« マルグレーテ2世女王誕生80年 | Main | 郵便窓口のキャッシュレス決済 »

June 26, 2020

遂に発見!、山口郵便局の欧文印

2020062601

 2017年(平29)1月30日に開局した山口郵便局(地域区分郵便局)の欧文印は今も滅多に目にすることができません。山口県内で差し出された郵便物や荷物(ゆうパック、ゆうメール)はすべて山口局に運び込まれてから消印されます。ところが国際郵便だけは例外で、なぜか取り集め局で消印されます。そのことは開局当初から知られていました。

 そこで県下2つの郵趣グループ共同で同局の見学会を申し込み、無事に受理されて同年9月7日に実施されました。その際、インク浸透式の欧文印が3本あり、D欄に郵便番号759と入っていること、事故処理等に特化して使用しているので一般の国際郵便物には押されないことも直接ご教授いただきました。見学会の記念に欧文印をとお願いもしましたがあっさり却下されました(笑)。こうした用途の限定は他の地域区分郵便局では行われていないようなので、なんとも不思議な感じがしますけれど、外部の人間がどうこう言える立場ではありません。

 そんな折、図版の10枚ブロックがebayに出品されているのを見つけて心臓が止まりそうになりました。そうです、郵便番号759が表示された幻の山口局欧文印だったからです。気がついた人はまったくいなかったようで無事に落手しました。しかも、出品者さんは面識のある方でした。山口県内からオーストラリアのご自宅宛に国際郵便を差し出された際に貼った切手の一部だとのこと。消印は2017年8月6日なので開局約半年後です。例外的な極めて幸運な偶然の産物だと思われます。

(なお従来からある山口中央郵便局の欧文印には郵便番号が入っていないので容易に区別ができます)

 

 

 

|

« マルグレーテ2世女王誕生80年 | Main | 郵便窓口のキャッシュレス決済 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マルグレーテ2世女王誕生80年 | Main | 郵便窓口のキャッシュレス決済 »