« July 2020 | Main | September 2020 »

August 2020

August 31, 2020

山口郵便局の自然な使用例の欧文印(2点目)

2020083002

 昨日開催された防府切手のつどい2020夏の席上、滝谷道博さんからご提供いただきました。ありがとうございます!。
 シンガポールG.P.O.あての留置で、特に何の作為もなくポスト投函したところ、留置期間満了後に返送されてきた年賀状だそうです。これも”国際郵便の事故関係にのみ使用し、通常の郵便物には押印しない”との山口郵便局様の説明と合いません。原因は不明ですが、私が確認した自然な使用例の2点目です。

◆参照:ついに発見!、山口郵便局の欧文印

 

 

 

| | Comments (0)

JPS防府支部会報(公開版)について

2020083001

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)では20214月から会報の電子化を計画しています。計画実施を前に、2021331日まではどなたでも自由に会報を閲覧していただける公開版をfacebook内に作りました。交換誌をお願いしているJPS支部、郵趣会の方々には招待状をお送りしていますが、メンバーでなければ閲覧できないわけではありません。お使いのインターネット閲覧アプリのお気に入りにご登録いただくだけでも十分です。
 自由公開期間を経た後は年会費(金額は検討中)をいただいた方のみが閲覧できる会員限定の非公開グループに別途ご招待する予定です。自由公開期間中に忌憚のないご意見をお聞かせ願えれば幸いです。

JPS防府支部会報(公開版)

 

 

 

 

| | Comments (0)

August 27, 2020

さやまるプロジェクトのおすすめ

 2日前にfacebookに以下の書き込みをしました。

 日本郵便さんの経営多角化の一環で長野県の信越郵政研修センターのグラウンドで始められたトマト栽培。どうやらいい感じで成功しているようです。ということでこれも資料として確保しておくべくさきほど1箱注文しました。送付時のゆうパック伝票や同封されるであろう説明書類や写真もしっかり保存しようと思います。
 郵便局のネットショップで今年7月15日から来年1月31日までが受付期間です。今季が最初の年らしいので、郵趣・郵政資料としては初年度は確実に押さえておきたいものです。
 なお、郵便局のネットショップでは商品購入時に紹介者の日本郵便社員を入力する箇所があります。郵趣家たるもの、懇意の郵便局員さんのお名前を入力しましょう。郵便局名、社員名そして社員ID番号を入力するようになっていますので、事前に聞いておきましょう。なお社員IDが8桁の数字の場合は下5桁を入力せよとのことです。

2020082703_20200827222401

 すると、なんと8月27日(木)の夜20:58に配達されました。真夜中のピンポンは心臓に悪いのですが許します(笑)。受け取りのサインの時に「長野の研修センターで採れたトマトですよ」とお話ししたのですが配達員さんは???の無反応。当たり前っちゃ当たり前だけど・・・。信越郵政研修センターで研修を受けた現職の方も多いことでしょう。20個入って3,400円(税・送料込)です。郵便局のネットショップでぜひお買い求めください。

2020082704

 同封されていた説明書の両面コピーも掲げます。今季が発売開始初年度ということもはっきりわかります。こうした副資料も大事だと考えます。
 きれいに分離できたので荷箱の上蓋だけは実物保存します。その他、検索結果(追跡記録)、郵便局のネットショップでプリントした領収書なども一式まとめて保存します。

 

 

 

| | Comments (0)

山口県民なら当然!

2020082701

 去る8月24日(月)時点で、安倍晋三総理大臣の連続在位日数が2,799日となり、大叔父である佐藤栄作氏の記録を約半世紀ぶりに塗り替えました。ネイティブ山口県民の郵趣家たるもの、オリジナルマキシマムカードを作るのは当然でしょう。2日遅れになりましたが26日に県庁に行った際に県政資料館キャノピー(上)、現山口県庁ロビー内(下)の2ヶ所に掲出された横断幕を撮影。セブンイレブンさんではがきプリントし、山口県庁内郵便局で記念押印です。

2020082702

 一部のマスコミは横断幕の掲出に対して批判の声があると伝えていますが、は?、誰がそんなこといってんの?です。これまでも県庁はさまざまな横断幕・懸垂幕を掲げていますし、県政資料館でも関連展示会(ここをクリック)が開催されています。26日も私以外も母娘二人連れさん、どこぞのTVクルーさんも撮影していました。反対しているのはつむじが捻れた特定反日政党関係者だけでしょう。

 元写真は破棄せずキープし、安倍総理大臣退任の際に再度使用します。その時こそ本当の歴代最長記録達成日なのですから。

 

 

 

| | Comments (0)

August 24, 2020

面接方式の世論調査再開第1号

 白藤知明さんからご寄贈いただいた時事通信社からの圧着はがきがこれまた重要郵便物でした。ありがとうございます。
 6-7月頃、ご家族宛に届いたものだそうです。内容は、後日のお宅訪問で世論調査に協力してほしいというお願い状でした。世論調査なんて適当に電話かけて聞き出してる程度と勝手に想像していただけに、まさかきちんと面接していたとは驚きました。時期から察して7月17日に発表された世論調査ではないかと思います。その決め手になったのはこの一文です。

「新型コロナの影響で、5~6月の世論調査は郵送方式で実施。7月からは従来の個別面接方式に戻した。」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071700765&g=pol

 そうです、本便も武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍の影響を反映しています。なお、宛名の白藤さんのご家族の方は、お仕事で忙しく世論調査は電話でお断りされたそうです。

2020082401

 

 

 

| | Comments (0)

August 22, 2020

発見!吊し売り切手

 このタイトルを見ても意味がわかる世代はもはや50代以上だけかもしれません。自分たちが小中学生の時代、街の本屋さんや文房具店など、子供が集まる商店には必ずあったものですが、今は「吊し売り切手」で画像検索してもかすりもしません。言葉で説明してもたぶんイメージが伝わらないと思います。かくも簡単に消え去ってしまうとは・・・先入観・偏見なく収集することの大切さを痛感しています。

2020082201

 石川県の白藤知明さんからその吊し売り切手の実物をご寄贈いただきました。私が子供の頃に見た吊し売りとはだいぶ違うのですが、販売方法は全く同じです。
 ヤフオクで落札されたものをそのままお送りいただきました。リフォームに合わせて24時間空調完備の切手保管庫(切手室)を作った拙宅の環境を見込んでのことと思います。ありがとうございます。

2020082202

 日本普通切手集、日本記念切手集とも表紙に表示してある通り、それぞれ81枚のはがきサイズの紙袋が閉じられています。念のためきっちり数えました。斜めから見ると結構なボリュームです。2020082203

 正面写真です。外見からは中にどんな切手が入っているかは見えません。

2020082204

 このままでは何だかわかりませんので、それぞれ1袋ずつ引きちぎって中身をご覧いただきます。袋の中には2ツ折された説明書きの小紙の間に切手が一枚挟まれています。
 当時の販売方法はまさにこの通りでした。子供たちはなけなしのお小遣いを握りしめて普通切手は1袋10円、記念切手は20円のお楽しみ買いをしていたのでしょう。私もそんな子供のひとりでした。

2020082205

 資料性をかんがみ、説明書きの小紙表裏を大きな図版でご覧いただきます。当時の子供向け収集月刊誌スタンプクラブ、正しい切手の集め方のインフォメーションがあることから昭和50年のものと推定されます。切手の入手とポイント集めの体裁を取りつつ、子供たちへ正しい切手収集へのアプローチをしていたことがわかります。

 もう一度最初の写真をよくご覧ください。郵趣サービス社の製造会社名が入っています。その頃、自分は山口市という地方都市に住む中学3年生。町の書店で吊し売り切手を買っていましたが同社の製品は流通していませんでした。はい、私自身初めて見るものです。
 今から45年も昔のことですから当時のことを知っている社員さんもいらっしゃらないと思います。なのでこれら写真をブログやfacebookにアップロードする前に、現在の同社社長さまにも事前に一式お送りして見ていただきました。

 この記事がきっかけとなって当時の吊し売り切手各種が発掘・発見されることを期待したいと思います。

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

August 21, 2020

全国の郵便局に広がるアマビエ・タックシール

2020082001

 去る8月14日、たまたま立ち寄った防府新橋郵便局さんの郵便窓口に3種のシールが置いてありました。縦42ミリ横86ミリで、自由にお取りください方式でした。使い方は郵便物に貼ったりご自由にどうぞとのことでした。良い取り組みだと感心してその日のうちにfacebookに写真付きでアップロードしたのでした。

 するとなんと「それを作ったのは私です」と作者が名乗り出てくださいました。岡山県の西大寺富崎郵便局の矢本健勝局長さんでした。SNSの威力おそるべし!&世間は狭い!。
 秘密にするようなことではないからと詳しく教えていただきました。全国の郵便局の仲間が窓口装飾で使ってもらえるように、今年の2月頃からWordの図形を使ってイラストを描き、色々作成して著作権フリーで提供されているそうです。新型コロナ禍の中にあっても郵便局から元気の出るメッセージを発信しようという仲間からの呼びかけでアマビエ・タックシールも生まれたそうです。その応用形で「がんばろう九州」「がんばろう岐阜」などの各種バージョンも多種多様。

2020082002

 もちろん会社としてのオフィシャルなものではなく、あくまでも横のつながりのある郵便局間で社内メールを介して全国に広がっている善意の活動です。これを受けて他地域でも同様のタックシールが現在進行形で作られています。その実例も善意の某氏からご提供いただきましたので3種を抜粋してご紹介します。図版左から福井県のS局長、熊本県のT局長、福岡県のY局長の作品です。

2020082003

 私は郵便物に貼って使っていますが、もちろんどんな使い方でも良いわけで、ATMの横に置いてある現金袋に貼ってある例も送っていただきました(赤矢印部分)。

2020082004

 さらにStay at Homeのお楽しみとしてアマビエのぬり絵(左)、郵便受けに貼って郵便配達員さんにエールを送るためのメッセージ(右)もいただきましたので併せてご覧いただきます。

2020082005

 来週にも防府切手のつどい2020夏の案内状を大量に発送する予定です。せっかくなのでそれにもアマビエ様の疫病退散表示を印刷しようと思います。コロナに負けない郵趣イベントにはうってつけですね!。

 

 

 

| | Comments (0)

August 15, 2020

防府切手のつどい2020夏を開催します

※無事に終了ました。皆さま、どうもありがとうございました。
 次回は11月29日(日)に開催予定です。

日 時:令和2年8月30日(日) 9:30~15:00頃
場 所:デザインプラザ防府
    1階クラフト展示ホール
主 催:公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部
共 催:公益財団法人日本郵趣協会中国四国地方本部
入場料:無料

 新型コロナ対策に万全を期しての開催です。入館時の手指消毒、マスクの着用をお願いします。ご協力いただけない場合は入場をお断りします。

2020081505

 

 

 

| | Comments (0)

当選番号表も2種集めておきましょう

2020081502

 去る5月28日のプレスリリースで、2020(令和2)年用年賀 お年玉くじ賞品の引換期間が7月20日から10月20日に延長されました。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍対応の一環であることはご存知の通りです。これに伴い、郵便局で配布している当選番号表も2種生じました。ほとんどの局では10月20日の改版が置かれていますが、ごく稀に当初期日の初版をそのまま置いているおおらかなところもあります。郵便局巡りのついでに注目してください。
 私も昨日、仕事の空き時間に数局を巡りましたら初版を入手することができました。どこの局かは言いませんけど(笑)。

▼プレスリリースのスクショです。

2020081503

▼中にはこんなレアアイテムも。手彫切手の有名なエラーに敬意を表し、同名の「書き10」と命名します。しかも期日を間違えているエラーアイテムでもあります。もちろん、これもどこの局かは言えません。

2020081504

 

 

 

| | Comments (0)

8月15日、ついに立憲解党!!!

2020081501

 国会議員さんらしいのだけどよく分からない・・・と馴染みのディーラーさんが持ってきてくれたはがきです。名前も福田??とよく読めません。ただ、裏書に解党大会に出席云々とあるのでしっかり調べてきました。

 差出人は山口県第2区選出の帝国議会議員(衆議院)の福田悌夫(ふくだ・やすお 1895-1966)。消印の前日、昭和15815日の立憲民政党の解党大会に出席し、そのことを宿泊していた山王ホテルのはがきを使って地元支持者に書き送ったものでした。

 福田家は今の周南市福川地区でも名の知れた素封家で、彼を含めて3人の国会議員を送り出している名家です。「六十年の党史を追想」とあるのは、大隈重信が1882年に結成した立憲改進党の流れをくむ改進党系最後の政党だからです。悌夫自身も政治的に早熟だったようで、桂太郎による立憲同志会旗揚げ時にはわずか18歳で参加しています。岸信介と東大時代に同級生でした。

 立憲民政党解党後は大政翼賛会に合流しますが、彼は同会の推薦を受けられずあからさまな選挙妨害を受けて昭和17年の選挙で落選し政界を引退しました。

 このはがきはまさに歴史の体験者による証言と位置付けられます。

 悌夫はまた囲碁と俳諧の才にも恵まれ、その方面でも事績を残しています。今も続く周南市立福川小学校校歌は悌夫の作詞です。

◆初出:岡本法律事務所報 2016年4月号(岡山県岡山市)

 

 

 

| | Comments (0)

August 12, 2020

確認忘れ

2020081201

 ありきたりのレターパックプラスの使用済封筒ですが、意外に少ないであろう使われ方をした一通なので特にコレクションに加えることにしたものです。

 差出人は私の外国切手収集の師匠である天方良彦さん。8月8日(土)に旭川東郵便局まで持参いただき、郵便窓口が開いている午前中に差し出されました。よって時間帯表示は8-12。
 ところが10日(月・祝)になってもステイタスが旭川東郵便局差出のままだったことからわざわざ同局に電話して確認されたそうです。その答えは品名が「書類」では不十分・不正確だったので航空輸送禁止扱いで陸送扱いになったのだとか。実物が届いてみたら写真右のように品名にチェックが入っていませんでした。
 本来なら郵便局サイドで写真左のように内容物確認をし、問題なければ丸チェックをすることになっています(赤ペンまで入っているので二重チェックを受けたことがわかります)。当地ではポスト投函したものでさえ正確な表記でないと管轄の小郡郵便局の郵便部さんから確認の電話が入ってきます。

2020081202

 余談ですが「郵趣品」でもダメだと指摘されました。面倒臭いですが「収集趣味用使用済封筒・はがき・切手」とわざわざ書いています。マジです。

2020081203

 いつもなら航空輸送で翌日には届いているものが11日(火)に届きました。本便の検索結果(追跡記録)をプリントアウトして一緒にコレクションに加えました。明らかな窓口職員氏の確認もれは案外少ないものです。否、本来あってはいけないものです。
 私個人に限ったことですが、初めて現物確認をした2020年の凸版印刷製のレターパックプラス封筒でもあり、2重の意味で貴重です。品名にチェックが入っていないレターパックが届いたら、念のためネットで検索結果を確認してみてください。

 なお、航空輸送禁止の場合、それを示す赤い注意シールが郵便物に貼られます。配達時にはシールを剥がす決まりですが、時々、貼りっぱなしの場合もあります。詳しくは下記の過去記事を参照ください。

航空輸送禁止ラベル

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

August 09, 2020

長崎原爆の日

2020080901

四海同胞は誰しも願ふ処ですが或は正義といひ或は平和といふ、決して大国だけの専用語ではない筈です 世界戦争で多数の士が戦犯の名で処刑されましたが周到な計画の下に原子爆弾で冷酷にも無辜の老幼婦女子を幾十万と一挙に殺傷せしめた大国の統領は何一つ問はれていません さりとて核兵器禁止国は国によっての可否差別があらう筈はございません 核兵器禁止は唯一の被爆国民たる日本民族に全人類から課せられた至上の使命であると考へます 大国連が聴いて呉れるかどうかは知りません たとへ馬の耳に念仏でもこの悲願は叫び続けねばならんと存じます

 火山学者・地質学者の松本唯一氏の昭和38年用年賀状より。文面に松本氏自身の名前が含まれているあたり、使命感が投影されているように思います。

 

 

 

| | Comments (0)

August 08, 2020

ぐでたまとコラボのアパ社長カレー

2020080801

 いかなHYPER Philatelistとはいえ、そこまで対象なのかと呆れられるであろうことは承知の上です(笑)。アパホテル株式会社は6月19日から、サンリオの人気キャラクター「ぐでたま」とコラボしたパッケージの「アパ社長カレー」をアパホテル東京本社や郵便局(東京都内、関東、近畿、東北)で発売しました。予定では9月末までの約4ヶ月間のみの限定販売品です。
 2020年3月には600万食を達成し、ただいまは800万食を目標としているそうです。今回は600万食を達成したことを記念してのコラボだとのことです。
 私がググった限りでは日本郵政さんからのプレスリリースは見当たりません。ゆえに私のような販売対象地域外在住者のことを配慮して情報提供をしてくださった方があったこと、30個を購入した人にオリジナルカレー皿などのコラボグッズ1点がプレゼントされることなど総合的に判断してご紹介することにしました。

 

 

 

| | Comments (0)

August 07, 2020

1年延期になったドバイ万国博覧会2020

2020080701

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍のため、2020年10月21日から2021年4月10日の日程で開催予定だったドバイ万国博が一年延期になりました。図版はその事前PRとしてアラブ首長国連邦が2014年9月30日に発行した小型シートです。もちろん、発行当初は延期になるなどとは誰も予想していませんでした。このような後になって関連性が生じた新型コロナ関連アイテムも念入りに収集しています。
 本券はパキスタン在住の出品者であることを確認した上でebayで購入しました。パキスタン郵政は3月11付のプレスリリースで、日本あての手紙と小包を受け付けてはいるけれど、航空便の接続が厳しく制限されているため遅延が発生する可能性があるとしていました。4月24日には国際郵便の一時停止まで行っています。ただし、その中に日本は含まれていませんでした。

2020080702

 ebayで購入したのは4月30日。しかし、出品者さんが実際に発送できたのは6月24日だとeメールで連絡がありました。封筒表面に押されているカラチGPOの証示印も同日付です。しかし、検索結果(追跡記録)によると、カラチGPOから日本あてに発出したのは7月14日。20日も留まっていたのは、よほど郵便物が滞留していたせいでしょう。さらにそれだけでは済みませんで、日本側の国際交換局である川崎東郵便局に届いたのはさらに14日後の8月2日でした。トータルするとほぼ丸々3ヶ月を要していたことになります。
 不在連絡票にも新型コロナ云々の小紙がホッチキス止めしてありました。これも大事な資料としてコレクション入りです。

2020080703

 なお以下は参考までに。2020年2月26日、カラチの学生さんがイランから戻ったことで同国に初めてウイルスが持ち込まれたことが判明しました。7月23日時点での同国内の感染者数は累計で27万人、関連死者数は5,700人以上です。

 

 

 

| | Comments (0)

August 04, 2020

NHKのポスティング営業

 匿名希望のKさんからご寄贈いただきました。一週間くらい前、東京23区内のご自宅にポスティングされていた角8サイズの封筒で、中には受信契約のお願い状とパンフレット、手続用紙等一式が入っていました。コロナ対策の一環で、従来の訪問&対面勧誘からこんな方法にシフトしていたのですね。コロナ関連のユニークな資料です。

<ポスティング封筒外観>

2020080401

<放送受信契約のお願い状>

2020080402

<同封されていたパンフレットと手続書類>

2020080403

 NHKのサイトを見ましたら、5月25日の全国の緊急事態宣言解除まで訪問による営業活動を自粛していたそうです。全面解除を受け、6月1日からこのポスティング営業を開始したとのことです(下図参照)。

 皆さんのご自宅にも届いていませんか?。もし不要なら私にください。いつごろポスティングされたものかご記憶でしたら封筒の裏にでもメモ書きをお願いします。

2020080404

 

 

 

| | Comments (0)

August 02, 2020

展覧会におけるパブリックドメインの拡張を

 美術館、博物館はもちろんのこと、市町村営の民俗資料館なども大好きで山口県内はしらみつぶしに訪問しています。一度行ったところでも年に一回は再訪して変化を確認するなどしています。しかし、私のような物好きは非常に稀らしく、どこでも閑古鳥が鳴いています。いろいろ工夫しているけれど入館者が増えないとお嘆きの施設がほとんどだと思います。しかし、それを予算の少なさに求めてはいけません。全くの筋違いです。表題のように、せっかくのコンテンツを生かし切れていないのが根本原因だと思います。

<写真撮影OKの拡大を>

 参観者は最初から目的を持って来館します。たまたま通りかかって入ってみた、なんていう人は全体の1%もいないでしょう。せっかく見に来たのに用意されているのは出典資料の一覧表だけ。写真撮影も禁止。ほとんどの場合それが標準であり、施設側はそのことにまったく疑問を持っていないこと自体が問題です。目的を持って来た人に写真は撮るな、資料はない、となったら一体誰が2度と来ると思います?。施設側が想像している以上に不満が大きいことに気づいていただきたいです。

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍の怪我の功名か、入場前に住所氏名等を筆記させることが一気に一般化しました。その書面にフラッシュは使わないこと、商用利用はしないこと等を加え、身分証明書番号も明記させたうえで「写真撮影可」を標準とすべきです。

 展示物の著作権者に対して撮影許諾を取るのは施設側の責任であり当然の業務範囲です。IT技術で多数箇所との同時交渉も容易なはずです。どうしてもOKが頂けない展示物に関してのみ「撮影はご遠慮ください」表示をすれば良いのです。

<ダウンロード方式による資料配布の導入を>

 実例として私のMail & Postal Art作品整理リーフをご覧いただきます。いつか展示することもあろうかと思い、整理リーフと全く同じ画像と解説文をfacebook内にアップロードしています。ポイントは右上のQRコードです。これをQRコード読み取りアプリでスキャンすると、その資料ページにアクセスすることができます。つまり、展示の際に作品の脇にQRコードを添えておけば説明パネルが一切不要になる仕組みです。これなら特段の予算措置は不要です。(注意:現時点では非公開ページに指定してあるので閲覧はできません)

 このようにして展示会場の説明パネル、記念講演会のレジュメなどの一切をネットからダウンロードできるように整備していただきたいです。著作権の関係で不可の箇所のみモザイクをかける等の対応も容易なはずです。

2020080201

<むしろ不正撮影防止対策にもなります>

 この方式をぜひ取り入れていただきたいのが下関市烏山民俗資料館です。こちらの企画展は非常にクオリティーが高く、毎回川棚まで行っています。そして必ず手ぶらで帰らされる不満も毎回味あわされています。廃絶してしまった長門地区の地回り歌舞伎、川棚温泉地域の観光産業の発展など、手元に置いて活用したいコンテンツなのに一律撮影禁止です。遠路はるばる訪ねて行っても記憶以外何も残りません。

 いちばん簡単な方法として説明パネルのデータを上記QRコード方式でダウンロードできるようにしていただきたいです。展覧会用に作ったデータをそのまま使うだけで済みます。PDFデータであれば複製、上書き、印刷不可などの制限もかけられますし、そうすることで不正な写真撮影もむしろ根絶されるでしょう。

下関市烏山民俗資料館

 IT機器が発達した今、いくら撮影禁止と言っても本気でやろうと思えば簡単に突破されます。一律禁止を改め条件付きで許可する、資料も容易に入手できる体制にすることで参観意欲を喚起し結果的に参加者数が増えるように導く。これこそ公立施設たるべきふさわしい公金の使い方だと考えます。しかもそのための追加予算はゼロで済みます。積極的で合理的な「できない&やらない理由」は見当たらないと思うのですが。

 

 

 

| | Comments (0)

« July 2020 | Main | September 2020 »