« December 2020 | Main | February 2021 »

January 2021

January 30, 2021

せめて”切手貼りなのに消印がない書留便”くらいは日本で消印を

2021013001

 去年の12月17日にエルサレム差出の国際航空書留便がようやく本日1月30日に届きました。結論から言うと、武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍に巻き込まれて遅延したようです。”ようです”と表現したのは、差出時の引受消印がない、国際交換局(川崎東郵便局)の中継印もない、配達担当局(小郡郵便局)の到着印もないため、ネットで検索できるDelivery Tracking情報しかないからです。

 書留番号を晒しますので興味のある方は検索してみてください。日本郵便の履歴は、国際交換局(川崎東郵便局)に到着した1月25日からしか閲覧できません。これは変だと思い、イスラエル郵政サイトにアクセスしたところ、12月17日にエルサレムで差し出され、12月28日に日本に向けて送り出されたことになっています。ですが、実際は1ヶ月近くイスラエル国内に留め置かれていたようです。

 業務量を減らしたいのは世界どの国の郵政当局・事業体共通の課題でしょうが、消印が全くないのはちょっとやりすぎです。個人利用ですのでまだしも、これが商用便だったら、しかも破損や紛失の事故にでも巻き込まれていたら、未来永劫「書留でないので補償できません」で済まし続けるのはコンプライアンス上問題ありと言わざるを得ません。

 さしあたって日本郵便さんにお願いしたいのは以下の3点です。

(1)検索結果の開示情報範囲をもう少し拡大して欲しい。

(2)日本発だけでなく日本来(外国発)の国際郵便情報も欲しい。
 各国郵政の当該ページへのリンクだけでも良いです。

(3)せめて切手貼りなのに消印がない書留くらいは消印して欲しい。
 現状ではそのまま配達という規程だそうですがいくらなんでも省略しすぎです。国際交換局、配達局のどの段階でもかまわないので中継印・到着印の意味も含め、せめて切手貼りなのに消印がない書留便くらいは消印していただきたい。
 もちろん、これには郵便規則の変更を伴うことは承知しているので急ぐものではありません。

 

 

 

| | Comments (0)

January 27, 2021

メールアートを知っていますか?

2021012701

 第5回なでしこ切手倶楽部展2021に、表題の1フレーム作品をMail & Postal Artistの槇陶岳 (まき・とうがく) 名義で出品します。新型コロナ対策もしっかり講じられた上での開催ですので、お近くの方は安心してぜひご参観ください。また、会場内には豊島郵便局の小型印投函ポストも設置されますのでどうぞご利用ください。
※臨時出張所はありませんのでご注意ください。

 Facebook内に高解像度のjpg画像を収めた写真アルバムを作成しました。どなたでも自由に閲覧できますので下記URLにアクセスしてください。また、リーフ中のQRコードをスマホやタブレットのQRコードリーダーで読み取ると、より詳しい解説ページにアクセスすることができます。
 なお、ネット上での一般公開は、切手展終了後適当な時期にCLOSEしますのでご注意ください。

https://www.facebook.com/media/set?vanity=100034848790031&set=a.459048801933409

 作者からのお願いです。メールアートの認知度を向上させること、展示の機会を少しでも増やしたいこと、作中で触れています中野秀昭氏の情報を広く求めていることから、作品の転載等についてはむしろ積極的に認める方針です。ただし、あくまでも著作権者としてその権利の行使を留保するものであって放棄した訳ではありませんのでご注意ください。よって、動機を問わず作品の改変までは認めません。詳細はお問い合わせください。
 なお、これはあくまでも作者としての考え方であって、なでしこ切手倶楽部の方針とは一線を画します。

2021012702

 

 

 

| | Comments (0)

January 25, 2021

新郵趣用語「サイズスケール」のご提案

 ネットショッピングと個人間取引の拡大に伴い、ゆうパケットやネコポスなど、送付種別も広がってきましたね。その波及結果として専用パッケージ(封筒や箱)も売り出されています。それともうひとつ、スケールがあります。専用パッケージの普及でいずれ消え去るのか、それとも存在し続けるものか、しっかり観察しています。
 百均に行くと必ずこのスケールをチェックしています。完売すると再入荷はまずなく、違う製造メーカー品に取って代わるパターンがほとんどだからです。昨日もダイソーイオンタウン小郡店で初見品を見つけたので買ってきました。

2021012401

 本体サイズは159×299mm。自宅のMacBook Proの上に収まるサイズなので鞄に入れての持ち運びも容易そうです。
 計測対象は最大25cm幅、厚みは1,2,2.5,3cmの4通り。種別対象は定形・定形外郵便、ゆうパケット、ネコポス、クリックポストなど。

2021012402

 裏面のエッジにわずかながら突起をつけています。たったこれだけのことで指先でつまみやすく、またスケール自体の強度も上がっていると考えられます。
 もちろん工業デザイナーですから、この突起や円形の凹みがあることで型抜きしやすくなるという製造工程上の理由もあることくらい百も承知です。

2021012403

 帯封型の商品説明パッケージが巻いてありましたので展開してスキャンしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ところで、今の課題はなんだかおわかりですか?。実は一般名称がまだないことです。「スケール」だけでは定規の意味なので大雑把すぎます。図版の「厚さ測定定規」という呼称も一般に定着しているレベルには至ってはいない感があります。
 自作の郵趣データベースを検索してみますと、2018年9月1日からローソン各店で無料配布された定規には固有名称は付けられていません。2019年11月から主要郵便局で2,000円(税別)というたいへん良いお値段で販売された「ぽすくま/ガイドルーラー」なる名称は既に忘れ去られているような・・・。その他ググってみると「マルチガイドスケール」などの語も出てはきますが冗長感は否めず、定着しているとは言い難いものがあります。

<参照>
ローソンさんで3cm厚計測ゲージ配布
ぽすくまガイドルーラーを買ってきました

 そこでご提案です。従来、郵便や荷物の世界ではスケールと言えば重さを測るのが主目的でしたし、主に「重さ秤」を意味していました。それとは違うというニュアンスを持たせる意味で「サイズスケール」と呼んではいかがでしょうか?。
 この言葉は既に存在してはいるものの、郵便・荷物用スケールとして限定まではされていないかわりに著作権も設定されていない公知の言葉です。少なくとも郵趣界で呼称するにはうってつけではないかと思います。思いっきり和製英語ではあるものの、適用範囲は国内の郵便・荷物なので実害はないでしょう。自分は既に郵趣データベース などにはキーワード登録して使用しています。

 

 

 

| | Comments (0)

January 23, 2021

郵政創業150年記念ロゴ

 日本郵政グループの広報誌「郵政」2021年1月号が届きました。その裏表紙に郵政創業150年記念ロゴの記事がありましたのでご紹介します。1月中旬以降に発表されるとありますが、本稿執筆時点の1月23日(土)では未発表です。楽しみに待ちましょう。

2021012301

 

 

 

| | Comments (0)

January 22, 2021

新型コロナウイルス感染症 WHO報告1年記録カバー

2021012005

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスが世界保健機関(WHO)へ最初に報告されたのが2020年12月31日。この情報隠蔽とも言える中国政府の遅すぎた対応が今日の災禍の直接原因です。そのことをはっきり示した記録カバーを宅見潔さんからご恵送いただきました。この視点で郵趣品を作った方はいらっしゃらないのでは?。宅見さんの卓見に敬服いたします。
 なお、日本にある国連機関でWHOの国連広報センターが神戸市にあることから神戸中央郵便局の風景印をチョイスされたとのことです。

 また、同封されていたお便りも資料性の高いものでした。宅見さんのお許しをいただきましたので全4ページを掲載させていただけることになりました。宅見さん、かえすがえすもありがとうございました。

2021012006

2021012007

2021012008

2021012009

 

 

 

 

| | Comments (0)

2021(令3)年用 年賀小型シート

 山内和彦さん、堀本稔さんのご両名から初日実逓カバーをご恵送いただきました。お礼が少々遅くなりまして申し訳ありません。

 Facebookに書きましたように、同日早朝に鹿児島の叔父が老衰で亡くなりました。年賀小型シートでは初のセルフ糊式にして円形切手というトピックとともに、たいへん印象深い切手になりました。ありがとうございました。

2021012201

 

 

| | Comments (0)

January 20, 2021

郵便を出そう!

 1日3通(枚)を目標に手紙・はがきを出しましょう。そうすると年間で軽く1,000通を越えます。もちろん年賀はがき、かもめ~るとは別に、です。郵便局応援団としては当然のことです。それを可能にしているひとつの方法として、行く先々で自分宛に郵便を出してもいるからです。

 美術館、博物館、公民館、市民センターなどのチラシ棚は必ずチェックします。昨年は武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスに対する注記の有無をチェックし採集もしました。いわゆる「エフェメラ」こと長期保存を目的としない印刷物です。その中にポストカード型フライヤーがあれば1種につき2枚を確保します。

 ググれば簡単にわかるように、郵便はがきは洗練された規格が定められています。「郵便はがき」もしくは「Post Card」と必ず表記しなければならないことから、郵便番号枠の様式・表示位置までしっかり定められています。にも関わらず規格を無視している、勝手に変えているなど自由すぎるものが少なからず。加えてグッドデザインのポストカードは郵趣ではなく絵はがき趣味としても持っておきたいものです。

 よって2枚のうち1枚は未使用のまま保存し1枚は自分宛に発送します。さらに特に面白い事例の場合は、消印が不鮮明等の失敗をリカバリーするため、投函場所を変えて2枚発送します。

 直近の1月8日(金)、博多の福岡アジア美術館で採取・投函したポストカードから4点をご紹介します。たったこれだけのことでポストカードコレクションが出来上がるという実例です。

▼シンプルに江口寿史さんのファンです。小倉に行く機会がなく展覧会には行きそびれました。ただ、会期中の消印が得られたこと、2020年11月の段階では新型コロナに関する注記がないこと(流行が収束すると楽観視されていた時期)の証拠でもあります。

2021012001

▼いかにも学生っぽい絵柄面のデザインにほのぼのしたのでGET。新型コロナに関する表記があること、会期中の消印が得られたことがポイントです。

2021012002

▼新型コロナを取り込んでの前向きなコンセプトが良いですね。マスクに墨絵を描くライブイベントらしいことが容易に伝わります。そのマスクの写真まで入っているのが好印象です。なお、郵便番号枠の規格も表記位置も実はテキトーという点も指摘しておかなくてはなりません。アーティストさんの規格無視率はたいへんに高いです(笑)。私はそこまでの根性はないでアリマス。

2021012003

▼QRコードが4ヶ所も表記されています。これ、投函しても無事に届くかなあ?と心配していましたら不安的中。上記3枚と一緒に投函したのにこれだけ消印されずに届きました。自動読取区分機が反応して弾かれたものでしょうか?。また、これも郵便はがきの表記がないこと、郵便番号枠の表示位置がテキトーであることがポイントです。アーティストさんの規格無視率は・・・以下省略・・・

2021012004

 

 

 

| | Comments (0)

January 19, 2021

まさかの事故郵便

押印失敗例などの欠陥郵趣品も「NG集」として喜んで収集している痴れ者がいる。そう私のことだ!。

2021011901

 昨日仕事に出ようとしたら、庭先にこれが落ちていました。運悪く (運良く?) 雨に濡れカバー裏面は泥だらけ。郵便受けのすぐ脇だったので、おそらく配達員さんが郵便物の束を掴んでバイクを降りた時にこれがこぼれ落ちたものでしょう。運悪く (運良く?) 踏んづけた靴跡が残っている(1)ほか、地べたの雨水が染みて乾かした後でも痕跡が残ってしまっています(2)。

 全世界からいろんな郵便が届く私です。形状もまちまちのうえ量も多いです。こうした事故の遠因は私にあります。決して怒っていませんのでご心配なく。むしろ、言われてみればありえる事故郵便だけれど、滅多に起きるものでもないのでなかなかお目にかかれるものでもありません。NG集用コレクションとして貴重な一枚が手に入ったとたいへん喜んでいます。決して皮肉で言っているのではありませんよ。

 

 

 

| | Comments (0)

January 18, 2021

【画期的な決定】会報の無料公開化が決まりました

2021011701

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)では20214月から会報の電子化を計画しています。計画実施を前に、2021331日まではどなたでも自由に会報を閲覧していただける公開版を作っています。
 実施を前に1月17日(日)の例会で協議した結果、2021年度以降も無償で自由に閲覧できることに決まりました。本格実施の20214月までにシステム等を整えますが、これまで通り自由にご覧いただけます。
 Facebookのアカウントをお持ちの方はメンバーリクエストをお送りいただければメンバー登録します。そうでない方も下記URLをお使いのブラウザの”お気に入り”に登録してください。

https://www.facebook.com/groups/3127411117327052

 これまでは「年会費=会報製作・送料」の意味合いで年会費の金額が設定されていました。よって、年会費を払わない人が無料で会報を読めるのは不公平だという考え方が常識となっていました。当然で合理的な考え方です。
 しかし、切手収集家がわんさといた時代はとうに過ぎてしまいました。会費を払った人だけが会報を読めるメリットよりも、地元に郵趣会があること、毎月例会をしていること、年3回のバザーを開催していることなど、大事なインフォメーション情報が得られないデメリットの方が大きくなってきました。ググっても地元の郵趣会情報がまったく得られない例がいかに多いことでしょうか。

 私自身、ググってもまったくヒットしないため、某S郵趣会はとっくに解散したものと思い込んでいました。ところが偶然、メンバーの方と接する機会があり、今も月例会を開催しているというではありませんか。メンバーが高齢化した結果、どなたもパソコンが使えず情報発信できないというのが真相でした。これでは新しい仲間が増えるわけがありません。

 1月例会で、タダで会報が読めることに対して不公平感を感じますか?、と実際にお聞きしましたところ、仲間と語らうことやイベントに参加するのが楽しみ。会報を読むことだけが目的で会員になっているわけではない。特段の不公平感はない・・・との意見でした。それを踏まえ、現在の「公開版」を2021年度以降も引き続き運用することに決まりました。

 よって、新年度からは「年会費=活動賛助費」という考え方に移行します。

 JPS防府支部の活動に共感していただけましたらこれまで通り年会費2,500円をお納めください。会報は各自ネットからダウンロードしてください。紙媒体の会報の郵送はしませんが、例会に参加された方には当日に紙媒体の会報をお配りします。
 ネット環境になく、今後も引き続き紙媒体での会報郵送を希望される方は年会費3,000円をお納めください。
 さらに、会報の無料公開化が正式に決まりましたので、2021年3月を以て紙媒体会報の交換誌は完全廃止します。

※注:新年度年会費の振込先等詳細は3月1日に発表します。

 より具体的な制度変更・整備につきましては4月の本格実施までに齊藤支部長より関係各位あてにお知らせする予定です。何か疑問点がありましたら私 (椙山) あてにご連絡ください。責任を持って齊藤支部長に繋ぎます。

 

 

 

| | Comments (0)

January 16, 2021

「Letter From 代官山」年賀状サービスの結果

 昨年12月28日までにTSUTAYA内のポストに投函すれば、2021年元旦の日付で小型印を押して引受消印してくださるという素晴らしい企画でした。私宛にも5枚が届きましたけれど、本当に残念なことに3枚が印影にムラがあったり薄かったりの失敗でした。なんとか及第の2点の画像をご覧いただきます。

2021011601

 わずか5枚ですが押印のクセから複数人で押印処理されたことが容易に見て取れます。熟練した方もいらっしゃたようですが、一方で見習いレベルの初心者もいたようですね。
 失敗例は一見して肉じゅうのトビ色インクが少ない。印影の写り具合をみて適宜インクを補充すべきなのに、なぜそんな簡単なことがわからないのでしょうか?。

▼専用の年賀状用カードの表裏
 インクの乗りが良い紙質なのに3枚のうち2枚までが失敗。武士の情けであえて失敗例は出しませんが。2021011602

 例えば、指先の感触だけでミクロン単位の加工ができる旋盤工さんは日本中にいらっしゃいます。そういう方々の仕事こそが「難度の高い仕事」と形容します。ハンコにインクをつけて転写する程度の軽作業が難しいとは、いったいどれだけ不器用なのでしょうか。
 私自身も長年手を使う仕事をやってきたのでわかります。常に考えながら手を動かす、小さな変化を見逃さず作業環境を整え、動作そのものにもフィードバックする、そういった基本的なことができていないと察せられます。
 また、押印も身体動作なのでスポーツと同じです。こうしたらきれいな押印ができるという確かなイマジネーションを持つことが大事です。押印技能一級資格を持っている私は常に百発百中です。また、そのくらいの強気の気持ちがなかったら確実に失敗します。

 せっかくの好企画なのに、郵便愛好家ではない一般の方も相当落胆していると思います。そのくらいド下手。指導者の方はもう一歩踏み込んだ教育をお願いします。

 

 

 

| | Comments (0)

January 05, 2021

1月の中止・終了ネタ

2021010501

 表の中で特に重要なのは2件。9日のJPS東京・新春交歓会2021の中止は1974年の開始時以来初の中止です。31日のPHSサービスの完全終了はまさしく現代史そのものです。
 なお、これから1都3県に緊急事態宣言が再発令されるとさらに中止・延期・終了ネタが増える可能性があります。記念カバー・カードを作成される方は要注意です。

 

 

 

| | Comments (0)

January 03, 2021

市来の七夕踊りが休止

 串木野市(現いちき串木野市)に住んでいた当時に拝見しました。張子の牛は奇妙な造形でしたが、なるほど、朝鮮伝来の祭りでしたか。今にして納得です。当時勤めていた会社の従業員の中にも伝承の担い手が数人いました。
 2020年は新型コロナのために中止、2021年の今年は担い手不足のためこれを最後に休止とは実に残念です。
(画像は西山輝さんからのミニレター再差出年賀状より)

鹿児島県いちき串木野市『市来大里の七夕踊り』

2021010201

 

 

 

| | Comments (0)

January 02, 2021

明けましておめでとうございます

 かねてより年賀状交換をさせていただいている約300名の方々には、私の誕生日である1961年3月23日の日付が表記された「第1回世界気象デー」記念切手(オートボルタ、現ブルキナファソ)を真ん中に掲げた年賀状を送らせていただきました。そうです、偶然にもその第1回世界気象デーに生まれた私はついに今年還暦を迎えてしまいます。
 丑年にちなみ、山口県を代表する難読局である特牛(こっとい)郵便局の、新年営業開始最初の日である1月4日の和文印での発送を郵頼しました。特牛には「牛」の字が2つも入っていますので。そのため到着はもう少々お待ちください。

2021010101

 

 

| | Comments (0)

« December 2020 | Main | February 2021 »