« 複十字シール2019年は復刻版デザイン | Main | 切手室 (専用保管庫) の建設を »

September 11, 2019

いくらなんでも早すぎませんか?

2019091101

 せっかくかわいい動物図案で統一されたすばらしいラインナップだったのに、たった4年でもう絶版だなんて。日本郵便のお偉いさん方たちはデザイナーの気持ちを1ミリも理解してないのでは?。
 デザイナーは裏方です。表立って意見を言うことはありません。それだけにあまりにも粗雑に過ぎる扱いに嫌気がさして、有能な人ほど突然辞めてしまうものです。たいへん心配です。

参照:キャプチャー画像出典元

 

 

|

« 複十字シール2019年は復刻版デザイン | Main | 切手室 (専用保管庫) の建設を »

Comments

3円切手、もう買うのが大変かも。札幌中央郵便局も9/11夜、販売在庫が14枚だけで全部買いました。
(倉庫分がまだあるかもしれませんが)
切手ショップも9/12は品切れ、9/13は2シートだけ買えました。
で、特にもったいないのが国立公園題材の205円、280円、310円切手。10/1から特殊切手扱い(交換での入手を不可に変更)にして、その題材周辺のみで販売すればいいのに、と思います。高額切手に風景印押印してもらえれば増収にもなるのに。発想の転換をしていかなければ。

Posted by: yua | September 13, 2019 01:20 PM

需要が少なかった?それもそのはず、
昔から大規模局の「ゆうゆう窓口」も含め、置いていない所が多く、2円3円20円も無いのです。
必要最小限?
無駄に切手を購入貼りつけてしまうのです。

84円+30円3円×2=120円使えますね(^-^;

Posted by: taka。 | September 12, 2019 06:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 複十字シール2019年は復刻版デザイン | Main | 切手室 (専用保管庫) の建設を »