« 告知 | Main | レガシーとしての切手帳収集スタイル »

June 04, 2018

不要品をご寄贈ください

2018060401

 毎度おなじみのお願い告知です。今年ももう6月になり、夏の郵趣イベントシーズンの準備期間になりました。使用済切手、カバー、はがき、記念押印、タトウなどなど、不要となったあらゆる郵趣品をご寄贈ください。きちんと整理して8月4・5日(土日)開催予定の「防府切手のつどい2018夏」の目玉企画セール品にします。
 1通20円均一で放出し、はるばる遠方から来られた方には掘り出し物の楽しみを、ふたたび新たな所有者の手に渡ることで郵趣品の亡失・廃棄を防ぎ、さらに売上金の一部を防府支部運営資金の一助にするという3つの目的を持った取り組みです。

2018060402 原則として買取代金はお支払いできませんけれど、送料は着払いで送ってくださってかまいません。効率のため、できるだけゆうパック中箱以上のボリュームでお願いします。
 なお、できることなら送料を事前にお知らせいただけるとたいへん助かります。事前に金額がわかっていると、図のように送料を切手で支払う用意をしておくことができるからです。
 適当な紙に切手を貼り、隅に計算式も書き込んでスタンバイしています。配達員さんにはこの状態で手渡します。貼ってある切手は額面の3割引で買取したいわゆる額割れ切手ですから安くつくのでこちらも助かるのです。どうぞご配慮いただけますようお願いいたします。

 また、今年2月に寄付をお願いした、お手紙ワークショップ用のオフペーパーも引き続き募集中です。当時と特に条件等は何も変わっていません。極端な傷物でさえなければ日本切手・外国切手なんでもかまいません。切手を切り刻むような工作ではありませんので、どうか安心してください。
 ワークショップ活動もこれからのシーズンますます活発になります。材料不足にならないよう、今後ともご協力をお願いいたします。

お手紙ワークショップ用の切手を寄付してください


|

« 告知 | Main | レガシーとしての切手帳収集スタイル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不要品をご寄贈ください:

« 告知 | Main | レガシーとしての切手帳収集スタイル »