« 改元を機に時刻表示を廃止の方向でご検討ください | Main | ぽすくま入りゆうパック送票発見! »

March 25, 2019

多種貼りのトリック?

2019032501

 今月17日(日)にJPS防府支部例会に来られたポーランド切手収集家の山本勉さんからフォルムカード でのお便りを頂戴しました。先に例会参加のお礼状を差し上げたその返礼状です。

 一目見て、これは試されているなと思いました。世に言う多種貼り、英語でもMulti Franking(マルチ・フランキング)と言います。

 見た目は華やかですが所詮それだけのことでそれ以上の意味はありません。伝統郵趣にもトピカルにもテーマチクにも、いずれのジャンルでも使い途がありません。ただの素人趣味でしかなく、コレクターとしては低レベルの象徴のようなものです。

 かつて昭和30~40年代にかけて流行ったペンパル(国際文通)ではこの多種ベタ貼りがたいへん多いです。消印のかかりが良ければ剥がすという手もありますが、始末の悪いことにこの当時は消印がちょろっとしかかかっていない俗に言う”美消し”が好まれていました。なので、せっかく逆輸入・里帰りされても、ほぼ誰からも見向きもされません。

・・・と思わせておいて実は、だと直感しました(笑)

 2+3+5+10+20+30+50でぴったり120円料金です。私自身、Multi Frankingであっても、例えばシリーズ切手のセット貼りなどなんらかのルールが伺えるものはこっそり&着実に集めています。その視点から見ますと、普通切手2014年シリーズの動物を描く50円以下の低額面全7種完セットになっています(1円前島密切手を除く)。

 あえて額面順に貼ってないのは「この仕掛けがわかるかい?」と試されているのではないかと思ったのです。さて、真相はいかに???

2019032502


|

« 改元を機に時刻表示を廃止の方向でご検討ください | Main | ぽすくま入りゆうパック送票発見! »

Comments

どうもです。週末、旭川市・旭山動物園へ行く予定で、動物園小型印押印のポスト投函する私製ハガキに貼る切手を何にしようか思案していましたが、このアイデアを利用して、30円+20円+10円+2円にします。ま、動物園にトキはおりませんが(苦笑)。

Posted by: yua | March 28, 2019 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 改元を機に時刻表示を廃止の方向でご検討ください | Main | ぽすくま入りゆうパック送票発見! »