« February 2020 | Main | April 2020 »

March 2020

March 27, 2020

武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスに関する最初期記事のまとめ

2020032701

 記事執筆者なので郵趣4月号が一足早く届きました。やむをえないことですが、武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスのためスタンプショウ2020が延期されるなどしたため、記事内容に時差が生じてしまっています。スタンプショウの延期が発表されたのが昨日の3月26日ですから間に合うわけがありません。今回ほど紙媒体の限界を痛感したことはありません。その意味でも郵趣4月号は歴史的意義ある一冊として永久保存するつもりです。

2020032702

 4月号には世界最初のLED付き切手が発行されたことが最大のトピックでした。担当連載記事の中で最初に取り上げたものの印象が薄まった感は否めません。これもやむをえないことですが・・・。

 郵趣シーンにおける武漢肺炎の影響は2月に入ってからのようです。1月後半には世の中に知られ始めたものの、郵趣面での影響は限定的なものだろうと思われていました。まさか様々な郵趣イベントが軒並み中止や延期になるようなおおごとになるとは。後々の資料とするために私の執筆関係での最初期記事をリストアップしておきます。

2020032703

 facebookに最初に書き込んだのが2月18日のこの記事です。2月17日に東京マラソンの一般参加を中止し、エリート選手のみでの実施が発表されました。その際、払い込んだ参加費が返金されないことについて不満を言う人々に対しての見解です。

 HYPER Philatelistブログでは2月中に2本の記事をアップしています。
・2月25日 3連休まとめ ~武漢中共肺炎の影響の始まり~
・2月29日 武漢中共肺炎の影響「生誕200年 大庭学僊」

 そして郵趣3月号の担当連載記事の前文でも触れています。発行日は3月1日付、原稿執筆は文中にあるように1月29日です。私個人ではこれが最初の記事になります。

2020032704

 

 

 

| | Comments (0)

March 22, 2020

「洩」の字入り消印もれ消印

2020032201

 寄贈品の実逓カバーを整理していたら珍品を発見しました。抹消印こと通称・消印もれ消印です。上下に「〇〇局/消印」と表示されているものがスタンダードなのは皆さまよくご存知の通り。これは「洩」の一字が付いている例で、初めて目にしたのでご報告します。幸い、裏面に和欧文機械印が押されているので使用年月日が確定です。大宮郵便局で1983年(昭58)4月22日です。

2020032202

 

 

 

| | Comments (0)

March 21, 2020

「ノザキのコンビーフ缶」リニューアル

2020032102

 阿部純哉さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。
 1月15日のプレスリリースで枕缶からEO缶(プルトップ缶)にリニューアルされることは存じていましたが、その発売開始が3月16日というのは見逃していました。貴重な一枚をありがとうございます!。

川商フーズ株式会社さんのプレスリリース

 

 

 

| | Comments (0)

疫病退散カバー

 たった今届いたばかりの記念カバーです。最初見た時は???でしたが、解説の中紙を見て納得!。武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス関連の郵趣品を精力的・集中的に収集している真っ最中の今、たいへんユニークな一通です。青森県の千葉明夫さんからご恵送いただきました。素晴らしいです、あいがとさげもす!。

2020032101

 ちょうど「アマビエ」って何?と思っていたタイミングでもありました。津軽お化け珈琲さんもお見事です。

 

 

 

| | Comments (0)

March 20, 2020

日本唯一? ライトグレー色の恩湯ポスト

2020031001_20200320124101

 山口県長門市の湯本温泉、長年にわたり市民に親しまれてきた恩湯(おんとう)がリニューアルされました。待ってました!。リニューアルオープンの3月18日は仕事があってどうしても行けませんでしたので、翌19日にすっ飛んで行きました。もちろん、その目的は温泉だけではありません。ホームページの写真にたまたま灰色の郵便ポストが写り込んでいたからです。この塗装色は初めて見ました。

 到着すると真っ先にその写真を撮り、毎度おなじみセブンイレブンさんのはがきプリントで印刷。最寄り局である湯本郵便局さんで記念押印をお願いして私製マキシマムカードを制作しました。同局長さんにお伺いしたところ、直接のご担当は長門郵便局さん。思った通り観光地たる景観に配慮した環境対応色だとのことでした。私もかつては公共サイン・屋外広告物を手掛けていたデザイナーの端くれです。どこへ行けばその秘密がわかるかは勝手知ったるジャンルです。その足で長門市役所へ直行しました。
 総合受付で本件の担当部署を探していただきました。よくあるのが商工観光課なのですが、こちらは都市計画課さんのご担当でした。急な訪問にもかかわらず、資料まで出してご説明いただきました。ありがとうございました。
 私設ではなく日本郵便さんの設置ポストであることをまず確認しました。長門郵便局さんも従来の赤色はダメだとよくわかってらっしゃいまして、計画段階から恩湯施設管理会社さん、設計士さんと相談して明るいグレー色塗装になったとのことでした。萩市役所のポストなど、多くの有名観光地ではこげ茶色が多いのですが、こちらでは選ばれませんでした。上の私製MCでもおわかりのように、この空間でのこげ茶はキツ過ぎますね。明るいグレー色を選択されたのは正しいご判断だと思います。

2020032002

 正面から撮影した写真を使った私製MC(左)、恩湯受付でいただいたお知らせチラシ(右)です。
 自宅から下道でも小一時間で行ける場所でもあり、チラシにあるように温泉パスポートを申し込もうかなと考えています。行く気満々です!。詳しくは裏面を・・・とありますが裏面は真っ白(笑)。チラシが足りなくなってコピーされたのでしょうね。

 せっかくなので接写写真もご紹介しておきます。

2020032003

2020032004

2020032005

 帰宅してネットでググりましたところ、環境に配慮したらしきグレー色のポストは銀座通郵便局前など数点の前例がありました。日本唯一のライトグレー色の恩湯ポスト!の謳い文句を考えていただけにちょっぴり残念でした。しかし、既存のそれらはネットで見る限り恩湯ポストほど明るい色ではないようです。写真うつりはほぼこのままで、日差しが強い時にはさらに透明感のある白っぽいグレーに見えます。ぜひ、実物をご覧いただきたいです。

 なお、facebookに「山口県の風景2020」という写真アルバムを作っています。facebookのアカウントをお持ちでない方も自由にご覧いただけます。アルバムのおしまいの方に恩湯訪問時の写真も納めていますのでどうぞご覧ください。(ここをクリック

 

 

 

| | Comments (0)

March 18, 2020

モンスター・クレーマーたちのせいです

 去る3月16日に東京2020聖火リレー小型印のプレスリリースがありました。その第2項「押印サービスの実施方法」を見て愕然とした方は一体何人いらっしゃるでしょうか。大規模に行われる押印サービスにしては異様な厳しい制約です。郵便局での押印といえども郵頼は一切ダメ、臨時出張所での押印は記念押印だけで引受消印は不可です。改めてよく考えてください。

2020031801

 とにかく制約が極端です。おかしいと思って伝手を辿って聞いたところ、とんでもない答えが返ってきました。オリンピック協賛なのでJOCとの契約上の制約があるのは表向きの理由で、本音は 「郵趣家のための押印はしたくない」なのだそうです。窓口で怒鳴り散らす人、明りょうな規程違反であるチョン消しを強要する人など、モンスター・クレーマーに辟易しているとのこと。
 特に郵頼が酷い。今も実際にいるのは1ミリ単位で押印位置を指定くる男性。印影がちょっとでもずれたり傾いたりしていると何度も何度も押し直しを要求してくるそうです。押印技能一級を持っている私ですら「そんなキチガイは拒絶して良いのでは?」と言ったのですが、そこを超真面目に対応されている局員氏。なんとも申し訳のないことです。今回のリレー小型印の郵頼全面アウトはそういうことだったのです。

 モンスター・クレーマーたちは知らないと思いますが、実は悪質な押印客はすべて調査済です。しかも公益財団法人日本郵趣協会(JPS)にも属していないアウトローばかりであることも把握されています。JPS支部なり各地の郵趣会に属し一般社会と同じように人に揉まれて常識を身につける気すらないない彼らのせいで、私たち一般の郵趣家の印象まで悪くなっています。押印を依頼した時の局員さんの異様な緊張ぶりに遭遇したことがある人が多いと思います。そう、モンスター・クレーマーたちのせいです。
 これから臨時出張所における具体的な押印サービス内容が発表されるでしょうが、さらに厳しい制約が課せられていることでしょう。間違いなくモンスター・クレーマーたちのせいです。

 郵便局でそんなモンスター・クレーマーに遭遇したら他人事と思わず積極的に介入して糾してください、諫めてください。今回の聖火リレーに限らず、風景印や小型印の使用開始の際、ちょいちょい郵頼を受け付けていただけない事例が散見されます。これ以上迷惑をかけ続けると、本当に「郵頼一切禁止・現地での当該切手の記念押印のみ」になる危険性があります。この文章を見せ、椙山がそう言っていたとおっしゃっていただいてけっこうです。いつでも受けて立ちます。

 これまでに何度も書いていますよね、とにかく郵便局さんと揉めるなと。こちらは遊びでも郵便局さんにとってはれっきとした仕事です。押印後にはきちんとお礼を述べ、郵趣用名刺を置いて退出するくらいの礼儀作法を欠かしてはいけません。予定がわかっていたら訪問日時を事前にはがきで一報しておくのも可能な限り実行してください。

(追記)
 東京2020の一年程度の延期が決まったことから、この聖火リレー小型印押印サービスも延期する旨プレスリリースされました (20200325付)

 

 

 

| | Comments (0)

March 17, 2020

シェンゲン協定の懸念が現実のものに

 2007年にチェコが発行した「シェンゲン協定加盟」記念切手です。

 全部が青信号の交通標識を模したデザインで、12月21日の同協定の実施を記念(調印は2004年5月1日)。チェコ語による「ヨーロッパを自由に通って」の文字。3つの「○」を信号(緑)に見立て自由な往来を表現しています。
 図版は郵趣サービス社さんが製作された、発行当時のワールド・トピックス頒布会の解説リーフです。説明書きにあるように、当時は自由な人の往来に対し特に旧共産圏各国の期待は大きいものでした。犯罪や不法移民の問題が過小評価されていたのはご存知の通り。ましてや感染症のことなどほとんど考えられてすらいませんでした。
 このたびの武漢中共肺炎こと新型コロナウイルスの欧州でのパンデミックを見るにあたり、真っ先にこの一枚が思い浮かびました。郵趣における現代史とはリアルタイムな事象だけではないことを痛感します。

 評価は今だけではありません、未来もです。

2020031701

 

 

 

| | Comments (0)

March 15, 2020

防府切手のつどい2020春は中止(拡散希望)

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス感染予防対策のため、4月5日(日)の「防府切手のつどい2020春」は中止します 。お手数ながらお知り合いの方にも広くお伝えください。

 

 

| | Comments (0)

今上天皇陛下を描く外国切手第一号

 マーシャル諸島が2019年に発行した「米トランプ大統領訪日記念切手」の4種連刷シートと小型シートが、今上天皇陛下が即位されて最初に登場された外国切手だと思われます。トランプ大統領が訪日したのは2019年5月25日〜28日でまさに御即位当月末。その際の報道写真が使われていることからまず間違いないものと思われます。これより早い例がありましたら追ってご報告いたします。

2020031501

 

 

 

| | Comments (0)

March 13, 2020

武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス対策のチラシ

2020031301

 山口県庁、山口市役所、山口情報芸術センター(YCAM)の3ヶ所を回ってチラシ類を収集してきました。その結果は以下の通りです。

・県庁 5種
・市役所 市報1種
・YCAM 4種(県庁と1種重複)

 市役所が「お知らせ号」と題した立派な市報(ただしモノクロ)を置いていたのが唯一の正刷で、他はいずれも再生紙のモノクロコピーのみでした。緊急対応であることと、政府の発表以上の踏み込んだことがわからないこと、事態が流動的で正刷モノを発行できないのが軽印刷ばかりの理由でしょう。ことがことだけにリアルタイムの詳しい情報は各官庁のホームページを見て欲しい、というのが正直なところだと思います。
 IT難民は自分の生命すら守れない時代になると予言していた通りになりました。急ごしらえのこんなチラシに頼っているようでは手遅れです。
 なお、YCAMさんでは外国語表記のチラシが置いてありました。施設そのものは閉館中ながら、建物入口は開けてあり、風除室のチラシスタンドでこれらを取ることができる配慮がなされていたのは好感が持てました。

 結論としては緊急対応の軽印刷チラシがメインなので、非常に短い時間で失われる(残らない)と思います。紙モノ資料収集をされている方はお住まいの地元地域の分だけでも今のうちにしっかり採取されてください。

 

 

| | Comments (0)

March 12, 2020

郵便局だより山口市街地MAP版

 日本郵便株式会社 山口県周西地区連絡会が2017年3月から発行している「郵便局だより」。2号以降は東部版と西部版の2パターンあり、直近は2019年11月発行の4号です。3号の西部版では不肖の私椙山がデザインした”大村益次郎150年”記念の小型印も掲載されております。
 本日、フィールドワークで山口市街地を回っていましたらこの山口市街地MAP版を山口中央郵便局で入手しました。発行日は2020年3月1日付です。A3判の両面印刷です。携帯に便利なポケットサイズに折り畳まれています。
 実は以前に同局で郵便局MAPを所望したことがありました。しかし、郵便局会社と郵便事業会社が統合して間もない頃で、外部からは窺い知れない事情があってできないのだと直接説明されたことがあります。どのような経緯があったにせよ、こうして実現されたのはたいへん喜ばしいことです。もし他地区バージョンがあれば是非入手したいです。
 JR山口駅の観光案内所でレンタサイクルを借り、最初に山口中央郵便局へ行ってこのMAPをもらいましょう。それから郵便局回り&史跡回りをされるのが便利です。

2020031201

2020031202

2020031203

 

 

| | Comments (0)

武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス禍の郵趣的記録を

 武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス対策で小中学校の休校や各種イベントの中止・延期が行われています。リアルタイムの今こそ丁寧な郵趣的記録を。お住まいの地域だけでも可能な限り記録カバー・カードの作成、実逓便の収集、記録のデータベース化に努めましょう。

2020031101

 

 

| | Comments (0)

March 10, 2020

日本郵便史上初、郵便局で銀行事務を開始

 通信文化新報3月9日配信号に大ネタが掲載されていました。来る3月26日(木)、奈良県の黒滝郵便局で南都銀行の事務が開始されます。

2020031001

日本郵便のプレスリリース
南都銀行のプレスリリース

 郵便局舎内にATMだけを設置した前例はあります。2017年(H29)7月10日、宮崎県の上椎葉郵便局舎内に宮崎銀行のATMが設置されました。その時の宮崎銀行のプレスリリース、および収友の市村良二さんが立ち寄られて作成された記念押印をご覧いただきます。

2020031002

 しかし、今回は記事にもあるようにATMの設置にとどまらず銀行事務が開始されるということで、これはまさしく日本郵便史上初です。さらに4月13日に奈良青山郵便局(奈良県)、6月1日に耳成郵便局(奈良県)と粉河郵便局(和歌山県)にも南都銀行のATMが設置されるとのことですから要注目です。
 今後も撤退する民間金融機関の業務受託の受け皿として郵便局の役割が大きくなることが予想されます。その黎明期の今をきちんと記録しておきましょう。

 

 

| | Comments (0)

March 07, 2020

ホストタウンフレーム切手と風景印の同日使用開始

 西脇中本町郵便局の谷口局長様から報道資料一式をお送りいただきました。いつもありがとうございます。謹んでご案内させていただきます。

2020030701

 東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向け、オーストラリア卓球チームのホストタウンになった西脇市。3月20日(土)には西脇市総合市民センターでオリパライベントが計画されていました。それに合わせてのフレーム切手の発行と風景印の新規使用開始が予定されていました。
 ところが残念ながら昨今の武漢中共肺炎こと新型コロナウイルス対策のため、イベントそのものが延期になってしまいました。しかし、以下の通り、予定通りフレーム切手が発行され、風景印も同日使用開始されます。

・場 所 西脇中本町郵便局にて臨時出張所開設
・日 時 3月20日(土) 12時~15時
・内 容 フレーム切手の販売と風景印の押印

 フレーム切手と風景印の初日マッチングはこの時のみです。個別の郵便局あてのフレーム切手の注文(通販)はできませんので、ご希望の方は直接臨時出張所にお出かけください。
 なお、官公庁・民間を問わず武漢肺炎対策が進められている最中ですので、くれぐれもマナーを守って楽しく参加されてください。

[参 照]
オリジナルフレーム切手「西脇市×オーストラリア連邦 ホストタウン フレーム切手」の販売開始
風景印 西脇中本町郵便局
西脇市ホームページ

 

 

| | Comments (0)

March 03, 2020

お手紙ワークショップにご支援ください

 皆さんから寄贈していただいたオフペーパー(水剥がし済みの使用済切手)は、記事にあります田中幹久氏(平野加美南郵便局長)へ送っています。今日33日は、偶然にもゆうパック小箱満杯詰め第5便を発送したまさにその日でした。
 今後とも不要な切手類のご寄贈をお願いします。私が責任を持って田中氏あてにお届けします。
(図版は通信文化新報32日配信号より)

2020030301

 ワークショップの作品例である名刺入れです。本物の切手を皮に貼り、ラミネートフィルムでオーバーレイした後にミシン縫いして仕上げられた本格的なものです。郵趣イベントの際は常に携行しています。左が2ツ折の状態、右が開いた状態です。

2020030302

 

 

 

| | Comments (0)

March 01, 2020

こんなうるう日の記念押印はイヤだ(笑)

 このたびのうるう日2.29押印の最高額がこれです。26万キロ以上を走破した愛車、あちこちガタが来始めてついにラジエーターが液漏れを起こし全交換となりました。その費用45,650円+63円切手=45,713円也。
 当日は修理後に下関まで行きましたので、長府郵便局に立ち寄って記念押印してもらいました。その後は恒例の乃木神社に参拝して厄落としを祈願して帰宅しました。

2020030101

 

 

| | Comments (0)

« February 2020 | Main | April 2020 »