« 徳仁、令和、弥栄 | Main | 令和記念にあなたの名前を永遠に刻みましょう »

May 09, 2019

残念なご報告

 先日、当HYPER Philatelistブログ宛に送られてきた投書を掲載しました。言葉を選んでお答えしましたが、当の日下部次男さんには伝わらなかったようです。今回の私信で示されている郵趣文献も半世紀も前の古書的価値しかないようなものばかり。ベースにしている資料からして古すぎてお話になりません。50年もの間、郵趣界は1ミリも進歩していなかったかのようです。それでもなおご不満ならご自身でホームページを開設し論を問えばよろしい。

  これまでいろいろな所にご自身の論文を送られてもまったく採用がないのはなぜか、その根本原因を理解されることは叶わなかったようです。かなりのご高齢とお察ししますが、長い郵趣人生をこれ以上無駄にされないことを遠く日本でお祈りいたします。

 賛意であれ異論であれ、私が取り上げた件については責任を持ってすべて公開します。うやむやに握り潰すようなことはいたしませんので、ご連絡いただく際は日下部さんのように正々堂々とご本名でお願いいたします。それ以外は門前払いもやむなしとご理解ください。



2019050901

 

|

« 徳仁、令和、弥栄 | Main | 令和記念にあなたの名前を永遠に刻みましょう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 徳仁、令和、弥栄 | Main | 令和記念にあなたの名前を永遠に刻みましょう »