 17, 2023

国際返信切手券 (IRC) の変更

 9月12日付で国際返信切手券 (IRC) の変更がプレスリリースされていました。売価表示等が変わるようなので新旧共に買っておきましょう。

2023091701

 

 

 

| | Comments (0)

September 16, 2023

JPS防府支部例会資料(20230917)

 一足先にネット配信いたします。例会参加者さんにはペーパーでもお配りします。
 毎月第3日曜日の9:30〜12:00、防府郵便局隣の防府市佐波公民館で月例会を開催しています。ぜひご参加ください。
 ただし、来月10月例会は会場都合により正午からの午後例会になりますのでご注意ください。

2023091601 2023091602

 

 

 

| | Comments (0)

September 13, 2023

JPS防府支部例会案内 (20230917)

 今月は諸用がたて混んでいまして例会資料の作成に手が回らないかもしれません。念のため、保険として例会案内はがきをアップロードします。
  図は過去3年間に「防府切手のつどい」や切手展等に一度でも参加されたことのある山口県在住者を中心に、年2回程度お送りしている支部入会案内を兼ねた内容になっています。現支部員向けとは一部の文章表現が異なっていますが大きな違いはありません。

2023091301

 

 

 

| | Comments (0)

September 07, 2023

日本風景社版初日カバーの終焉期

2023090701

 ふるさと切手「萩開府400年」の日本風景社版初日カバーを偶然目にしておや?っと思ったのが発端でした。過去会報類のデータベースを即チェックしました。案の定、この記録がヒットしました。

 日本風景社社主の吉川洋一氏、病気のため平成4年用年賀小型シート (1992年1月16日) をもってカバー製作終了。(「カバー日和」誌136号/199204)

 つまり、ずいぶん前に初日カバーの製作は終了していたわけです。カシェはどのふるさと切手にも使い回せる汎用デザインであることから、どなたかが空カバーを大量に買い置きでもされていて、それを使ったのだろう・・・ぐらいに軽く考えていました。とは言え、12年もの時間差があります。シミやヤケひとつないカバーのフレッシュな状態に違和感を感じました。

2023090702

 そこにまた運良く吉川氏が1995年1月に発行された「日本初日カバーしのび草」(定価25,000円/日本風景社) を手に入れました。その後書きに「・・・風景社版FDCも、1992 (平成4年) 1月16日がFinal F.D.C.となり、空カバーのみの発行を続けている次第です。」との一文を確認できました。なるほど、そういうことだったのかと疑問が氷解しました。
 さらに空カバーの製作販売はいつまで続けられたのか、新たな疑問も出てきました。お詳しい方がいらっしゃいましたらぜひお知らせください。
 かつての初日カバー製作・交換・収集人気もすっかり退潮し、こうした記憶も確実に忘れ去られていきます。デジタル化・データベース化の重要性を改めて認識した次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・

 せっかくなので同書から気になったアイテムを5点ピックアップしました。これまで白黒コピーでしか見たことがなかったものが、さすがにお高いだけあってオールカラーだったのは良かったです。

▼関門トンネル開通記念、清水凹版版第1号
 地元、山口県関係ということで目に入りました。清水凹版 (19580309-19650925) 最初の製作品ということはこれまでまったく認識していませんでした。

2023090703

▼棟方志功直筆

2023090704

▼滝平二郎きり絵

2023090705

▼昭43年用年賀のぼりざるS/S
 宮崎県はかつて労働組合が強過ぎた地域で、郵趣のための押印を本来業務外だと敵視していました。そのもっとも端的な事件がこれです。
 年賀切手「のぼりざる」については初日指定局になったことを渋々容認しました。ところが翌年1月の年賀小型シートに関しては郵頼を全面拒否。結局、延岡局に実際に行った人しか初日カバーが作れませんでした。
 話題になることがないので全くと言ってよいほど知られていないものの、これぞ隠れた珍品です。なおかつ、左翼労働運動が郵趣にとってもいかに害悪であったかを如実に示しています。

2023090706

▼吉祥天立像1,000円切手フルシート+S/S全貼り
 かつての最高額面券種です。高額すぎるためペア貼りですら希少なのに、まさか全貼り初日カバーが作られていたとは!。額面合計21,000円は今の貨幣価値 (1.78倍) だと37,380円にもなります。さすがその道の専門家はクレイジーです (誉めています)。

2023090707

 

 

 

 

| | Comments (0)

September 06, 2023

FSC特別例会 in JAPEX2023 開催します!

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスが5類になったことを受け、数年ぶりにJAPEXにてファンタスティック・スタンプクラブ (FSC) 特別例会を開催します。消防法の関係で定員16名限定ですので、ご面倒ですが下記要領を遵守いただきますようお願いいたします。

2023090601

<参加予約が必要です>
 定員以上の入室ができませんので、事前に私 (椙山哲太郎) あてに参加予約申し込みをお願いします。メールアドレスは aplcofe@nifty.com です。なお、参加費は無料です。

<JPS調布支部との合同例会を兼ねています>
 古巣の調布支部、その毛利康武支部長とも相談し、合同例会を兼ねての開催としました。調布支部会員の方は毛利支部長へ事前に参加申し込みをされてください。

<ご用意ください>
・収集品発表品1〜3リーフ程度
・郵趣用名刺
 収集品発表リーフは任意なので手ぶら参加でもかまいません。一方、郵趣用名刺は参加者同士で交換できるよう十分な枚数をご用意ください。

 なお、毛利支部長のご好意により、10月発行予定の「調布郵趣463号」が配布される予定です。


 

 

 

 

| | Comments (0)

« August 2023 | Main | October 2023 »