« またやってくれた山口中央郵便局 | Main | ワールド・スタンプ・ナウ 第159回 »

August 15, 2018

【重大な警告】マスキングテープは使用禁止

2018081501

 ぽすくまのマスキングテープで封〆された郵便が届きました。きれいに剥がそうと思ったのですが無理でした。発信者にお聞きしましたところ、2013年(H25)2月1日に発行された春のグリーティング切手と同時に発売されたマステだとのこと。念のためにググりましたら発売当初の評判ではむしろ粘着が弱過ぎると述べられています。これは一体どうしたことでしょうか。

 長らくサイン・看板業界にいたので接着剤関係も多少知識があります。看板材料のカッティングシート類なら最初弱粘着で、貼付後にじょじょに強粘着に変化する性質の糊もあります。熟練の職人さんが減ったので何度でも貼り直し作業ができるようにと開発されたものです。
 業務用のマステに至っては、それはもう延べで数キロメートル分は使いました。黄色いのが弱粘着のオールマイティー用、青いのがコンクリート壁のような凹凸のある不陸(ふりく)面用の強粘着といった種類があることも熟知しています。しかしながら趣味用のマステについては性能表がないので安全性がまったくわかりません。
 そもそも、マステは仮貼り用なので長期使用・保存には向いていません。以前から郵趣用にはマステを使わない方がいいと訴えてきましたが、わずか5年でこうも変化するのであれば想像以上に事態は深刻です。上記の業務用カッティングシートとは異なり、弱粘着から強粘着に変化する必要があるとは考えられませんので、必然的に糊成分の劣化が疑われます。その場限りのお楽しみならともかく、郵趣品として楽しみ、長く保存するものであるならマステは使うべきではありません。

 24時間365日除湿の切手室を作りましたので、これまでに届いたマステ貼り郵便物もそこで長期保存して観察しています。私の寿命があるなら30年後に結果をご報告いたします。しかし、それまで待っていられない方は即刻使用を中止してください。


|

« またやってくれた山口中央郵便局 | Main | ワールド・スタンプ・ナウ 第159回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/67058887

Listed below are links to weblogs that reference 【重大な警告】マスキングテープは使用禁止:

« またやってくれた山口中央郵便局 | Main | ワールド・スタンプ・ナウ 第159回 »