« 平成1日限りの営業日 | Main | 徳仁、令和、弥栄 »

May 05, 2019

東京中央郵便局の令和改元押印台紙

 どなたも触れておられないようなので私がアップロードします。これは東京中央郵便局さんが製作配布された令和改元の押印台紙です。プレスリリースがなかったので気付かなかった方がほとんどだと思います。本日、5月5日時点でもプレスリリースはありません。

 これをプレゼントしてくれた収友によると、5月1日に突然販売されたものだそうです。それも消印まで押印済の完成品状態で。たいへん素晴らしいことなのになぜ事前発表しなかったのでしょうか。さらに、通販による予約販売をしていれば売れ残りの心配もありませんし、長時間行列するような大混乱もだいぶ様相が違っていたことでしょう。数百万円規模の機会損失です、なんともったいないことでしょうか!。
 次は1.11.1と1.11.11のゾロ目、来年は東京2020が控えています。用意周到に準備され、事前周知も手抜かりなく、真っ当な記念押印ビジネスで最大の利益をあげてくださることを期待しています。それに反対する者はおりません。

 なお、その際はもう少し消印をしっかり切手にかけて押印してください。記念押印の場合は印面3~5ミリかける割印とするように定められているはずです。東京中央郵便局さんこそがその範を垂れていただかなければ筋が通りません。

2019050503

2019050504

 

|

« 平成1日限りの営業日 | Main | 徳仁、令和、弥栄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 平成1日限りの営業日 | Main | 徳仁、令和、弥栄 »