« レガシーとしての切手帳収集スタイル | Main | 皇太子殿下御成婚25年 »

June 11, 2018

複十字シール

2018061101

 郵趣と隣接して語られることの多い複十字シールです。2002年(平14)からはお隣、島根県津和野町ご出身の安野光雅さんがデザインを担当されています。安野さんはお父様が山口県の人で、ご自身も宇部工業高校を卒業されていらっしゃいます。

2018061102

 先日、某氏から寄贈された実逓便の中に複十字シール送付封筒があったので私もひとつ募金に参加してみました。1シート1,000円の24面シールが先ほど届きました。複十字シール自体のコレクションはしていませんので、これから差し出す郵便物にすべて貼って使います。むしろ変り種切手における「異物混入・添付」テーマの一環として、送付封筒の方をコレクションに加えます。封じ目のところにしっかり貼られているのがお分かりだと思います。結核予防会さん自身による複十字シール貼り、これこそが最上の適正使用例ですよね。

 詳しくは同会のホームページを参照ください。
公益財団法人結核予防会


|

« レガシーとしての切手帳収集スタイル | Main | 皇太子殿下御成婚25年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 複十字シール:

« レガシーとしての切手帳収集スタイル | Main | 皇太子殿下御成婚25年 »