« 平成と令和の判別 | Main | 大村局の和欧文機械印2019年の使用を確認 »

May 17, 2019

JPS防府支部 令和元年5月例会のご案内

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)の月例会についてご案内します。

日 時:令和元年5月19日(日) 9:30~12:00
場 所:防府市文化福祉会館2階10号室
参加費:無料(エアコン使用時は30~50円程度を割り勘でお願いします)

 今月の収集品発表は私椙山の当番です。フリースタイル切手展出品作品「父を送る」が返却されていればそれを、まだでしたら令和改元関係郵趣品をご覧いただきます。スタンプショウ2019の浅草郵便局臨時出張所で押印係を務めさせていただきましたが、押す側であって自分の分を押す余裕はありませんでした。そのあたりの顛末も踏まえてお話ししたいと思います。

 郵趣5月号「国内情報」掲載の宮内庁内郵便局の3種のポスト型はがき。これに同局風景印で平成最終印と令和初日印を押印。

2019051701

 分譲品は2点あります。8日に発売されたグリーティング(シンプル)の10枚ブロックごとの分割額面販売です。図版の4組はすでに行き先が決まりましたが、他にも希望者が5人(組)揃えば支部として追加購入&額面分割販売します。

2019051702

 目玉は寄贈品ミクスチャー20キロ相当分の分譲です。某収集家さんが一度整理されたものですが、いわゆる抜き取り後の残り物ではなく良い消印が散見されます。おおまかに額面ごとに小分けにされていますので消印党にはむしろありがたい状態になっています。

 寄贈品なので、送っていただいた際の送料(椙山支払い済)の回収と、支部会計への繰り入れ金(活動資金)が得られればありがたいです。お値段についてはそのことを踏まえて例会当日に皆さんと相談して決めたいと思います。

2019051703

 

|

« 平成と令和の判別 | Main | 大村局の和欧文機械印2019年の使用を確認 »

Comments

ふみちゃんさんへ

>入手できる、機会すら奪われ手に入れることができなかった

あなたの収集環境を知らないので唐突に”機会を奪われた”と書かれても意味がわかりません。誰かに妨害されたのですか?。もうちょっと伝わるように書いていただかないとご返事に窮します。

私の場合はふだんから自分以外の収友のための活動をするように心がけています。今回のスタンプショウ2019における臨時出張所での押印係もそうです。結局3日間フルにお勤めしたので、自分ではヒンジのひとかけらさえ買う時間がありませんでした。
ありがたいことにそういう姿をちゃんと見てくれる収友がいるのです。私からお願いした訳でもなんでもなくて、収友の方から声をかけてくれました。それで1組だけ分譲してもらいました。とは言え、自分で押印する暇がないため、バックヤードで郵頼処理しているスタッフに頼んで押印してもらいました。

そういう訳ですから貴重品が手に入ったことはふだんのおつきあいの成果だと思います。収集歴も45年になろうとしていますので、これぞキャリアというものです。引け目などまったくありません。自分の努力の成果です。

Posted by: すぎやま | May 18, 2019 11:13 PM

何かありました?とありましたので返信します。残念ながら当方には分けてくれる収友もおりません。入手できる、機会すら奪われ手に入れることができなかったことについてなにか思われることはないのですか。

Posted by: ふみちゃん | May 18, 2019 08:39 PM

宮内庁内局の3種のポスト型はがきは、収友が入手したものを1組わけてくれたものです。押印係で身動きできない私をねぎらってくれてのことと理解しています。何かありました?。

Posted by: すぎやま | May 17, 2019 10:57 PM

宮内庁内局三種のポスト型はがきはどのようにして入手されたのですか。

Posted by: ふみちゃん | May 17, 2019 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 平成と令和の判別 | Main | 大村局の和欧文機械印2019年の使用を確認 »