« スタンプショウ=ヒロシマ2019御礼 | Main | ぽすくま はんこ・ネーム印 »

July 10, 2019

かんぽ生命の不適切営業

 郵趣とはほとんど無関係なんですが、かつての郵便・貯金と並ぶ経営の三本柱のひとつなのでさらっとチェックだけはしています。この時代、不適切営業がどのようなものであったのかを将来に伝える文書資料も集めておくことにしました。郵政省の前、逓信省だった時代には、郵便局で電話の権利料などを払うことができました、それも切手で・・・みたいに、”かつては管轄していたから”的な昔話になった時に物証を示せるようにです。ひょっとするとかんぽさんは大手同業他社に吸収されて消滅するかもしれませんし・・・。

2019071001

 電話加入名義変更請求書の郵便局保存用原簿です。消印は神戸中央、昭和10年5月28日の日付です。表面上欄外に”名義書換料八圓 郵便切手ニテ納付スルコト”から始まる3項目の注意書きにあるように、逓信省が電信電話も管轄していたので切手による料金納付が行われていたことを今に伝える実例です。かつてトラック数台分に満載された原簿が公式に払い下げられたおかげで今も豊富に残されています。

2019071002

 あるいは世界的に有名なところではベルギーの鉄道切手もあります。ベルギー郵政が鉄道事業も管轄していたので、鉄道小包の送票や通知書類にかかる料金・手数料などを専用の切手で支払っていました。切手を貼って消印を押すことで料金完納の証とされました。図はブリュッセル駅、1951年12月9日の消印が押されています。

2019071003

 究極はニュージーランドです。国家生命保険局が保険書類を加入者との間で発受するために1891年から切手を発行していました。一般に”ニュージーランド生命保険切手”と呼ばれます。当時から郵政はありましたので、なんでわざわざ独自切手を発行する必要があったのか、実は私自身もよく理解できていません(笑)
 図版上が1967年発行のデシマル加刷、下が1972年使用のオークランド宛実逓カバーです。
 生命保険切手はネット上にもカタログがありますので参照ください。種類はそんなに多くないので簡単に総覧できます。しかもなんと1981年まで発行が続いていました。

https://stampsnz.com/life_insurance.html

 いっそのことかんぽ生命さんも契約者限定の特殊切手でも出しますか?。簡易保険に入ったら限定デザインの特殊切手10枚もらえるとか・・・フレーム切手を作れば済む話でしたね(一人ツッコミ)。

 

|

« スタンプショウ=ヒロシマ2019御礼 | Main | ぽすくま はんこ・ネーム印 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スタンプショウ=ヒロシマ2019御礼 | Main | ぽすくま はんこ・ネーム印 »