« 地域限定フォルムカード「萩・明倫学舎」発見! | Main | 防府切手のつどい2018冬および前夜祭・忘年会について »

October 18, 2018

大村益次郎没後150年

 昨日10月18日(水)午後にプレスリリースがありましたのでご紹介いたします。没後150年を顕彰する記念小型印が使用されます。

2018101801

 以下、要領をご案内致します。

・数えで150年です。これは他の顕彰事業すべてにおいて共通です。

・小型印の図案は、よく知られた大村の肖像と大村家の家紋を描いています。

・10月25日(木)から11月15日(木)まで使用されますが、大村の命日は11月5日(月)です。各自それぞれお考えがあると思いますので余裕を持った日程で郵頼等お願いいたします。
 ちなみに私も初日ではなく命日に合わせて記念カード・カバー類を作成しようと考えています。

・大村神社の宮司様と大村家のご要望もあり小型印には”没後”の2文字は入りません。

2018101802・風景印はすでに使用中ですので、郵頼の際は小型印と風景印の種別がはっきりわかるように指示してください。
 なお、風景印の図案は江戸時代に作られた農業用溜池の長沢池、かつて山陽道の目印でもあった三本松、それに大村の肖像を描いています。

・生誕150年の記念事業も計画中ですので今後にもご期待ください。

[関連インフォメーション]
 山口県内における観光・記念スタンプ類についてもご案内致します。

<鋳銭司郷土館>
 長沢池のほとりにあります。こちらでは2種の記念スタンプが使われています。良い状態に保たれていますのでオススメです。ただし、有料エリアにありますので正規の入館料をお支払いください。
 大村に関する資料も各種ありますので閲覧・購入もご一考ください。また、郷土館から車で数分の場所に大村夫妻のお墓もありますので、ぜひ足を伸ばしてください。

2018101803

2018101804<山口市歴史民俗資料館>
 山口県庁のすぐそばにあります。有料エリアの手前に記念スタンプが置いてありますので無料で押印できます。何種類かありますけれど、いずれも大村が愛用した家紋入り提灯を描いた共通図案です。試し押しされて印顆の状態の良いものをお使いください。なお、スタンプ台を持参されることをオススメします。

 また、こちらの入館券には大村の肖像も使われています。さらに今年4月6日(金)から続日本百名山スタンプも配備されたので関連資料も置いてあります。ぜひ入館料をお支払い頂いての参観を特にオススメしておきます。

2018101805

2018101806<山口観光案内所>
 JR山口駅1階にあります。新山口駅ではありませんのでご注意ください。
 こちらはかなり年季が入った記念スタンプがあります。しばらく押印に行っていないので印顆の状態については保証しかねます。
 こちらも自前のスタンプ台持参をオススメします。

[押印規程遵守のお願い]
 誰が流行らせたのかギリギリ押印を好むという悪しき習慣が見受けられます。しかし、記念押印は3〜5ミリ、引受消印は10ミリ程度料額印面にかけて押す”割印”でなければならないと押印規定に明記されています。

2018101807

2018101808 料額印面とは切手・はがきの印刷されている部分のことを指します。印刷部分と目打穴部分までの余白(マージンと言います)に掛かっているだけではダメですのでご注意ください。

 規程無視の要求は厳に謹んでください。ひとりの不届行為が郵趣家全体の信用を失墜させます。

|

« 地域限定フォルムカード「萩・明倫学舎」発見! | Main | 防府切手のつどい2018冬および前夜祭・忘年会について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大村益次郎没後150年:

« 地域限定フォルムカード「萩・明倫学舎」発見! | Main | 防府切手のつどい2018冬および前夜祭・忘年会について »