« タウンプラスでマスク優先購入券を配布 | Main | 第二次世界大戦75年 »

May 30, 2020

ポーランド孤児を運んだのは日本陸軍です

2020053001

 郵趣6月号がお手元に届いていることと思います。「丸ごと!世界新切手ニューズ」はポーランドが発行した福田会について詳しく紹介されています。当初、私の担当記事で取り上げるつもりでしたが、こちらのページで扱うからと編集員さんから連絡があったのでそれに従いました。なので、以下に記す内容は批判ではなく補足説明と理解してください。

 当初、日本とポーランドの国交樹立100年記念切手として計画されていたものですが、日本側の発行がないと判明した時点でポーランド側もトーンダウンしたというのが経緯としてありました。これが大事なひとつ目の補足。

 そして最も重要なのが以下です。執筆者さんのお立場上スルーせざるを得なかったものと推測されるのですが、実際にポーランド孤児を日本に運んだのは日本陸軍です。
 ウラジオストックで結成されたポーランド児童救済会の要請を受けた日本政府が日赤に依頼。日赤がシベリア派遣の日本陸軍と協力し、陸軍の輸送船「筑前丸」他で敦賀港に運びました。その総数802名。その時は原内閣、陸軍大臣は田中義一大将(我らが同胞・長州人)でした。関東軍参謀長の東條英機もドイツ説得に行動しています。
 この時の実績が今に続くポーランドの親日感情に寄与しています。と同時に、旧日本軍を悪かのように先入観を持ってはいけないことを強く希望します。大日本帝国とその軍隊は反日左翼が吹聴するような堕落した存在ではありません。

 

 

 

|

« タウンプラスでマスク優先購入券を配布 | Main | 第二次世界大戦75年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« タウンプラスでマスク優先購入券を配布 | Main | 第二次世界大戦75年 »