« January 2021 | Main | March 2021 »

February 2021

February 26, 2021

三戸町の猫スタンプ

 千葉明夫さんから毎年ご恵送いただいているねこの日小型印付きはがきです。今年2021年もこうして届きました。ありがとうございます。(宛名ラベルは剥がしました)

 自作の郵趣データベースによると2018年から送っていただいていまして、その時から無料で押印できる三戸町の猫スタンプ(赤矢印)が気になっていました。昨年12月にはクリスマスバージョンがあるなど、たいへん興味深い取り組みです。小型印は日本郵便さんのプレスリリースで今でも調べられますけれど、無料で押せる三戸町の猫スタンプはわかりません。ぜひ地元の皆さんの手で使用時期、図案説明、製作者などしっかりしたデータベースを作ってください。たいへんに期待しています。

2021022601

 

 

 

| | Comments (0)

February 25, 2021

新型コロナ禍中の郵趣催事

 横浜市のAさんから実逓カバー類をご寄贈いただきました。いつもありがとうございます。その中から武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍で各種イベントが次々と中止・延期を余儀なくされる中、直前の2020(令2)年3月の開催例がありました。それも日本郵便切手商協同組合さんの即売会案内です。当初の開催案内状(3月6日)、追送の注意案内状(3月16日付、17日消印)のセットです。よくぞ捨てずに残しておいてくださったものです。

 再記しますが、実逓郵便物上でコロナの影響が出始めたのは日本では2月下旬です。
 2月27日には安倍総理大臣(当時)が3月2日から春休みが明けるまで全国の小中高校や特別支援学校を臨時休校にするよう要請。
 4月7日には新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡に発出され、最終的に5月25日まで延長されました。

 以上の2020(令2)年3~5月が流行の第1波期間です。この間、新型コロナの影響が伺える実逓郵便物は重要です。切手や消印のない料金別納・後納郵便ではあっても、それが行政発の郵便であれば看過してはいけません。

▼本状にはコロナ対策をお願いする小紙も同封されていました。中止の可能性についても触れられています。
 なお、余談ではありますが、銀座局さんがローラー印を×印に押しているのはちょっと嫌な感じですね。

2021022501

▼早い段階で現在と全く同じ防疫対策が完成・実行されていることが伺えます。

2021022502

▼日本郵便切手商協同組合さんのTwitterのスクショです。
 この3月を最後に、以後4~6月の3ヶ月間、すべての組合主催催事が中止・延期になりました。

2021022503

 

 

 

| | Comments (0)

February 24, 2021

富士図1,000円切手の販売終了

(2月25日追記)
 豊島郵便局さんの在庫は無事に完売した旨、富澤さんから連絡がありました。皆さま、ありがとうございました。

 一般向けにプレスリリースされないまま富士図1,000円切手が今月末で販売終了されることに危機感を覚えたため、あえてお知らせすることにしました。未入手の方は今週末までの数日間のうちに懇意の最寄り局でお買い求めください。これが最後になります。

 という話をfacebookでしておりましたら、我らが公益財団法人日本郵趣協会のお膝元、豊島郵便局の富澤昇吉さんが取り置きをしていただける旨お知らせいただきました。明日2月25日(木)の15時までに富澤さんあてにfacebookのメッセンジャーなどでご連絡ください。ただし、確実に豊島局まで取りに行ける方限定でお願いします。特別なご配慮ですから、くれぐれも失礼のないようにお願いいたします。

(下図は私のコレクションから。市村良二さんにお世話いただいて入手した富士山頂局の田型中央一印と、原画を所有している大分市立美術館さんのポストカードです)

2021022401

◆参照:今こそ富士図1,000円切手を押さえておこう

 

 

 

| | Comments (0)

February 15, 2021

トケラウのクリスマス

2021021501

 郵趣誌3月号の担当連載記事では扱いませんでしたが、たいへん魅力的な新切手がありましたのでご紹介しておきます。これ、ぱっと見で何の記念切手だかわかりますか?

 正解はニュージーランド領トケラウが2020年に発行したクリスマス切手の小型シートです。図案は向かって左から45c大天使ガブリエル、$1.40キリストの飼い葉桶、$2羊飼い(カメ)、$3東方の三博士(波の形)。クリスマスの話とトケラウの伝統を組み合わせたデザイン・・・だそうです。いずれもお馴染みのモチーフですが、伝統文化のフィルターを通すとかくも摩訶不思議なグラフィックスになるのかと感動を覚えます。説明されてもぜんぜんわかりませんね(笑)

 もともと、プリミティブ・アートが大好きなこともあって、速攻でネット通販をポチりました。なんだかわからないけれど心に直接訴えかけてくるなにか、その魅力を理解していただきたいです。

 トケラウは3つの環礁からなる海洋小国です。地球の温暖化が進めば今世紀中に水没してしまうことが懸念されています。人口はわずか1,353人で、日本で言うと鹿児島県奄美大島の大和村1,643人と沖縄県南大東島の南大東村1,269人の間と聞けばおのずと規模も察せられることでしょう。

 外貨獲得の一環で独自の切手を発行していますが、発行政策は本例のように健全と言って良いでしょう。このような小国の切手を収集することで多少なりとも応援することになればたいへん良いことだと思います。

 

 

 

| | Comments (0)

February 06, 2021

吉本花城園 フラワーパーク長沢

 地元民の義務という意味で記録掲載します。1984 (昭59) 年6月1日発行のエコーはがき 府県版第28次の「山口市観光協会」で紹介されている吉本花城園 (よしもとかじょうえん) のフラワーパーク長沢は2019年に閉店しました。ああ、閉店するんだな・・・と漠然と眺めていただけで、エコーはがきに登場していることはすっかり失念していました。現在、インターネット通販拠点として存続しているとのことですが、外観上は旧店舗が野晒しの廃屋状態です。

2021020601

 エコーはがき総図鑑1989年版 (日本郵趣出版) によると152ページに掲載、はがき番号P1049、発行枚数10万枚。広告部のイラストに描かれているのはレストショップ長沢ガーデン、吉本花城園 フラワーパーク長沢店、長沢池対岸の大村神社、山口市鋳銭司郷土館です。吉本花城園以外は今もそのまま現存しています。長沢ガーデンなんか自分の子供時代の遊び場で、今も食事をしにちょくちょく寄らせてもらっているご贔屓店です。

 ググっていたら2019 (令元) 年5月31日発行の地域情報新聞ほっぷ (山口版第2部) に閉店セールの広告が掲載されているのが見つかりました。後述しますが、実際は6月まで閉店セールが継続されていたようです。

2021020602

 また、Googleマップに在りし日の写真が残っていましたのでスクショをご覧いただきます。国道2号線から上り防府方面と下り小郡方面の2ショットです。これらもいずれ更改で消えてしまうことでしょう。

2021020603

2021020604

 閉店セールを訪問された方が動画撮影されています。これにより実際の閉店時期は1ヶ月延長された6月だったことがわかります。貴重な資料ということでリンクを張っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=AetUV-5pzE8

 なお、いろいろ調べていくうちにちょっとどうかなと思わざるを得ないものも見つかりました。自社ホームページで防府市を防符市と誤記しています。なんで難しい方に間違えているのでしょうか?。しかも閉店後一年以上経過しているのにフラワーパーク長沢のページがそのまま残っている中での誤記です。これではいけません。

2021020605

 余談ですが、対岸との距離が最も短い長沢ガーデンから長沢稲荷神社方面に人専用架橋を作れば観光名所になるのになあと常々思っています。宇部市のときわ公園にあるときわ橋のイメージです。ところが、長沢池は農業用水灌漑用に江戸時代に作られた人工のため池。水利権が設定されているのでいろいろ面倒なのだそうです。今の日本の法律って「できない方向」へのベクトルばかりが強くてまったく面白くないですな。

 

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

« January 2021 | Main | March 2021 »