« 新刊紹介:「第四種郵便」行徳国宏著 | Main | 国際文通週間の円満終了を »

October 01, 2019

北米航路就航船のマキシマムカード

 筑後地方切手のつどい2019で貴重なマキシマムカードを受け継がせていただきました。戦前の北米航路就航船の船内風景印初日印付き写真絵はがき6種完揃いです。当時の名もなき郵趣家が作ったものでしょう。当時のことですからマキシマムカードという言葉もまだなかったかもしれません。
 明治維新からわずか約60年、近代化を成し遂げた大日本帝国の富の象徴かのようです。かえすがえすも大東亜戦争さえなければと思わずにはいられません。

<シアトル線> 氷川丸 1932.6.2
2019100101
<シアトル線> 日枝丸 1932.6.16

2019100102

<シアトル線> 平安丸 1932.7.12・・・一部ヘゲがあるのが惜しい2019100103

<サンフランシスコ線> 秩父丸 1932.6.9

2019100104

<サンフランシスコ線> 龍田丸 1932.6.23

2019100105

<サンフランシスコ線> 浅間丸 1932.7.21

2019100106

 

|

« 新刊紹介:「第四種郵便」行徳国宏著 | Main | 国際文通週間の円満終了を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新刊紹介:「第四種郵便」行徳国宏著 | Main | 国際文通週間の円満終了を »